• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

文の構造

 日本語を勉強中の中国人です。下記の文の構造がよく理解できないので、文意の把握に支障が出てきました。どういう構造の文なのか、教えていただけないでしょうか。ちなみに、文中の単語の意味は全部わかります。 「集まって夏場のコミュニティーをつくりだすことに、ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない価値づけがあったからだろう。」  また、質問文に不自然なところがありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数100
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • hakobulu
  • ベストアンサー率46% (1655/3578)

筆者の意図としては、この文の骨格は、 「集まって夏場のコミュニティーをつくりだすことに、価値づけがあったからだろう。」 です。 「ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない」は、補足説明です。 前半の主題が不明ですが、おそらく既存の避暑地や建築などに言及した文なのでしょう。 「単に避暑ができれば良いというだけではなく、そこにコミュニティーをつくりだすことに価値があると考えたのだろう」 といったような意味になると思います。 「(世界一高いビルを建てることに各国が躍起となるのは、)世界に向けて自国の技術の高さを誇示することに、単に土地が有効活用できさえすればよいだけではない価値づけがあるからだろう。」 などと同じ構造です。 しかし、これらの表現は厳密に言うと助詞「に」の使い方が不正確です。 つまり、文法的には間違っています。 理由は、「価値づけ」という言葉の意味を筆者が正しく理解していないからだと思います。 ネイティブは平気でこうした誤った文を書いてしまうので、(また、それが通用してしまうので)外国の方にとっては大変です。 原文の場合、 「つくりだすことに→価値づけがあったからだろう」という構文が誤りです。 「つくりだすことに→価値を見出したからだろう」のように表現する必要があります。 全体としては、 『集まって夏場のコミュニティーをつくりだすことに、ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない価値を見出したからだろう。』 となります。 「価値づけ」という言葉を生かすのであれば、 『集まって夏場のコミュニティーをつくりだすという、ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない価値づけがあったからだろう。』 となるでしょう。 ご質問文は自然な日本語表現になっています。     

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございました。大変わかりやすいです。また、質問文への確認にも感謝いたします。

関連するQ&A

  • 「ご予約願えれば」はどのような敬語構造でしょうか

    日本語を勉強中の中国人です。ビジネス日本語についてお伺いします。下記の文中の「ご予約願えれば」はどういうような敬語構造を使ったのか教えていただけませんか。「ご予約いただければ」とどのように違うのでしょうか。 「申し訳ありませんが、宿泊5室分をそちらでご予約願えれば幸いと思います。」 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 文中の「について」の意味

     日本語を勉強中の中国人です。下記の二つ目の文中にある「について」はどういう意味でしょうか。 『前章では「自然と人工」といういままではかなり頑固だった対立項を、思い切って連続させてしまうことを提起した。さらにまた「時間と空間」という西欧の生んだ一対の二元観を、「時空間」という、わが国の文化のなかでは伝統的でありながら、かえって現今以後に向かって生き生きした意味をもつだろうコンセプトについて語った。』  二番目の文は『「時間と空間」という二元観を「時空間」というコンセプトについて語った』という骨格だと思いますが、「について」がよくわからないので、二つ目の文の文意もうまくとらえられませんでした。「について」の箇所はもし「を用いて」、「で」であれば、理解できます。でも、「について」は「を用いて」、「で」の意味はないような気がします。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 「12月にかかります」のような構造について

     日本語を勉強中の中国人です。「12月にかかります」のような構造についてお伺いします。 「以上は毎年10月××ですから12月にかかります。」  上記の文中での「12月にかかります」はどういうような意味でしょうか。「かかる」は下記辞典の『 ある範囲・場所・期間にまで及ぶ。経過してきてその所・時間に至る』という使い方にあたるのでしょうか。 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&stype=4&dtype=0&dname=0na&p=%E5%B5%A9  単に「12月に至ります」というような意味でしょうか。期限のことも触れたのでしょうか。「12月までです」と「12月までにです」との違いは何でしょうか。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • hakobulu
  • ベストアンサー率46% (1655/3578)

#4です。 訂正です。 ×「ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない」は、補足説明です。 ○「ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない」は、「価値づけ」に関する補足説明です。 「補足ではない本説明」が「集まって夏場のコミュニティーをつくりだすこと」という構造です。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 再びありがとうございます。了解いたしました。

  • 回答No.3
  • u-jk49
  • ベストアンサー率30% (1233/4072)

