• ベストアンサー
  • 困ってます

住民税が所得控除で0になる場合の還付金について

株式の配当所得を確定申告しました。(国民健康保険の所得割分を考えたうえでのことです) 所得税は所得控除・税額控除で0になり源泉税額はすべて還付されました。 住民税が所得から所得控除をひくと12000円残りました。税額控除(配当割額控除)で0になるので源泉徴収されている金額は均等割りを引いて返ってくると思っていたのですが、源泉徴収額から12000円と均等割額5300円を引いて還付されました。 税額控除って税金から引いてくれるもんじゃないんですか?

noname#241379
noname#241379

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数600
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

まず本来の住民税の額(所得割+均等割)を計算します。そして、配当金から源泉徴収された税額のほうが多ければ、その差額を還付してもらえます。 具体的には、まず所得割から減額し、引ききれない場合は均等割からも減額し、それでも引ききれない場合は還付となります。単純に、これだけのことです。 配当を総合課税で申告されたのか、分離課税で申告されたのかわかりませんので、両方の具体例を書いておきます。そして、収入は配当金のみ、所得控除は簡単のため基礎控除のみとし、大阪市の住民税の計算方法によります。 http://www.city.osaka.lg.jp/zaisei/page/0000028830.html ◆分離課税の場合 ・配当金:570,000円 総合課税の所得0円ですから、引ききれない所得控除は分離課税分から引きます。したがって、570,000-基礎控除330,000=240,000円が課税所得となります。 ・所得割額は、240,000×配当の住民税率(分離課税)5%=12,000円 (総合課税分は0円ですから調整控除はありません) ・均等割額5,300円と合わせて、本来の住民税の合計は、17,300円 一方、配当金から源泉徴収されている地方税(住民税)の額は、570,000円×5%=28,500円です。結果として、払い過ぎていますので、その差額11,200円が還付されます。 ◆総合課税の場合 ・配当金:661,000円 総合課税分の課税所得額は、661,000-基礎控除330,000=331,000円 ・所得割額は、331,000×住民税率10%=33,100円 税額控除額は、調整控除2,500円+配当控除661,000×2.8%=21,008円 したがって、最終的に33,100-21,008=12,000円(端数整理後) ・均等割額5,300円と合わせて、本来の住民税の合計は、17,300円 一方、配当金から源泉徴収されている地方税(住民税)の額は、661,000円×5%=33,050円です。結果として、払い過ぎていますので、その差額15,750円が還付されます。 市町村によって、住民税の決定通知書の書き方が多少異なっていますので理解しづらかったかもしれません。上のような順番で考えると理解しやすいのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく説明していただいてありがとうございました。よくわかりました。 「配当割額控除」という言葉が「控除のひとつ」のように考えたのが間違いでした。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

前払して、足して、引いて・・・混乱しますよね。 なので、あなたの市県民税の本来の負担額を計算してみてください。 (1)税額控除後の所得割額  (2)均等割額     (3)市県民税の総額 で、 (4)実際の負担額 = 徴収された市県民税ー還付される税金 (3)と(4)が合っていれば、間違っていないですよ。 後は、市役所の窓口で、順を追って計算の説明をしてもらうといいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解答ありがとうございました。 役所は質問した事には答えてくれますが、順を追ってすべてのルールを明確にしてくれる親切はないようです。

  • 回答No.1

市民税・県民税は次の手順で計算します。 1.所得金額を計算します。 2.所得控除額を計算します。 3.課税所得金額を計算します。 4.課税所得金額から所得割額を計算します。   課税所得金額×税率=所得割額  所得割の税率は市民税6%、県民税4%です。 5.税額控除を計算し、所得割額から控除します。  所得割額-税額控除額=(控除後)所得割額  税額控除には、調整控除や配当控除などがあります。 6.市民税・県民税額を計算します (控除後)所得割額+均等割額=市民税・県民税額 税額控除で0円になるのは、「所得割額」であって、住民税全体ではありません。 均等割は別途加算される仕組みです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の解答ありがとうございます。 残った12000円というのは所得割部分であり、おっしゃる通り均等割がかかるのは納得なんですが、全額控除があるのに還付金からひかれてしまうのは納得できないんですが?

関連するQ&A

  • 配当控除と住民税の住宅ローン控除について

    現在、給与所得のみですが、配当所得を入れて確定申告しようと思っています(源泉徴収された所得税7%を還付してもい住民税の追徴を支払ってもプラスになるので)。 しかし配当所得を入れると課税所得が195万未満から330万未満のところに一段上がってしまい税率が変わり所得税額が増えてしまいます。 住宅ローン控除と配当控除で所得税は0となります。 ただ所得税から控除できなかった額を住民税から控除できる額が減ってしまいます(住民税の住宅借入金等特別税額控除申告は税額控除前の所得税額なので)。 この場合は申告したほうが有利なんでしょうか? 教えていただけたらありがたいです。

  • 源泉徴収済みの配当所得の確定申告(還付請求)

    源泉徴収済みの配当所得について確定申告(還付請求)する際、所得控除額までの配当案件だけを申告すればいいのですか? それを超える分は源泉徴収済みなので構わないように思うのですが。それとも全件を改めて確定申告しなければいけませんか? よろしくお願い致します

  • 所得控除と税額控除はどう違うのか?

    よろしくお願いします。 日経新聞で、所得控除と比べ税額控除は所得三分配機能を高める、 と書いてあったのですが、所得控除と税額控除とはどう違うのでしょうか? そもそもどういう制度なのかが良くわかりません。 教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 所得控除の額間違ってないでしょうか?

