• 締切済み
  • すぐに回答を!

隣の建築中のRC壁について

当方の土地の用途地域は第一種低層住居で建蔽率50%、壁面後退1mのエリアです。このたび西側隣地で住宅の建築が始まり、それも私の土地は月極駐車場にて挨拶は着手する工務店の電話で、宜しく家族に伝えただけでいつから始まりどんな建物が建つか全く知らないまま、現在、RC造の建物で有ろうと思われる状況です。ここで皆様に教えて頂きたいのですが、建物から袖壁として連続して高さ3mで長さが15メートル弱のRC打ちっ放しの壁だけを境界線から40cmしか空けずに作ろうとしております。 こちらから設計事務所に問い合わせたところ、建物の外壁扱いではないので壁面後退は関係ないから問題ないといいきります。当然事前の説明も同意を得る行為も全くありませんでした。 廻りは皆。壁面後退を遵守して境界のフェンスや塀も低く風通しよく緑化してるのですが地区協定はありません。だからといって基準法上外壁ではないので壁面後退は関係ないからと民法境界をも無視して建てようとしております。北側の土地の方は2メートル低い土地でなおさら日当たりや風通しが遮られると困って見えました。私共もすごく圧迫感を感じます。市役所の建築課に聞いても明確な違反ではないし、民間の確認機関で下ろしているからそこの判断とかと逃げ回ってるだけです。 せめて高さを2メートル以下として民法境界での有郊50cm確保した物に設計変更してもらいたいのですが無茶な要望でしょうか?皆様のご意見、アドバイスをお願いできないでしょうか?よろしくお願い申し上げます。 最後になりましたが発注されたご家族には何もありません。設計士の言われたとおりでお気に召されての建築ですから~許せないのは設計士だと思っております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数532
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4

質問者さんが述べられている民法の法的根拠はこれですよね。 民法第234条:境界線付近の建築制。 建物ヲ築造スルニハ疆界線ヨリ五十センチメートル以上ノ距離ヲ存スルコトヲ要ス。 一方建築基準法には下記のような法律もあります。 建築基準法 第65条   防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。 つまり境界からの離れが0でも良って事です。 この問題は実際裁判もおこなわれ判決も出ております。 http://www.retio.or.jp/case_search/pdf/retio/14-029.pdf ただ今回の場合は住宅地でもあり、法律の制度趣旨から言っても建物と何ら変わらないような工作物を作る行為は如何なものかと思います。 都市計画法9条1 第一種低層住居専用地域は、低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域とする。 どちらにしても法律的にはなかなか難しいものが有るとは思いますが 民法には下記のような条文も有りますので。参考にしてください。 (囲障の設置) 第225条 二棟の建物がその所有者を異にし、かつ、その間に空地があるときは、各所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲障を設けることができる。 当事者間に協議が調わないときは、前項の囲障は、板塀又は竹垣その他これらに類する材料のものであって、かつ、高さ二メートルのものでなければならない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございました。私として民法的にどうかという部分があって、こうしてアドバイス頂き大変参考になりました。 後は、第1種低層住居専用地域は準防火も防火も指定はありませんのでどう解釈するかですね。 民法上については私なりのに頂いたアドバイスを参考にして勉強してみます。 前の方にも申し上げましたが納得できる何かを探してもう少し検討してみます。 本当にありがとうございました。

質問者からの補足

すみません~NO.3の方と同じ方でしたね。丁寧に教えて頂きありがとうございます。

関連するQ&A

  • 民法の外壁後退って、隣の承諾がなければ駄目なの?

    壁面後退について教えて下さい。 現在、住んでいる環境は以下の通りです。 (都市計画法) 1.都市計画区域:市街化区域 2.用途地域  :第1種低層住居専用地域 (建築基準法) 1.外壁の後退距離の指定:なし 2.・・・・ 等々の条件があります。 この場合、外壁後退について民法に準ずるのでしょうか? 建築基準法では緩和規定もありますが、民法には建築基準法の緩和規定は適用されないのでしょうか? また、民法では隣地の住民の承諾がなければいかなる物件も50cm離さなければならないのでしょうか? サイクルポート(面積5m2以下)を隣地境界線付近に設置したいと思っていますが、万が一お隣さんが反対した場合、どのように対処したらよいか教えて下さい。 お隣さんと仲良くしていきたいと思っていますので、承諾をもらえたら一番良いのですが・・・。

  • 隣地が建築中で基礎ができてるが、壁面後退は非順守?

