• 締切
  • 困ってます

雨が降る予報は当たることが多いのに、雨が降らない予

  • 質問No.9206546
  • 閲覧数189
  • ありがとう数0
  • 回答数4

お礼率 0% (1/493)

信頼度がCになりがちの雨が降る予報は当たることが多いのに、雨が降らない予報は外れることが多いのはなぜですか。
6月8日から7月25日までの週間天気の流れをメモしてきたら、
雨が降る予報が当たった日数は30日、
逆に雨が降る予報が外れた日数は5日しかありませんでした。
実際に雨が降る予報は当たることが多いのに始めから曇や雨の予報ではなく、始めは晴の予報をして途中で雨の予報に変えることが多いのはなぜですか。

回答 (全4件)

  • 回答No.4
30日雨予報が当たって、雨が降らない予報が外れる事が多かったと言う事は、対象期間中は雨ばかり降っていたと言う事。それなら雨が降る予報が当たって雨が降らない予報が外れるのは当然。
  • 回答No.3
信頼度がCになりがちの雨が降る予報は当たることが多いのに、雨が降らない予報は外れることが多いのはなぜですか。……最近の天気予報は、当たるも八卦、当たらぬも八卦、要するに「占い」の世界と同じです。「多い」とは思いませんが、仕事や家族へのサービスなどの関係で「天気予報」にはすがりたくなりますよね。その気持ちが裏切られるということが多くなったのかも知れません。本当に天気予報が当たらなくなりましたよね。この点は、odagiriigarasiさんと気持ちが合うような気がします。(*^_^*)

信頼度がCになりがちの雨が降る予報は当たることが多いのに、雨が降らない予報は外れることが多いのはなぜですか。……周期がずれるのです。ということは、これまでの経験の積み重ねだけでは「予報」しがたくなっているのです。それと、「予報する側」も用心しているのです。天気だ、天気だと宣伝しておいて、雨だったら最低ですよね。

問題は、本当に「周期がずれる」だけで済ませられることか???ということはあると思います。

もしかしたら、それだけ大変なことが「地球」に起こっているということではないでしょうか?「おおげさ」でしょうか???
  • 回答No.2

ベストアンサー率 9% (303/3049)

天気予報。今は、過去のデータからコンピュータが出した結果と担当者の
知識等で総合的に出している様です。
実際には、予測結果でしかありません。
現在の状況が過去のモノとかけ離れている状態になっていれば
過去のデータによって出された結果とは、ズレる可能性もあるのでは。

予報と言っていますが、あくまでも「予想」だと
捉えて、絶対的なモノでは無いと思うのが良いのかもしれません。

ハズレない予想って、ありえない?・・・。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 11% (376/3293)

気象図一目
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