• 締切済み
  • 暇なときにでも

ベンチャーの銀行ってある?若い頭取っている?

起業家は普通、パン屋さんとか、服屋さんとか、工務店とか、ホームページデザインとか、そういう感じの業種だと思います。ベンチャーってやつですか。 最近の起業家は若い人が多く、20代30代の人はザラです。中には高校生も居るそうです。高校生の社長さん、カッコ良いですね。高校生の持ち金は親からのお小遣いやアルバイトの給料程度と少ないですから、自己出資が少なく、起業に必要となるお金の大半を銀行から借りることになるでしょう。 この銀行ですが、どこも創業何十年の老舗だと思うのですが、ドーかしら?そして、頭取は必ず初老のオッサンですかね? 高校生がパン屋さんのベンチャーを起業し、店長になることはよく聞きます。その一方、高校生が銀行のベンチャーを起業し、頭取になることはありますか?原宿銀行、創業2年目、頭取はきゃりーぱみゅぱみゅっぽい女子高校生。こんな感じの銀行は絶無でしょうか? 日本に原宿銀行があると、日本はオシャレで活気が出て良い、そう私は思うのですが。 日銀も、みずほも、MUFGも、三井住友も、歴史の古い銀行です(再編は数年前ですが)。偉い人も、初老のオッサンでしょう。こういう大手のメガバンクに加え、小規模の地方銀行や信用組合やベンチャーキャピタルなども、全て、老舗の会社で偉い人はオッサンだと思います。どうかしら? オシャレなアパレルショップを若い女性が起業したく、お金を借りようとするとき、どういう銀行が良いかというと、答えは絞られるでしょう。原宿銀行なのか、或いは、みずほ銀行なのか、私は前者だと思う。原宿銀行は、多くのカジュアルな若い起業家の心を掴み、利益を上げる銀行になると思う。そして、預金も渋谷で働く若者の給料振込口座から集まると思う。んが、現状をみると、若い起業家は、猫被ってリクルートスーツを着て真面目ぶって、初老のオッサン銀行員のご機嫌を伺って金借りてると思う。これじゃ出来上がった店にオッサン臭が残っちゃうよ。この現実は悲しいよ。 原宿銀行が無いのには、理由があるのかしら?ギャルの公認会計士とか出てきてニュースになってるよね?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数90
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

 ベンチャー(冒険、投機)である銀行というものは、存在しません。  銀行法で禁止です。  資本金からなにかまで、ガチガチに規制されています。「銀行」という名称も使えません。勝手に使うのは禁止で、処罰されます。  冒険とか投機とかの反対側にあるのが、銀行です。  東京都の元知事が官僚に「やれます!」とそそのかされて、都民の税金で「理想」に燃えて、海のものとも山のものともつかぬ起業家"も"想定した銀行を作りまして、「あれはダメだ、冒険的すぎる。博打だ」と思っていたら案の定、すぐ左前になりました。  そして東京都、というか、間接的には東京都民がまたまた税金を出して救済しました。  ですから、海のものとも山のものともつかぬベンチャー企業を相手にする銀行は、今後誕生するかもしれませんが、すぐ倒産でしょう。  銀行は、そういう冒険的行動を慎まなければなりません。  若い頭取は、禁止されているわけではありませんが、若い人は間違いなく経験に乏しく、多くの若者は冒険しがちです。  冒険、投機すれば、儲かるときは大もうけできますが、預金者に儲けは回ってきません。頭取や銀行員の報酬給与、株主の儲けになるだけ。  逆に失敗すれば大きく損をしますが、大損は「倒産」、1,000万円以上の預金は踏み倒しという形で、預金者に回ってきます。  つまり冒険しがちな銀行は、一般預金者にとってはハイリスク、ノーリターンのダメダメ銀行です。  したがって、若い頭取がいる銀行は世間から信用されず、預金が集まらず、やはり倒産でしょう。  信用してもらえないのでは銀行が困るので、銀行の役員はおじいさん的年齢の人を頭取にします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 不動産系ベンチャー起業家や社員が読む雑誌は?

    こんにちは。 現在、雑誌から人の志向性を考える作業をしているのですが、 例えば、不動産売買仲介などの不動産系ベンチャーの起業家(20代~30代前半の若手)や、底で働く稼ぐ気満々の社員たちが普段どんな雑誌読んでますかね? ※人それぞれですが、あえて言うならというレベルでの質問です。 例)プレジデント⇒中身にものすごく興味を持っているわけではなく、何となくプレジデントを読んでいる自分が周りから見たらスマートに見えるだろうという表層的な理由(見栄)

  • 起業家になりたい

    近畿大学経営学科1回生です。起業家を志しています。 大学生の僕ができることは、しれているけど大学生しか出来ないこともあると思います。例えば、リアルタイムで巷の流行っているものがわかることです。サークルもつくりました。(イベントサークル)商経学部1回生で1番大きい と思います。それでも起業家を目指している人、ネットベンチャーについて話の出来る人もいないです。 ぜひ先輩方の意見を聞かせてください。それと若者の意見も聞いてみてください(笑)

  • なぜ銀行員の給料は高い?

