• ベストアンサー
  • 困ってます

土地の所有権について質問です

先日の大雨で借家前の崖が崩れました。 そこの崖は隣家の持ち物らしいのですが、3ヶ月経った今も何もしてくれません。 そこで弁護士に頼み、先方に書面で通知してもらったのですが、先方も弁護士を立て「そこの土地を貰った事実はない」と言ってきました。 元々そこは別人の土地だったのですが、その人が隣人に権利書を渡し、譲った土地です。 一度崖崩れ後に話し合ったときは「工事をします」とか「見積もりを取ってるから」とか言っていたのですが、証拠がないことを良いことに「知らない、言った覚えはない」と言い出したのです。 元の土地主さんも、権利書を渡したときに相手を信用して、何も証拠となる物を取ってなかったようです。 最後は裁判になると思うのですが、勝ち目はあるでしょうか? それから、もし先方が土地を貰った事実を隠していたという事実がわかったとき、その隣人はどんな罪に問われるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数162
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

1番目の回答者です。 >隣人が、権利書を貰ったまま登記変更をしていないので、前の地主の名義なのです。 しかし弁護士さんや司法書士さんからは、権利書を持っている人が実質的な持ち主になると聞いております。 ということなら話は簡単です。質問者さんは登記に記載されている持ち主に対して崖の修復を要求すればいい。 権利書を渡したが登記が完了していなかったなんて、質問者さんには何の関係もない話です。現在の日本国の法制度上の土地所有者に対して、所有している責任として、崖の修復を求めてください。 本当の持ち主が誰で、責任は誰にあるかなんていうことは、相手が考える話です。 ていうか、弁護士いるんでしょ。こんなところで聞く弁護士に聞けばすむ話ではないんですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね、そうします。 有り難うございました。

関連するQ&A

  • 所有権が他人名義の土地の擁壁修復義務は?

    お世話になります。 私たち家族3年前まで住んでいた家が、現在の私の住居から約5km程離れたところで空き家になっています。 この空き家の建っている土地は、私の亡き父が伯母(父の姉)から譲り受けて父が家を建てたはずだったのですが、父と伯母は書類上も税制上も所有権の移転手続きをしていなかったようで、伯母が亡くなった後で私に、私の知らないところでこの土地を伯母から相続する手続きをした遠い親戚から「そこは私の土地だから立ち退きなさい」という手紙が来ました。 登記を調べたところ、その立ち退きを求められた土地はまだ亡伯母の名義になっています。 法律相談に行くまでは「私は出来る限り所有権を主張する」と思ってはいたものの、万一を 考えて現在の住居を購入して引っ越していますが、旧宅はまだ私の名義で残っています。 昨年暮れに弁護士さんを介して、私が地価の15%の立ち退き料をもらった上で建物の所有権を放棄することが決まり、この4月15日で家を明け渡すことになっています。 その合意書も相手と調印済です。 ところが、その土地と一段下に建っている隣家との間の擁壁に、先日の地震で亀裂が入ってしまい、先程、その隣家の方からその旨の連絡が入りました。 「近々雨が降るようなのでその前に直さなければならない」と言うのですが、私としては、私が所有権を認められていない土地と隣家との境界の擁壁修理にお金を出すのは納得が行きません。 そもそも、父が自分の所有の土地だと認識していた頃に一回簡易土止めが壊れた際に現在の擁壁を作った際も、「折半に」という申し出を先方が一方的に断り、無理矢理父に全額負担させて出来上がった擁壁です。 仕方なく負担はしたものの、父も母もこれを納得していませんでした。 古くは「擁壁の費用は上の家が全て負担する」という暗黙の常識があったとのことですが、先程Web検索したところ、上の家の都合で盛り土をしたなどでなければそのようなことはないという情報も見つけました。 今回の立ち退き問題で間に入って頂いている弁護士さんに相談しようと思ったのですが、本日は既に時間外で、連絡がつきませんでした。 明日、その隣家の方と話さなければならないのですが、「私は負担できません」という権利はないのでしょうか? ご教示頂きたく、どうかよろしくお願いいたします。

  • 不要な土地の処分について

    こんにちは、 我が家には、すぐに裏山があり、隣家と、その裏山の境界線について、もめました。 隣家と我が家の境界線を裏山に延長した線よりも、10mくらい入っている箇所までも、(隣家ではなく)我が家の敷地なので、草刈をするように、言ってきます。 (見た目で、常識的に考えられないことが発生しています。) 仮に、隣家の裏山まで、我が家の土地とすると (1)崖崩れ等があった場合、損害賠償請求される可能性がある (2)毎年、隣家のためだけに、草刈等の手入れをする必要がある。 というデメリットだけです。まるで、隣の家のために、所有しているようなものです。 隣家のために、我が家が税金を払って、手入れまでをする必要があるような状況です。 全く、我が家にとっては、不要ですが、手放す等の対策はないでしょうか?

