• 締切済み
  • 困ってます

微分法 極限値の求め方が分からない・・・

導関数を先にやっていたのでどうにも極限値の求め方が分かりません。 f(x)=2x^2-4x なら f'(x)=4x-4 と言った感じで導関数の公式を用いてできるのですが、limの問題がさっぱりです。 例えば lim x^2(x+4) 【x→-2】 これだと全てのxに-2を代入して=8となるのに lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 は一度分解して  lim (x+5)(x-1) / (x+2)(x-1) としてから (x+5) / (x+2) として、ここに代入して答えが=2となるんでしょうか? 私は最初の段階で代入してしまい失敗します(分母0なんて存在しないですから違うのは分かるんですが) 数値を入れて良いのはどの段階からでしょうか? また、導関数の問題なんですが f(x)=x-3 / 2x+1 と言った感じで分数の形になっている問題は専用の公式みたいな物があるんですか?それとも普通に f'(x)=1 / 2 になるんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3012
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.3
  • tsukita
  • ベストアンサー率50% (41/82)

すみません。 回答者No2です。 回答の訂正です。 >じゃあ、 >lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 >はというと、【x→1】のとき、分母は0に収束するので、不定形です。 分母と分子が0に収束するので(どんどんちかづくので)不定形です!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分の極限値(注:初心者)

    高校数学の本で微分の極限値の説明で、 lim(x→1) x^2 - 1/x-1=(x+1)(x-1)/x-1=lim(x→1) x+1=2 という式が書いてるのですが、これは結局 f(x)=x+1 という1次関数のlim(x→1)の場合のf(x)の極限値の事ですが、なぜ最初わざわざ分数で表して約分でx+1に変形してからxに1を代入するような説明なんでしょうか?最初の分数の状態でxに1を代入すれば分母も分子も0になり、そこで式が終わってしまうという事が言いたいだけなんでしょうか?なぜこういう説明があるのかが理解できません。微分係数のf'(x)=f(x+h)-f(x)/h の式でhにいきなり0を代入したらそこで式が終わってしまうという事を説明するためなのでしょうか?この文の必要性がいまいち分かりません。わかりにくい質問かもしれませんが引っかかるので、質問の真意がわかる人お願いします。ようするに、なぜ最初 x^2 - 1/x-1=(x+1)(x-1)/x-1 という分数で表してその後約分で x+1 の形に持ってくるような書き方なのかが知りたいんです。

  • 微分/極限値/導関数の問題

    社会人ですが、高校の時、苦手で全く出来なかった微分の勉強を独学でしてますが、解き方が分からない問題と解けたのですが答えが分からない物があります。教えて頂けると助かります。(どう書くのが正しいのかわからなかったので、分数:二分の一は1/2のように書きます) 当方、本当に微分初心者です。宜しく御願いします。 1.次の極限値を求めよ lim(x^3-3x+2)/(x-1)^2 x→1 2.以下の導関数を求めよ 1) y=(2x+3)/(x^2+1) 2) y=xsinx 3) y=1/1+cosx 4) y=sin^100x (sinの100乗かけるX) 5) y=sinx^100  (sinx100乗)

  • 極限値の問題

    lim(x→1){(x^2+ax+b)/(x-1)}=3を満たす定数a,bを求めよ という問題なんですが lim(x→1)(x-1)=0であるから lim(x→1)(x^2+ax+b)=0 解答にはこのように始まっているのですが この命題の解釈を 「xは1になるのでそれだと分母が0になってしまい、0での除法は数学的にありえないので 分子も0になるしかない」 とこんな感じに僕なりにしてみたんですがあっているでしょうか? それと 微分の問題をある程度やっていて、それなりに解けるようになってきたんですが 未だに極限値というのが微妙な理解です、テキストを読んでも難しい言葉で書かれており、何がなにやらというのが本音です。 今僕が考えている極限値というのは、3次関数のグラフを書いた時に出来る山のような曲線というちょっとわけのわからない理解なんですが 極限値とはなんなのかという簡単な解説をよろしくお願いします。