>集まって夏場のコミュニティーをつくりだすことに、ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない価値づけがあったからだろう。 こういう悪文と言いましょうか、構文的にも破綻している文章に、まじめに付き合う必要はありません。 そもそも、書いている本人が、何を言いたいのか分かっていません。頭の整理ができていません。 何とか好意的に、分かるように添削すればこうなります。 海浜や高爽の地への移住者にとっては、夏季限定であれ、そのコミュニティーづくりは有益である。 なるべく短い詩のような文章を心がけることが、大切です。未熟な者ほど、長い文章を書こうと努力し、無駄に漢字を多用します。ひらがなの短い文章が日本語の理想なのだとご理解ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早速のご回答ありがとうございました。大変参考になりました。がんばります。

  • 回答No.2
noname#160411
noname#160411

「集まって夏場のコミュニティーをつくりだすことに、」→「価値づけがあったからだろう。」 という修飾関係があります。また、 「ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない」→「価値づけ」 という修飾関係があります。言い換えると 「(人々が集まったのは)ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよい(という価値観からばかりでなく)集まって夏場のコミュニティーをつくりだすことに価値づけがあったからだろう。」とでもなりましょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答をどうもありがとうございました。参考になりました。

  • 回答No.1

提示された文章を単純化してしまうと 「コミュニティーを作りだすことに価値づけがあったからだろう」となりますね。 「集まって夏場の」は、直後の「コミュニティーをつくりだすこと」にかかります。 「ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない」は「価値づけ」にかかります。 って、これで分かってもらえるのかなあ。ちょっと自信がありません(汗)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早速のご回答ありがとうございました。参考になりました。

関連するQ&A

  • 「使い回す」の「回す」の意味

    日本語を勉強中の中国人です。「こんなボロいの使い回さなくても、安い新品を買ったらいいじゃんか」という文中で、「使い回す」の中の「回す」はどういう意味でしょうか。大辞林で調べてみたのですが、「すみずみまで……する、順々に……する」の解釈がよく理解できませんでした。どなたか説明していただけませんか。 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 目的語が二つで、用言が一つのような文の構造の解剖

     日本語を勉強中の中国人です。下記の二つの文の骨格について説明していただけないでしょうか。 A.「直立した人間は手を自由に使うだけでなく、四足の動物が水平方向に持ち出していた頭部を、骨盤の上にS字形を呈する脊椎と胸郭によって、他の動物にはかつてなかった重さの脳を何の苦もなく直上に支えることができるようになる。」 B.「人間の感覚器官を、エドワード・ホールは感覚受容器という言葉を使うことによって受け手としての各器官のはたらき方を説明しようとしている。」  Aの「四足の動物が水平方向に持ち出していた頭部を」という部分を受ける動詞はいったい何でしょうか。「何の苦もなく直上に支えることができるようになる」でしょうか。しかし、「何の苦もなく直上に支えることができるようになる」はすでに「他の動物にはかつてなかった重さの脳を」という部分を受けているでしょう。「四足の動物が水平方向に持ち出していた頭部を」という部分を受ける動詞が見つからなくて困っております。  同じような問題はBにも発生しています。「人間の感覚器官を」という部分を受ける動詞が見当たらずに困っております。「説明しようとしている」はすでに「受け手としての各器官のはたらき方を」という部分を受けているでしょう。  上記のような目的語が二つで、用言が一つのような文の構造がよく理解できていません。たぶん何かが省略されているだろうと思いますが、難しいと感じております。どなたか分析していただけないでしょうか。  また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 「脳波による睡眠経過の測定」の意味

     日本語を勉強中の中国人です。下記の文中にある「脳波による睡眠経過の測定」の意味がよくわからないのですが、教えていただけないでしょうか。特に、その文にある「による」がよく理解できていません。  「脳波による睡眠経過の測定によって、いくつかの現象が究明された。」  「脳波による睡眠経過の測定」は「睡眠過程中に、脳波に対する測定」という意味でしょうか。  また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 「より」の意味

     日本語を勉強中の中国人です。下記の文中にある「よりは」がよく理解できないのですが、どういう意味なのか、教えていただけないでしょうか。 「スケールの自由さとは、スケールにとらわれなくてもいいモチーフによるさまざまな展開にはじまる。ポップ・アーティストたちが好んで使ったのは、数字とか星条旗のようにノンスケールのものだった。こうしたシンボルよりはサインに近いもののグラフィック表現は、巨大化され、さらには空間化されていくのである。」  「こうしたシンボルよりは」のなかの「より」は「に比べて」の意味なのでしょうか。それとも「から」の意味でしょうか。あるいは「よりはむしろ」の「より」でしょうか。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 「気づかい」

