• 締切済み

微分法 極限値の求め方が分からない・・・

導関数を先にやっていたのでどうにも極限値の求め方が分かりません。 f(x)=2x^2-4x なら f'(x)=4x-4 と言った感じで導関数の公式を用いてできるのですが、limの問題がさっぱりです。 例えば lim x^2(x+4) 【x→-2】 これだと全てのxに-2を代入して=8となるのに lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 は一度分解して  lim (x+5)(x-1) / (x+2)(x-1) としてから (x+5) / (x+2) として、ここに代入して答えが=2となるんでしょうか? 私は最初の段階で代入してしまい失敗します(分母0なんて存在しないですから違うのは分かるんですが) 数値を入れて良いのはどの段階からでしょうか? また、導関数の問題なんですが f(x)=x-3 / 2x+1 と言った感じで分数の形になっている問題は専用の公式みたいな物があるんですか?それとも普通に f'(x)=1 / 2 になるんでしょうか?

みんなの回答

  • tsukita
  • ベストアンサー率50% (41/82)
回答No.3

すみません。 回答者No2です。 回答の訂正です。 >じゃあ、 >lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 >はというと、【x→1】のとき、分母は0に収束するので、不定形です。 分母と分子が0に収束するので(どんどんちかづくので)不定形です!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • tsukita
  • ベストアンサー率50% (41/82)
回答No.2

こんにちは。 >導関数を先にやっていたのでどうにも極限値の求め方が分かりません。 そうですね。導関数の学習では、主に計算練習がメインになるので、本質的なところ(極限のところ)のしくみがわからないままになってしまい勝ちです。 >例えば >lim x^2(x+4) 【x→-2】 これだと全てのxに-2を代入して=8となるのに >lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 は一度分解して  >lim (x+5)(x-1) / (x+2)(x-1) としてから >(x+5) / (x+2) として、ここに代入して答えが=2となるんでしょうか? >私は最初の段階で代入してしまい失敗します(分母0なんて存在しないですから違うのは分かるんですが) >数値を入れて良いのはどの段階からでしょうか? 数字を入れていい段階というのは、明確にはないのですが、基本的な考え方は、【不定形ではダメだ!】ということです。 不定形とは、 ∞-∞ ∞分の∞ 0分の0 などです。 “分母0なんて存在しないですから”と理解できているように、計算なんてできない形を不定形といいます。 ですので、基本的には、不定形の極限は求められません。(よくわからない!というのが素直な気持ちです。) さて、例えば、 lim x^2(x+4) 【x→-2】 は、不定形ではないので、計算できます。 じゃあ、 lim x^2+4x-5 / x^2+x-2 【x→1】 はというと、【x→1】のとき、分母は0に収束するので、不定形です。 だから、基本的には、わからない!ということになりますが、【式変形をすることで、不定形ではない形にする】という工夫をします。 すると、 >lim (x+5)(x-1) / (x+2)(x-1) としてから >(x+5) / (x+2) となって、(x+5) / (x+2) は不定形ではなくなるので、計算できるわけです。 以上のことを反対に言うと、不定形の極限を計算する問題は、 【工夫すれば不定形じゃなくできる】問題ばっかりです。 なので、勉強する際は、不定形じゃなくするための“工夫のしかた”を意識してみてください。 >また、導関数の問題なんですが >f(x)=x-3 / 2x+1 と言った感じで分数の形になっている問題は専用の公式みたいな物があるんですか?それとも普通にf'(x)=1 / 2 になるんでしょうか? 残念!f'(x)=1 / 2にはなりません。 f(x)=x-3 / 2x+1のような関数を分数関数といいますが、このような関数の導関数を求める方法は、数IIIで学習するはずです。

xiongbang
質問者

お礼

分かり易く説明してくださってありがとうございます。 不定形でなくなった時に計算することができるんですね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)
回答No.1

>(x+5) / (x+2) として、ここに代入して答えが=2となるんでしょうか? それでOKです。 >数値を入れて良いのはどの段階からでしょうか? 数値を入れると (分子)/(分母)が 0/0型、∞/∞型にならないように変形してから 数値を入れてもOKです。 > f(x)=(x-3)/(2x+1) と言った感じで分数の形になっている問題は専用の公式みたいな物があるんですか? 公式はありませんが x→∞のときは x(≠0)で割って f(x)={1-(3/x)}/{2+(1/x)}→(1-0)/(2-0)=1/2 とします。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 微分の極限値(注:初心者)

    高校数学の本で微分の極限値の説明で、 lim(x→1) x^2 - 1/x-1=(x+1)(x-1)/x-1=lim(x→1) x+1=2 という式が書いてるのですが、これは結局 f(x)=x+1 という1次関数のlim(x→1)の場合のf(x)の極限値の事ですが、なぜ最初わざわざ分数で表して約分でx+1に変形してからxに1を代入するような説明なんでしょうか?最初の分数の状態でxに1を代入すれば分母も分子も0になり、そこで式が終わってしまうという事が言いたいだけなんでしょうか?なぜこういう説明があるのかが理解できません。微分係数のf'(x)=f(x+h)-f(x)/h の式でhにいきなり0を代入したらそこで式が終わってしまうという事を説明するためなのでしょうか?この文の必要性がいまいち分かりません。わかりにくい質問かもしれませんが引っかかるので、質問の真意がわかる人お願いします。ようするに、なぜ最初 x^2 - 1/x-1=(x+1)(x-1)/x-1 という分数で表してその後約分で x+1 の形に持ってくるような書き方なのかが知りたいんです。