    1.なぜ銀行員の給料は高い? 2.昔、三菱銀行で、病気で戻れないはずの人が戻れたのはなぜか? 3.ほかの会社は給料を公開しているのに、銀行は公開しない? 4.同じ仕事でも理系は文系より公務員や銀行員になれない? 5.なぜ銀行員には女性が多く、すぐ結婚できるのか? 6.銀行員と公務員はどちらが恵まれているか? 7.銀行員の採用基準に縁故採用があるのはどこの銀行か? 8.地方銀行は、大手銀行より恵まれているのはなぜか? 9.みずほ銀行の頭取は、不倫できる時間があるのは、忙しくないからか?

  • 回答No.1

ここの回答者も質問者もあなたの友達では無いので、その馴れ馴れしい口調(書き方)は駄目ですね(最近多いですが)。ところで、銀行業と言うものは他人のお金を預かる以上、厳しい免許規制があり簡単なものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>ここの回答者も質問者もあなたの友達では無いので、その馴れ馴れしい口調(書き方)は駄目ですね  ↑ 別に馴れ馴れしくても良いじゃん。馴れ馴れしかったら、ドーなるの?馴れ馴れしい人を見たら、ドーするの?馴れ馴れしいことを理由に、ぶん殴れば満足かしら? >厳しい免許規制があり簡単なものではありません。  ↑ そんな免許規制なんか、取っ払おうよ。その免許を定めてる人も、初老のオッサンだよ。カタいねー。簡単にしよーぜ!銀行業免許なんか、初老のオッサンの頭の中の架空の免許だから、そんなの無視して原宿にベンチャーで銀行を起業しようぜ! なぜ若者がオッサンの考えた免許制度に従って銀行を運営せにゃならんのか?だったら、オッサンは若者の考えたルールに従うのかい?帽子、バンダナ、サングラス、染髪、化粧、ヒゲ、ネックレス、シャツを出す、ブレスレット、デニム、スニーカー、最低どれか2つは必須だぜ。

関連するQ&A

  • 給料と最低賃金について

    宜しくお願いいたします。 私は、近い将来、起業を考えております。 知り合いと2人で、2人共役員になります。 それ以外の従業員は取り急ぎ考えておりません。 私達は創業時、いかんせんお金がないので、 最初は給料なしでやろうと、考えています。 そこで質問なのですが、僕ら2人で会社をやってるとき、 “給料なし”というのは、 会計上、法律上、問題ないのでしょうか? 最低賃金法だのとかにひっかからないのでしょうか? よく最初は給料なしでやってるという 起業家の話は聞くのですが。。 勉強不足で申し訳ございませんが、 何卒宜しくお願い申し上げます。

  • !!三井住友銀行に勤務している人に質問です!!

    !!三井住友銀行に勤務している人に質問です!! 来年の2020年1月から三井住友銀行は一般職と総合職を廃止して一本化すると頭取が言いました。 受付カウンター業務だった女性陣は一般職から総合職に格上げされて給料も上がると思いますが総合職の仕事をこなせるのでしょうか?頭取は何を考えているのでしょうか?一般職の女性陣をクビにする気ですか?派遣社員を正社員化したのに?頭取の考えがよくわかりません。

  • 出世できない中小やベンチャーに何かメリットあるの?

    中小企業にありがちな、創業者一族のみが儲かるような会社に長く勤めることのメリットって何がある? そりゃ成果出せばある程度は評価されるだろうが、結局は社長の息子に追い抜かれるし、要職は創業者の娘婿とか一族の連中に占められるし、モチベーションが上がる要素ないと思うんだけど。 もちろん、社長に惚れてその右腕としてみたいなのはあるかもだけど、単に就職先としてみた場合、オーナー企業で働くことのメリットってある? キャノンやサントリーくらいの規模なら、創業者一族が入り込んでも上手く回ってるけど、上場もしてない中小企業で創業者が身内をいれまくってるような会社でバリバリと仕事する意味があんまり分からん。 どうせ成果あげたって、得をするのは社長をはじめとした創業者一族だよ?自分が死ぬほど頑張っても会社内での地位もあっさり社長の息子に取られるのなら頑張る意味なくね? 中小企業以下のベンチャーや零細企業でも同じで、ストックオプションも貰っていないのに昼夜問わず働かされてIPOをやらされたりとかしても自分は大金をせしめられないし意味がない。 ベンチャーの採用でよく言われる「ポストが空いているからすぐに昇格できる」っていうのも、ポストが空いていたら人材会社に頼んで人材を買ってきてそれで埋めるから、内部昇格とかさせない会社もあるし。 中小企業やベンチャー企業の良さって大企業と比べて競争相手が少ないから出世しやすいってことだけでしょ? 福利厚生、給与、賞与、退職金、全て大企業以下なんだから中小って。 だから中小企業やベンチャー企業って大企業に入れなかった人が、出世してマネジメントラインに乗って自分に箔をつけて転職なり起業なりするための踏み台にするための場所ですから、出世できなのならさっさと辞めるべきでしょ? 出世しないと公衆便所以下の環境しかないんだから。

