• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

先祖供養について

 お盆も終わりましたが、私はお盆にご先祖様のお墓参りをするということが、田舎から出てきて以来ありません。 幸いにも私の両親が健在ということもありますが。    主人の両親が亡くなったときや、法事の時にはお参りしますが、それ以外でお参りしたという記憶がなくて。 今考えてみるとご先祖様に申し訳ない気持です。  そんな私の影響で子供たちも お墓が近くにないということもあるのですが、仏様にお参りするという機会がなかなかないままに生活して来ました。   子供たちはそれぞれ結婚し子供ができこれもご先祖様に守って頂けたからと思っていますが、 娘の婿の父方は全く身寄りもなく、勿論も先祖がわからず、全く供養もされていなくて 離婚の話しになった際、娘があるところでみてもらったら  婿の先祖がどくろを巻いて関わりのあるものを引き込もうとしているので、子供たちの籍も名字も娘の実家のほうに変えた方がいいと言われました。これは一箇所では信じられないので他のお寺にも相談に行ったら同じようなことを言われました。  確かに婿は膝下骨折の事故以来、一日中寝て、暴言はき 口先では自分が正しいと言うような自己中心的な人です。 子供に小さいときから自分の意見を半強制的に言い聞かせ、今、男の子は洗脳されたようになって、母親に反抗、妹や母親に暴力をふるっています。婿は別れても子供の籍は抜かないと言っているようです。  子供のためには父親が必要と娘も長い間我慢して来ましたが、限界。 私もできることなら夫婦そろって円満な家庭を築いて欲しいと思っていましたが、   今では離婚に賛成ですが、このような婿の先祖の災いを受ける、、、、という 怖い気持のままでいるのが重たすぎます。実際、このようなことが本当にあるものなのでしょうか?  私もこの歳になって ご先祖供養の大切さを改めて認識できたような恥ずかしい状態ですが、ご先祖様は守っていただけても災いを与えるようなことはされないと思うのですが。 どなたか、無知な私にアドバイスいただけるとありがたいです。

noname#198372
noname#198372

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数352
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#224207
noname#224207

>このような婿の先祖の災いを受ける、、、、という 怖い気持のままでいるのが重たすぎます。実際、このようなことが本当にあるものなのでしょうか? 全くありません。 お釈迦様であれ弘法大師であれ日蓮も親鸞も道元もこんなバカなことは一言も言っていません。 良心的なお寺のご住職の場合には、幽霊もいないと言われます。 単なる娑婆の人間の気の迷いだと言います。 どこの寺の坊主か分かりませんが祈祷料とお布施狙いの戯言です。 最近は、檀家が減って寺の経営が苦しいのでこのような坊主が横行しています。 >婿の先祖がどくろを巻いて関わりくのあるものを引き込もうとしているので 他人を苦しめるような輩を閻魔さまが見逃すはずはありません。 野盗やヤクザ者のようにとぐろをまいているのを見逃すはずがありません とうの昔に地獄へ落としています。 亡者が地獄を勝手に抜け出してとぐろが巻けるほど地獄の鬼は迂闊ではありません。 閻魔さまの目もお地蔵様の目も節穴だと考えているのか、とわけのわからないことを言った坊主に聞いてみて下さい。 亡者がいるというのなら相手かまわず救うのが坊主の役目ではないのか? お前は何をやっているのか、子孫がやって済むのならお前は何のためにいるのか?と重ねて聞いてみて下さい。 菅原道真公の怨霊が天神様になったというのであれば、お前は神主か、神主がお経を上げるのかとも聞いてみて下さい。 霊感があるなどというのなら、こちらが立ち合いのもとで、お寺の阿弥陀様の前でもう一度同じ話をして阿弥陀様の返事を聞かせてくれ、と言ってください。 亡くなられ人が集まってとぐろをまくような場所は三千諸仏のおられる世界のどこにもありません。 阿弥陀様は一切の衆生の救済を約束されておられます。 宗派だのお経だの念仏だのと選り好みはされません。 選り好みをするような輩が如来になれるほどお釈迦様は甘くはありません。 そもそも現在目にされるお墓も明治以降に考え出されたものです。 お墓に立派な石塔を建てるのは詣で墓と呼ばれるもので、ご遺体が埋められいる訳ではありませんでした。 ご遺体を埋めた場所には木製の目印を立てる程度でした。 やがて消えてなくなります。 栄耀栄華を極めた藤原道長も父親の埋葬地を探したが見つからなかったと書き残しています。 一方で壮大な寺院を沢山建てました。 京都の古いお寺の境内に五輪塔などの石塔はあっても墓地がないのはこの為です。 現在の墓地は明治以降に造られたものです。 仏教発祥の地のインドには今でもお墓と呼ばれるものはありません。 火葬した遺骨をガンジス川に流してオシマイです 江戸時代には街がドンドン大きくなりましたので、お寺は都度引っ越していました。 この際に詣で墓である石塔だけ持っていきました。 後は整地して長屋の熊さんや八つぁんが住んでいました。 現在ビルの工事現場では当時の遺骨が出てくるのは珍しくもなんともありません。 >ご先祖供養の大切さを改めて認識できたような恥ずかしい状態ですが、ご先祖様は守っていただけても災いを与えるようなことはされないと思うのですが。 ご先祖をお祀りして供養するのは、怨霊や遺恨を鎮めるためのものではありません。 そもそもが成仏していますから必要がないものです。 百歩譲っても、日本では死ねば仏になると考えて生前の行状は一切とわない習慣があります。 仏様が子孫を苦しめるなどという論拠はどこにもありません。 金目当ての祈祷師や似非坊主が言いふらして歩いているだけです。 故人を悼み大切にするのは、現在生きている人の為にやられます。 故人に一目でも会いたいという気持ちを救うために恐山のイタコのような人がいます。 あくまでも現在生きている人を納得させて心に平安をもたらすことが目的です。 死んだらオワリでは、何の為に苦労して生きてきたのか訳が分からなくなりってしまいますので、亡くなられた方のことも大切にするのが仏事であり祭事です。 ご自分が生きていること、これから生きていくために欠くことができない考え方です。 このような考え方が必要ですから有史以来続けられてきています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

