• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:微分の極限値(注:初心者))

微分の極限値の計算方法

このQ&Aのポイント
  • 微分の極限値の計算方法について疑問があります。
  • なぜ最初に分数の形で表されているか、その後約分してx+1の形になるのかが理解できません。
  • この説明の必要性や意味について詳しく知りたいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • spring135
  • ベストアンサー率44% (1487/3332)
回答No.1

問題そのものが y=f(x) のとき lim(x→1)f(x) を求めよ。ただし f(x)=(x^2-1)/(x-1) ということです。 これはg(x)=x^2のとき g'(1) をもとめるときg'(x)=2xという式を使わないで極限値として定義される微分係数の計算として 必要になる計算です。つまり微分の定義に戻って f'(x0)=lim(x→x0)[f(x)-f(x0)]/(x-x0) に戻って計算しているわけです。 たとえばf(x)=sinxのとき f'(0)=lim(x→0)[sinx/x] も同様です。

vhbtbh
質問者

お礼

書いてる意味は分かりました。ありがとうございます。 ちなみに、g(x)=x^2のとき g'(x)=2x はその通りですが、どうやってg'(x)=2xを導いたんでしょうか?導き方を教えてくださいい。

vhbtbh
質問者

補足

>g'(x)=2x >はその通りですが、どうやってg'(x)=2xを導いたんでしょうか?導き方を教えてくださ>い。 すみません、これ導関数でしたね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (6)

  • mitoneko
  • ベストアンサー率58% (469/798)
回答No.7

>>x=aで連続である時には >の意味がよくわかりません。何が連続なんでしょうか?連続の意味は?  この疑問が出るのは、数学的には、良い傾向ですね。  実は、関数の連続の定義は、先の解答に示した命題の逆です。  一応、連続の定義を上げておきます。  関数f(x)がx=aにおいて連続であるとは、lim(x→a)f(x)=f(a)を満たすことを言う。  となります。  感覚的には、y=f(x)のグラフを書いた時に、x=aで線が繋がっていれば連続です。    解答の文脈で、あの表現をしたのは、逆に不連続の場合を考えてみると解りやすいです。同時に、lim(x→a)f(x)がxにaを代入することでは無いという典型的な事例にもなります。  例えば、次のような関数を定義しましょう。  f(x)は、全実数域xにおいて、x>0の時、f(x)=1 : x<0の時、f(x)=-1 : x=0の時、f(x)=0 となる関数とする。  と定義します。xが負の時は-1で、xが正の時は1になるわけですね。一般に符号関数と呼ばれるものです。  さて、lim(x→0)f(x)は、どうなりますか?  これが、lim(x→a)f(x)=f(a)とならない典型的な事例です。f(0)は、定義より0ですが、極限値は違います。この場合は、x→0を考る時、右から近づけた時と左から近づけた時で値が異なるので、lim(x→0)f(x)は存在しない。というのが答えです。  そして、lim(x→0)f(x)が存在しないので、連続の定義よりf(x)はx=0において不連続であるということになります。

vhbtbh
質問者

お礼

面白い話をありがとうございます。大分感覚的に掴めてきました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • NoSleeves
  • ベストアンサー率47% (8/17)
回答No.6