  • 建蔽率を満たすために隣家に貸した土地の地代について

    隣家に名目上ながら貸した土地の地代の件で困惑しています。 ご教示頂ければ幸甚に存じます。 父が存命していた12年前のことですが、隣家は建築基準法上の建蔽率を3割ほど超える住居を建造中である事を知り、完成すれば我が家に少なからず影響の出ることを感じて先方に抗議したところ、先方は土地面積不足を隠蔽するためとして、父に土地賃借契約書を締結して欲しい旨の要請をしてきました。当時、私は海外駐在中であり、その間の事情等について何もしりませんでした。 最近、私は自分の健康に不安を感じ父の書類等を整理していたところ、父と先方との間で「土地賃貸借契約書」及び、この契約を結ぶに至った上記の事情を含んだ先方の「念書」を発見しました。 契約によれば1,000円/坪/月の地代を当家に支払うこと、3ヶ月間滞納した場合には本契約は失効し、隣家は旧状に復する等の内容であり、相互に署名捺印しています。 そこで、隣家に地代の請求をしたところ、そんな契約は知らないと言い張り、その後、弁護士から実質的な土地占有、使用の事実はなく、土地賃貸借契約書は実体のないものである旨の内容証明郵便が送られて来ました。 果たして、先方の言っていることが正しいのか、或いは、当方も弁護士を立てて争えば勝訴する可能性があるのか、お教え頂きたく存じます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

>登記の名義は関係ない、権利書の持ち主が実質の持ち主になると聞きました。 >しかし、その権利書を貰った事実を打ち消してきたので困っています。 権利証を持ってる筈の人物が「所有権を放棄している」のですから、貴方のモノに出来ます。 貴方のモノに出来るなら、それを「税金の代わりに国に納める」のも可能です。 権利証を紛失した、と言う事にして、貴方の名義に変更する手続きをする ↓ 登記の名義人(前の持ち主)に「本当ですか?」と確認が来るので「本当ですよ」と署名捺印して法務局に返答する ↓ 登記変更されて、貴方に「登記識別情報通知書(権利証に相当するもの)」が発行される ↓ 来年、固定資産税が課税される筈なので「土地そのもので物納できないか?」と、税務署に相談し、タダで手に入れた土地を固定資産税の代わりに国に納める ↓ 該当の土地が「国有地」になるので、国に陳情して、国のお金で安全な状態に戻してもらう こうすれば「本来、持ち主のはずの人物」を「蚊帳の外」に追い出したまま、話を進められます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答、有り難うございます。 市に相談したときに、危険箇所なので市に寄付してくれたら安全確保できるように手を入れます、と回答を戴きました。 但し、建築物がないことが条件なのですが、さらに上の方に墓があるのです。 それがなければ隣人と相談して寄付する方にいけたのですが・・・ しかしこの回答で、別の方法として、税務署にも相談してみると言う事を視野に、再度考えてみたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

たぶん、法務局の「登記簿」が書き換えられてない状態なのだと思います。 権利書を渡したけど、登記変更をしてない状態だと思います。 >先方も弁護士を立て「そこの土地を貰った事実はない」と言ってきました。 じゃ、元の持ち主と口裏を合わせて「事前通知制度」又は「司法書士等の資格者代理人による本人確認情報の提供制度」を利用して、質問者さんの名義に変更するよう、登記変更の申請をしちゃいましょう。 すると「現在の登記簿に記載されている元の持ち主」に「変更申請が来ましたが、本当ですか?」って通知が行くので、元の持ち主が署名して実印を押して通知を法務局に返送すると、土地が貴方の名義に書き換えられ、貴方の物になります。 つまり「貴方が受け取った覚えが無いなら、私が受け取っても問題ないよね」って感じで、ガッツリ奪い取ってしまえば良いのです。 「崖の擁壁工事費」の出費だけで土地が手に入るなら「大儲け」だと思いますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有り難うございます。 そうなんです、権利書を渡したけど、登記変更をしていない状態なのです。 登記の名義は関係ない、権利書の持ち主が実質の持ち主になると聞きました。 しかし、その権利書を貰った事実を打ち消してきたので困っています。 それに、その土地は何の魅力も無い、ただの崖なんですよ。 そんなところを隣人もどうして貰ったのか・・・ そして、その場所が車が入らない場所なので、工事費が数百万かかると言われています。

