• 締切済み
  • すぐに回答を!

私の所有する土地を隣人が境界線を越えて侵奪行為

 隣人の私の所有する土地への侵奪行為について質問します。 祖母から母へ、母から私へ、土地家屋を相続しました。隣人は現在97歳の老人でブロック塀を三回建て直し移動させては土地侵奪罪を繰り返した揚句に境界線訴訟を起こし時効取得を言ってきました。  相手は3人の弁護士の連盟を付けています。裁判は4年目に成り現在高裁で争っています。 私の土地は4筆が一つの番地と成っていてその1筆と2筆と3筆の一部分に土地侵奪行為を行い家屋とブロック塀を建てていました。  現在、隣人は3週間前から家屋を建て直す為に建て物を解体し全面土地を更地にして家屋の新築を計画し97歳の本人(独身で子供が居ないお婆さん)と甥の連名で新築許可申請を取り付け市役所もそれを受理しています。  市の「新築許可申請」の係りの人に「私所有の土地にも家の建築部分が含まれているのに許可をしては困ります。撤回して下さい」と抗議しました。すると市の係り員は「人の土地でも借地でも市は関係ありません。申請が出れば新築許可は出します」と平然とされていました。  他人の土地に越境して侵奪罪を犯し三回のブロック塀によって侵奪行為も反省するどころか、更地にして新築家屋を建てようとしています。  境界線を越えて新築家屋を建てようとしている土地は江戸時代の「お小人方屋敷・御茶室と敷地」だった土地柄で重用文化財の「井戸と側道」とでお城からの緊急時の脱出用の「抜け穴伝説」の有名な土地柄です。周囲の住民も周知の土地柄なのに「土地侵奪隣人」は恥と思わないのか昨日はコンクリート基礎の穴掘り作業に掛っていました。  土地侵奪ブロック塀よりわずか50cmの位置で家屋建築する計画の様で侵奪土地は幅が4メートルで奥行きは11メートルの土地侵奪の違法な行為となっています。  現在法廷で上告して境界線訴訟中なのにまた新たに土地侵奪家屋の既成事実を更新しています。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1437
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4

 相手が自分の土地と思って占有したら10年で取得時効、他人の土地と知って占有 すると20年で時効です。(相手のものになるので裁判で登記を変更する。)  上記の期間を超えていなければ、勝手に占有してくるのですから、警察に刑事事件 として不法占拠を打ってればいいと思います。  土地の登記所は法務局や町内会長等で、昔の青図(手書きの図面)が残っていたら 堂々と自分の土地と宣言しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

役所は敷地確認をしないので、道路でなければどこにでも確認申請を出すことができるし、建築確認はできてしまいます(許可ではありません。建築基準法および建築基準関係規定に適合しているかどうかを確認するだけです) しかも、確認申請が通ったからといって建物が建つわけではありません。ですから、なんら問題はありません。あなたが、国会議事堂の敷地に自邸を建築する確認申請を出しても別に誰にもとめることはできないのです。もちろん、裁判中であろうが確認申請をすすめることは可能です。 そもそも、不動産侵奪が行われた、あるいは行われようとしてい場合、これは刑法ですので、役所の建築課ではなく、お巡りさんに告訴状を出しましょう。未遂も罰することができます。 第235条の2 他人の不動産を侵奪した者は、10年以下の懲役に処する。 また、不動産侵奪に先立ち、敷地境界が壊されてどこだかわからなくなると思いますので、境界損壊罪という罪に該当する可能性もあります。 刑法262条の2 境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、又はその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。 さらに、民法上の不法行為に該当する可能性もあります。民法には詳しくないので解説サイトのリンクを貼っておきますね。 http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2418/hajimeni.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

登記されている図面と実際の面積が合っているのかという話ですよね 実際に記載されている図面が正しいしとはならないんですよね、錯誤と して訂正できるわけで、時代とともに測量の技術が進化しているのです から、新しく測量して基準点との比較するわけですね、そもそも地面は 動いているのですから、昔と位置がずれていても何の不思議はないのですよ 測量してみると壁が他人の土地であったという話はよく聞きますので 測量して現状はどうなっているかという話ですよね、争うというよりも 真実を知るのが先ではありませんか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#222486
noname#222486

