• ベストアンサー
  • 困ってます

whatについて

お世話になっております。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 Elsa Bolocco has written what may be the definitive guide to bird -watching. (1)このwhatは文法上どういう位置づけなのでしょうか?主語なのでしょうか? may以降、目的語が欠けていてその代り、すなわちthe things whichになっていないように思いますので、わけがわからないです。 これまでも類似の質問をさせていただきましたが、どうしてもwhatの使用法が分からず再質問させていただきました。 ご理解いただければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数82
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

まあ、疑問詞の what も関係詞の what もそう違いはありません。 I don't understand what he said. 彼が何と言ったかわからない。 疑問代名詞 彼が言ったことがわからない。 関係代名詞 write の目的語ということを考えると関係代名詞の方が素直ですが、 疑問詞でもいいでしょう。 その疑問詞の場合、what が補語なら I don't know what this is. I don't know what this may be. のようになります。 「これが何なのか(何なのだろうか)わからない」 I don't know what is the best thing. what が主語 I don't know what the best thing is. what は補語 こういうのはどちらも差はありません。 たとえ、補語であってもリズム的には間接疑問文でも疑問文的に入れ替えた方がいいとも言えます。 どちらでもいいものの、普通に what の後にいきなり動詞がきたら、主語と考えれば素直です。 「何が決定的な指針だろうかを書いた」主語 「決定的な指針は何だろうかを書いた」補語 「決定的な指針だろうこと(内容、文章、本)を書いた」関係代名詞 申しあげたように what はクッションで、「こと、内容、文章、本」という名詞を出さない代わりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今回も沢山お教え頂きありがとうございました。 関係代名詞でも疑問詞でも変わらないことを理解させていただきました。 次回同様な文章を見たときどちらにも当てはめてみたいと思います。 これからもご指導の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

スミマセン.投稿した回答を今読み直してみて,例がマズイことに気づきました.初心者が回答するとこうなっちゃうんですね・・・.出発に引用した例文を以下のものに変更させて頂きます.      The present educational system is the problem. (現行の教育制度が問題です‐SVC文型) 主語をwhatに置き換えます.      What is the problem? (何が問題なのですか‐SVC文型) 先程と同様に間接疑問文を作ります. I know what is the problem. (私は何が問題なのか分かっています) 全体はS+V+O文型.ここでは,IがS, knowがV, そして名詞節what is the problemがOの役割をしています.通常,ここでのwhatは疑問詞代名詞と考えればよいのではないでしょうか. この説明に間違いがありました場合はお許し下さい.失礼致しました.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度お教え頂きありがとうございました。 msforestさんの誠実なお人柄が伝わってきます。 私は、中学、高校の時もっと頑張って勉強していたらこんなに基礎が分からないことはなかっただろうなぁと思うことがよくあります。 これからもご指導の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 回答No.6

cia1078さん,こんにちは. このカテでもっとも信頼のできる方々から既に詳しいご回答が出ていますので,私など出る幕ではないことを重々承知しています.ただ,丸1日近く経って未だ〆切られていませんので,生意気ですが易しい例を上げてみようかな・・・と思いました. まず,中学1年生レベルの例文.      The object is an iron ball. (その物体は鉄球です‐SVC文型) ここで,an iron ballの部分が分からないために質問します.      What is the object? (その物体は何ですか‐SVC文型でwhatは疑問代名詞です) この文を使って次の間接疑問文を作ってみました.      I know what the object is. (私はその物体が何であるかを知っています) 間接疑問文になると,isとthe objectの語順が変わる点に注意して下さい.最後の文は,全体としてはS+V+O文型で,IがS,knowがV,そして名詞節what the object isの部分がOの役割をしています. cia1078さんが上げられた例文 Elsa Bolocco has written what may be the definitive guide to bird -watching. も,基本的に私が最後に見せた文と同タイプです.ですから,ここでのwhatは疑問代名詞と考えればよいのではないでしょうか. 初心者の私の説明が,少しでもご理解の一助になれば嬉しく思います.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご親切にお教え頂きありがとうございました。 また例文までお付けいただきありがとうございました。 whatを疑問詞と考えるのですね。 これからもご指導の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 回答No.4
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8028/9908)