  • 回答No.1

まず法務局に行き、そこの土地の登記上の持ち主を確認するのが先でしょう。 ひょっとしたら、隣家の人も自分の土地だと思っていたが、よくよくしらべたら自分の土地ではなかったので、『知らぬ。存ぜぬ。』と言いだしたのかもしれませんよ。 >最後は裁判になると思うのですが、勝ち目はあるでしょうか? 登記を確認しないことには誰も答えられないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

有り難うございます。 隣人が、権利書を貰ったまま登記変更をしていないので、前の地主の名義なのです。 しかし弁護士さんや司法書士さんからは、権利書を持っている人が実質的な持ち主になると聞いております。 もともと口約束で貰うと言っていたので前地主が権利書を渡した。 その後隣人が工事をしようとしたら、費用がかなりかかることを知って名義変更をしないまま現在まで放置した、と言う感じでしょうか。 もう3ヶ月にもなり、借家人も出て行き、本当に困っております。

関連するQ&A

  • 隣家との土地の境界トラブル、境界上のブロックについて

    初めて質問させて頂きます。 ・現在、隣家と何処が境界なのかでもめています。 隣家と我家の間にはブロックがあったのですが、我家が12年ほど前に建替えをした際に境界となるブロックは我家の車が入りにくいので隣家の合意の上、半分ほど残し壊しました。 我家と隣家の土地は30年くらい前に1つの土地を4軒に分けて建て売りされました。 我が家と隣家は奥の家で手前2軒の間には共有の土地があります。 今回、すでに土地家屋調査士に頼んだのですが、隣家が手配した方なので隣家に有利に事が進んでいるように思えます。 質問(1)★建売りの境界のブロックは真ん中が境界になるのでしょうか? ┗我家は真ん中だと思っていたのですが、隣家はブロック全部が自分のモノだと主張します。 隣家の端側から測るとブロックはすべて我家のものになったのですが、隣家は納得してくれませんでした。我が家側から測るとブロック分だけどちらのものでもない土地が現れるのです。 質問(2)★4軒建売りの場合は4軒分の土地を測らないと我家と隣家の境界は分からないものでしょうか? ┗素人の私達は我家と隣家だけ測れば分かるのでは?と思ってるので知りたいのです。 質問(3)★測る前の段階、土地家屋調査士に頼んだ段階で折半と約束(書面で)しました。 しかし、4軒分の土地を測るのは聞いてなかったので、他の2件は関係ないと思うんですが、折半になるので他の家の土地を測ったものまで2軒で折半というのはどうなのかと思いました。 (その内1軒は隣家の借家、もう1軒はまた別の方の家です) 土地家屋調査士に聞いてみると隣家は2軒分、あとは関係ないもう1軒にも「払ってもらうよう頼みましょう」と言ってきたので有り得ないと思ってます。むしろ勝手に測られて怒ってらっしゃいます。 最初の約束通り、2軒で折半ということになるでしょうか? 質問(4)★土地家屋調査士がどちらかの家に偏って測定をされたりするのでしょうか? ┗隣家が頼んだ方なのもあるのですが、隣家の借家(4軒の内の1軒)が実際測ったら登記簿上より面積が狭かったらしく「可哀そう」と言って4軒の共有の土地などをずらして登記簿分確保しようとするのです。 今回頼んだのは隣家との境界のことで頼んだのに、我家に関係ない隣家の借家の土地を広げる、隣家との境界のブロックを全部自分のものにしているようにしか見えないのです。 今解決しておかないと今後問題になるとばかり言ってきます。最近はこちらの事ばかり話してくるので話が進みません。でもこれは隣家の問題であって我が家の問題ではありません。 今の段階ではそのどちらのものでもない土地を2軒で半分ずつにするということになりそうです。まだ隣家がどう出てくるか分かりません。 (結果的には隣家がブロックの半分土地が広がるのです) 書き出したらもっと説明が長くなるのでこの質問は変な部分があるかもしれませんが、気になっているので良かったら回答お願いします!!

