• ベストアンサー
  • 困ってます

賃貸借契約と子供の損害賠償責任

賃貸借契約と子供の損害賠償責任  何時も、回答いただきありがとうございます。  賃貸借契約で、連帯保証人の記載が無い、契約です。  賃借人が、室内で逝去して、室内が、荒らされています。  この場合、賃貸人は、賃借人の相続人である子供に原状回復の損害賠償の請求ができますか?  できるとすれば、どのような法的な根拠があるのでしょうか?  子供は、私は、連帯保証人になっていないのであるから、責任を負えないと言っています。  いかがでしょうか? 敬具

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数148
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21843)

この場合、賃貸人は、賃借人の相続人である子供に 原状回復の損害賠償の請求ができますか?     ↑ 相続放棄をしていなければ可能です。 相続放棄は3ヶ月いないにするのが原則です。 できるとすれば、どのような法的な根拠があるのでしょうか?      ↑ 相続人は被相続人が有した一切の権利義務を 承継すると、相続法に定められています。 民法 第896条 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を  承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」 子供は、私は、連帯保証人になっていないのであるから、 責任を負えないと言っています。 いかがでしょうか?    ↑ 相続していれば、連帯保証人になっていなくても 責任を負います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 レスありがとうございます。  相続することを知りました。  また、相続の根拠は、民法にあることを知りました。  ありがとうございます。 敬具

関連するQ&A

  • 賃貸借契約と保証人、子供の損害賠償責任

    賃貸借契約と連帯保証人、子供の損害賠償責任  何時も、回答いただきありがとうございます。  賃貸借契約で、子供が、連帯保証人の契約です。  賃借人が、室内で逝去して、室内が、荒らされています。  この場合、賃貸人は、賃借人の相続人である子供に、相続放棄をしていないのであれば、原状回復の損害賠償の請求ができるとのことです。 ●Q01. つまり、子供は、賃借人の相続人としての損害賠償責任と 連帯保証人として損害賠償責任との両者の責任を取ることになるのですか? ●Q02. 賃借人が、逝去すれば、連帯保証人は、連帯保証人としての責任から、解除されて相続人としての責任のみを負うのでしょうか? ●Q03. 連帯保証人としての責任も、賃借人としての責任も、責任内容が、同じように思えるのですが、異なるのでしょうか? ●Q04. 特段特約が無いと  相続人は、  解約通知を提出する権限と鍵を返却する権限を有すると考えられるのでしょうか? ●Q05. 契約書には、  解約するまでに、建物内に損傷、毀損がある場合は、原状回復をしなければ、ならない (01) と書かれているのですが、これは、鍵を返却しても、解約通知を提出しても、原状回復できるまでの間は、解約できないと解することができるのでしょうか? ●Q06. それとも、鍵の返却や解約通知の提出があれば、(01)の約条に無関係に解約となるのでしょうか? ●Q07. もし、そうなら、(01)の責任は、どのような形で、負うことになるのでしょうか? ●Q08. また、修理にかかる期間は、賃貸人は、賃貸物件を賃貸にできず、賃貸人は、被害をこうむりますが、その責任は、だれがどのように負うことになるのでしょうか? ●Q09. この場合、明渡しは、どのような時点を言うのでしょうか? ●Q10. 明渡しは、鍵の返却時点であるのか? ●Q11. 原状回復ができた時点であるのか? ●Q12. 解約通知書が、賃貸人に届いた時点でしょうか?  契約書には、解約通知後、明渡しが、遅延した場合は、遅延した期間の二倍の 明渡し遅延損害金を支払うと書かれています。 ●Q13. この場合は、単純に解釈すると鍵の返却が遅れた場合は、明渡し遅延損害金を支払えと解釈できますが、鍵の返却後の原状回復の遅延は、含まれないのでしょうか? ●Q14. 原状回復遅延の責任があるとすれば、どのような理由からになるのでしょうか?  賃借人が、建物を破損、毀損した場合で、その都度、原状に修復しないこと。  また、故意に破損、毀損していて契約上善意の管理義務に違反していること。 から賃貸人からは、契約違反で、賃借人を解除する理由になるのですが、賃貸中は、自由に建物内に賃貸人は、出入りできないので、破損、毀損を確認できず、解除できないのです。 ●Q15. 賃借人が、逝去してから、連帯保証人が賃借人の相続人として、建物を解約した後、賃貸人が、賃借人を解除することは、できないのですか? ●Q16. 賃借人の相続人である連帯保証人が、契約の解約後、賃貸人が、賃借人、連帯保証人に契約の解除を申し立てることは、可能ですか?  簡易裁判所の裁判官からは、賃貸人は、いつ賃借人を解除したのか?  と聞かれました。 ●Q17. 賃貸人が、賃借人を解除する前に賃借人の相続人から、解約の通知があって、解除の機会が無かったと答えるのが正解なのでしょうか?  たとえ、ひとつだけでも、お知りのことが有りましたら、ご教授方よろしくお願いします。  敬具