>以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 ⇒以下のとおりお答えします。 >Elsa Bolocco has written what may be the definitive guide to bird -watching. ⇒間接疑問文で、文型は、S+V+O(s+v+c)ですね。 >(1)このwhatは文法上どういう位置づけなのでしょうか?主語なのでしょうか? may以降、目的語が欠けていてその代り、すなわちthe things whichになっていないように思いますので、わけがわからないです。 ⇒このwhatは、従属節(目的節)中の補語です。なお、この従属節中の主部はthe definitive guide to bird -watchingで、主語はguideです。 以下に詳細をご説明します。 まず、What may the definitive guide to bird -watching be?という疑問文がありました。 それをElsa Bolocco has writtenの目的語として取り込みました。その際、疑問文の倒置語順は元に戻り、疑問符は不要となります。 図式化して示せば、 Elsa Bolocco has written+What may the definitive guide to bird -watching be? =Elsa Bolocco has written what may be the definitive guide to bird -watching. 「エルザ・ボロッコは、バードウオッチングにとって決定的なガイドとは何かを書いた。」 ということです。 以上、ご回答まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

少しご無沙汰しております。 いつもわかり易いご回答ありがとうございます。 また細かく文型まで書いてくださり助かりました。この場合のwhatは補語なのですね。 この文の場合、関係代名詞というよりむしろ疑問詞と考えた方が理解しやすいですね。 よい勉強ができました。 これからもご指導の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 回答No.3

which なら先行詞が必要です。 thing なり、book なり。 what は thing which と言われますが、 実はクッションです。 そういう名詞を出したくない、出しにくい場合に 名詞の意味を含めつつ、接続詞みたいに、SV か、いきなり V が続けられます。 とにかく、先行詞もないのに which とか that はよくありません。 that なら別に接続詞がありますが。 write の目的語として「もの」的な名詞が必要。 その役割と which 的な役割を兼ねるのが what で、 だから thing which と分解されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 whatには先行詞がないのですね。 そこを意識いたします。 これからもご指導の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 回答No.2

もっと簡単な例でいうと、 what he said なら said の目的語が欠ける、目的格タイプ What he said isn't right. 大きくは主語。 I don't understand what he said. 大きくは目的語。 what is right なら主格タイプ。「正しいこと」 What is right should be done. 大きくは主語。 正しいことがなされるべきだ。 You should do what is right. 大きくは目的語。 正しいことをすべきだ。 この大きく、というのと、what 自体が主格タイプ、目的格タイプを混同しないように。 それは which の場合にも言えます。 主格タイプというのは、大きく、は目的語でもいいです。 今回の英語はそうです。 大きく、と what 自体の小さく、と2度役割を果たす。 それを thing which と分けることで自動的にやっているのです。 >主語なのでしょうか? というのは小さく、という意味では合っています。 主格タイプであり、いきなり動詞がくるのです。 関係代名詞の習いたてのころは主格がやさしいですが、 だんだん、目的格タイプに慣れてきて、目的格は省略されますが、 主格が盲点となります。 特に what の主格タイプは盲点かもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度お教え頂きありがとうございました。 今回のご説明で、Whatは主語にも目的語にもなると理解いたしました。 もしかしまして、類似の質問を将来させて頂くかもしれませんがその時はどうぞお許しください。

  • 回答No.1

which でいうと、主格もあれば目的格もあります。 主格の場合、語順に変化はないので、「欠ける」という感じはしません。 「欠ける」というのは高校生あたりでよくやるのですが、 私はいつも申しあげているように、関係代名詞に置き換わるのです。 置き換わって、目的格なら前に出る、 だから、見た目上、欠けた形になります。 He wrote a book which is good for young people. こういう主格の which は欠けたものがないように見えて、 主語が which に置き換わっています。 だから、今回も the thing which で、ただ、この which が主格的に働きます。 what 一語で見た場合、私流でいくと2度役割を果たします。 大きくは、write の目的語、小さくは may be の主語です。 これを the thing which と分割することで、the thing の方が write の目的語、 which が may be の主語となります。 あるいは前者は what may be ~まとめて目的語、という説明もありかもしれません。 とにかく、which にせよ、what にせよ、主格タイプがあって、主語が which/what に置き換わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご解説、何度も読ませて頂きました。 What=The thing whichを常に意識するしょうに致します。 きっとこの質問回答も将来沢山「ありがとう」がつくのではないかと思います。

質問者からの補足

とてもご親切にお教え頂きありがとうございました。 この文ではなぜ written which may ではいけないのでしょうか? どうしても理解できなく恐縮でございます。 何度も申し訳ございませんが、お教え頂ければ幸いです。

関連するQ&A

  • このwhatは?