  • 回答No.2
  • tsukita
  • ベストアンサー率50% (41/82)

こんにちは。 >導関数を先にやっていたのでどうにも極限値の求め方が分かりません。 そうですね。導関数の学習では、主に計算練習がメインになるので、本質的なところ(極限のところ)のしくみがわからないままになってしまい勝ちです。 >例えば >lim x^2(x+4) 【x→-2】 これだと全てのxに-2を代入して=8となるのに >lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 は一度分解して  >lim (x+5)(x-1) / (x+2)(x-1) としてから >(x+5) / (x+2) として、ここに代入して答えが=2となるんでしょうか? >私は最初の段階で代入してしまい失敗します(分母0なんて存在しないですから違うのは分かるんですが) >数値を入れて良いのはどの段階からでしょうか? 数字を入れていい段階というのは、明確にはないのですが、基本的な考え方は、【不定形ではダメだ!】ということです。 不定形とは、 ∞-∞ ∞分の∞ 0分の0 などです。 “分母0なんて存在しないですから”と理解できているように、計算なんてできない形を不定形といいます。 ですので、基本的には、不定形の極限は求められません。(よくわからない!というのが素直な気持ちです。) さて、例えば、 lim x^2(x+4) 【x→-2】 は、不定形ではないので、計算できます。 じゃあ、 lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 はというと、【x→1】のとき、分母は0に収束するので、不定形です。 だから、基本的には、わからない!ということになりますが、【式変形をすることで、不定形ではない形にする】という工夫をします。 すると、 >lim (x+5)(x-1) / (x+2)(x-1) としてから >(x+5) / (x+2) となって、(x+5) / (x+2) は不定形ではなくなるので、計算できるわけです。 以上のことを反対に言うと、不定形の極限を計算する問題は、 【工夫すれば不定形じゃなくできる】問題ばっかりです。 なので、勉強する際は、不定形じゃなくするための“工夫のしかた”を意識してみてください。 >また、導関数の問題なんですが >f(x)=x-3 / 2x+1 と言った感じで分数の形になっている問題は専用の公式みたいな物があるんですか?それとも普通にf'(x)=1 / 2 になるんでしょうか? 残念!f'(x)=1 / 2にはなりません。 f(x)=x-3 / 2x+1のような関数を分数関数といいますが、このような関数の導関数を求める方法は、数IIIで学習するはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かり易く説明してくださってありがとうございます。 不定形でなくなった時に計算することができるんですね。

  • 回答No.1
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

>(x+5) / (x+2) として、ここに代入して答えが=2となるんでしょうか? それでOKです。 >数値を入れて良いのはどの段階からでしょうか? 数値を入れると (分子)/(分母)が 0/0型、∞/∞型にならないように変形してから 数値を入れてもOKです。 > f(x)=(x-3)/(2x+1) と言った感じで分数の形になっている問題は専用の公式みたいな物があるんですか? 公式はありませんが x→∞のときは x(≠0)で割って f(x)={1-(3/x)}/{2+(1/x)}→(1-0)/(2-0)=1/2 とします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 極限値 問題

    極限値 問題 lim[x→0](sin^2x・cosx) /(1-cosx) 1+cosxを分子と分母に掛けて、分母が0を解消して lim[x→0]cosx+cos^2x=2 答えは合っていますでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 極限値について

    極限値について教えてください。 1、f(x)=1/xの極限値は存在しますか? 2、lim ax^2+bx/x-3 =12 が成り立つとき、a、bの値を求めよ。   x→3  という問題において、どうして「x→3のとき、分母が0に近づくから  極限値が存在するには分子も0に近づかなければいけない」  のでしょうか?   

