• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

御霊前、御仏前と御香典の違い

題名の通りなのですが、ネットで調べたところ、 御霊前…四十九日前 御仏前…四十九日後 御香典…御仏前や御霊前を含む、便利な言葉 と書いてありましたが、 両親に聞いたところ、 御香典…火葬前(通夜と葬式) 御仏前…火葬後(四十九日など) 火葬前はまだ仏になってないから御仏前はおかしい、と言われました。 そういう考え方もあるんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1067
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

おそらくあなたが間違って理解しているのは 「御香典…御仏前や御霊前を含む、便利な言葉」 の部分だと思います。 御香典は、御仏前や御霊前に対してお線香やお花の代わりお供えする金品だという意味であり、 御仏前や御霊前という意味を含むものではありません。 御仏前に対しても御霊前に対しても使える「お供え物」だというだけです。 宗派が「浄土真宗」だというのは、お葬式をあげる家の宗派(=拝んでもらう僧侶の宗派)ですか? それとも、あなたの家(=あなたの両親)の宗派ですか? あなたの両親が浄土真宗でなければ火葬前は仏ではないと考えるのは正しいです。そのような家が浄土真宗の家のお葬式に参列する場合、相手の宗派に合わせて「御仏前」としてもよいですが、お供えの意味で「御香典」とするのが、自分の宗派の考えに背かない最も無難な選択だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。説明が曖昧でした。 私の祖母が亡くなったときの話です。祖母も両親も同じ浄土真宗です。 意味を丁寧に解説してもらって勉強になりました。 私がネットして調べたページにも 同じようなことが書いてありましたが読み飛ばし、 判断基準だけを見て結論を急いでしまいましたが、 その意味を正しく知っているかどうかで大きく違いますね。

関連するQ&A

  • 御仏前 御霊前 どちらがよいのでしょうか?」

    先月に祖父が亡くなり、御通夜お葬式に参列しお香典をお渡ししました。 そして本日納骨式があり、何か気持ちをと思い、ご霊前をお渡ししようと思っています。 四十九日がまだなので御霊前でいいのでしょうか? お香典をお渡ししてるので、御霊前を渡しておかしいということはないのでしょうか? 何も知識がなく、おかしい言葉遣いになって申し訳ありません。 教えて下さい。

  • 香典を出す回数について。(四十九日)

    付き合っている彼氏の弟さんが亡くなりました。 彼のご両親、亡くなった弟ともわりと親しく付き合っていました。 告別式の際に、御霊前として香典をつつみましたが、今回、 四十九日にも行く予定です。 質問) 一度香典をつつんでおりますが、四十九日にもあらたに包むのはおかしいでしょうか? もし、おかしくないのでしたら、額はどのくらいが妥当でしょうか? (ちなみに告別式の時は事情もあってかなり多く、3万円包みました) 質問) 四十九日の香典の場合は仏になっているので「ご仏前」でよいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 葬儀後のご霊前?、四十九日のご仏前?、両方包むものですか?

    遠くに住んでいることもあって全くといっていいほど付き合いのない叔父が亡くなりました。葬儀はすでに近親者で済ませたとのことですが、四十九日の法要に招待されました。 葬儀は終わっていますが、いまからお香典(「ご霊前」?)は送るべきでしょうか?四十九日には参列しますが、その際も「ご仏前」(「ご霊前」?)は包むものでしょうか?また、それぞれの金額はどのくらいが常識なのでしょう? ちなみに叔父の直接の血縁である私の父は10年ほど前に亡くなっております。その際に納骨には叔父が来てくれました。 私は子供の頃から海外暮らしが長く、日本の法要に疎いものでどなたか教えていただけませんか?宗派は日蓮宗だそうです。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