  • 奨学金を資本金にして会社を作って何が悪いの?

    千葉大学の学生が起業家特集のインタビューで 「会社を作った時の資本金は奨学金をあてました。成績が良かったからあちこちの団体に奨学金を申し込んだら全て通ったので。銀行より利率低いし、かなりラクだった。」 と答えたことが 「奨学金をそんなことに使うなんておかしい!」「お前が会社なんか作らなければ貧しい生徒が大学にいけた。」 と叩かれていましたが、 これってこの学生起業家が悪いのですか? 仮にこの人が奨学金を取ったことで進学を諦めた学生がいたとしても、この学生起業家に成績で劣っていたのが悪いのだから、自分が悪いのではないですか? 奨学金を資本金に使うなという法律もないわけですから、何に使おうと本人の自由でしょ?

  • 成功した起業家の人に聞きたい事はどんなことですか?

    こんにちは。 起業を志す方を読者とした雑誌を作っているのですが、そのコーナー内で起業家の方々へインタビューすることとなりました。 しかし起業家、成功者へのインタビューというのは星の数ほどありますので、質問をしぼっていきたいと思っています。 成功した人の人生論、一般論を伝えるのではなく、これから起業をしようとされている方が、『具体的にどのような行動をしたらいいのか?』と、具体性にこだわった内容にしたいと思っています。 インタビュー対象は創業社長に限定して、かつ「起業当時」のことについて聞いていきます。 そこで、あなただったらどのような内容のインタビューだったら聞きたいか? お知恵を貸していただけないでしょうか? たとえば、以下のような質問を想定しています。 ・起業を意識しだしたのはいつごろか? ・起業前、起業に向けてどのような意識を持っていたか?あるいは行動をしていたか? ・起業しようと決断したのはどんな時か? ・起業しようとした時の周りの反応は? ・起業のための準備期間はどれくらいか? ・起業の際に明確なビジネスモデル、プランを持っていたか? ・事業計画書はどの程度作りこんだか? ・資本金はいくらか?どのように調達したのか? ・起業してからどれくらいで黒字転換したか? ・キャッシュフローをどのように構築していったか? などです。 僕自身も起業をしたいと思っているからこそ、このようなことを聞いてみたいと思っています。 ぜひ、皆さんからもアイデアいただければうれしく思います。 宜しくお願いいたします!

  • 起業家を目指している学生です

    今、高校三年で受験勉強中です。 起業家になりたいので、経営学部に行こうと思っています。 しかし、起業家になる人はサラリーマンや経営学の専門知識のない人が多いと本で読みました。 どういった事業をするか分野は決まっていますが、 内容まで詳しく決めていません。(いくつかアイデアはあります 分野は、ネット関係です。 自分はHP作ったり、映像、Web上の知識全般があります。 ここで、みなさんにお聞きしたいことがあります。 起業して成功するのに、 『経営学の専門知識』と『起業する分野の専門知識』 どちらをとるべきでしょう。 起業する分野の専門知識は、自分は普通の高校生よりはるかにあると思います。 が、その世界となると分かりません。(自分のレベルが) 起業して成功させるためにはどちらをとるべきか、 なんでもいいので、ぜひアドバイス下さい! よろしくおねがいします。