  • 敷地境界と所有権の質問:建築、土地、法律

    こんにちは。今回急ぎの相談があります。 ・土地の所有権と境界線の問題 ・当方の権利と建築関係の法律を知りたい ・現在、隣の家が売買され現在解体工事が終わった段階 実家の隣の家が売買され、古い家は解体され、新しい家が建てられる状況にあります。当方の実家は築40年以上の家で多少もともとのヒビはありましたが、解体工事によって更に新しいヒビ、以前からのヒビの悪化、更にガレージ部分の損壊がありました。解体業者はすぐ怒鳴り、逃げるような状況。不動産屋も逃げの状態にあったので、話し合い、不動産屋は「修復を約束」しました。しかし、口約束の状況で、後日に立会いが必要となります。施工主、不動産屋、解体業者、すべて、「迷惑をおかけして申し訳ない」という気持ちは全くなく、逆に、周りの家を壊して、権利を奪ってでも、自分のことだけを考えるような対応をされていて困っています。 3月初め頃に施工主(新しい買い手)から菓子折りの挨拶はありました。解体業者からの挨拶は正式にありませんでした。ひどい振動と騒音の上、生きているガス菅の上にコンクリを壊す重機を入れ破壊し、掘削機で作業をしていました。「生きているガス菅を傷つけた場合は、どんな事故があるかわからないので、カットしてからの作業をしてほしい」という要望を伝えても、隣家の命や、生活に関しては、全く気遣いがなく、ガス業者の立会いなしに重機を入れられ作業されました。プラス、当方の実家の塀やガレージの壁にヒビを入れられました。ガス業者は注意喚起をしたが、立会い要請がなく作業され、危ない状況だったということと、塀や壁にヒビが入っていなかった部分もヒビわれとなっていた、という写真を撮影してくれていました。 弁護士に相談すると、「ご自身で最初に撮影しとくといいのです」ということを言われましたが、写真を撮る間も無くすぐに解体工事が始まり、年老いた親には入り込めない隣家との境目だったので当方には写真などはありませんが、ガス業者の保管の分の写真と、証言はある状態です。また、衛星写真(ストリートマップ)で当方実家の写真は観れる状況です(撮影日時も)。 3月~4月にかけ振動や騒音にも気が滅入っていましたが、その上、解体業者にやくざのような言動で威圧されました。その際は録音テープもありませんが、隣家の方々もそのように感じたとおっしゃってはいる状況です。 解体業者とは正直会いたくないので弁護士を立てて話をしようとしてましたが、解体業者のやくざのような社長は立会いに参加してもらわないと話し合いできないと不動産屋に言われたので、明後日に立会いの予定です。その修復の話がまだついていない状況ですが、どのように話しを進めるべきかのアドバイスが欲しいです。 当方実家の地域は山の斜面に立地しており、反対隣からずっと盛り土、敷石の上に建物が建てられています。今回の解体された家も盛り土の上に家が建てられていたので、今は家が解体され、盛り土が残っている状況です。施工主(買い手)は、この盛り土をすべてどけ、じべたに家を作りたいなどと言いました。しかし、盛り土をのければ斜面の上にある当方実家と、斜面の下にある隣の家、その隣の家などの地盤がバランスを崩して倒れかかりそうなように素人目からも見えます。案の定、見にこられた建築士も同じ意見で、盛り土をのけることはまだしていません。しかし、途中までのけようとしたので、当方実家の境目の排水管がむき出しとなっていて、その排水管が通っていた部分のコンクリはボロボロに破壊され、亀裂もはいっています。 当方実家と解体業者の立会いがまだで、修復の話がついていない理由と、施工主の無茶な注文からか、まだ工事は進んでいません。