#1です。 >宗派は浄土真宗です。 >なので、通夜と葬儀では『御仏前』(or『御香典』)とすれば良いと思って両親に確認したら、 >違う答えが返ってきたので疑問に思い、今回質問させてもらいました。 書いた通り御霊前は間違っているのですが、 親御さんが間違いを指摘して怒るような方なら、御香典が無難なのでしょうね。 浄土真宗では、49日まで霊がさまようのをよしとせず、死んだときに成仏する考えです。火葬は関係ないです。 私は広島県西部在住で浄土真宗安芸門徒ばかりなこともあって、3年前の母の葬儀の時に御霊前を持ってくる方はいませんでした。 葬儀の時は相手(喪主)の宗教、宗派に合わせますので今後ともご留意されればよいと思います。 あとは、通夜、葬儀の両方に出席する場合は霊前・沸前・香典は1回だけ出します。2回持ってくる人はいませんね。 最近する人は滅多にいないですが初七日や四十九日以外の七日法要を葬儀と別に行う場合は通夜、葬儀と同じ表書きになります。 浄土真宗では御仏前、浄土真宗以外なら御霊前です。これは成仏の考え方が49日の時か死んだときかの違いを考えれば容易に出てきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございました。

  • 回答No.6
  • cactus48
  • ベストアンサー率43% (4479/10303)

日本には13の仏教がありますが、その13の仏教でも教えや考え方は 違う所があります。確かに地域によっては考え方の違いはあるでしょう が、一般論から言わせて頂くと御両親の考え方は間違いなく正しいとは 言えません。 難しく言うと頭が混乱するでしょうから、基本的な事だけを書かせて頂 きます。まず四十九日と言う日が何であるかと言う事から説明します。 死去されてから四十九日間は死去された方は御霊として現世に居られま す。つまり仏様になられていませんから「御霊前」と書くのはこのため です。四十九日当日に閻魔大王様の御審判を受ける事になり、閻魔大王 様が天国に行くように命じられたら、四十九日後に御仏となられて天国 に旅立たれる訳です。このため四十九日法要後には「御仏前」と書く訳 です。 荼毘(だび)をされると煙突から煙が出ますよね。この煙を見て多くの 人は天国の旅立たれたと思ってしまうんです。しかし荼毘(火葬)して も実際は御霊のままですから、荼毘後に御仏になると言う考え方は間違 いと言う事です。これは御両親の大きな勘違いです。 要は御霊から御仏になる境は四十九日ですから、火葬したからと御仏に なるって言うのは大きな間違いとしか言えません。これは仏教徒である 限りは13の宗教でも考え方は同じです。地域によって火葬したら御仏 になるって言う事はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

うちでは、お通夜と葬式は御香奠、 法事(49日や一周忌など)は御供と書きますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

香奠・香典というのは焼香するときの「香」の代金という意味です。 喪主の立場に立って考えてみてください。 参列者が香を焚くのにその香を用意するのが喪主というのは変ではありませんか? 参列者が香を焚くならその香ぐらいは持ってきて当然と思わないですか? 「持ってこなくてもこちらで用意しますよ」ということで、 「ではその代金を」という意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

香を焚くというのは焼香をすること、ですよね。 焼香をするのは通夜でも四十九日後でも同じだから、 『御香典』はいつでも便利に使える、ということですか?

  • 回答No.2

「そういう考え方」ではなく、そうゆうものです。 四十九日が済むまでは仏になっていないので「御仏前」はいけません。 また、仏教以外に「御仏前」は使えません。 キリスト教などの場合は、「御霊前」か「御花料」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

質問文の書き方が分かりにくかったかもしれませんが、 両親の考えと、ネットの情報とどちらが一般的なのかが知りたかったです。 Gletscherさんはネットの情報が一般的ということですね。 でもよく考えてみたら、インターネットの質問サイトで質問しているので、回答はネット寄りになるものですよね。

  • 回答No.1

聞いたことがありませんね。 仏教では成仏は一般的に四十九日の時で四十九日の法要は御仏前です。ただし、浄土真宗では死んだときに成仏しますので通夜葬儀も御仏前です。 宗派を知らなければ御香典と書くのがよいです。 表書きは宗教、宗派により変わってきますので宗教、宗派を書けば回答もしやすいかと思います。 こちらを参考まで。 http://www.osohshiki.jp/column/article/39/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

宗派は浄土真宗です。 なので、通夜と葬儀では『御仏前』(or『御香典』)とすれば良いと思って両親に確認したら、 違う答えが返ってきたので疑問に思い、今回質問させてもらいました。

関連するQ&A

  • ご霊前か ご仏前か

    遠方で亡くなられ火葬されました。 こちらに遺骨を持ち帰られ明日通夜 明後日告別式を執り行うそうです。その際には ご霊前?ご仏前どちらなのでしょうか?