  • 賃貸借契約の当事者について

    賃借人から賃料減額請求を受けています。 1.賃貸借契約は公正証書で締結 2.賃借人の表示 「(法人住所)株式会社A 代表取締役兼連帯保証人(B個人住所)B」 となっていますが、減額請求をしてきているのはBではなく代表取締役Cであり、役員変更をしているようです。(会社謄本はまだ確認していません) 公正証書には賃借人に役員変更等があった場合には賃貸人に届け出る旨の文言がありますが、賃借人からなんら届け出は受けていません。 その場合、代表取締役Cからの減額請求はそもそも申込として有効なのでしょうか。 また、BからCへの役員変更登記済みとしても、連帯保証人はBのままであり、賃貸人の承諾がない限り連帯保証人の地位はCに引き継がれることはないとと考えてよいですか。 (代表取締役「兼」連帯保証人という記載の仕方が気になっています) どうか回答をよろしくお願いします。

  • 賃貸借契約での保証人

    知人から事業で使用する物件の賃貸借契約の連帯保証人の依頼を受けています。 賃貸借では一般的には連帯保証人を求められることは知っているのですが、連帯保証人ではなく「保証人」ではダメなのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#231223
noname#231223

相続放棄していなければ死んだ人間の支払い義務の相続として請求できる。 相続放棄していれば、請求することはできても支払い義務はないので「そんなもん知らん」で終わり。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 レスありがとうございます。 > 相続放棄していれば、請求することはできても支払い義務はないので「そんなもん知らん」で終わり。  父親が、逝去してから、相続放棄しているとは、聞いていないので、死亡後、3ヶ月が、経過しているので、相続放棄では、無いでしょう。  やはり、私の場合は、相続すると考えて良いでしょう。  敬具

  • 回答No.1
noname#222603
noname#222603

賃貸借契約として、部屋を汚損したときにその回復費用の責を負うという記載がある場合、賃貸人はその債務を負います。 子供が相続を単純承認した場合はその債務も相続します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 レスありがとうございます。 > 子供が相続を単純承認した場合はその債務も相続します。  相続するのですね。  勉強になりました。  敬具

関連するQ&A

  • ちょっと特殊な賃貸借契約について・・・

    知人の所有する建物の一階を、3年ほど使わせてもらっていました。最初の1年間は、貸室賃貸借契約を結んでいましたが、賃料については「一ヶ月6万円也とし、賃借人は毎月家賃相当の大工仕事で充当するものとします」という条項でもって、実際には、必要になった時に大工仕事をし、「賃料」としてお金を納めたことはありませんでした。契約期間は1年間でしたが、その期間が過ぎても継続して同じ状態で使用し、数ヶ月前に退去しました。 退去後、今になって突然2年間分の家賃142万円(6x12x2)を払えと言われました。   こちらとしては、払う義務はないと理解しているのですが、例えば裁判などにもちこまれた場合、何らかの支払い義務があるのでしょうか?  また、連帯保証人をたてており、契約書上では「借り主の債務を履行の責を負うものとする」とありますが、連帯保証人についても支払う義務があるのでしょうか? 専門家の方のご意見、または参考になる資料をご存知の方がいらしたら、ぜひ教えていただきたいです。よろしくお願いします。

  • 賃貸借契約と、室内の電球について

    賃貸借契約と、室内の電球について 聞き方が悪かったようなので、明確にして質問し直します。 賃借人が入居時に、室内には電球が備え付けられていました。その電球が、使用とともに切れました。賃借人は切れた電球を廃棄して、自腹で新しい電球を買って備え付けました。 退去時、賃借人は自腹で買った電球を収去できますか、それともできませんか?

  • 賃貸借契約について、変更契約や覚書を交わす際、連帯保証人の署名も必ずあ

    賃貸借契約について、変更契約や覚書を交わす際、連帯保証人の署名も必ずあったほうがいいでしょうか。(たとえば賃料減額改定のような賃借人に有利な変更でも)一般的には連帯保証人もその都度署名しますか。教えてください。

  • 普通賃貸借契約の規約違反は損害賠償請求可能か

    現在、普通賃貸借契約で店舗(店舗付き住宅ではない)を貸していますが契約書にて禁止事項に宿泊しないことを規約にて定めておりますが日常的に宿泊(居住)されています。宿泊していない日のほうが珍しいです。本件は損害賠償請求は可能ですか?また可能な場合はどれくらいが可能でしょうか?どうぞ宜しくお願い致します。