  • 微分の極限値の問題が解けません

    lim x→0 (x^4-2x+3)/(x^6-x^2-2) の極限値を求めよという単純な問題なのですが、分母分子の因数分解がどうしても出きません。よろしくお願いします。

  • 微分・極限値

    計算について質問です よろしくお願いします /は普通の分数 /は普通の分数の下にまた分子がくるという意味です 1. 次の関数f(x)を定義によって微分しなさい。 f(x)=1/x f´(x)=lim h →0 f(x+h)-f(x) =lim h →0 1/x+h-1/x /h =lim h →0 1/h{x-(x+h)/x(x+h)} =lim h →0 -1/x(x+h) =-1/xの二乗 このlim h →0 1/x+h-1/x /hのとき なぜlim h →0 1/x+hではなく、hもxと一緒になって分子に移動しているのかがわかりません。 その計算方法を教えてください よろしくおねがいします。

  • 極限値とn次関数

    いつも数学が得意な皆様に助けて頂いております。 分からない問題があります。 *以下の極限値で、極限値が存在する場合はその値、しない場合はその理由をのべよ、 1)limsin(1/x) x→0 2)limxsin(1/x) x→0 という問題があります。 2)はlim(sinx/1)=1より 1という解答で大丈夫でしょうか? 1)に関して、これは極限値が存在しないのでしょうか? しない場合の理由を数学音痴な私でも理解できるように説明して頂けると大変助かります。 もう一問質問です。 *y=(x^2-1)^nとおく。この時、(x^2-1)y^(n+2) + 2xy^(n+1) ー n(n+1)y^(n)=0を示せ。ただしy^(n)はyのn次導関数とする。 こちらの解き方を教えて下さい。(上の式ですが、A+B-C=0のような形です。スペースの前までが一つの固まりです) (どうも説明しろ、とか示せ、と言われるとどう書いていいのか分からなくなってしまいます。) 宜しくお願いいたします。

  • 極限値について

    次の極限値をもとめてください。 lim(x→2) (2x^2-5x+2)/(x^2-4) lim(x→0) 1/x(1- 1/(x+1)) lim(x→0) 1/x(4/(x+2)-2) できればやり方なども教えてください。 また、どれか1つでもいいので回答よろしくお願いいたします。

  • 極限値

    (1) lim[n→∞]√(x+3)-√(x)/√(x+2)-√(x+1) 分子有理化をして、 分子分母に√(x+3)-√(x)をかけて、 lim[n→∞] 3 /{√(x+2)-√(x+1)}{√(x+3)-√(x)} さらに分子分母をxで割りました。 3/∞になって0になります。 しかし、解答は3です。 (2) 数列{a_n}の極限値を求める。 a_n=1^2+2^2+…+n^2/n^3 こちらは全く分かりません。 分子分母をn^2で割りましたが、 なにも進みません…。 なにかヒントをお願いします。

  • 極限値の求め方が分かりません

    極限値の求め方が分かりません 例 (1)-2/{√(1-2/x)-1} (x→∞) (2)(x^2+x-12)/(x-1) (x→3) (3)(x^2-9)/(x^2-5x+6) (x→3) (4)(x^2-7)/(x^2-5x+6) (x→3) (1)はx→∞のとき,2/x→0なので分母→0 よって(1)→∞ (2)はx→3のとき,分子→0,分母→2 よってx=3を代入して(2)→0 (3)はx→3のとき,分子→0,分母→0 そこで式を変形すると(x+3)(x-3)/(x-2)(x-3)=(x+3)/(x-2) ここでx=3を代入して6 ここで分からないことがあります. ・分母→0のとき 分子→0なら,式を変形し,分子が0に収束しないならそのままx=αを代入できるのですか? ・(4)((3)のように割れない)はどうなるのですか? ・こういう問題ではどういう決まりがあるのですか?(∞-∞や∞/∞に収束するような形はだめ.など)

  • 極限値に関して!!

    分数関数の極限値に関して、分母の極限値が「0」ではなく、分子の極限値が「0」という場合もありますよね???

  • logとeの極限値

    lim  (1+3/x)^x x→∞ lim (e^h-1)/h h→0 lim {log(1-x)}/2x x→0 という三つの極限値を求めたいのですが、どのように解いていくべきなのでしょうか? sinを使ったものでもなく、代入などではとけなかったのです。よろしくお願いします。