きっぱりと的確に教えて頂きたいところを 分かりやすく教えた下さり ありがとうございました。 先祖がどくろを巻いて、、と聞いたときには なんと恐ろしいことと思いましたが、気持がとても楽になりました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • qwe2010
  • ベストアンサー率19% (1850/9422)

親から見れば、子供、孫、ひい孫は、とても愛くるしく、大事な存在です。 幸せに生きて欲しいと思っているのです。 子供が、親を虐待することは、多いですが、逆は少ないです。 先祖は、自分の子孫を守ることがあっても、罪を与えることは絶対にしません。 お寺、占い師は、自分の利益のために、お墓の参れと言ったり、たたりがあると言っているのです。 本来、人が死ねば、自然に帰り、無になるとされています。 たたりとかがあることはありません。 他人に害をすれば、憾まれることがあるでしょうが。 祖先からは、絶対にありませんので、安心してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても分かりやすく教えて下さりありがとうございます。 ご先祖さまが守ってくれることはあっても 罪を与えることはない。 この言葉に救われました。

  • 回答No.1
  • 108109
  • ベストアンサー率31% (117/368)

人生、塞翁が馬なので、良いことも悪いことも起きて当然です。 先祖供養をすることで、ご自身の心が落ち着くようでしたら、やって悪いことではないので、 なさったらいいと思いますが「先祖が災いをもたらしている」とは、私は全く思いません。 お寺さんの占い(実母が割合こういう事を気にする方でした)は、私も受けたことがありますが、 現実はお寺さんの予言?とは全く違う結果になりました。 父母はお墓参りやお墓の清掃など、きちんとする人でした(悪いことではないので止めませんでした)。 しかし父が悪性腫瘍に罹ってしまい、実家にすっとんで行った私に、母は 「先回のお墓参りの時、お父さんは他家のお墓を跨ぐようにして通って自家の墓に行った。 すぐに跨いだお墓に行って謝罪しようと思う。運転してくれない?(母は免許なし)」と言ったので、 さすがに私は「お墓より病院と静養でしょ!体力が落ちている人を無意味な事で連れ廻したくない」と 言い返してしまいました(癌のステージIVだった父は、その後病院で亡くなりました)。 父も、母が迷信深いため、いろいろ母の気を落ち着かせるために、付き合ってはいたようですが、 占い・霊などは、全く信じない人でした(お墓のお守りは家長の勤めとして欠かしませんでしたが)。 ご先祖供養は「無理のない範囲で、自分の心を落ち着かせるため」になさったらいかがでしょうか? お墓にお参りせずとも、心の中で故人を思いだし、懐かしむだけで先祖供養になると私は思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても分かりやすく教えて下さり ありがとうございました。 性格的にとても気にしやすいほうで、娘も同じくで、このようなことを言われると 思い当たる節があればなおさら 信じてしまいます。 先祖供養のことも 気持が大切といつも思っていましたので救われました。