    Popular nature enthusiast Elsa Bolocco has written what may be the definitive guide to bird-watching. このwhatは先行詞を含んだ関係代名詞ですか? 続きの文 Having traveled the world for more than a decade, Mr. Bolocco has observed and catalogued over 400 species of birds, and the result is a superbly written book that even casual admirers of birds will find hard to put down. Having traveledは何が省略されているんですか? and the result is a superbly written bookこれの訳は 結果はすぐれた書かれた本 ですか? この文の中のFindはわかるの意味ですか?

  • whatについて

    お世話になっております。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 Japan is different from what it used to be before World War II. このwhatはどのように解釈したらよろしいのでしょうか? whatは主語がないとき、或いは目的語がないときに使うと、理解していますが、この文ではどちらも書かれているように思います。 従って、文の穴がないように感じ,理解できなくなりました。 いつも類似の質問でっ恐縮でございますが、平易にお教えいただけないでしょうか。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 関係代名詞what

    参考書に下の文が載っていたのですが Many things may be learned from what other people think of him このwhatは名詞節の other people think of him にどのようにはいってくるのでしょうか? of himがなくなって what other people think となれば whatがthinkの目的語になっていると理解できるのですが。 ご説明お願い致します。

  • Whatについて

    お世話になっております。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 I saw on the news that one bank is requiring seniors to prove what the money will be used for before allowing them to take a large amount of money out of their accout. (1) what the money とありますが、どうしてこのような文法になるのでしょうか? to prove the things the money と考えてもどうも理解できません。 (2)whatはforの後の目的語がto prove の後にきたという解釈であっていますか? いつも類似の質問ばかりで申し訳ございませんが、ご教授の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 関係代名詞 教えてください

    関係代名詞 what よく使っていましたので、理解しています。 What he said is true. (=The things which he said is true.) 以下の文はhasの主語がwhatになっているのだと思いますが・・・。 良く理解できません。 I will tell you what has happened. (=I will tell you the things which has happened.) あいまいな内容ですみませんが、きっかけでもかまいませんのでよろしくおねがいします。

  • 関係代名詞

    英文で A person's duty depended on which caste he or she belonged to. という英文が出てきたのですが、 A person's duty が主語で depended onが動詞で which caste he or she belonged to. が目的語だと思うのですが、 目的語の部分の訳は、 彼、彼女が所属しているカースト制 でいいのでしょうか?このwhichは、 I gave him what money I had. のように what =moneyと考えて訳すのでしょうか? どうかよろしくお願いします。

  • 英訳をお願いします

    英訳をお願いします。 できれば、2つのandが何をつなげていて、何が主語で、といった構造を教えてもらえると嬉しいです。 Anyone who catches you and sees what a strange little thing you are will believe that you are quite alone among living things and are neither beast nor bird.

  • 仮定法を使うと修飾節も過去形(過去完了形)になる?

    はじめまして。 重ね重ねの質問恐縮です。 What would you do if a millionaire everyone disliked asked you to marry him? 『もしみんなが嫌っている大金持ちが、あなたと結婚したいと言ったらどうする。』 という英文があったのですが、少し疑問が生じました。 この場合、状況として現在のことを話していますよね。 そして、ifは仮定法で用いられているので、節は仮定法過去となる。よってasks→askedとなった。 ここまでは理解できました。 問題はmillionaireを修飾する[everyone disliked]という部分です。 私は今まで仮定法過去節の中では、主語に対する述語の時制だけが変わるものと認識していました。 ですが、この場合は修飾節の動詞も仮定法過去を使っています。 もしや、仮定法を使うと修飾節も時制が変わってくるのでしょうか? また、それは仮定法過去、もしくは仮定法現在でも同じことなのでしょうか? ex. 彼が私にくれたプレゼントを断っていなかったら、幸せに過ごせただろう ↓ I would have been happy if I hadn't refuse the present he had given me. ([he gave me]とはならない・・・?) もし私が大空を自由に飛びまわる鳥だったら幸せだろう ↓ I would be happy if I were a bird which flew freely in the sky. ([which fliesとはならない・・・?]) よろしくお願いします。 また、例として提示した英作は自分で行ったものなので、間違いがあれば指摘いただけるとありがたいです。