最後の3行の意味が理解できないなら, 以下の具体例で考えてみてください. グラフを描いてみると, より解りやすくなると思います. 1. すべての実数で定義された関数 f(x) があり, 任意の実数 x に対して f(x) = x + 1 である. 2. 1 を除くすべての実数で定義された関数 g(x) があり, 1 を除く任意の実数 x に対して g(x) = (x^2 - 1)/(x - 1) = x + 1 である. 3. すべての実数で定義された関数 h(x) があり, 1 を除く任意の実数 x に対して h(x) = x + 1 であり, さらに, h(1) = 0 である. この場合, 以下のことが成り立ちます. 1. lim[x → 1] f(x) = 2, f(1) = 2 lim[x → 1] f(x) = f(1) なので, 関数 f(x) は x = 1 において連続である. 2. lim[x → 1] g(x) = 2, g(1) は存在しない. g(1) が存在しないので, 関数 g(x) は x = 1 において不連続である. 3. lim[x → 1] h(x) = 2, h(1) = 0 lim[x → 1] h(x) ≠ h(1) なので, 関数 h(x) は x = 1 において不連続である. 中学や高校で習う関数は, ほとんどが連続関数, つまり, 不連続な点を持たない関数です. それゆえ, lim[x → a] f(x) = f(a) が成り立つことが圧倒的に多く, 代入によって正しい極限値が求まってしまうのが普通です. 少しだけ, 昔話をします. 高校生の頃は, 私も lim[x → 1] (x^2 - 1)/(x - 1) = 2 であることを説明する参考書の記述に, 納得できませんでした. x → 1 というのは, x を限りなく 1 に近づける操作だが, あくまで x ≠ 1 を保ちながら近づける(ここは, なんとなく理解できる). つまり, 分母と分子の x に, 1 を代入することはできない(これも, なんとなく理解できる). よって, x - 1 ≠ 0 なので, 分母と分子を x - 1 で約分してもよい(これも, かろうじて理解できる). しかし, 分母と分子を x - 1 で約分して x + 1 と変形した途端, x に 1 を代入して極限値を求めている(さっきまでと, やっていることが違うじゃないか!). けれど, すでに他の回答者の方が指摘しているように, lim[x → 1] (x + 1) = 2 という式は, x に 1 を代入して得られた結果ではありません. x が 1 と異なる値を取りながら限りなく 1 に近づくとき, x + 1 は限りなく 2 に近づく という意味です. まだまだ, すっきりしない部分があるでしょうが, 高校数学では, このあたりが限界です. 大学数学では極限を厳密に定義するので, 高校までの疑問が綺麗に解消されます.

vhbtbh
質問者

お礼

>lim[x → 1] (x + 1) = 2 >という式は, x に 1 を代入して得られた結果ではありません. >x が 1 と異なる値を取りながら限りなく 1 に近づくとき, x + 1 は限りなく 2 に近づく >という意味です. この文で何かがすっきりしたような気がしました。大変ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • mitoneko
  • ベストアンサー率58% (469/798)
回答No.5

 f1(x)=(x^2-1)/(x-1)と、f2(x)=x+1と言う関数の間には、大きな違いがひとつあります。  それは、xの定義域です。f1(x)の方は、x≠1とついていなくてはいけません。なぜなら、x=1の時は、0での除算になるからですね。  そのため、(x^2-1)/(x-1)の式において、x=1の時の値は、「ありません」。  乱暴な表現をすると、このように、本来は、無い数字をある方法で定めようとしているのが、極限値なんです。xを限りなく1に近づけていったら、この式は、どんな数字に限りなく近づいていくのかというのを求めようとしています。    今回の式の場合には、偶然、(いいですか。偶然ですよ。)、分子を因数分解して形式的に約分すると、なんと、f2(x)=x+1という、xの定義域が実数全域であり連続でなめらかな関数に変換できます。この場合において、f2(1)と元の数式であるlim(x→1)(x^2-1)/(x-1)の値は、等しくなります。  これは、極限の計算「手法」の一例です。  もちろん、こんなに簡単に計算できる関数は、珍しいです。その数式がある値に収束することを示すために、もっと面倒な操作が必要であることも多いですね。例えば今回は、全部等式で変換できていますが、途中で、不等式にして、値を限定する等というのは良くあるパターンです。  いずれにせよ、lim(x→a)f(x)という式と、f(a)と言う式は、全然別の意味を持つというのを認識しておかないといけません。f(a)の値が定義されており、x=aで連続である時には、lim(x→a)f(x)=f(a)となりますが、これは定義ではありません。証明すべき事項のひとつです。

vhbtbh
質問者

お礼

ありがとうございます。 >いずれにせよ、lim(x→a)f(x)という式と、f(a)と言う式は、全然別の意味を持つという>のを認識しておかないといけません。 これはf(a)はaという数字がはっきり定義(代入)されてるけど、 lim(x→a)f(x)は、aに限りなく近つくのであってaそのものにはならないということですよね。 それはわかるんですが、 最後の >f(a)の値が定義されており、x=aで連続である時には、lim(x→a)f(x)=f(a)となります >が、 の、 >x=aで連続である時には の意味がよくわかりません。何が連続なんでしょうか?連続の意味は?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • NoSleeves
  • ベストアンサー率47% (8/17)
回答No.4