関連するQ&A

  • 先祖供養について

    自分のご先祖様の供養をしたいのですが以下の問題がある為判りません。解決策を教えて下さい。 1.両親とも先祖について全くしらない 2.両親の祖父母は高齢の為に聞くことが出来ず。 3.親戚も全く知らない。 4.私の両親は離婚しており私は父親の名前を名乗っているが成人するまで親権は母親だった為に母方の先祖と父方の先祖とどちらの供養をしたら良いか不明 5.父親も幼少期に再婚をしている為、現在名乗っている苗字とは本当の血縁関係ではない為に旧姓の本当の血筋の先祖の供養をするべきでしょうか? かなりごたごたしていて申し訳有りません・・・・・・。 以上の問題があるのですがどうやったらご先祖様の供養ができるのでしょうか?

  • ご先祖供養について

    ご先祖供養について質問いたします。 父の両親のお墓ですが、長い間管理料未払いだったため、お墓が無くなってしまっていたそうです。そこで位牌に魂入れをしてもらい、お墓は無い状態ですが、実家のお仏壇に位牌をおさめています。(経済状況により、新しいお墓を作ることは困難だそうです) もうお墓はありませんが、そもそものお寺にお参りすることはご先祖供養にはならないでしょうか? 尚、そのお寺は移転により、お墓があった場所は現在は高速道路になってしまっております。 複雑な質問で恐縮ですが、お詳しい方がいらっしゃいましたらご助言いただきたく、何卒よろしくお願いいたします。

  • 先祖供養

    私の友人(以下、Aとします)の話です。 Aの家族は、両親と兄が2人います。 10年前に父親が鬱になり、5年ほど闘病していたそうですが、定年退職を迎えてからは症状が和らいだそうです。 しかし同じ頃、上の兄が鬱になったそうです。 それを苦にした母親が、信仰宗教にハマッてしまい、マインドコントロールで多額の借金を作ったそうです。 そして最近Aも鬱状態になってしまい、症状はそれほどひどくないものの、家族がちょっとワケありなので、ひとりで占い師の元へいきました。 そこでAは、「先祖供養が必要だ。供養してほしい先祖が家族に訴えているから鬱になる。」といわれたそうです。 そしてその占い師に紹介された霊能者から、 「先祖が早く供養してほしいといっているから、すぐにでもやらなければならない。今すぐ100万円用意して。」 といわれました。 Aは、騙されてるような気がするんですが、先祖供養ってそんなにお金がいるもんなのでしょうか。

  • 先祖供養について教えてください!

    ちょっと複雑なお話になりますが、、  元々Aという家があり、そこに夫婦と2人の子供がいました。私からみた曾祖母がその夫婦の妻ですが、ほどなく離婚し、曾祖父に引き取られた、女の子と男の子2人の子供がいます。その女の子が私の祖母にあたりますが、祖母のみ幼い頃Bという家に養女にもらわれました。 そこから母が生まれたりと月日が流れ私が生まれました。またBという姓で母がお墓を数年前にたてました。やはり私の先祖供養はBという事になるのでしょうか?(母は離婚しており私も母も今はBの姓を名乗っています。)もしくは離婚した先の本当の父の先祖が私の先祖になるのでしょうか? 変な質問ですいません。おわかりの方がいらっしゃれば教えてください!

