• ベストアンサー
  • 困ってます

文章に大過去を入れる時のルール

Yesterday, I carelessly stepped on my new glasses which I had bought last month. 「先月に買った新しいメガネを昨日踏んづけてしまった」 という内容で書きました。 質問1: こういう場合、 which I bought last month と過去形で書いてもいいですか? その理由もお願いします。 質問2: I bought my new glasses last month, and carelessly stepped on them yesterday. こう書いたら、全部過去形でいいですか? その理由もお願いします。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数216
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#212313

 #1です。 >「大学に入るまで私は一度も外国人と話したことがなかった。」 > I had never spoken to a foreigner before I entered college. >質問1: >この文では過去完了(経験?)として使われているので、過去形は使わない方がいいのでしょうか?  I had never spokenを過去完了と取れば、大学入学時点において(I entered college)、それ以前(before)には、外国人に話しかけたことがなかったわけですね。現在完了形が発話時点での経験を言うのに対し、過去完了は過去のある時点での経験を言っていることになります。  仮に、I had never spokenが大過去だとすれば、大学入学より前のある特定の時点で、外国人には決して話しかけなかったという意味になります。それなら、大過去を過去にして、I never spokeとできます。英文として(ちょっとこのままでは不自然ながら)あり得ないとは申しません。  しかし、お示しのものは和文が先にありますから、和文が状況を言い表しているなら、外国人と話した経験がなかったわけですから、完了形で言いたいことであり、基準となる時点が過去(大学入学時)ですから、過去完了であり、大過去ではないでしょう。  大学入学までの人生では、一度も外国人と話したことがないという、過去に未経験の状況があったということを言い表しています。 >I waited for 3 hours before she arrived. >こういう文を見かけたので、また疑問が湧いたのです。  こちらは、彼女が来るまでに3時間待ったことは明白でしょう。3時間待つということが、人生で何度もあったという経験を強調したいわけではなさそうですし、3時間待ったということが、彼女の到着時点で「私(I)」になんらかの影響を及ばしたわけではなさそうです。  そうではなく「彼女(she)の到着」まで、単に3時間待ったということを言い表している状況を、過去形で言い表しています。出来事の時間的な順序も、beforeを使っているため、特に迷うことはありません。  もし、  I had waited for 3 hours before she arrived. だったら、ちょっと迷います。時制に厳密に大過去にしただけかもしれませんし、過去完了で3時間待ったことが、「彼女」の到着時点で「私」に何らかの影響を及ぼしたことを言いたいのかもしれません。ただ次のような言い方は時折見ます。  I had been (kept) waiting for 3 hours before she arrived.  これだと、3時間もずっと待ち続けていたという感じが出ます。カッコ内のkeptを言うともっとはっきり、3時間も待たされた感じが出ます(ただ、keptを言うのは、現代英語としてはちょっとくどいらしい)。  そうした状況ではなく、単に待った時間は3時間だったということだけを、I waited for 3 hoursは言い表しています。 >質問2: >そしてまた、なぜtillではなくbeforeが使われているのだろうとも思いました。  お示しの例文のどちらも、till, until, beforeのどれを使っても問題ありません。どれも、ある時点(今回だと、大学入学や、彼女の到着)までの状況を主節で言うために使う接続詞で、意味も変わりません。前置詞として使っても、やはり同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

dioさん、私今回、と~ってもよくわかりました! 本当に嬉しいです。 ありがとうございました!基本はしっかりおさえました。 とはいっても、言葉は生き物ですね。文脈も状況も心情も入り込みますね。 英語って面白いです。 大変勉強になりました。お時間とって頂き感謝です。

関連するQ&A

  • 大過去 について

    I lost the ticket that I bought [had bought] yesterday. この文でthat以下は過去形でも過去完了形でもよいと思うのですが、時を表す副詞 yesterdayと完了形を使うことに問題はないのでしょうか。

  • メガネに"a"って必要?

    基礎の基礎だと思いますが教えてください。 メガネに"a"って必要ですか? 今日新しいメガネとサングラスを買いました。 I bought a new glasses and a sunglasses today. I bought new glasses and (new) sunglasses today. どちらが正しいのでしょうか? あと、サングラスも新しく買ったので、サングラスにもa newって必要でしょうか? よろしくお願いします。

  • 関係代名詞の解釈

    中学生の子供に関係代名詞について聞かれて少し困っております。 一般的には学校ではこのように教わると思います。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " 子供はこの程度の文は読めるんですが、ここではwhichがboughtの目的語でありながら、bookを指しているという論理がいまいち掴めていないようです。どなたか、上手く説明できる人はおりますか? 少々専門的になっても構いませんので、英語の参考書には書いていないような斬新な回答をお待ちしております。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#212313