建築物などの建築にあたっては、設計図書に基づいてまず建築確認を申請し、確認済証の交付を受ける。確認済証の交付を受けなければ、工事に着手してはならない。建築確認の申請に地権者や周辺住民の同意は必要ない。 役所は平然とでなく、当たり前に許可を出したまでです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

この土地は、お小人方屋敷(大名行列の先頭を警備しながらほうきを持って道路をきれいに整備する役目の人々の屋敷)の頭屋敷・お茶室だった場所で中央に道路があってその「道路部分とお茶室と庭と〝石”で出来た城より脱出の抜け穴の井戸」が我家の歴史的事実です。  城内には大小22個の井戸が有ります。大きな物は直径3mで4個あり井戸イガワはどれも文化財と呼ばれるものです。  「埴輪の赤土」の岩を掘った井戸で我家の井戸はお堀の下を潜り抜けて井戸底10畳の隠れ井戸と成っています。井戸底10畳の天井には●北▲南■東の印が掘って在りどちら方面で在るか解かる様に成っています。ユーチューブに「井戸のつぶやき」で世界中で見る事が出来ます。水を抜くとお堀の向こう側の小鳥の声が聞こえて来たりします。不思議な井戸です。城の周辺の井戸も私の内の井戸の周辺といっしょで小路の脇に雰囲気の在る「石」で造られた井戸が有り当時のそのままの様を感じさせてくれます。そういう意味でも隣人による「お小人方お茶室・小路」をブロック塀で侵奪行為をされている悲しみや驚きと悔しさに、隣人の行為が理解出来ない部分を感じてしまいます。母は一昨年98歳で亡くなりました。  その「お小人方屋敷通路」であった部分が隣地住人によって侵奪され隣地住人による三回のブロック塀の 移動建築で4筆有る土地の二筆までも(元通路部分と宅地部分一部分)ブロック塀三回目に入って来ています。その間警察にも何回も通報したけれどダメでした。県官舎の北側に接しているので常時警ら中のお巡りさんが通られるのでこの事を訴えていました。が、ダメでした。母と一緒に警察に何度も行って訴えましたがダメでした。  高裁の判決が出て所有権は侵奪行為の「隣人にある」と言う文章でした。土地の権利書も登記簿もそして市役所の土地台帳にも載っていて税金もずっと払っていて書類も提出したのにも関らず。  土地の侵奪を始めた第一回目のブロック塀とその時隣人が建てかけている未登記の細長い建築家屋の柱と梁の前で人物の写った写真が有ります。それは隣人が裁判で提出して来た証拠の写真で、第一回目、第二回目の年侵奪ブロック塀、第三回目の土地侵奪ブロック塀は同じ三角の風穴の飾りなのですがその頃の三角の飾り空気穴は三角の幅の細いもので、ブロック塀の上部は平らな物で写真に写っていて現在のブロック塀との違いが判るものと成っています。第一回目昭和41年頃のブロック塀は全国で流行り、セメントをけちったせいで日本中でブロック塀が倒れる事故が発生しケガ人や死人が出て新聞やラジオで報道されて居たほどでした。  その頃のセメントブロックの技術は現代の様に強度がしっかりした規格と成っていなかったせいもあり我が家も少しずつセメントが溶けて来るので現在のものは3回目ブロック塀と成っています。  その我家のブロック塀3回目の昭和51年に建て変えたものを隣地住人は3度目の土地侵奪ブロック塀を建てる時、我家のブロック塀をまた40cm幅も削って建てているので現在もブロック塀に壊された跡がハッキリと残っています。  11m×3m53cmの元廃道敷地部分と宅地部分一部分の土地が侵奪されているのです。  もちろん手描きの図面や江戸時代の藩古絵図や昭和31年米軍が撮った航空写真なども有り、御小人方切図、住宅道路の廃道敷地部分も米軍航空写真に我家の畑だった部分と井戸部分も宅地家屋も写っています。  ブロック塀の写真や家屋の写った写真は公舎のコンクリート壁(公舎建設その当時のままの壁)に囲まれた北側の土地なので廃道敷地部分の所在は明らかです。  不動産侵奪罪を構成する形態の内容での取得時効は認められません。人の土地に3回もブロック塀を移築侵奪した行為は隣人も見ていて不信感を持たれていました。  民法186条1.に占有者は所有の意思をもって善意で平穏にかつ公然と占有をするものと推定する。       2.前後の両時点において占有をした証拠があるときは、占有はその間継続したものと推定する。  とありますが「善意で、平穏に、かつ、公然と占有をするものと推定する」と言う言葉はーーーーー??  他人の土地にこっそりと半日の内にブロック塀を密やかに積んでしまう行為は犯罪です。土地侵奪による隣地土地にブロック塀3回建て変え移築させての土地侵奪は決して「善意で、平穏に、かつ、公然と推定する」などと言えるものでは無い事は人であれば小さい子供でも判る事です。  母は生前いつも言っていました。「罰があたるわね」小学校の教師をして父が亡くなった後、4人の子供を育てる為に必死で仕事をして育ててくれました。1日学校で立ちづくめの母は疲れ切って帰って来てから夕食を作ってくれていました。戦後間もない洗濯機など無い時代でした。  どうしてそんな家族に対して隣地の人は「他人の土地侵奪行為」が出来たのでしょうか。母の悔しさや祖母の悲しみを思うと、母の疲れ切った額にしわを寄せた苦悩の表情が月明かりに照らされていて寝つかれなかった事を思い出します。侵奪行為の隣人もその頃同じ学校の教師をしていました。  今思うとあの頃は・・・。母の苦悩は計り知れないものだったと思います。母のお墓に手を合わせるしかもう何もしてあげる事は出来ないのですから。  最高裁に上告しました。これは私の人生の仕事で記録です。