lim[x → 1](x + 1) を求めよ で十分なのに, わざわざ, lim[x → 1](x^2 - 1)/(x - 1) を求めよ という問題にするのは, 非常に効果的です. まず, x^2 - 1 を因数分解できない, 数学力が中学3年以下の高校生が, まぐれで(つまり, 代入という誤った操作で)正解するのを阻止できます. さらに, lim[x → a]f(x) と f(a) は, まったく別のものである という重要事項を, 高校生に意識させる効果があります. ところで, >これは結局 f(x)=x+1 という1次関数のlim(x→1)の場合のf(x)の極限値の事ですが、 と書いているのが, 少し気になります. lim[x → 1]f(x) = 2 であるとしても, f(x) は x = 1 で定義されているとは限りません. また, 先に述べたことと重複しますが, f(x) が x = 1 で定義されている場合でも, f(1) = 2 である必要はありません.

vhbtbh
質問者

お礼

>まず, x^2 - 1 を因数分解できない, 数学力が中学3年以下の高校生が, まぐれで(つま >り, 代入という誤った操作で)正解するのを阻止できます. ダイレクトに代入の場合、正解にはなりませんが(分母分子とも0になるから)、概ねそういう目的でわざわざ分数にしてるんでしょうかね? それと最後の3行、すみませんが意味がわかりません。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#202178
noname#202178
回答No.3

lim(x→1)はxに1を代入する操作ではありません。 おそらくご質問の疑問は極限を代入と区別できていないところから生じているのだと思われます。「分数のままだと0/0になっちゃうけどなんでそれではだめなんだろう」みたいな。 どんなに小さい正数εを与えても、それに応じてxが十分に1に近いとき(ある正数δがあって1-δ<x<1+δ)、|(x^2-1)/(x-1)-a|<εとなるような値aをみつけるというのがlim(x→1)(x^2-1)/(x-1)の操作です。 一般には簡単に計算できるとは限りませんし、約分してx=1と置くという操作ができないこともあります。lim(x→1)(x^2-1)/(x-1)の場合、たまたま形式的に約分してx=1と置くとaが計算できるのです。たまたまなんですよ。

vhbtbh
質問者

お礼

すみません、ちょっと理解できないです。微分はホント詰まってます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • hg3
  • ベストアンサー率42% (382/896)
回答No.2

なんか勘違いてませんか。 そもそもの問題が x^2 - 1/x-1 という関数のxを1に近付けるとどうなるかを考えてみましょうということでしょ。 つまり、分数で表した関数の極限を考える時は、結局、約分した形の関数の極限を考えれば良いという事を説明をしているわけです。 x+1の極限を考えるだけなら、わざわざ分数の形で表す必要ないですから。

vhbtbh
質問者

お礼

その、わざわざ分数の形で表す意味がわからないです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 微分 可能 について その2

    以前、http://okwave.jp/qa5093106.htmlにて質問させて頂きました。 以前の質問内容でなかなかご回答頂けなかったので再度質問させて頂きます。 f(x)=x/|x| x=0において微分可能かどうかという問題についてです。これは、連続の式lim[x→a]f(x)=f(a)より、 lim[x→0]x/|x|となるのですが、x/|x|というのはただ単純に約分することは出来ないのでしょうか? 約分できたとすると、lim[x→0]x/|x|=1となり連続になります。 グラフを書いてみたのですが、どうも連続ではなさそうなので、単純に約分できないと言う事でしょうか? lim[x→+0]x/|x|が不定という前提で続けます。 微分可能であるかどうかを示すために、lim[h→0](f(a+h)-f(a))/hを求めます。 右極限はlim[h→+0](0+h/|0+h|-0/|0|)/hとなり0/|0|不定形が出てきてしまいます・・・ 左極限も同じです。。。 どうやったら微分可能でないことを示せるのでしょうか? 解き方が分からずに悩んでいます・・・ 詳しい方ご回答よろしくお願い致します。 また、グラフを添付致しますが、f(x)=x/|x|のx=0におけるグラフは 表すことは出来ないのでしょうか?添付したグラフは正しいですか? 質問内容を整理します。 ・x/|xは単純に約分できないのか。 ・lim[h→+0](0+h/|0+h|-0/|0|)/hはどのようにとけば良いのか? ・x/|xのx=0における部分はグラフで表現できないのか? ・添付したグラフは正しいか? 以上、よろしくお願い致しますm(__)m