> Yesterday, I carelessly stepped on my new glasses which I had bought last month. 「先月に買った新しいメガネを昨日踏んづけてしまった」 >質問1: >こういう場合、 which I bought last month と過去形で書いてもいいですか?  いいです。むしろ過去形で書くのが普通です。現在完了の時制が過去になったという意味での過去完了と区別するため、過去のさらに過去の時制を大過去と呼ぶことにしておきます。  過去に「メガネを踏んづけた」と「メガネを買った」ということがあったわけですが、メガネを踏んづけてから買うということは、あまりありません(壊したので弁償したといった、特殊なケースしかない)。  ですので、メガネを買った後に踏んづけたということは、時制で前後を明示しなくても分かります。ましてや、yesterdayとlast monthという、これも前後が明らかな時期を示す表現も添えてあります。  それなら、大過去を使わなければ分からないということはありません。大過去を使っても正しいですが、使わなくても分かるならば、大過去を使わないのが普通の言い方になっています。  これは、過去に対する大過去はあるけれども、さらにその過去を表す表現が英語にないせいでもあります。出来事を三つにしてみましょう。まず過去形で書いてみます。 Yesterday, I carelessly stepped on my new glasses which I bought last week after I broke the old ones last manth. 「先月に古い眼鏡を壊してしまった後、先週買った新しいメガネを、昨日、踏んづけてしまった。」  もし、hadを重ねて書けば、過去の過去のさらに過去を言えるとすると、時系列を厳密に書けば以下のようになります。 Yesterday, I carelessly stepped on my new glasses which I had bought last week after I had had broken the old ones last manth.  最後の"I had had broken"という言い方は英語にはありません(理屈としてあり得ないとはできないけど、英語の習慣としては無い)。過去の過去までしかないのです。ですので、時系列に時制で厳密であろうとしても無理が出やすく、大過去も無暗に使わないのです。  さらに、お示しの例では時を表す表現があるため生じませんが、現在完了が時制の一致で過去完了になっているケースもあり得ます。  He said "I have finished my home work".  「彼は「私は宿題をやり終えた」と言った。」  これを間接話法にしますと、  He said he had finished his home work. となります。しかし、He said "I finished my home work"を時制を厳密に大過去を使って関節話法にしたものと、紛らわしくなっています。どちらなのかは文脈や状況で判断することになりますが、He said "I finished my home work"の間接話法であるならば、大過去を用いないことが多いでしょう。  繰り返しですが、簡潔にまとめますと、 1.同じ過去形でも出来事の順番が分かるなら大過去は不要(使って間違いではない)。 2.大過去に対してさらに過去を表すことができないので、無暗に大過去は使わない。 3.現在完了の過去時制である過去完了と見分けがつきにくいことがあるので、完了形のニュアンスが不要なら過去形にすることが多い。 ということになります。大過去は言い方が面倒ですし、過去完了と紛らわしくもあるので、大過去にすべき必要性が低ければ使わないのです。 >質問2: >I bought my new glasses last month, and carelessly stepped on them yesterday. >こう書いたら、全部過去形でいいですか?  こちらも同じ理由で、全部過去形でよいのです。その例文で出来事の順序を誤解することは、ほとんどありません。 P.S.  それでも大過去を使う場合があるのも事実です。大過去を使いたくなるようなケースを考えてみます。  He said "I was a good tennis player".  「彼は、「僕は上手いテニス選手だったんだ」と言った。」  (↑彼が上手いテニス選手だったのは発言時点で過去のこと)  彼の発言部分を過去形で、間接話法にしてみます。  He said he was a good tennis player.  これだと、He said "I am a good tennis player".(彼は発言時点では上手なテニス選手)の間接話法と見分けがつきません。ですので、  He said he had been a good tennis player. と大過去を用いれば、間接話法でも彼が過去に上手いテニス選手だったことが明示できます。  上記例は大過去以外に、  He said he used to be a good tennis player. といった言い方もあります。こちらも、彼が上手いテニス選手だったのが、発言時点で過去であることが表現できています。現実の会話では、こちらのほうが多用されているかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

dioさん、詳しい説明をどうもありがとうございました。 モヤモヤがほぼ消えそうで嬉しいです。 さて、厚かましプラスの質問で申し訳ありませんが、もう一つ教えてください。 次の文を見て頂きたいのです。 「大学に入るまで私は一度も外国人と話したことがなかった。」  I had never spoken to a foreigner before I entered college. 質問1: この文では過去完了(経験?)として使われているので、過去形は使わない方がいいのでしょうか? I waited for 3 hours before she arrived. こういう文を見かけたので、また疑問が湧いたのです。 質問2: そしてまた、なぜtillではなくbeforeが使われているのだろうとも思いました。 時間があるときで結構です。どうかまたお知恵を貸してください。

関連するQ&A

  • 関係代名詞のwhichとwhatの使い分け

    関係代名詞のwhichとwhatはどのように使い分ければよいのでしょうか? 例えば、 This is an apple what I bought yesterday. と This is an apple which I bought yesterday. とでは違いがあるのでしょうか。

