• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

御霊前と御仏前を一緒に渡す?至急お願いします。

先日夫の祖父が亡くなりました。  明日、お通夜なのですが、お香典をいくら包めばよいかと義母に尋ねた所、「御霊前で一万円、七日の払い用に御仏前で一万円で良い」といわれました。  葬儀の時に七日の払いも一緒に行うようですが、そのような時にはお香典を別に包むのが一般常識なのでしょうか?結婚してまだ半年足らずで、よくわからないのですが、主人が28歳私が22歳の若夫婦(?)で私は働いておらず、我が家の経済状態もあまりよくないのにはっきり言ってかなり痛い出費です。  それに、私は実母から亡くなった方は四十九日を過ぎるまでは霊で四十九日を過ぎると仏様になるからそれまでは、お通夜の時も葬儀の時もお香典は、「御霊前」で包むものと教えられたのですが、違うのですか?  一般的な金額と表書きはどのようにすれば良いのでしょうか?  それとも義母の言うように二種類用意した方が良いのでしょうか?  アドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数5111
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

私は東京在住ですが、告別式のあと 出棺して 斎場(焼き場)へ行き お骨になったあと 初七日(しょなのか)の法要をするパターンが 多いですね。今は忙しい人、遠方の人 色々あるので 一緒の日に 行う事が多いです。 通夜、告別式から 四十九日前までは ご霊前。 四十九日の法要、忌明けからは ご仏前。となります。 (でも最近は 三十五日で忌明けをするのも多いらしい) おじいさまが亡くなって、初七日の法要にも出席するのでしたら やはり 初七日も出した方がいいと思います。 目的も違うのですから 通夜の香典とは 絶対別にした方がいいと思いますよ。 うちの場合は ご霊前っと書かれてる表書きの斜め上に 初七日と書き 区別します。 でも 地域や宗派が違うと さまざまですから お義母さまとあわせるのが いいとは思いますが 不安でしたら 香典袋を 両方用意しておくのも いいかもしれません。 (もしかしたら お骨になると 仏前と思う人もいます) 下のサイトは 地域や宗派別に 色々のってます。 参考にしてみてください。 http://www.taka.co.jp/link.htm 宗派辞典 http://www.miyagawa.com/syuha/index.html

参考URL:
http://www.sousai.com/hp/library/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 御霊前、御仏前と御香典の違い

    題名の通りなのですが、ネットで調べたところ、 御霊前…四十九日前 御仏前…四十九日後 御香典…御仏前や御霊前を含む、便利な言葉 と書いてありましたが、 両親に聞いたところ、 御香典…火葬前(通夜と葬式) 御仏前…火葬後(四十九日など) 火葬前はまだ仏になってないから御仏前はおかしい、と言われました。 そういう考え方もあるんでしょうか?

  • ご霊前?ご仏前?

    先日昔からの友人のお父様が亡くなられました。 亡くなった事はもちろん、その前に入院をしていた事も その友人は誰にも話していなかった為、葬儀にも行って いません。 先週喪中の葉書が届き初めて亡くなられた事を知りました。 お線香代にでも・・・と思いお香典を送りたいのですが、 その場合ご霊前になるのか、ご仏前になるのか恥ずかしながら イマイチわかりません。亡くなった日から数えてみたところ、 今月18日に四十九日を迎えるようなので、それまではご霊前 になるのかな?とも思うのですが、いかがなものでしょうか? 明日にでも書き留めで送ろうと思っていますので、至急どなたか 教えて頂けると助かります!! よろしくお願いします!!!

  • 香典の表書き(御霊前?御仏前?)

    香典の表書き(御霊前?御仏前?) 過去ログで検索したのですが、私の場合はどうしたものかと思い、投稿させていただきます。 2週間前に学生時代の親友と会おうと思い、電話やメールで連絡をとったのですが、電話は不通、メールはエラーで返信されてきたので、おかしいと思い、勤務先に連絡したら、親友が4月中旬に急死したことが分かりました... 勤務先経由で親友のご親族から連絡があり、あまりにも急なことで親族だけで葬儀を済ませ、その後もいろいろと所用があり、友人関係の方にはまだ連絡していないとのことでした。 ご親族のご都合に合わせて 7 月中旬に親友のお墓参りに行くことになったので、表書きについて母に聞いたところ、本来ならば四十九日を過ぎているから「御仏前」なんだろうけど、お通夜、告別式を出席しなかったのだから、初めてのご挨拶の意味で「御霊前」にした方がよいのではと言っていましたが、どうなのでしょうか? それともやはり「御仏前」でしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