関連するQ&A

  • 土地境界線を越えて建物を建てられた場合

    実家の話になります。 実家のの隣人(おばあさん)が20年以上前に、大きな倉庫を作りました。 その後、 「あんたらは土地境界線を越えている!  ここから越えるな!」 と言って、倉庫と私たちの家の間にブロック塀をに建てました。 当時の家主だった祖父と父は、毅然と反対していたそうです。 その後も数十年、あんたたちは境界線をこえてる! 賠償するなりなんなりしろ! なんなら役所に頼んで測量してもらってもいいんだぞ! などと顔をあわせば怒鳴ってきたり、 様々な嫌がらせを受けてきました。 しかし、それでも隣人は納得せず、 数年前、測量をしてもらったのです。(依頼したのは隣人) その結果、境界線をおかされているのは私たちで、 隣人の作った倉庫の半分ぐらいまでが私たちの土地でした。 その後、隣人は少し静かになったものの、相変わらず嫌がらせをしていました。 (最近は年齢のためかほとんどなにもありません) 本題の質問なのですが、 今隣人が境界線を越えている部分の土地は取り返すことができるのでしょうか。 もう既に倉庫やブロック塀が立っているから無理なのでしょうか。 上記の場合、もし隣家が取り壊しなどをして更地になった場合、 そういった時はとり戻りができるのでしょうか。