  • 微分 可能 について 

    微分係数の定義は、 (1)f´(a)=lim[h→0](f(a+h)-f(a))/h これを変形すると、 lim[h→0](f(a+h)-f(a))=lim[h→0]h・f´(a) よって、lim[h→0]f(a+h)=f(a)となります。 x=a+hとすれば、 (2)lim[x→a]f(x)=f(a) となります。 lim[x→a]f(x)=f(a)はf(x)にaを代入している事と同じになると 思います。 ここで、問題です。 f(x)=|x|のx=0について微分可能で無い事を示す場合、 (1)式で解くと、 右極限 lim[h→+0](|0+h|-|0|)/h=lim[h→+0]|h|/h=1 左極限 lim[h→-0](|0+h|-|0|)/h h=-tと置くと、t→+0となる。 lim[t→+0](|0-t|-|0|)/-t=lim[t→+0]|t|/-t=-1 となり、lim[h→+0](|0+h|-|0|)/h≠lim[h→-0](|0+h|-|0|)/h なのでf(x)=|x|はx=0について微分可能でない。 (2)式で解くと、 右極限 lim[x→+0]|x|=0 左極限 lim[x→-0]|x|=0 x=-tと置くと、t→+0となる。 lim[t→+0]|-t|=0 よって、lim[x→+0]|x|=lim[x→-0]|x|となり微分可能であると成ってしまいます。 (1)式=(2)式なのに、解が異なってしまうのは何故でしょうか?

  • 微分法 極限値の求め方が分からない・・・

    導関数を先にやっていたのでどうにも極限値の求め方が分かりません。 f(x)=2x^2-4x なら f'(x)=4x-4 と言った感じで導関数の公式を用いてできるのですが、limの問題がさっぱりです。 例えば lim x^2(x+4) 【x→-2】 これだと全てのxに-2を代入して=8となるのに lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 は一度分解して  lim (x+5)(x-1) / (x+2)(x-1) としてから (x+5) / (x+2) として、ここに代入して答えが=2となるんでしょうか? 私は最初の段階で代入してしまい失敗します(分母0なんて存在しないですから違うのは分かるんですが) 数値を入れて良いのはどの段階からでしょうか? また、導関数の問題なんですが f(x)=x-3 / 2x+1 と言った感じで分数の形になっている問題は専用の公式みたいな物があるんですか?それとも普通に f'(x)=1 / 2 になるんでしょうか?

  • 微分・極限値

    計算について質問です よろしくお願いします /は普通の分数 /は普通の分数の下にまた分子がくるという意味です 1. 次の関数f(x)を定義によって微分しなさい。 f(x)=1/x f´(x)=lim h →0 f(x+h)-f(x) =lim h →0 1/x+h-1/x /h =lim h →0 1/h{x-(x+h)/x(x+h)} =lim h →0 -1/x(x+h) =-1/xの二乗 このlim h →0 1/x+h-1/x /hのとき なぜlim h →0 1/x+hではなく、hもxと一緒になって分子に移動しているのかがわかりません。 その計算方法を教えてください よろしくおねがいします。

  • 微分で混乱

    数IIIの微分において混乱しています。 f(x)=|X|が微分可能かどうかについて 私は極限lim(X→0)|X|=0(左右とも)だから微分可能なのではないか、 と考えたのですが、他のサイトで質問したところ、 微分可能かどうかを判定する極限は、これではなく、 lim(h→0){(|X+h|-|X|)/h}です。この極限は、右極限が1,左極限が-1ゆえ値を持ちません。 よって、微分可能ではないわけです。 という回答を頂きました。 私はこの2つの式の違いが分からないのです。 頭弱いので分かりやすくどうか教えてください。 ><