  • 先祖供養方法について

    先祖供養についてなのですが、お墓参りをしたことがありません。 子供の頃には両親に連れられて行ったことはあるのですが、大人になってからは一度もありません。 両親とは事情があり連絡を取ることが出来ず、お墓の場所が分からない為行くに行けないのです。 このような場合お墓参りに行かないで先祖供養できる方法がありますでしょうか?手解きお願い致します。

  • 先祖供養にのめり込む人

    中川 聖山 という人をご存じの方いらっしゃいますか? お墓の本を出したりしている人です。 親はその人の勉強会に熱心に行っています。家系図を調べては鑑定してもらったり、どんな因縁があるのかを教えてもらったり、それをよくするために、墓を直したり仏壇をまつったり、熱心に手を合わせたりしています。しかし、先祖供養をしない家族(子供たちは全員親の『先祖は崇拝』、子供たちには平気で手をあげたり怒鳴ったりする態度にうんざりしていました。)に対してはとても否定的な態度をとっています。 自分の傲慢な性格ゆえに子供たちがみな家を去り、跡取りがいなくなると、子供たちや結婚相手、その親たちのことを目の敵にし、一方ではさらに先祖供養にのめり込んでいるようです。私たちの子供のことも、例の先生にみてもらっているようで、次男の家に男の子が生まれるのはよくないとか先でグレたり早死にする可能性があるなどと言われたそうで、それを平然と言ってきたのです。しかも臨月で不安も一杯あるときにです。墓をきちんと建てて仏壇もおいて先祖供養をしなさいと言いたかったんだと思いますが、こういうのどう思いますか?きっと良からぬことを先生様に言われて、これは何とかしないとと思ったんだと思いますが、因縁やらに翻弄されているとおもいませんか? 自分達が学んだ供養をしなければ子や孫にも悪い影響があると思っているらしく、家を出ていった子供たちはみんなおろかでろくな人生にならず、そのような人間に育てられた子供はろくな人間にならないと怒鳴られたこともあります。 先祖供養ってこういうものでしょうか。 何か間違っているような気がします。 私たち子供は皆結婚して孫も10人近くいるというのに親の住んでいる実家には今や誰も近づこうとしません。孫の顔見せれば変わってくれるかなと思って行っても、否定的な見方しかしてくれませんし、そのうち子供にまでなにか良からぬことを言いそうで怖いですからもう行く気にもなれません。 先祖供養は人を敵に回してでもするものなのでしょうか、本人たちはこれでいいと豪語していますが、明らかに孤独になっています。本当の供養とはなんなのかわからなくなりました。

  • 遠方からの先祖供養について(長文)

    家族にあまりにも不運が続き、先祖供養が必要なのではないかと考えています。父方先祖の墓はとても遠くしかも不便な為、長年失礼しています。母方の墓は便利な場所にある為、両親はそちらばかりお参りしています。父は長男、私の兄も唯一の代次である為、母方ばかり大切にしては、父方の先祖に失礼なのではないか、と常々思っておりました。現在は両親とも体調不良により父の先祖を参ることは益々出来ない状況となり、家族も看病の為時間が取れません。かといって近場に未だ墓も仏壇もなく、このような状況で、遠方から先祖を供養する方法、もしくは、何か明るく開けるアイデアがありましたらどなたか教えて下さい!お願いします。

  • 先祖供養について・・・どの程度必要でしょうか?