    本年度の源泉徴収票を渡されました。 同じ会社でほぼ手取りも同じなのに所得控除の額が全然違います。 (平成20年度分は会社の名前が変わり途中で退職扱いなのですが雇用条件などもまったく同じで源泉徴収票も1枚で出され確定申告も必要ない、との説明でした。) 平成20年分 支払金額3,877,707 給与所得後の金額2,560,800 所得控除の額の合計額417,656 源泉徴収税額116,800 社会保険料等の金額37,656 前職支払い金額3,169,634 源泉徴収税額72,694 社会保険料390,869 平成21年分 支払金額3,623,184 給与所得控除後の金額2,356,000 所得控除の額の合計額902,213 源泉徴収税額72,600 社会保険料等の金額472,213 生命保険料の控除額 50,000 税金の計算などまったくわからないのですが、去年と今年で違うのは生命保険料50,000ぐらいなのです。 前職の分の社会保険料がぬけてるのでは?と思ってしまったのですがどうでしょうか?

  • 確定申告必要?配偶者控除と譲渡所得

    配偶者控除、配偶者特別控除について質問です。教えて下さい。 配偶者に●給与所得[所得控除後]56万円 ●株式譲渡所得[特定口座源泉徴収あり]29万円●配当所得[源泉徴収あり]9万円がありました。 確定申告して、扶養に入れたいんですがその場合、配偶者特別控除74?万円の枠に納まるよう、配偶者の確定申告を給与と配当だけで行って配当所得の源泉税還付を受け、かつ自分の確定申告で配偶者特別控除に算入することはできるのでしょうか?

  • 年末調整の所得控除と還付金について

    計算が合わないので教えて頂けると嬉しいです。 源泉徴収票には 支払い金額5,540,000円 給与所得控除後の金額3,892,000円 所得控除の額の合計額2,862,418円 源泉徴収税額51,400円 社会保険料等の金額712,418円 生命保険料の控除額50,000円 (摘要) 妻←去年扶養にしました。 妻の母←去年扶養にしました。 妻の祖母←先月、扶養控除申告書を会社に提出しました 私の父←先月、扶養控除申告書を会社に提出しました ●還付税額59,638円でした。 摘要の欄に私を含まず、4人の名前が載っているという事は 還付処理されていると聞きましたが、 1人につき、控除額は38万円で計算すれば良いのでしょうか? となれば、 380,000円×私を含め5人1,900,000円それに社保控除712,418円と 生保控除50,000円を足すと、2,662,418となりますが、 所得控除額の合計額2,862,418円との差額が20万あります。 この20万は何の額なのですか? それと、去年は妻と妻の母と扶養に入れ、68,000円の還付金が振り込まれましたが、今年の還付金は59,638円です。 11月に扶養控除申告書を提出しましたが、ちゃんと還付処理されているのでしょうか?摘要の欄には名前が載ってますが、何故去年より少ないのでしょうか? 回答宜しくお願いします。

  • 配偶者特別控除の還付金

    源泉徴収票に支払金額280万、給与所得控除後の金額176万 所得控除の額の合計107万、源泉徴収税額34700円 配偶者特別控除36万 の私の年末調整還付金を教えてくださいm(_ _)m 会社によって出ないとかあるのですか?

  • 寄附金の税額控除と所得控除について

    所得税の寄附金税制について質問します。 平成23年に下記の2つの寄附をしました。 (1)公益社団法人等への寄附  6万円 (2)日本赤十字への震災義捐金 1万円 このような場合の寄附金税制について、私は下記のとおりとなると思うのですが、正しいでしょうか? できるだけ有利な方法を適用したいので、税額控除が適用になるものは税額控除を適用したいと考えています。 (1)は税額控除の対象になるので税額控除を適用し、(2)は税額控除の対象とならないので所得控除(寄附金控除)を適用します。 (1)税額控除 (6万円-(2千円×6/7))×40%=2万3千3百円 (2)所得控除(寄附金控除) (1万円-(2千円×1/7))=9千7百円 このように考えた根拠は、税額控除の限度額を計算する際、税額控除と所得控除(寄附金控除)を合わせて計算、判定するので、2千円の控除対象下限額はそれぞれの寄附金から2千円づつ差し引くのではなく、合わせて2千円を差し引くと考えました。 また、それぞれから差し引く金額は、寄附した金額の比率で按分しました。 いろいろ調べたのですが、税額控除と所得控除の併用に関するものは見つかりませんでしたので、よろしくご教授くださいますようお願いします。

  • 配当所得の源泉徴収税額

    16年度から配当の税額が10%(所得税7%+住民税3%)になりましたが、確定申告のときに、配当所得の源泉徴収税額として記入するのは、10%と7%のどちらなのでしょうか。 確定申告書Aなのですが、10%で記入した後で、もしかして7%?という気がしてきました。 また、申告書第二表の左下の「住民税に関する事項」の「配当割額控除額」に記入するのは? 税務署に電話して聞いたら、市役所に聞いてくれといわれ、市役所に聞いたら、こちらもあまりわからないふうで、最初は「配当の金額」との答えでしたが、その後また電話で返事があり、「3%分の数字だと思います。」 思いますでは困るのですがというと、「3%です。」 整理しますと、教えていただきたいのは、 (1)確定申告書の配当所得の源泉徴収税額 (2)第二表の「住民税に関する事項」の「配当割額控除額」 (1)は7%で(2)が3%なのかなと思ってはいるのですが。

  • 配当所得に対する住民税の還付

    株式の配当のうち3%を住民税として特別徴収されていますが、 一般的に住民税は前年の所得に対して課税されますよね。 住民税の所得割の計算方法を探していたところ 所得割額-定率減税額-配当割額控除額・株式等譲渡所得割額控除額=平成17年度所得割額 とありました。 そうなると、配当所得しかないときは還付されないのでしょうか?