冠婚葬祭のしきたりというのは地域や、宗派、または家系によってさまざまですが、 ご霊前とかご仏前には「お花代」や「お線香代」という意味もあるそうです。 これはなくなった方の仏壇やお墓をお守りする時に役立ててくださいということです。 お義母様のいうとおりが一番よいのでしょうが、経済的に厳しいのであれば、 ご霊前としてご葬儀の際にお包みしたらいいと思います。四十九日や百ヶ日、 納骨、一周忌と節目の行事が多いので、後々のことも考えて金額は決められたら いいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

お通夜、葬式、告別式の場合 仏式:御香典 神式:御霊前、玉串料 キリスト教式:御霊前、御花料、御白花料 法要、霊前祭の場合 仏式:御仏前、御供物料 神式:御霊前、玉串料 キリスト教式:御花料、お花料 品物の場合 御供(仏、神、キリスト教)共通 表書きの注意点 1)不祝儀に書く表書には「薄墨」をしようする。 決してボールペン、やフェルトペン、万年筆で書くことは避け文字は丁寧に楷書で 書きます。 2)不祝儀袋は白黒、銀などの結びきりの水引きを御使用下さい。 とのことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

お悔やみ申し上げます。 hanboさんが書かれたのもので良いと思います。これだけは、地域と風習により変化しますので。 >葬儀の時に七日の払いも一緒に行うようですが 推測なのですが、初七日は、正式には亡くなった日を入れて七日目に行われるものなのですが、これも地域により葬儀当日にされる場合があります。今は、後者のケースでないでしょうか?私の住んでいる地域はまさに後者です。 義母の言うようにされるのが一番良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

どちらもご霊前が正しいのではと思いますが、 結構みんなあいまいで、お葬式のとき以外は ご仏前とする人も 多いようです。 初七日というのは 本当は 亡くなって7日後の法事なので それを 便宜上、同じ日にするわけですから 本来は お義母さんの言われるように 両方の分を持参するのが 正しいと 思います。 でも、気がつかない人も多く、 我が家の時に 初七日の分として 渡してくれた人は わずかでしたけど。 でも、あなたの場合は ご主人のおじい様なので、 お姑さんの言われるとおりにされたほうが 良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • hanbo
  • ベストアンサー率34% (1527/4434)

 冠婚葬祭は、地域によって習慣が異なりますので、この場合には義母の言われた言葉に従うのが良いのではないでしょうか。  一般的に仏教では、49日の法要までは「霊」で、過ぎると「仏」と言われていますので、御霊前と御仏前をそのように使い分けます。又、葬儀後の初七日の繰上法要(これも地域によって呼び方が異なります)も、法要用の食事などが用意されますので、その経費として包むのは一般的です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速、返答をありがとうございます。 金額は別として、初七日の経費を包む時は、御霊前の中に一緒に入れるのはおかしいのですか?御仏前で包むのはなんか抵抗があると言うか、若いから知らないと思われるのがイヤなんですが・・・  やはり義母の言うと通りにするのが一番なんでしょうか?実母に聞いた所、御霊前と御仏前の使い分けを知っている方は少ないみたい。と言っていましたが、どうなんでしょう?

関連するQ&A

  • ご霊前? ご仏前?

    友人のお父様が亡くなりました。 お通夜、告別式等が済み次第実家から戻ってくるので、その時にお香典を持って行こうと考えています。 こういう場合は、「御霊前」でいいのでしょうか。 荼毘に付された後なので、「御仏前」になるのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • ご香典、ご仏前、ご霊前の違い

    知人のご身内の方がなくなられたのですが、葬儀が終了していました。ご自宅にお悔やみに伺いたいのですが、その場合はご香典、ご仏前、ご霊前のどの表記がいいのでしょうか。葬儀まではご香典、葬儀が終わったらご仏前という人もいますし、仏式でも宗派によっては49日法要まではご香典という人もいますし、迷ってしまいます。ちなみにその知人宅は仏式ということまではわかっているのですが、宗派まではわかりません。

  • 葬儀後のご霊前?、四十九日のご仏前?、両方包むものですか?