  • 極限の考え方について

     高校数学で、微積を習いました。微分、そして微分を行う際の考え方として極限値をとったと思いますが、その極限値を求める際の厳密な理論を教えて欲しいのです。高校のときは、サラッと流したというか、大学で詳しく習うとか言われて、詳しく教えてくれなかったと思うので。  微分係数、導関数を求める際に、極限をとりましたが、その時、h→0としたと思います。  1 hを限りなく0に近づけるけれども、0ではない。(約分できる)  2 0とみなされる(0とおける、0と考えられる)ので消去できる。  h→0にはこの二つの意味があったと思います。しかし、これって本で読みましたけど、なにかすっきりしませんよね。(矛盾してるというか・・・)  例を出せば、y=x^2(xの2条)の導関数を導くとき極限をとると    2xΔh+Δh^2(デルタhの2条)/Δh=    2x+Δhとなり    2xとなりますが  この時の考え方としてΔhは0ではないから約分できて2x+Δhとなり、Δhは0とみなし2xとなる。 だったと思います。しかしこの考え方だと都合の良い解釈だと思うんですよ。2x+Δhから2xになるのにΔhを0と考えるんだったら、その前のΔhで約分するのもおかしいし(約分出来ないのでは?)、逆に約分できる(0でないので)のであれば、2x+ΔhからΔhをなくすのも?と思うんですよ。    実際、書物を読むと、18世紀、ニュートンとかライプニッツが微分(極限のとり方)を発表した時、かなり批判があったと聞きます。おかしいと。そして、この極限の考え方が正しいと証明されるまで約100年要したとありました。  その正しいと証明された考え方(理論)をどなたか教えてください。もしくはこのテキストをみれば解るという書物があればその書名も教えてください。 お願いします。  

  • 微分係数の問題で悩んでいます。

    微分係数の問題で悩んでいます。 y=log10のXのX=1における微分係数を求めたいのですが f’(1)=lim{log10の(1+h)-log10の1}      =0 となって答えが合いません 分母のhに0を代入したのがいけないのでしょうか? 愚問ですみません。

  • 数学III 極限

    現在数学IIIで極限の勉強をしているのですが limの横に分数があるときその分数のnやxの最高次で割るときと 有利化する時があると思うのですが自分はいつも雰囲気でやっています 有利化するときと最高次で割るときの違いは自分的には limの下の数が∞、-∞で代入すると分母分子が∞/∞のときは最高次 limの下の数が数字(例:n→5)で代入すると分母分子が0のときは有利化 √がでちょっと長い式の場合は有利化 ・・・というような判断基準で行っているのですが概ね合ってますでしょうか? バカっぽくて分かりにくい質問で申し訳ないのですがご回答していただけないでしょうか。

  • 極限値 定数

    分数関数の極限値が存在すると分かっているとき lim(分母)→0⇒lim(分子)→0というのは成り立ちますが、 この逆は成り立ちますか? つまり、lim(分母)→0⇒lim(分子)→0ならば分数関数の極限値が存在するか ということです。

  • 指数関数の微分

     こんにちは、高1の者です。 指数関数の微分について質問があります。 y=a^x を微分にするとき、導関数の定義より lim {a^(x+h) - a^x}/h h→0 =lim a^x(a^h-1)/h h→0 として、h→0のとき、a^h-1→0だから 分母のhと分子のa^h-1を約分して、 与式=a^x となるのでしょうか? ググっても自然対数eやらばかり出てきてよくわかりません。 よろしくお願いします。

エラーコード0xc000012fの解消方法
このQ&Aのポイント
  • 富士通ノートPCにインテルグラフィックドライバーVer30を「アップデートナビ」経由でダウンロード/インストール後、マイクロソフトオフィスを起動時に0xc000012fのエラーが表示される。
  • エラーメッセージの表示を続けると起動できるが、解決方法を知りたい。
  • 「富士通FMV」ユーザー向けの質問です。詳しい方、教えてください。
回答を見る