解決済み

何故、普通の人間は、他の人間に対して興味を抱かない

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9042271
  • 閲覧数233
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 70% (1575/2243)

普通の人間の
他の人間に対する感覚は、
他人は、他人の人生に興味はない。と
言うものに近いのだろうか?

なぜ、
我々哲学するものは、
過去、現在、未来、
全ての老若男女に対して興味を抱くのだろうか?

他の人間に興味を抱くものと、
他の人間に興味を
抱かないもの違いとは?

哲学カテゴリー皆さんの
ご回答のほど
お待ちしております!
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 21% (306/1443)

ご質問を単純化すれば

普通の人間=哲学をしない人間

哲学=人間に対する興味を抱くこと

ここで
>他の人間に興味を抱くものと、

 他の人間に興味を抱かないもの違いとは?

上記の式を適用して
二つの違いは、哲学をするか、しないかの違い

という結果が得られます。もちろんこれは質問者様の既知のものです。

で、なぜ哲学するものと、しないものとの違いが生じるのか
あるいは
なぜ他の人間に興味が生じるのか、 → 哲学をするからだ
なぜ他の人間に興味を持たないのか、 → 哲学をしないからだ

これも既知のものだろうと拝察いたしますので、それ以外の回答を求めておられるのだろうと。

質問としては、更にこういう展開も可能です。

哲学をしていると、なぜ他人に対する興味が高まるのか?

仰るとおり、哲学は人間一般への興味を始原としています。
他人への興味もさりながら、じぶんじしんへのあくなき興味というものも高まるものだと考えられます。自分自身を深く知ることによって、結局他人への見方も深化することになる。見方が均等になる。

これに対して、普通の人間が自分にしか興味を持たないがために、人間一般に持つ興味には、当然、ある偏向が避けられなくなるということでしょう。
まず自分自身への興味だけを高め、他人の存在をないがしろにする、そのことによって自分主義、あるいは利己主義が高まる、自分の利害だけに特化して人生を突き進む、結果モンスタークレーまーなどの悪しき属性が生じます。

哲学をするものは、自分と他人をほぼ当分に見つめる習慣があるために、そういった偏向をもつことが少なくなる。
ということになるのでしょうか。

ご参考になれば。
お礼コメント
hayyuji9401010

お礼率 70% (1575/2243)

ご回答のほど、
頂いたのでベストアンサーを差し上げます!
投稿日時 - 2016-11-04 19:26:29

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/8)

まずは「哲学」とは何なのかを国語辞典で確認してみましょう。
それが質問者の疑問を解決する手段の一つになります。

言葉を正確に用いることができるかもしれませんから。
お礼コメント
hayyuji9401010

お礼率 70% (1575/2243)

ご回答のほど、
ありがとうございます。
投稿日時 - 2016-11-04 19:32:12
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 18% (2122/11334)

哲学 カテゴリマスター
周囲の人間ってのが多すぎる現代社会では、いちいち個々人の問題に関心もつわけにゃ参らなくなったってことでしょう。


自分以外に3人ぐらいしか(周囲に)人間が居ない社会であれば、それぞれ個人に対して関心を持つことになります。

哲学屋か、哲学屋でないかの差は無いでしょう。
お礼コメント
hayyuji9401010

お礼率 70% (1575/2243)

ご回答のほど、
ありがとうございます。
投稿日時 - 2016-11-04 19:26:38
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 16% (201/1206)

 あれだけパクってまともな仕事になるんだろうか。

 といったように 興味を持つのではないですか 一般に。


 あるいは 十分の一の勢力でいったいどうやっていくさに勝てたのかと。

 桶狭間はどこにあるのか。と問うのは すでに歴史学ですが 地理の問題です。

 文献にもとづき考古学のモノをも参照してどのような出来事であったのかを確定するのは 歴史学です。

 その人間のひととなりにも思いを馳せ日常生活をも推理してその人生をえがくのは 文学です。

 それにしてもひとは何故ひとと互いに殺し合うのかを考えるのは 哲学です。



 他人について 自分自身のこととしても考え及ぶことが出来るのは そもそも人間です。そういうふうに出来ているのでしょう。

 他人のすることに何でもかんでも首をつっこみ口を出すのも 人間であるのでしょうか どうでしょうか。

 興味はありますか?

 多少は興味をいだいて かまってやるのはエチケットかも知れません。

 ウザイほどになったら どうするか。

 ここでどう考えどう振る舞うかで 違いが出て来るのでしょうね。《違い》と言うならば。
お礼コメント
hayyuji9401010

お礼率 70% (1575/2243)

ご回答のほど、
ありがとうございます。
投稿日時 - 2016-11-04 19:26:55
  • 回答No.3

人間始祖の堕落に拠り 本来の心を失ったのが原因・・

本来の姿に戻る為に 「復帰歴史」が 続いているだけです・・
お礼コメント
hayyuji9401010

お礼率 70% (1575/2243)

ご回答のほど、
ありがとうございます。
投稿日時 - 2016-11-04 19:26:46
  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 13% (478/3651)

他カテゴリのカテゴリマスター
対象を人に限る必要はないのでは。どんなものでも興味を持つ人には興味があるが、逆にそういうひとにとっても興味をもてないものもたくさんあるはずです。ちなみに悟りとはどんなものにも興味が持てる(もたないでは無く!)状態ではないかと愚考しています。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