     こんにちは。 最近、弟が再婚した相手のお父さんがなくなり、お寺へ行く機会があった時に、「眼鏡をかけた男性が憑いています。このままだと人生の事有るごとに失敗を繰り返すから先祖供養をきちんとしてください」と言われたそうです。(しかし、それが弟の先祖かどうかわからなかったらしいのですが・・・。)  私の実家は、祖父母の家庭環境が複雑で義兄弟なども多かった為、祖父母以外の親戚関係はほどんど知らされていません。  その上、祖母(祖父は養子に来ていた)が再婚だった事もあり、本家は九州に住んでいる子供(父の義兄弟)の親戚が代々引き続き供養しているそうです。  なので、実質的に判る範囲の先祖は、祖父母と父(他界)だけなので、その3人の供養しかしていません。弟に憑いてるという男性にも心当たりがないのですが・・・お寺の方ってそういう事おっしゃるものなんでしょうか?(現時点では怪我・病気などの問題はありません)  こういった場合、浄土真宗(西本願寺派)では、どんな供養が必要でしょうか? ○母は、離婚しているので、父の親戚とは付き合いが全くありません。 ○祖父母・父は、京都の西本願寺にて永代供養をしているのでお墓はありません。(母も、永代供養を希望しているので墓を建てる予定は、ありません) ○2~3ヶ月に一度、家族で西本願寺へお参りしています。 ○日頃は、般若心経を唱えたりしていますが、母が離婚していた後で父が亡くなっているので、仏壇などが無い為、それ以上はしていません。 ○弟がお墓を建てた場合、次長男となると離婚した前の嫁の息子になるのですが、どういう風にお墓をつないでいくのでしょうか?  アドバイス下さいませんか?どうすればいいのかわかりません?

  • 先祖供養

    相談させて頂きます。 私の母は、2度結婚し私は、1度目の父の子供です。 その後、再婚し養子縁組で私の苗字は、石川→本間に変わりました。 その後、母は離婚して、母と私の苗字が違います。 母は、福島で私は、本間のままです。 母も複雑で祖母が結婚2回して1度目の旦那の子供です。 祖母は2回目の結婚で吉田と言う名前になり母と祖母も苗字が違います。 血の繋がりがないのですが、祖父(他界)には可愛がってもらったので 吉田家のお墓参りは必ずしてます。 母と私も苗字が違うし、母は父に会った事がないので福島家のお墓がどこにあるのか知らないと言います。 祖母も福島家のお墓は、行った事ないから知らないそうです。 私が名乗っている本間のお墓もどこにあるのかわかりません。 母も行った事がないので知らないし、今は、付き合いがありません。 血の繋がりがない人の苗字を名乗ってる私は、吉田家のお墓以外に 本間家の先祖供養しないといけないのでしょうか? お墓の場所がわからない場合は、どうすれば良いのでしょうか?

  • お墓と先祖供養と引き継ぎ

    お墓のことをそろそろ気にしなくてはなりません。 自分は長男、嫁は長女です 我が家の子供は長男と長女の2人 自分たちの兄弟は 自分の方は 嫁いだ姉一人 両親は健在です うちの嫁は3姉妹で皆結婚しています。 全員 旦那は長男へ嫁いでいます 子供は次女のところに女一人男一人 3女のところに男2人です そして問題は嫁の実家が本家の墓持ちで跡取りがいないということです。 今義父は亡くなり義母一人で暮らしています。 亡くなった義父には兄弟がいます 次男と4男と6男です、他にもいるようですが所在がわかりません。 幸いに次男と4男は近くにおります。 墓は義父が亡くなったとき義母が新しく立て直しました。 兄弟たちは本家にすべてお任せです。 嫁の実家の墓には祖父母・父と父親の兄弟で5男のお骨が納められています 我が家にも仏壇・墓があり父親と母親がすべてを自分に任せて療養の身ですので すでに我が家の墓の供養をしております。 この正月、義母が将来亡くなることがあれば義父と義母の供養を心配していまして 義父と義母は我々が供養すると話をしていたのですが それ以前のご先祖さんまで面倒を見ようと思っていませんという話もしてきました。 そこで嫁の叔父に義父の家(先祖)の墓と供養を嫁の叔父で 一番話のわかる人に相談しようと思ってますが 義母がいうには、「そこまで自分たちの先祖供養ができるような人たちでは無い」と言います (当然叔父にも嫁子供がいます叔父の嫁の親の位牌もあります) 義母にははっきりと義母の家の先祖を供養はしんませんと言いましたが 正直どうしたら一番良いのか悩んでおります 自分の母親の実家も跡取りがいなかったため、叔母たちが相談して永代供養という 方法をとったのですが 嫁の家の場合無くなった父親に男の兄弟がいるということです。 できれば、代々の供養は亡くなった父親の兄弟たちが引き受けてくれるのが筋だと 思っているのですが、どんなもんでしょうか? ちなみに嫁の家は神様の宗教自分の家は仏教です。 一緒に守っていくにはちょっと無理があるような気がします。