  • 土地の境界線問題で悩んでます。

    土地の境界線問題で悩んでます。 以前隣人が当方が思う境界線より外側に塀を作ったため揉めていたのですが、 隣人が3年ほど前に引っ越し、 最近になり土地の売却に伴い測量するので境界線の確定を申し出てきました。 どうなっているのか確認のため地積測量図で調べてみたら登記されておらず、 実地でも特に印はありません。 ただ公図を測ってみると塀の造られている部分はどうも筆界を越えておりましたが、 塀は造られて20年以上経っているため、 おそらく時効取得になると思っております。 現状では隣人は立ち会いは民民での境界線確認を求めてきており、 当方としては後でまた揉めると困るので、 官民での境界線確認をお願いしようと思っておるところです。 ここで質問なのですが、 ・隣人宅は二方が密接した家屋に囲まれており、そういった場合でも土地家屋調査士は筆界と一致する調査は可能なのでしょうか? ・官民の場合の依頼の場合は土地家屋調査士に測量する費用を当方が負担しなければならないのでしょうか? (ちなみに当方は自分の土地を測量する気はないです) ・もしその塀の部分が時効取得されていた場合は先方に登記のやり直しを依頼できるのでしょうか? ちなみに隣人は税理士なので法知識には長けていそうで大変困っております…。 以上三点ですが、足りないところがあれば後で加えます。 宜しくお願い致します。 ・ 私としては第三者

  • 境界線について

    隣地の方より、「境界線の内側にブロック塀を建てることになりました、明後日より業者が入り、工事の上であなた様の土地の一部を掘ることになりますのでご了解願います。不都合・ご質問があれば連絡下さい」と手紙を頂きました。  私の意見は、境界線上ではなく相手の土地側に塀を作るならいいんじゃない・・揉めたくないし・・・と思ったのですが、主人の意見は、いくら自分の土地の中に塀を作るとは言え、人の土地を掘るって変ではないか?しかも明後日って?こんな平日に言われて何の反論も出来ないじゃないか?ブロック塀の土台が、うちの土地の中に埋められるのではないか?と怒り気味。 私どもの土地は更地で今後4年は建築の予定もなく更地で、隣地の家は新築され居住されています。  塀をたてる際は、私どもの土地も掘らないと出来ないものなのでしょうか?知識がないので是非、お知恵を頂きたいです

  • 隣人が三回ブロック塀を作り直して土地侵奪している

    隣人が三回ブロック塀を作り直して土地の侵奪行為をしている。警察に訴えても警察は何もしてくれなかった。隣人は2年前に土地の境界確定訴訟を起こし時効取得を提起して来ました。 ブロック塀を作り直してその度に土地の侵奪行為を繰り返して「それで!!」と言って侵奪行為をやめなかったのです。 その事を警察に訴えても警察は何もしてくれなかった。調べてもくれませんでした。 そして二年前に土地の境界確定訴訟を起こして昨日時効取得を提起して来たのです。 ブロック塀工事の期間は何処かに行ってしまって居なかったのです。そしてブロック塀を撤去する様に言っても「それで!」と居直っていました。警察に訴えても警察は何もしてくれなかったのです。警察は見て見ぬフリーをしたのです。 私は上告をしました。 昨日裁判官に「ブロック塀を造ってそれを他人が見て平穏無事なので時効が成立する」と言われいつも「ブロック塀を取るように言ってきた、いつもその事で言い争っていたと言ったのだけれど、平穏に所有して居る」と言われ、他人が見ても平穏に所有して居る推定できる」と言われた。そして「弁護士に聞きなさい。弁護士に相談しなさい。怒るばかりだった。

  • -土地の境界線について-

    新築する予定なんですが、隣人の土地境界線の優劣で困ってます。 問題点 (1)自宅の土地登記簿が30年以上前の記録。 (2)上記と最近の計測値では誤差が発生(自宅に相手側の土地が占有する) 参考:境界線の誤差は数十センチ程度。 -質問- 現状、現場での境界線は(1)の状態であり、新築時に(1)または(2)が有効になるのか法規上では どちらが優位になるんでしょうか? またこのような問題は短期での解決が可能でしょうか?