なんのケアもされることなく、むき出しの排水溝などがシートも被せられずに放置されています。 その状態で昨日、施工主があらわれ、こう言いました。「オタクの土地を数十センチもらわないとウチの家に作ろうとしているスロープが作れない。だから、オタクの家の数十センチ部分を市に渡さなければいけない。これは法律だ。市の職員がいってた。訴訟にでもなったら近所の手前もあるだろうし、了承してくれないといけない。」などど、意味のわからないことを年寄りの母は言われました。当方は母に「娘の権利だし、娘に任せていて、母は何も回答はできない。娘と話してくれ。」と言うように言いました。 このように、当方の母が年を取っていて今一人でいるので、好き勝手に、むちゃくちゃなことをされ続けているのですが、どのような道筋を立てて、当方どもの財産や権利を守っていけるかの助言がほしいです。 そもそも、近所のひとたちは騒音、振動に我慢をし、その上、解体工事での掘削機の振動での家屋の被害や、命の危険にもストレスな状態であるのに、謝罪があるどころか、土地権利まで奪われようとしています。何もしていないのに、このようなことに巻き込まれ、威圧や、脅迫のように(訴訟など)毎度言われていることに困っています。警察や他建築業者にまで助けを求めましたが、みなさん、関わりたくないのか、逃げ腰に対応され、最終的に、弁護士くらいしか真剣にお話しを吟味いただけません。また、弁護士は建築のプロでないので、建築関係の専門者に相談を進めていましたが、建築関係の方も弁護士がいいなどと言われます。 ・当方どもの敷地を占有していた経緯もあります ・しかし占有をしていなかった部分まで自分たちのために利用しようとしています ・こういったことをしているうえに、破損部分の謝罪なども一切ありません ・解体業者には威圧され、脅されています ・当方どもの登記がある土地家屋なのに「市が市の所有地だし渡さなければ訴訟する」と脅されます(費用がかかるだろうから了承しろいう感じです) こういった状態でどのような対策をとればいいか、法的なことを知りたいです。アドバイスお願いします。 補足:解体工事によっての破損部分は当方の実家家屋のヒビ、ガレージのヒビ、また掘削機の振動によってガレージが崩れて車を入れられません。また、シートでの処置もないので排水管がむき出しで、コンクリ部分もあながあいているので雨水がたまります。また、家の土台の盛り土を崩して行っているので、家が傾かないかの不安があります。その上、雨水が流れ、逆隣の家にも流れで腐食を起こしかけています。施工主は盛り土をすべて取り除き、当方実家の敷地内を市に渡してもらい、自分の家のためのスロープを作って自分の土地を広げようとしています。次から次へ、自分のためにいろんな要求をする施工主と、ミスを隠して隠蔽しようと脅すような解体業者。責任転嫁する不動産屋に、ノイローゼになりそうです。 ・当方どもの土地所有の証明をしたい ・境界線の双方同意でなく、そもそもの権利を保証できるような証明をしたい ・その上で当方どもの土地を市に渡せという施工主の無理な要求をやめてほしい ・現状維持での「修復」の対応をしてほしい ・塀の半分からは当方どもの境界線内であるので塀の取り壊しについて 納得できるように綺麗に取り壊しをしてくれてもいいが なぜ当方どもの土地を市に明け渡ししてまで 施工主の家のスロープを作成するスペースを譲らないといけないのか 合意していないので訴訟問題にするとおどされなければいけないのか 理由がわかりません どうかお知恵をいただけると助かります。