    遠くに住んでいることもあって全くといっていいほど付き合いのない叔父が亡くなりました。葬儀はすでに近親者で済ませたとのことですが、四十九日の法要に招待されました。 葬儀は終わっていますが、いまからお香典(「ご霊前」?)は送るべきでしょうか?四十九日には参列しますが、その際も「ご仏前」(「ご霊前」?)は包むものでしょうか?また、それぞれの金額はどのくらいが常識なのでしょう? ちなみに叔父の直接の血縁である私の父は10年ほど前に亡くなっております。その際に納骨には叔父が来てくれました。 私は子供の頃から海外暮らしが長く、日本の法要に疎いものでどなたか教えていただけませんか?宗派は日蓮宗だそうです。

  • 沖縄の法事の表書き

    こんにちわ。 冠婚葬祭のマナーサイトを見ていたのですが、沖縄では法事の時に「御霊前・御仏前」と表書きをすると書かれてありました。 通常、四十九日までは故人が仏様ではないので「御霊前」の表書きで、四十九日以後は故人が仏様になられるので「御仏前」とされると思っていたのですが、沖縄では「御霊前」と書くのでしょうか? わかられる方がいらっしゃいましたら、教えてください!! よろしくお願いします。

  • 葬儀後の弔問での香典袋の書き方。

    葬儀後の弔問での香典袋の書き方。  先月の9月21日に亡くなられた故人のケースです。 最近訃報を聞きましたので、来週御自宅をうかがいます。 故人の奥様からは24日が満中陰法要だと聞いています。 来週にお線香をあげに伺うのですが、香典の表書きは 『御霊前』ですか『御仏前』ですか? 日数を計算すると四十九日は過ぎてませんので 御霊前でよろしいのでしょうか? 御指導願います。

  • 急ぎです!!初七日の香典の表書きは・・・

    明日、祖母の葬儀があり初七日も一緒に行うとの連絡があり香典のことで悩んでいます。まず葬儀時の香典は御霊前の表書きでもって行きますが、調べたところ初七日も御霊前の表書きが多いみたいですが同じ表書きを2つ持っていくのは変じゃないですか?初七日の表書きは何が一番言いのでしょう?至急回答いただきたいです。

  • 葬儀当日にある法要は、御霊前?御仏前?

    週末に、義母の母の葬儀があります。 通夜の翌日、火葬、葬儀、法要があるそうです。 香典は、葬儀のときと法要のときにそれぞれ出すということ、金額はそれぞれいくらかということも、決まってます。(親戚が教えてくれました) 法要は、葬儀当日に1度やって、あとは一周忌までないそうです。 こういう場合、法要のときの香典袋は「ご霊前」ですか?「御仏前」ですか? バタバタしていて、義母とは、なかなか連絡がつかず、教えてくれた親戚というのも、こちらから連絡する間柄ではないので、なかなか聞けなくて・・・。

  • 【四十九日】ご仏前の郵送について

    先月、母方の祖父が亡くなりました。 私は遠方に住んでいるため、母が「葬儀に来てくれるだけでいいから葬儀の際の香典はいらない」と言っていたので香典は渡していません。 今月末に四十九日の法要がありますが私は行きません。 ご仏前を郵送で送ろうかと思っていますが、葬儀の時に香典を包んでいなくても1万くらいで大丈夫でしょうか? また四十九日の日以降に送っても大丈夫なのでしょうか?

  • 葬儀後49日前までの弔問ですが、

    葬儀後49日前までの弔問ですが、 香典袋には『御霊前』『御仏前』のどちらに なるのでしょうか? 三十三日以降四十九日により前の弔問になりますが 『御仏前』でよいのですか? 御指導ください。

  • 夫の祖母の四十九日のご仏前の金額と粗供養について。

    先日、夫の母方の祖母がなくなりました。 お通夜とお葬式は、私は妊娠中ですので遠慮しました。 夫はお通夜、お葬式、骨上げ、繰り上げの初七日まで3日連続で参列し、 葬儀の日にのみ、義父に言われて、香典として2万円を包み、お供えとしてビール1ケースを持参しました。 喪主は義母の兄(故人の長男)でした。 11/23に四十九日の法要があります。 今回は、義父母、義弟、私達夫婦と2歳半の子供が参加するのですが、ご仏前はどの程度の額にすればいいのでしょうか? あと、粗供養も用意するべきでしょうか?その場合はどのくらいの額のものをすればいいでしょうか? 義母の話によると、当日の食事は、義父と夫にのみお膳がでて、あとは簡略なお弁当だそうです。 お手数ですがよろしくお願いします。