    当方所有の駐車場東側隣地で民家の建築が始まっています。現在基礎部分(べた基礎)だけが出来上がっているようで基礎をみれば、土地境界から50cmあるかないかぎりぎりです。 恐らく、住宅の壁や屋根が出来れば、土地境界から50cm以下の建築物になると予想されます。 民法では、土地境界から50cm引いて建築物を建てることとなっていたと思います。 大手ハウスメーカーが請け負っているようで、無論、建築確認申請は行って、建築基準法は守っていると思いますが、民法の壁面後退は、守っていない可能性があります。法律上は多分当方が提訴しなければならないと思います。しかし、提訴捨てる最中に出来上がってしまうでしょう。 当方の駐車場用地の土地のその隣接部分を切り売りする予定ですので、当方にも支障があります。 (1)何らかの措置が、とれるでしょうか? 壁面後退基準を満たしているか聞いてみる予定ですが、民亊訴訟で法的措置をとれば、その間に竣工(完成)してしまう可能性が大です。 (2)大手ハウスメーカーは民法の壁面後退等も考慮しているのでしょうか? (3)なお、工事期間中、当方敷地内に足場を組むとの連絡があり、隣家の建築を知ったのですが、その内容は、足場が入る可能性のある駐車場区画の借主の連絡先を教えてくれとのことだけで、借主と施工者で話をするとのことで、私には詳しい説明はしませんでした。 いくらその駐車場区画を貸しているからといっても、当方の敷地内に足場が来るとなれば、当方にも説明があるべきと思いますが、如何でしょか? (4)工事のため、已む得ない場合、隣地への立ち入り権利は法的にも認められているはずですが、足場を数か月組むのまで法的に認められるのでしょうか? その場合、工事変更や金銭要望はできますか?

  • 建築基準法と民法、どちらが優先か。

    既存住宅を撤去して、建替え新築するに際し、建築確認を取って工事着工しようとしたら、隣家より敷地境界線より、50センチ後退して建築しなければ、民法上規定されているので、後退なければ裁判に持ち込むとの申し入れがあり、困っています。当方の建物は解体する前のとおりで、隣地境界線より45センチの位置で建築確認を取っています。既存家屋の隣家は35センチの後退で、自分の処は其の儘ですのに、当方には後退50センチを要求して来ています。確かに民法では50センチ後退と書かれていますが、此の場合隣家の申し入れを無視して建築した場合、裁判になった場合、建物撤去命令が出るでしょかお伺いします。建築場所は大阪府八尾市で、隣地境界線からの後退距離については、条例等で規制されていません。

  • 回答No.3

結論から先に述べますと難しいのではないでしょうか。 第五十四条 第一種低層住居専用地域又は第二種低層住居専用地域内においては、       建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離(以下この条及び第八十六条の六第一項において「外壁の後退距離」という。)は、       当該地域に関する都市計画において外壁の後退距離の限度が定められた場合においては、政令で定める場合を除き、当該限度以上でなければならない。   ここでの塀が建築物に当たれば外壁後退に当たるわけですが、塀は建築物には当たりません。以下の条文がそうです。 第二条 一号  建築物 土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)        これに附属する門若しくは塀、観覧のための工作物又は地下若しくは・・・(以下省略) これに附属する門とは建物と一体と見なされると言うことなのですが、これを対抗要件としても相手側がじゃ、建物と切り離しますと言われればどうしようもも有りません。 No,1さんの壁面線の後退は道路後退であれば確かに規制が有りますが、隣地後退にはそのような規制は無いと思います。 普通は住民の方々で地区計画を作って事前防衛しているわけです。例えば下記ののようなものです。 http://www.city.uda.nara.jp/toshikeikaku/sangyou/toshi/documents/cityplanning-0205.pdf ただですね。この辺の取り扱いは非常に微妙で、確認申請機関によっても取り扱いが難しいところでしょう。。 下記は大阪府へのリンクです  http://www.pref.osaka.lg.jp/kenshi_shinsa/recycle_index/qa_qa1.html Q3-6 「建築物に附属する(建築物)門や塀」「建築物に附属しない(工作物)門や塀」について、どのように判断すればよいのですか? A3-6 同一敷地内に居宅等の建築物があり(あるいはそれに類する形)その建物の門や塀が存在すれば「建築物に附属する門や塀(建築物)」、    居宅等の建築物が存在しなければ「建築物に附属しない単独の門や塀(工作物)」となります。 建築基準法上居宅という用語は出てきませんので更にややこしい書き方です。 でもその敷地には同一敷地内に居宅等の建築物があるのですから(建築物)扱いと読み解いてもよさそうです。 これは大阪府の条令の解釈を書いているのですが 条例は県・市の単位で建築基準法とは別に規制を強化する為に設けているものです(規制の緩和は条例では出来ません) このように質問者さんの地域でこのような条令が有るか無いかなのですが、市の担当が知らないのであれば多分無いのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々に、とても詳しくアドバイスいただき誠にありがとうございました。 今の段階で、私と致しましては、民事的に発注者が今後お住みなる近隣との互恵関係において何の説明もなくある意味、設計士の方で可能な限界まで作ってしまう行為は許せない事だと考えております。 今回頂いたアドバイスを参考にして、私なりに納得できる物を探したいと思います。