  • 隣家の土地を通る排水路をふさぐと言われています

    築35年ほどの木造家屋です。 15年ほど前からこの地区の下水道化が進みましたが、 経済的な理由から旧来の排水方式のままになっています。 その排水路なのですが、隣家の土地をグルリと通って側溝へつながっています。 隣家も以前はその排水路を利用していましたが、 既に下水道に切り替え、現在は排水路を使用していません。 今日になって衛生上、または土地の所有権を理由に、今月中に隣家の土地内の排水路をふさぐと言ってきました。 我が家は古い家で土地いっぱいに家が建ち、 水周りは建物の一番後ろに位置しているので 別に排水路を確保するとなると かなりの工事をしなければならないと思います。 できれば今の排水路を使いたいのですが、 こちらに隣家の土地の排水路を継続して使用する権利は全くないのでしょうか。 ちなみに、苦情を訴えている隣人は80過ぎのおじいさんで、 歩道でバイクを乗り回して、歩行者がよけるのがあたりまえと思ってらっしゃる方です。 こちらが対処法を考えますのでと言っても 全く人の話を聞かず、有無を言わさぬ・・と、いうか、多分自分が神と信じているのだと思います。 話し合いは不可能です。 よろしくお願いします。

  • 家の建て替えで隣家と土地のことでトラブルに

    田舎で暮らしています。 この度家の老築化により新しく建て替えることになったのですが、古い家を壊した後隣人が態度を急変させました。 隣人の訴えは、「両家の間の土地は殆どがウチのものだからハッキリさせるまで家は建てるな」というものです。 昔からずっとご近所付き合いをしてきて家を壊すまでそんなこと一言も言ってこなかったのに。 ですが、ずっと暮らしていく土地でこれ以上トラブルを起こしたくない思いで土地調査を依頼することにしたんです。 震災の影響で土地家屋調査の順番が中々回って来ず工事が何か月も押してしまいましたが先日やっと役場職員の方と土地家屋調査士の方に来てもらうことが出来ました。 結果は隣人の訴えとは全く違っていてほとんどが私の家の土地だったんです。 それでも納得しない隣人に心底辟易し、これ以上先延ばしにしたくない思いで土地はそちらで所有していただいて結構な旨を伝えると、そういう問題ではないと益々怒り出す始末。 結局今度は隣人自ら調査士を雇い再調査することに。 うちの年寄りは仮設住まいと、長年付き合ってきた隣人の豹変・イビリにすっかり疲れ果ててしまい見ていられません。 私も疲れてしまいました。 土地は譲ると言っているのだからそれでサクサクと法的に簡潔に話は勧められないものなのでしょうか。 穏便に解決したかったのですが、隣人が近隣まで巻き込み抱き込もうとしているので(ちゃんと分かってくれる人もいますが)何らかの形で対抗することにします。 隣人の目的が分かりません。 話し合いをしても言い分がコロコロ変わりただ因縁を付けたいだけのように感じます。 とにかくどうにか早く解決させたいです。 弁護士など雇うお金はありません。土地は隣家で所有してもらって構いません。くだらない因縁を無視してこちらが正しい立場でさっさと解決できる方法何かないでしょうか。

  • 土地境界上のトラブル、弁護士に依頼すべきですか?長文です

    土地の境界線上で隣家ともめています。 亡父が十数年前に隣家から土地を購入しました。 当時、購入地の一部に隣家がはみ出していることを承知の上で「早い時期(具体的期日はなし)に明け渡す」 との契約書を交わし、購入しました。 購入から数年後、この契約書に署名・捺印した本人二人は 死去していて、両家に相続がありました。 また、現在隣家は借家(現在空家)になっています。 父の死直後、測量を行ない新たに境界標も設け、『土地境界確認書』を作成しています。 これまで立ち話程度に「境界どおりにしてほしい」と伝えただけで、明け渡しを強く求めてきませんでしたが 時効取得のことを知り、また唯一道路に面する場所で今のままだと建築申請に必要な間口が確保できないため 是非明け渡してもらいたいところです。 昨年末、現在の隣家の持ち主に「協議を始めたいので意見を聞かせてほしい」と 手紙に返信用封筒を同封しましたが、期日までに返事がなかったため「訪問したい」と改めて伝えたら 「弁護士と話がまとまるまで待ってくれ」と言ってきました。 相手が初回の協議を弁護士にさせようとしているのかと思い、こちらも弁護士に依頼するべきか悩んでいます。 無料の法律相談には何度か行き「不安要素は時効取得」と聞いています。 この状況は、やはり弁護士に依頼すべきでしょうか? 私の人脈は乏しい上に、過去の質問集を見ると土地に関するトラブルが多いのに、こういった件に詳しい弁護士が少ない状態が感じられ不安です。 同様のトラブルに見舞われた方の体験談等も伺えたら助かります。 なんらかのアドバイスをどうかよろしくお願いいたします。

  • 賃貸住宅(借家)の土地の植物を貸主は勝手に刈れる?

    賃貸住宅で借家に住み8畳ぐらいの庭があります。 隣の家の境付近(こちらの土地内)には笹や雑草と合わせてランタナ、タカサゴユリ、ムシトリナデシコ、紫陽花が咲き元々自然が好きなので生やしています。 また、境から50cmぐらいに隣家の窓があり植物を使って目隠しにも使いたいです。 しかし、隣家の人が所有者の許可を得てその植物をバッサリ刈ってしまいました。 植物がなくなりこちらの庭にいることや玄関の出入りが丸見え状態です。 そこで質問ですが賃貸(借家)の場合、その土地にある植物を所有者は家を借りている側の承諾なく刈る権利は法的あるのでしょうか? 植物は樹木のように高さ3m以上とかでなく太さも2cm以下だと思います。 こちらとしては1.5mぐらいにしたいですし自然も楽しみたいです。 よろしくお願いします。