  • 沖縄の法事の表書き

    こんにちわ。 冠婚葬祭のマナーサイトを見ていたのですが、沖縄では法事の時に「御霊前・御仏前」と表書きをすると書かれてありました。 通常、四十九日までは故人が仏様ではないので「御霊前」の表書きで、四十九日以後は故人が仏様になられるので「御仏前」とされると思っていたのですが、沖縄では「御霊前」と書くのでしょうか? わかられる方がいらっしゃいましたら、教えてください!! よろしくお願いします。

  • 香典帳をACCSS2003で整理したい

     私は題名のとおり香典帳をひとつに整理したいと思っております(祖母の通夜・葬式・四十九日・初盆・一回忌・・これ以降は法事毎に)。 チェック項目は下記のとおり ●現金(通夜・葬儀・四十九日・初盆・法事) ●電報(葬儀) ●花輪(葬儀) ●ちょうちん(初盆) となっております。  私はACCSS2003はビギナーなので詳しくご教授願います。 よろしくおねがいします

  • ご霊前?ご仏前?

    先日昔からの友人のお父様が亡くなられました。 亡くなった事はもちろん、その前に入院をしていた事も その友人は誰にも話していなかった為、葬儀にも行って いません。 先週喪中の葉書が届き初めて亡くなられた事を知りました。 お線香代にでも・・・と思いお香典を送りたいのですが、 その場合ご霊前になるのか、ご仏前になるのか恥ずかしながら イマイチわかりません。亡くなった日から数えてみたところ、 今月18日に四十九日を迎えるようなので、それまではご霊前 になるのかな?とも思うのですが、いかがなものでしょうか? 明日にでも書き留めで送ろうと思っていますので、至急どなたか 教えて頂けると助かります!! よろしくお願いします!!!

  • 御仏前のお返しについて

    先日母が亡くなり家族葬をしました お参りして頂いた方の香典は全て気持ちだけ頂いて辞退させていただきました 四十九日も家族のみでする予定ですが 親戚や会社関係の方から御仏前と書いてお金を頂きました これは香典の代わりととって 四十九日後に半分相当の品をお返ししたらいいのでしょうか? 四十九日のお供えととっても 来て頂きませんので食事や引き物もお渡しできませんし。。。 それと家内の親からは御仏前に5万円入っていました(葬儀の時の香典は辞退しています) このような金額の場合お返しなど どうしたらいいのでしょうか?

  • お香典のお返し 金額

    通夜、告別式、三七日、五七日から四十九日まで、すべて来ていただき、三七日にもお香典をいただきました。 四十九日後に香典返しをお送りするのですが、いただいたお香典と告別式の供花すべての額の半返しと考えてよいのでしょうか。

  • 四十九日のお香典の表書き

    親戚の四十九日法要があります。 私は、四十九日の法要より使用と書いてあった「御佛前」の袋を用意しました。 しかし父は、文房具屋さんで「四十九日の法要に出るのですが・・」と言ったら、「ではご霊前ですね。」と言われ、ご霊前の袋を用意したそうです。 色々調べても、四十九日までは「ご霊前」と書いてあったりするのですが、四十九日当日は「御佛前」「ご霊前」どちらになるのでしょうか?