  • 昔ホリエモンが40代までの若い世代に

    昔ホリエモンが40代までの若い世代に世の中の権限を全て委託して50代以降の年寄り達は、その下で働くようにすれば世の中は今より確実にいい方向に向かっていくと仰っていました。 理由は脳の働きが鈍り始めるのが50代以降なので、衰えがまだ見えない40代までの世代の方がよっぽど世の中のあらゆる問題に対しての対処法を早く見つけ出せるからとのことでした。(一部の脳の分野に関しては年齢を重ねても成長するみたいですが全体的には衰えますよね) 確かに高校生の時にコンビニで働いていた時に、たまに従業員が少なすぎてオーナーがリストラされた50代のオッサンとかを採用して働かせていたんですが、レジを覚えるのも新商品の知識や新サービスの手順なども覚えるのが俺たち高校生の4.5倍の時間がかかっていたし、またそれだけの長い時間をかけて覚えたくせに忘れるのもめっちゃ早かったので、「マジでオッサンて使えね~」と同じ高校生のアルバイト達で馬鹿にしていました。 でも多くの会社ではあんな能力が低いのにただ長くその会社でいるというだけで上司の座に座って威張りちらしているオッサンが大量にいますよね。 そして調べてみたら成功している起業家はほぼ20代から40代の方々ですよね。 大企業とかの雇われ社長はジジイが多いですがあれは長年その会社にいて社長まで出世しただけで自分で作った会社ではないので起業家の方に比べると経営者としての能力は低いでしょうし。 さすがに10代は50代60代の人間より頭は良くても自制心を持って行動することが出来ない人が多いのでトップに立たせるのは危険な気がしますが20代後半くらいから40代までで世の中を動かせば間違いなく今より世の中はいい方向に進化すると思います! 経営者・政治家・教師・スポーツの監督、他にも色々ありますがこういった職業や役職全てにおいてです。 この私の考えは合っていると思いませんか?

  • 無担保・無保証について

    きちんとした金融機関で無担保・無保証で300万程度融資しているところを見つけました。 起業を考えているため、そこから300万円を借りれると、運転資金に回せるため、かなり欲しいのですが、無担保無保証ということは、誰にも迷惑をかけない、何も失わないということですよね? ちなみに起業といっても、週末起業のため、会社員をやりながらやりたいのですが、失敗すれば、会社員としての給料が押さえられるということでしょうか? もし、押さえられないのであれば、銀行口座を個人と法人に分け、個人には自分の給料、法人口座には会社としての売り上げなどを入れておけば、リスクなしで起業が出来ると思うのですが・・・。 金融機関にとって、創業支援をするということは、今後うまくいけば、長く取引を出来るということなどのメリットはあると思いますが、実際は失敗する人のほうが多いと思うので、元は取れないような気がします。 無担保無保証はなぜ成り立つのですか?審査がめちゃくちゃ厳しいのでしょうか? 回答お願いします。

  • 土日祝日の夜のみ営業の銀行ってドヤ?

    何処の銀行も、平日の朝9時~昼3時じゃん。コレって、逆の方が良くね? 基本はネットで、365日24時間受付。ただし、ネットが嫌な人も居るだろうし、オペレーターのおねーさんとフレンドシップをとりたいだろー。だから、土日祝日の昼3時~夜9時は窓口を営業するんだよー。 コレ、需要あるよね?ドヤ? 平日は店舗封鎖。 年寄りを中心に、コレが嫌だという顧客も居そうだけど、そういう人は遠慮無くみずほやMUFGや三井住友やゆうちょに行ってくださいな。だから、みずほには需要があるんだよ。 だけどね、世の中には平日9時3時だと都合の悪い、外れ者マイノリティが居るんだよ。そういう人を顧客層に絞った銀行が少しはあってもイーじゃん。 ドーして何処の銀行も、平日9時3時なのだろうか?理由があるんですかね?みずほもMUFGも三井住友もゆうちょ、どこもそこも全部じゃん。何だろう、差別化を図ったり、独自サービスを展開しようとする姿勢があってもいーじゃん。 休日の夜に銀行が開く?あり得ない。銀行の営業時間は平日9時3時と昔から決まっている。  ↑ こう主張するオッサンが居るんですかね?財務省事務次官とか、メガバンク頭取とか。

  • 志の高い仲間たちの前でつい構えてしまう。。

    私の周りの友達は、本当に志が高くワクワクして自分の興味のあることに取り組んでいる人ばかりです。 友達、というよりもよく一緒にイベントをやったり、同士・仲間といった関係です。 彼らは、ベンチャー起業家、社会起業家、毎月多数のイベントを主催している人、TVに取材されるような人などなど、本当に尊敬する人ばかりなのです。 ただ、そんな彼らと会うといつも会話がポジティブで志も高いため、 「最近はどんなことしてる?」 「最近はまた新しいビジネス始めてさ」 「今度こんなイベントやるよ」 「お店やることにしたんだ」 「講演やるんだ」 など話もとってもハイレベルです。 私は彼らが大好きだし、話を聞いていてとってもワクワク刺激されるのですが、彼らと会う予定があると身構えてしまう自分がいます。 何話そう?最近話せるようなネタあったかな?最近仕事しかしてないな。。ちょっと大げさに話そうかな。。どうやったらあたしも皆にすごいと思ってもらえるかな。。 と、そんな必要ないのに見栄を張ってしまう自分がいて、とっても情けなくなります。 私だけ置いてかれるのはいやだと。。 どんな中傷、批判でもいいです。 こんな私を皆さんどう思いますか? ちなみに、彼らは別に私が大したネタがないような人生を送っていても離れていくような人たちではないです。 私自身の問題なのです。