  • ★こんな特約有効ですか?(賃貸借契約)★

    家の賃貸借契約について。以下の家主が決めた特約は法的に有効ですか? よろしくお願いします。 ・乙(賃借人)が家賃の滞納をし、甲(賃貸人)からの督促や納付期限を  守らなかった場合、甲は直ちに本賃貸借契約を解除し、鍵の付け替え、  残留物の搬出をする。その場合の乙(賃借人)への事前連絡、同意は  必要ないものとし、この措置にかかった費用は全額乙の負担とする。

  • 建物の賃貸借契約について

    現在、知り合いの人のご好意で、小学生向けの保育所に使うという目的で住宅を賃貸してもらっています。ところが、こちらの手抜かりもあり、当初の賃貸借契約書に記載された賃貸期間を過ぎても契約期間延長の手続きをしないまま現在に至っています。その間、当方の責任者も代わっていることから、代表者の変更に伴う変更契約を締結する中で、賃貸借期間の延長も記載するか、または別途協議書として取り交わす必要があるのではと考えています。ネックになるのが連帯保証人なのですが、当初の契約時に連帯保証人を立てている場合、変更契約時や協議書を交わす際にも、連帯保証人を立てないといけないのでしょうか?

  • 土地賃貸借契約の解約でもめてます。

    コンビニの土地賃貸借契約を昨年5月末に締結し、工事開始の1週間前に突然、この出店自体を解約することが決まりました。幸い、田んぼの埋め立て工事に入る前の決定でしたので、実質的な損害は、昨年と今年の稲作無収穫分などですが、契約書の中で中途解約と解約金の条項があり、賃借人は賃貸人に対し、6ヶ月前の予告をもって、この契約の解約を申し入れることができる。ただし、賃借人はこの予告期間にかえ、6ヶ月分の賃料相当額を賃貸人に支払い、即時解約することができるものとする。また、賃借人の申し入れによる解約が為された場合には、敷金の無利子預託の定めに関わらず、賃貸人は、賃借人が賃貸人に預託中の保証金の解約時における未償還残額の9割相当額を、解約金として没収することができるとあります。 昨日、コンビニ会社に前項についての6ヶ月分の解約金を請求しました。敷金はまだ頂いてないので触れませんでした。しかし、土地工事開始の契約が終わってないから、この条文は無効だと言われました。 土地賃貸借契約の締結は、この条文にある契約を指すとしか我々は読み取れなかったのですが、先方の言い分は本当に正しいのでしょうか?土地賃貸借に詳しい方、是非、教えていただけませんか?

  • 前所有者の賃貸借契約と連帯保証の有効性

    平成11年に前所有者との間に賃貸借契約を締結以来、2年ごとに契約を更新し、その度に契約更新の覚書を受領していました。ところが、平成19年の更新時以降は更新の覚書が付与されずに、前所有者は平成23年に死亡しました。この場合に、前所有者との間の賃貸借契約に対する連帯保証人との連帯保証契約も自動的に更新されていますでしょうか。

  • 25年前の賃貸借契約書

    更新がされておらず、契約書が25年前のです 現在滞納が6ヶ月たまり、毎月払ってはくれる物の、 通常の賃料に2,3千円程度足されただけで、一向に滞納金は減りません 連帯保証人(賃借人の実父)に連絡したところ (名前の字が違ったり、住所が違ったりと探すのに時間がかかりました) 連帯保証人は現在高齢のため、賃借人の弟さんが対応してくれましたが 25年前の契約はした覚えがなく、私文書偽造でこちらは関係ないから支払義務はないから勝手にしてくれと、 はねつけられてしまいました 賃借人は怖い人なので、それと毎月支払ってくれているので、 滞納分だけ連帯保証人に支払ってもらう方法は何かありませんでしょうか? 25年経つと、法的に無効なのでしょうか?

  • 契約書の損害賠償の文章

    賃貸借契約で反社会勢力に関する損害賠償の項目でよくわからないところがあります。 <損害賠償>  甲または乙が本条の規定により本契約を解除した場合には、次の損害が生じても何らこれを賠償ないし補償しないものとします。また、かかる解除により甲または乙に損害が生じたときは、相手方はその損害を賠償するものとします。  (1)相手方、相手方の子会社、関連会社または関係者等に生じた損害 とあります。  甲貸主、乙借主として、例えば乙が規定違反をして甲から解除した場合、乙に損害が生じても甲は賠償しない。  逆に乙の違反による解除で甲に損害が生じた場合は乙は賠償をする。  この解釈の仕方でいいのでしょうか? どなたかご指導お願い致します。

専門家に質問してみよう