  • 駐車場で、「オレの土地に入るな!」と怒鳴られました。

    駐車場についてのご質問です。 まず、今回のご質問の対象になる土地を図にしてみました。 ▽:自駐車場 ◇:自家 ▼:隣駐車場 ■:隣家 ★◎▲☆:隣敷地 ◆:塀 【私の車の大きさ】 ○○○ ○○○ ◆■■■■■■■■■■■■◆ ◆■■■■■■■■■■■■◆ ◆▼▼▼▼▼▼☆☆☆☆☆☆◆ ◆▼▼▼▼▼▼☆☆☆☆☆☆◆ ◆◆◆◆◆◆◆☆☆☆☆☆☆◆ ◆▽▽▽▽▽▽▲▲▲▲▲▲◆ ◆▽▽▽▽▽▽▲▲▲▲▲▲◆ ◆◇◇◇◇◇◇◎◎◎◎◎◎◆ ◆◇◇◇◇◇◇◎◎◎◎◎◎◆ ◆◇◇◇◇◇◇◎◎◎◎◎◎◆ ◆◇◇◇◇◇◇■■■■★★◆ ◆◇◇◇◇◇◇■■■■★★◆ ◆◇◇◇◇◇◇■■■■★★◆ 道路道路道路道路道路道路道路道路 道路道路道路道路道路道路道路道路 私の駐車場(▽)に行くためには、 隣の敷地(★◎▲)を通らないといけません。 私は、★が車1台ギリギリ通れるくらいのスペースなので、 頭から入って、☆の方までいって、バックで駐車していました。 すると今朝、隣人に 「おい、お前!ここ(☆)はオレの土地なんだから、  ばかみたいにズカズカ入ってくるな!金取るぞ!」 と怒鳴られました。 私は利用料を払わなければいけないのでしょうか。 また隣人はよく、2台目や3台目の車を、 ◎・☆が空いているときでも、 わざわざ▲に止めたりすることがあります。 このことに対しては、私から苦情を言う権利はあるのでしょうか。 お手数かけますが、こういった事に詳しい方がいらっしゃいましたら、 どのような対処をすれば良いのか教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 土地の所有権についての質問です。

    土地の所有権についての質問です。 19年前に父が死亡し、母がある土地を相続したのですが、その土地には父方の祖母の持ち家が建っており、その父方の祖母が住んでいます。 相続時から現在までその土地を貸している状態だと思うのですが、具体的に貸している事実を証明する書類も無ければ、貸すという具体的な口約束もありませんでした。 こちらの母の意思は、父方の祖母が亡くなるまではそのまま無償で使ってもらい、亡くなられた後は土地を買い取って貰うか、有償で貸し出したいとのことなのですが、所有権の取得時効が20年という話を聞き、このままでよいのか心配になりました。 土地の所有権をとられる可能性があるのか。 父方の祖母が亡くなった時から有償賃貸にできるのか。 賃貸の契約書はなんの資格もない人間でも作成することができるのか。 以上の疑問をぜひ教えてください。よろしくお願い致します。

  • 土地付き=所有権?

    すいません、住宅購入を考えているもので、現在、土地付き一戸建ての新築建売を見回ってます。 最近では「土地付き」とかかれずに敷地権利の項目で「所有権」と書かれていることが多いのですが、所有権とはつまり土地付きの事を指すのですよね? ほかの人に聞くと、所有権というのは種類があって、土地付きかと思ってたらそうではなく、元々土地を持っていた人とトラブルになるケースがあると聞いたのですが、検索してみても所有権=土地付きとは検索できなかったのでここに書き込みました。 所有権を持って、建物、土地のそれぞれの固定資産税と都市計画税の税金を払えば、自分の土地になったってことになるんですかね? 所有権、借地権or地上権、定期借地権などについては当然違いが分かるのですが、「所有権」自体に種類があるから気をつけたほうがいいなんて言われて困っています。

  • 土地の所有権について

    個人が法人にお金を貸していて、法人がそのお金を返す代わりに法人名義の土地の所有権を個人に渡す場合、どのような手続きが必要でしょうか。 この行為は、譲渡になるのでしょうか。税金は何を支払えばよいのでしょうか。 また、司法書士に頼まないで個人が独自で申請する場合、必要な書類はどのようなものになりますか。