  • 関係代名詞(目的格)になると第3文型にする動詞

    (1)Yesterday I lost the purse which (that) my mother had given me last year. (2)Yesterday I lost the purse which (that) my mother had given to me last year. (3)Yesterday my brother lost the purse which (that) my mother had bought me last year. (4)Yesterday my brother lost the purse which (that) my mother had bought for me last year. たいぶ前に(2)(4)という書き方があるというのをどこかで学んだ覚えがあります。buyはとくに直接人を目的語にすると関係性が薄くなるのでfor meにする必要があると教えてくれた先生がいました。 質問)ってことは第4文型をとる動詞全部、もしかしたら関係代名詞の中で使われた場合第3文型にする必要がありますか? どこかの何かの本でどっちでもいいようなことを読んだ覚えがあります。それを確認するためにいろいろ自分の手持ちの資料(forestやら有名英文法サイトやらも出てなかったし。)を漁ってみたのですが、どこで学んだかさっぱり忘れてしまってみつけられませんでした。どうだったかも薄い記憶になっちゃいました。わかる先生教えてください!!!! buy 以外、この使い方で直接人を目的語を人にしないほうがいい、しなければいけない動詞があれば教えてください。

  • 不定詞の副詞的用法の挿入位置

    昨日、私は家で使うためにパソコンを買いました。 Yesterday ( a computer / bought / I / to / use ) at home. という問題が分かりません。 Yesterday I bought ( to use ) a computer at home. Yesterday I bought a computer ( to use ) at home. のどっちが正解なのかわかりません。 下の回答だと形容詞的用法みたいで間違いかなーと思ってるのですが、上の回答もなにかしっくりきません。 どちらが正解なのか教えてください。

  • 関係代名詞と後置修飾

    関係代名詞の省略形の文 The bag (which) I bought yesterday is blue. という文と後置修飾の The bag I bought yesterday is blue. では違いはあるのでしょうか。関係代名詞を省略すると後置修飾の文になるのでしょうか?

  • another oneとdiffrent oneって違うと思っていましたが

    こんばんは I bought a T-shirts from PARCO. My friend bought another one. 同じ絵柄で色とサイズだけが違うT-シャツを買ったとき このような文で使っていました。 それから、お互い違うT-シャツを買ったときは I bought a T- shitrs from PARCO. My friend bought diffrent one このように覚えていましたが、 実際 another oneもdiffrent one も同じなんですか??? そのようなことを聞いて驚いています! お願いします

  • 関係代名詞の考え方

    関係代名詞は中学で習う英文法でも日本語にない観念だけに少し難しい部類に入ると思います。日本での一般的な教え方は次のようにりますよね。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " そこで質問ですが、他にはどのような解釈法が可能でしょうか? ちょっと意地悪な質問かもしれませんが、お付き合いいただければ幸いです。

  • コロン&セミコロン と カンマ の併用

    ピリオド>コロン>セミコロン>カンマ と理解しています。 以下のように、コロンとセミコロンで隔てられた名詞句(でいいのかな?)の中に、カンマが含まれているのは問題ないと思うのですが、  -I read three books about Japan: Japan Today, which I bought yesterday; Modern Japan, which you gave me last week; and The Future of Japan. (http://someya1.hp.infoseek.co.jp/G-punctuation.html より拝借) 例えば、  「昨日買ったJapan Todayと、先週君がくれたModern Japanと、The Future of Japanの、日本について書かれた本3冊を読んで、全部の感想文を書いたんだ」   (上記英文を勝手に和訳して勝手に付け足しました。) という和文を英訳する場合、  -I read three books about Japan: Japan Today, which I bought yesterday; Modern Japan, which you gave me last week; and The Future of Japan, and I wrote book reports on all of them. などと、カンマで続けてもいいものなのでしょうか。 ちょっとおかしい気がするのですが、 かと言って、明確性を保持したまま一文におさめる案が浮かびません。 元の英文と、"I wrote book reports…" の二文に分けるしかないのでしょうか。

  • much とmore について教えてください

    more がmuch の比較級だというのは辞書で調べたのですが、いまいちピンときません。 My father bought a new car last month. It's much bigger than the old one. 以上の例文で、なぜmore bigger ではいけないのでしょうか? 文法的に、詳しく説明していただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 接触節と〔目的格の〕関係代名詞

    中学校3年生に家庭教師として英語を教えています。 (1)This is the book I bought yesterday. (2)This is the book [which/that] I bought yesterday. この2つの文について、教科書では、(1)は接触節、(2)は〔目的格の〕関係代名詞として説明しています。言ってることはわかるのですが、この2つ、違いはなんでしょうか?接触節と〔目的格の〕関係代名詞の根本的な違いはなんですか?(2)の[which/that]は省略可能ですが、その場合、接触節になるのか、〔目的格の〕関係代名詞になるのかは、どう説明すればわかりやすいでしょうか?言葉足らずで上手く説明できませんが、よろしくお願いします。

  • 大過去について教えてほしいのですが・・・

    大過去について教えてほしいのですが・・・ Last week I lost the watch which my uncle had bought me when I entered high school.という文があるのですが、この文はwhen節も過去完了にして、Last week I lost the watch which my uncle had bought me when I had entered high school.という文は成り立ちますか? 教えてください。 よろしくお願いします。