  • 源氏物語の翻訳について

    いつもお世話になっています。 A.Waleyの『TALE OF GENJI』(帚木 The Broom-Tree)から わからないところと訳の間違っているところを教えていただければと思います。 1) 『At this moment they were joined by Hidari no Uma no Kami and To Shikibu no Jo, who said they had also come to the Palace to keep the fast. As both of them were great lovers and good talkers, To no Chujo handed over to them the decision of Genji's question, and in the discussion which followed many unflattering things were said. 』 ●ちょうどその時、彼ら(源氏、頭中将)は左馬頭と藤式部の丞と一緒になり、そして(彼らは)彼らもまた精進日を守るために宮殿に来ていたと言った。彼らの両方とも大変な愛好者であり、そしてよい話し相手であった。頭中将は源氏の質問の決着を彼らにゆだねて、そしてその続いた論議の中で、沢山のあからさまなことが言われた。・・・・・・・? they were joined by Hidari no Uma no Kami and To Shikibu no Jo・・・・・・受動態になっていますが、受動態で訳すとすっきりしないので「一緒になった」としました。左馬頭と藤式部の丞を主語にしてjoinedの方が訳しやすいですが受動態にした意味が何かあるのでしょうか? in the discussion which followed many unflattering things were said・・・・・・ここの主語はmany unflattering thingsですか? (many unflattering things were said in the discussion which followed) 2) 『Uma no Kami spoke first. ”However high a lady may rise, if she docs not come of an adequate stock, the world will think very differently of her from what it would of one born to such honors; 』 ●馬頭が最初に話した。どんなに高く女性が昇進することがあっても、もし彼女が相当な蓄えを得られないなら、世間は彼女についてそのような名誉に生まれた人についての事とは大変異なるように思うでしょう。・・・・・・・・? the world will think very differently of her from what it would of one born to such honors・・・・・ここは「the world will think that she is very differently from one born to such honors.」ですか? 「what it would of」 が入ってきているので何かよくわからない文の構造でした。 「think of~」と「differently from~」が合わさっているように思えたのですが。 what it would of の「it」は何を指しているのでしょうか?形式主語ですか? what it would of の「of」はどうやって訳すのでしょうか?「・・・について」? そもそも「what it would of one born to such honors」これは何文形なのでしょうか?動詞がないような・・・・? it would (be) of~ですか? 「would」の意味がとれません。 3) 『but if through adverse fortune a lady of highest rank finds herself in friendless misery, the noble breeding of her mind is soon forgotten and she becomes an object of contempt.』 ●しかしもし不運によって、身分の最も高い女性が友達のいない惨めさの中に彼女自身を見出すなら、彼女の高貴な教育はすぐに忘れられ、そして彼女は軽蔑の対象になります・・・・・・・・・・・・・・・? butを使っているので前文を否定する内容になっていると思われるのですが、訳してみると同列の内容を言っているように思えます。 不運ではない場合と不運の場合を対比させているのでしょうか? 「through」は(原因・動機・理由)を表す、「・・・・によって」「・・・のために」「・・・の理由で」の訳になりますか? 2)のif節の帰結にはwillが使われていますが、3)のif節の帰結はwillが使われずに現在形になっています。2)は話し手がその事柄が生じると判断していて、3)はその事柄が生じることが確定しているということですか? 談議にも2人が加わってにぎやかになったようです。高貴な女性も大変そうですね。 よろしくお願い致します。

  • 翻訳お願いします

    Later, Mary Lou reads a short piece of text from her book. As she does so, the listener can hear how each piece tells a little about a bird and gives it a personality. “Hi, my name is Ossie the Osprey,”she begins. “I live in rivers, lakes, and coastal waterway.” She then continues with the next bird. “Hi, I'm olivia the Owl,”she reads,“I give six deep hoots.” The book is beautifully illustrated and both easy and interesting for children to read. The additional advantage with Mary Lou's book is that it is also educational. It is unusual for a young girl to feel so strongly about a hobby. Has bird-watching changed Mary Lou at all? In many ways, it has not changed her in the least; she still plays with her brother and sister and does the things that other children do. But since she became so involved with birds, something about her is slightly different. She explains in her own words: “Now I observe more of the world than I did when I was younger. I feel more attached. I feel that everything around me is important. I look at everything I can, because it might be something different that what I think it is.” This young birdwatcher and author now knows that things are not always what they appear to be. Each new thing she sees might be something exciting and different. For this curious young ‘Bird Girl,’everything might just be another chance to learn something new! よろしくお願いします。