  • 御霊前と御仏前を一緒に渡す?至急お願いします。

    先日夫の祖父が亡くなりました。  明日、お通夜なのですが、お香典をいくら包めばよいかと義母に尋ねた所、「御霊前で一万円、七日の払い用に御仏前で一万円で良い」といわれました。  葬儀の時に七日の払いも一緒に行うようですが、そのような時にはお香典を別に包むのが一般常識なのでしょうか?結婚してまだ半年足らずで、よくわからないのですが、主人が28歳私が22歳の若夫婦(?)で私は働いておらず、我が家の経済状態もあまりよくないのにはっきり言ってかなり痛い出費です。  それに、私は実母から亡くなった方は四十九日を過ぎるまでは霊で四十九日を過ぎると仏様になるからそれまでは、お通夜の時も葬儀の時もお香典は、「御霊前」で包むものと教えられたのですが、違うのですか?  一般的な金額と表書きはどのようにすれば良いのでしょうか?  それとも義母の言うように二種類用意した方が良いのでしょうか?  アドバイスよろしくお願いします。

  • 不祝儀袋について

    震災で叔母が亡くなりました。 地元は未だに混乱が続いていて、お葬式をあげていません。 やっとお葬式をあげることが出来るようになったとの連絡があり、参列するするのですが、不祝儀袋の種類は何を選べば良いのか判らなくなり、質問をさせて頂きます。 通常は、葬儀が「ご霊前」で、四十九日以降は仏になったと言う意は味で「ご仏前」だと思うのですが、今回は、葬儀していませんが火葬は終わっていますし合同慰霊等を行っています。 なので、四十九日は終わったと判断して「ご仏前」なのか、葬儀なので「ご霊前」なのか。 詳しい方、ご指導をお願いいたします。

  • 先日亡くなった大叔母への香典について

    先日、母方の大叔母(祖父の妹)が亡くなったのですが 私がその事実を知ったのは御通夜・葬儀が全て終わった後でした。 (祖父・叔母・従弟は葬儀に参列してたようです。) 大叔母は私の母(故人)を生前凄く可愛がってくれて いつも身を案じてくれていたようなんです。 (現に、母だけでなく父の葬儀・四十九日にまでお心遣い頂いた程でした。) それだけに、通夜・葬儀に参列できなかった代わりに 大叔母の四十九日にはお香典を 仏前に供えさせてもらえればと思っています。 そこで、質問なんですが… (1)香典で包む金額なのですが、以前両親の葬儀・四十九日の際 この大叔母には総額で4万円包んで頂きました。 なので、それに見合った金額(2~3万円ぐらい)が良いのか それとも身の丈に合った金額(1万円程度)でも構わないのかで とても悩んでおります。 葬儀に参列した叔母にも相談してみたのですが、 「爺ちゃんが10万円も包んでたから、包まなくても良いんじゃないか?」 「でも、そうやってお世話になったんだから1万円でも包んだ方が良いかも?」 など、叔母も考えが定まらないようでした。 このような場合には、香典として幾ら程包めば良いのでしょうか? そして、お供物・供花なども併せてお供えした方が良いでしょうか? (2)この香典、四十九日の会場まで出向いてお参りをした上でお供えするのが ベストだとは思っていますが、香典に一筆添えて四十九日に出席予定の祖父に 一緒に持っていってもらうようにしても構わないものでしょうか? 大叔母の親類・親戚とはまるで付き合いがなく、参列しても知らない方ばかりで 簡単な挨拶だけで話すこともあまりなく終わってしまいそうなので 四十九日に参列しようかしまいか悩んでおります。 (こちらに関しても叔母に相談してみました。当初「出なくても爺ちゃんに 香典持って行ってもらえばいいんじゃないか」と言っていたのが 一夜経つと「やっぱり、きちんと出向いてお参りした方が良い」と意見を翻されましたが…。) できることなら祖父母にも相談したいのですが、祖母は寝たきりで言葉も話せない状態ですし 祖父もかなり耳が遠く軽い認知症もあってなかなか相談できる状況では ありません。 ですので、こちらで相談させて頂きました。 冠婚葬祭のマナーに詳しい方・ 同じような経験のある方がいらっしゃいましたら 是非ご教示頂けませんか。 何卒、宜しくお願い致します。

専門家に質問してみよう