  • 境界線上のブロック塀

    私が現在の土地、家屋を購入し、転入してから36年経ちます。その時既に隣人との境界線上にはブロック塀が建っておりました。そのブロック塀の老朽化の伴い隣人に改修、建て直しのご提案をした所、 隣人曰く、ブロック塀は私の転居前の前居住者が建てた物である。また、境界線上に建てる為ブロック塀の厚み分が隣人の敷地内に入ることから、使用貸借契約をして建造を許可した。よって、ブロック塀の所有者は私であり、工事に関わる費用は私が負担して下さい。と言われ、工事内容についても、貸主として注文されています。 しかし、私が転居したとき隣人及び前居住者から使用貸借についての説明は全くありませんでした。もちろん、隣人から使用貸借契約を継続するかどうかの確認もありませんでした。 質問1 使用貸借契約は前居住者と隣人の間での契約であり、第三者の私が転居してきた時点で無効にならないのでしょうか? 質問2 私としては民法229条により、境界線上のブロック塀は共有物であると思い36年間占有してきました。隣人は私の所有物だとの認識で占有してきたと言っております。ただし、使用貸借が36年前に無効となっていて、民法162条取得時効及び民法186条時効の推定からするとブロック塀の半分は隣人が時効取得しており、この塀は共有物である。とならないのでしょうか? 質問3 ブロック塀が共有物であるとなったら、工事費は折半になると思いますが、隣人が拒否し続けたら工事できないままで、塀が倒壊するのを待つだけしか出来ないのでしょうか?

  • 土地の境界線を決める時の費用の負担等

    隣人が新築のためにこちらの家との間の塀の位置を確定するために境界線を 明確にしたいと言って来たため、土地家屋調査士を入れて調査をすることになりそうです。 現在、隣人の建てた塀がありますが、それを壊して新しい塀を建てる際に、それを 私たちの家のほうに5センチほどずらして建てたいと言ってきたのですが、根拠がない話なので 断りました。 先方では、調査をすると自分の土地が広がると思い込んでいるようです。 土地家屋調査士を入れて境界線を確定するには、その2軒だけではなく、周辺のその他の家も 巻き込んで大変な作業なことになることもあると聞きました。また、場合によると、私たちの 土地の測量も必要になる、等の話を聞くと、費用も相当掛かるものと想像しています。 私たちは今まで50年以上も現在の塀で特に問題もなく過ごしてきて、これからも静かに暮らして 行きたいだけなので、そのような話を聞けば聞くほど、大変なことに巻き込まれたという 思いがあります。 そこで、境界線を決めたいのであれば立ち合い等の協力はするが、費用の負担は勘弁して 欲しいと考えるのですが、これは身勝手な考えでしょうか?通常境界線の画定のための費用 分担をどのように行うかがよく分からないため、ご教示ください。 また、仮に本当に先方が言うとおり境界線が私たちの家のほうに数センチ寄った方にあった ことが調査の結果としてわかった後で、時効取得であると主張をすることは可能でしょうか? また、土地家屋調査士を選定する際のアドバイスがあればお願いします。 土地家屋調査士は公正な調査をする、とされていますが、先方側に任せてしまうこともなんだか 不安もあります。

  • 境界線問題について教えてください

    こんにちは、土地境界について教えてください。 現在、土地の境界線で市ともめています。 境界線の状況:当方の土地は市の土地と面しており、その境界面はブロック塀で、ブロックは当方の土地にあります。 現状:ブロック塀の下の方に直径30センチくらいの切り株があるため、その部分はブロックがない状態で、その切り株は市側(木の根は当方側にあります。)このブロックがない所から、市側に土が流出して当方の土地が陥没してしまってます。 当方としては、市側の土地の切り株が原因なので 木の除去作業は市にお願いできないかと考えています。 市側に問い合わせたところ、市側にある切り株はある程度除去できるが、完全には除去はできない。境界に面するブロック塀は市としてはさわれないとのことでした。 この様な場合どのように話をすすめるのがベストなのでしょうか? 土地を購入した不動産会社にいえることなのでしょうか? ご存知のかたいらっしゃいましたら、おしえていただけないでしょうか? 土地を購入して3年目で、木は古くからある様で 市側が植えたものか、この土地の以前の所有者が植えたものかは不明です。 ご返答 よろしくお願いいたします。