  • 極限値 定数

    分数関数の極限値が存在すると分かっているとき lim(分母)→0⇒lim(分子)→0というのは成り立ちますが、 この逆は成り立ちますか? つまり、lim(分母)→0⇒lim(分子)→0ならば分数関数の極限値が存在するか ということです。

  • 微分の極限値の問題が解けません

    lim x→0 (x^4-2x+3)/(x^6-x^2-2) の極限値を求めよという単純な問題なのですが、分母分子の因数分解がどうしても出きません。よろしくお願いします。

  • 極限について

    極限の問題で lim(x→ー0) sinx / x (x=ーθとすると、x→-0⇔θ→+0) =lim(θ→+0) sin(ーθ) / -θ =lim(θ→+0) ーsinθ  / ーθ =lim(θ→+0)  sinθ / θ =1 とあるのですが、lim(θ→+0)sinθ / θ のθはlim(θ→+0)より、プラスの方向から0に近づくから、分子のsinθはsin0=0で分母も0になるから答えは1じゃなくて0になるんじゃないのでしょうか? そもそもsinθのθが0になるとsin0=0になるのがあまりよく納得していなくて、なんでなのでしょうか?三角関数の所を忘れてしまって・・ 後cosθのθが0になるときcos0は何になるのでしょうか? わかりにくくてすみません (上の / は分数を表しています)

  • 関数の極限

    lim(x→-3)1/(x+3)^2 ・・・(1)の極限とlim(x→∞)cosx/x・・・(2)の極限値、の求め方がわからないので、質問します。 (1)の解説は、lim(x→-3)(x+3)=0 ,1/(x+3)^2>0 から極限∞と書いてあります。分母が限りなく0に近い正の値になるので、∞と考えて良いのでしょうか、しかし他の極限を求める問題では(関数にいろんな計算した後)xが近づく数を関数に代入したりして求めているので、自分の考えも間違っていると思います。お返事ください。 (2)の別解では、-1≦cosx≦1であるから x>0のとき -1/x≦cosx/x≦1/xと続きます。xは負の値から∞に近づくかもしれないのに、x>0のときに限るのは∞(限りなく大きい正の数)に、近づいた後のときだけを考えているのでしょうか?x>0にしていい理由を教えてくださいお願いします。

  • 関数の極限の問題です。

    極限の問題を考えています。 fを実数値連続関数とする。 lim[x→∞](f(x+2)-f(x))=3ならば、lim[x→∞]f(x)/xが収束することを示して、 さらに値をもとめよ。 よろしくお願いします。

  • 微分・極限値

    計算について質問です よろしくお願いします /は普通の分数 /は普通の分数の下にまた分子がくるという意味です 1. 次の関数f(x)を定義によって微分しなさい。 f(x)=1/x f´(x)=lim h →0 f(x+h)-f(x) =lim h →0 1/x+h-1/x /h =lim h →0 1/h{x-(x+h)/x(x+h)} =lim h →0 -1/x(x+h) =-1/xの二乗 このlim h →0 1/x+h-1/x /hのとき なぜlim h →0 1/x+hではなく、hもxと一緒になって分子に移動しているのかがわかりません。 その計算方法を教えてください よろしくおねがいします。

  • 極限値について

    極限値について教えてください。 1、f(x)=1/xの極限値は存在しますか? 2、lim ax^2+bx/x-3 =12 が成り立つとき、a、bの値を求めよ。   x→3  という問題において、どうして「x→3のとき、分母が0に近づくから  極限値が存在するには分子も0に近づかなければいけない」  のでしょうか?   

  • 数学III 極限

    現在数学IIIで極限の勉強をしているのですが limの横に分数があるときその分数のnやxの最高次で割るときと 有利化する時があると思うのですが自分はいつも雰囲気でやっています 有利化するときと最高次で割るときの違いは自分的には limの下の数が∞、-∞で代入すると分母分子が∞/∞のときは最高次 limの下の数が数字(例:n→5)で代入すると分母分子が0のときは有利化 √がでちょっと長い式の場合は有利化 ・・・というような判断基準で行っているのですが概ね合ってますでしょうか? バカっぽくて分かりにくい質問で申し訳ないのですがご回答していただけないでしょうか。

  • 数学(iii)の極限について

    数学(iii)の極限について 教科書の極限を予習しているのですが、よく分からないところがありました。 例題で次の定数a , b を求めよ。という問題です。 問題がみにくくてすみません。分数の場合 lim は全部に = の前まで全てにかかっていると考えてください。できるだけ、縦でそろえていますが・・ lim  a√x + b x→1 -------- = 2      x - 1 という問題で、考え方として、 x→1のとき(分母)→0であるから、与えられた極限値が存在するためには、x→1のとき(分子)→0でなければならない。 とあり、次に解き方が書いてあります。 lim  a√x + b x→1 -------- = 2      x - 1 において、lim(x - 1) = 0 であるから ・・・・・・・・・・・(1)       x→1 lim(a√x + b) = 0 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2) x→1 とありますが、ここが全く分かりません。どうして、(1)だから(2)なのでしょうか? ですから、上の示した考え方のところから全く分かりません。 できるだけわかりやすく教えてくださるとありがたいです。 よろしくお願いします。

Epson ScanSmartが起動しない
このQ&Aのポイント
  • PX-M5080Fを利用しているが、Epson ScanSmartが起動しない問題が発生している。
  • Epson Scan 2とEpson Event Managerがインストールされていないため、Epson ScanSmartが起動できない。
  • Epson Scan 2を再インストールしても問題が解決しないため、解決策を求めている。
回答を見る