     日本語を勉強中の中国人です。夏目漱石の「吾輩は猫である」の中の表現についてお聞きします。 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/789_14547.html 『あたかも吾輩の水彩画に於けるがごときもので到底卒業する気づかいはない。』  文中の「気づかい」の意味がよく理解できません。「到底卒業する気づかいはない」とはどういう意味でしょうか。いったい卒業する見込みがあるでしょうか。  また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 長文の分析3

     日本語を勉強中の中国人です。下記の文が長すぎて意味がよく理解できません。分解して構造を説明していただけないでしょうか。 「多くの建築学者や歴史家が、国際的な機関に対して、保存と修復のための援助を求めて活動しているのも、この都市が単にイタリアだけのものでなく、さらにはイタリアの一都市の価値をはるかに越えた、かけがえのない独特なそして徹底した人工環境であることを、ここを訪れたすべての人びとが理解してしまうからではないだろうか。」  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 長文の分析

     日本語を勉強中の中国人です。日本人著者の本を読んでおります。意味がわからない言葉があるので、教えていただけないでしょうか。  「地球という限りある規模の遊星に住む人びとは、みずからをサバイバルさせていくためには、地球自体をサバイバルさせていくほかはないところにしだいに追い込まれていることに、ようやく気づいたところだ。」  特に、「地球自体をサバイバルさせていくほかはないところにしだいに追い込まれている」という箇所の構造がよくわかりません。「追い込まれている」はどこにかかるのでしょうか。なぜ「追い込んでいる」ではなく、「追い込まれている」なのでしょうか。その受け身の感覚がよく理解できません。「ほかはない」を「しかない」と理解してよろしいでしょうか。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 「相当」

     日本語を勉強中の中国人です。夏目漱石の「吾輩は猫である」の中の表現についてお聞きします。 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/789_14547.html 『その後(ご)吾輩は度々(たびたび)黒と邂逅(かいこう)する。邂逅する毎(ごと)に彼は車屋相当の気焔(きえん)を吐く。先に吾輩が耳にしたという不徳事件も実は黒から聞いたのである。』  文中の「相当」の意味がよく理解できません。「車屋相当の気焔(きえん)」とはどういう意味でしょうか。  また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 「あざむくような」、「を結ぶ」、「非連続の連続点」

     日本語を勉強中の中国人です。下記の文中に理解できないところがあります。恐れ入りますが、教えていただけないでしょうか。 「ゴルフはいくつかの矛盾する対立項によってつくられている。自然のなかでの徹底した開放感と、がんじがらめのルールの数々。あるいは、自由な空間とそれをあざむくような極小のホールを結ぶ、そのあいだでの打撃の場という非連続の連続点を思って見るがよい。相手にするのはいっしょにプレイする仲間だけではなく、自分自身にも面と向かっていこうというのだから並大抵のスポーツではない。」 1.「それをあざむくような極小のホール」はどういう意味でしょうか。「自由な空間の広さとのコントラストが強い、極小のホール」のような意味でしょうか。 2. 自由な空間=A それをあざむくような極小のホール=B そのあいだでの打撃の場という非連続の連続点=C だとさせていただきます。 「AとBを結ぶCを思って見るがよい」といったような構造のなかで、「AとBを結ぶC」はどういう意味でしょうか。「を結ぶ」の意味がよく理解できていないので、三者の関係もよくわかりません。 3.「非連続の連続点」はどのように理解したらよいのでしょうか。  また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 「AにBをあわせて」

    「AにBをあわせて」  日本語を勉強中の中国人です。下記の内容に理解できない言葉がありますが、教えていただけないでしょうか。 「機械を否定することは、当時の社会が人間に機械をあわせて仕事をしていくのではなく、機械に人間をあわせて仕事をしていくことを当然のこととしていた点や、機械でつくられた製品の多くが劣悪で、手仕事のほうが質的によいものをつくれたことなどを考えると、やむを得ないことでもあったといえる。」  「AにBをあわせて」という構造がよく理解できていないと思います。「人間に機械をあわせて仕事をする」と「機械に人間をあわせて仕事をする」はそれぞれどういう意味でしょうか。紛らわしくて、よくわかりません。どなたか説明していただけないでしょうか。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。