  • 隣人との境界線

    隣人との境界線トラブルについて教えてください。 何年か前の国土調査で、市役所が測量を誤り、私の土地が実際よりも狭く登記されてしまいました。 市役所に確認したところ、間違いを認め、測り直しを行うと言われたのですが、隣人がその訂正を認めず立会いに応じません。 (前回(間違えたとき)の立会いは、所有者である私本人でなく、家族が立ち会ったらしいのですが、既に他界しており、当時の状況がわかる者がおりません) この場合、測量を誤った市に任せておけば正しく訂正してもらえるのでしょうか? それともこちらから何らかの法的措置を取らなければ訂正はできないのでしょうか? また、その場合、具体的にはどのような資格のある人に依頼するべきなのでしょうか? どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。 よろしくお願いします。

  • 隣家との境界線上のブロック塀について

    昨年、築10年の中古住宅を購入しました。隣家は築30年ほどの古家があり、引っ越ししてきたときには、不動産に売却したばかりで無人でした。1ヶ月もしないうちに、家が売れたので更地にして新築が建つと、隣家の不動産の人があいさつにきました。 更地になったときに、ブロック塀も壊さないのかと聞いたら、買主さんとの共有なので、新築が建った後の話だと言われました。 家が建ち、買主さんが引っ越してきてすぐにブロック塀のことをいうと、「頭になかった」と言われました。不動産からは聞いたらしいですが、費用がないということでした。 1ブロック20センチを6段つんだ1メートル20センチ高さのブロック塀が境界線上にたっていて、30年たっているので、老朽化が心配だし、せめて2段残るように切るのはどうかと提案しました。 隣家の方は、裏庭にあたりガーデニングにしたい庭なので、ブロック塀はこのままにしたいと思っていたようですが、話は聞いてくれて、人の目が気になるということで3段残して、60cmのフェンスをつけたいと言ってきました。ちなみに裏庭は道路に面しているので、道路側は業者さんと契約して、木や塀を作って目隠しを作る予定です。なので、ブロック塀も目隠しにちょうどよかったようですが、我が家が老朽化を理由に切りたいと申し出ました。 それで、うちは2段がよいのと、フェンスに対して考えたいというと、隣人は「更地にした土地を買うと不動産に言って更地を買ったので、ブロック塀は関係ない。人の目が気になるので、このままの高さでも構わないと思っている」と言ってきました。 ブロック塀ですが、近所の人によると、以前はもっと高かったけど途中で切られているとのことで、さびた鉄筋が1本飛び出ています。境界線もブロック塀の前に印がついていて、家を買う時に不動産から境界線の説明は受けました。 なので、お互いの敷地の真上にブロック塀があるので、ブロック塀はお互いの所有物だと思います。 まとめますと、隣人は費用の関係で、現状維持が良いけど、いじるのなら3段に切って60センチフェンスで目隠しをしたい。(リビングの窓になっているので、外が気になるようです。外からはカーテンで中が見えません) 我が家としては、30年たったブロック塀を全て撤去して、自分の敷地に好みの塀を作りたいけど、費用を考えて2段まで低くしたい。 今後、地震などでブロックが倒れた時にうちは玄関のそばなので、移動の影響が大きい。隣人は裏庭にあたる。 うちは人目は気にならない方なので、フェンスは特に必要はないが、2段の上にフェンスをつけるということなら折半で出すつもり。目隠し目的のフェンスといっても、高すぎるのは圧迫感があるし、玄関のドアまでに数段の階段があるので、2メートル以上でないと目隠しにはならないと思う。 加えて、どうしてもブロックに費用を使えないというのなら、将来ブロックが壊れて我が家や家族が損傷などした場合、賠償するという書面を書いてもらおうかという話も出ています。(隣人にはまだ言っていません) 我が家としましては譲歩するところはしているつもりですが、隣人の言う「更地を買ったからうちには関係ない」という言葉がひっかかりますが、隣人ではなく、隣人の仲介不動産か、前の隣人に説明を求めた方がよいでしょうか。 ブロック塀を低く切ってもらうというのは、共有部分ではできないのでしょうか。 お互いに引っ越してきたばかりでわからないことばかりですが、穏便には進めたいと思っています。 宜しくお願いします。