  • 回答No.2

袖壁は塀と同じなので民法境界の50cmは適応できないでしょう。ブロック塀は崩壊の危険性から2.2m制限があるが、RCの場合は高さ3mまでで基礎条件を満たしておればOKです。境界までの40cmは基礎の制限をクリアーする処置です。 隣地が駐車場なので、騒音や視線を気にして設置するのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のアドバイス、ありがとうございます。心情的には納得できない内容ではございますが、おっしゃる内容について私なりに検討します。 一つだけ申し上げたいのは、隣地との互恵関係について発注された家族と近隣との今後を鑑みた提案も必要かとは思います。

  • 回答No.1

御心配の内容は、下記に抵触する可能性があります。 別の建築士か弁護士に相談して、妥当であれば、工事差し止めを裁判所に訴える事も出来ます。 建物の後退距離ではなく、付属物の後退距離ですね。すべては専門家の判断です。 (指定をされているかどうかの確認ですね) <壁面線による建築制限> 都市計画区域内で「壁面線」の指定を受けると、建物の壁もしくはこれに代わる柱、または高さ2メートルを超える門や塀は、原則として壁面線を越えて建築することができません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のアドバイス。ありがとうございました。私としては心強いあなたのアドバイスに共感してますが、その後の書き込みでは反対のご意見でもう少し皆さんのアドバイスを見て検討させて頂きます。

関連するQ&A

  • 民法234条について

    自分でも色々調べましたが、色々と違う見解が書いてありイマイチはっきりしません。教えてください。よろしくお願いします。 これから、新築予定なのですが、土地が小さい為なるべく有効に使いたいとおもっています。防火指定なし、低層地域でもないです。 外壁後退義務、境界から50cm離すというのは、建物本体の壁からでしょうか? それともベランダ、バルコニーの壁からですか? ・ベランダ、バルコニーが建物のサイディングと一体型の場合は、後退義務がある ・外壁後退だから、屋根やベランダは後退しなくていい ・アルミのたて格子の場合(壁で覆われていない)場合は、後退義務に入らない ・建築面積や床面積に算入されない、開放バルコニーは後退しなくていい ・どんな形状のベランダ、バルコニーも建築物なので、後退義務がある 等、あってどれが正しいのかわかりません。 よろしおねがいします。

  • 物置は建築物?

    いつもありがとうございます。 建物と隣地境界の間(約3.5m)に物置を置きたいと思うのですが、制約条件などの問題がないか心配です。 地域の「土地計画」という資料に「隣地境界から建築物の外壁またはこれに代わる柱の面までの後退距離については、1m以上とする」という記載があります。 物置は市販のスチール製のもので大きさは、おおよそ間口2m×奥行3m×高さ2.4m、です。建物側に寄せて置けば約1.5m空くので良いのですが、窓が隠れてしまうので、境界側に寄せて置けたら良いと思っています。このような物置の設置は違反(マナーを含めて)となるでしょうか?現在、隣は空き地ですが、いずれは家が建つものと思います。

  • 境界から軒までの距離について

    隣の家が建築中なのですが、軒の長さが結構長くて、 拙宅との境界から50センチ未満になっているように 見えます。壁面は1メートル開いています。  境界に関するこれまでのログを見ると、 ★民法234条1項(境界線近傍の建築) 建物を築造するには,境界線から50センチメートル以上の距離を存することを要する。 ★民法236条(同上) 前2条の規定と異なる慣習があるときは,その慣習に従う。 が関係しそうですが、建物というのは軒まで含むという考えでよろしいでしょうか?それとも壁面との境界ということでしょうか? ちなみに地域は防火地域でも準防火地域でもありません。 よろしくお願いします。

  • 建築基準法・宅地について

    建築基準法や宅地の税法上の扱いについて質問します。 (1)敷地の境界線より必ず何センチあけて建物を建てなくてはいけないという決まりはあるのでしょうか?民法では50センチ?とか聞いたのですが・・・ (2)宅地として登記している土地にある建物を解体し、サラ地にした場合、税法上の変更はあるのでしょうか?

  • 建築物の敷地、構造又は建築設備に関する制限

    建築基準50条には、「用途地域、特別用途地区、特定用途制限地域又は都市再生特別地区における建築物の敷地、構造又は建築設備に関する制限で当該地域又は地区の指定の目的のために必要なものは、地方公共団体の条例で定める」とされていますが、ここで言う「建築物の敷地、構造又は建築設備に関する制限」とは、非常に抽象的な表現ですが、基本的には用途規制以外の集団規定の全てという意味でいいのでしょうか? 具体的には、道路、ケンペイ、容積、高さ、外壁の後退距離、壁面線等等です。

  • 境界塀とその上の建築物について

    実家の隣に建設中の塀&建物についてご相談します。 業者が費用自分持ちで境界の塀を新しくしたいと言って来ました。理由は従来の万年塀よりブロック塀の方が強度が高いとのことで、特に塀が傷んでいたわけではありませんが了承しました。 後日、境界上に作るにもかかわらず、連絡なしでこちらの立会いもなしに工事を始めたので止めるよう言いましたが聞き入れませんでした。毎日見ていたわけではないので詳しい経緯はわかりませんが、かなり建物ができてからわかったのは、従来の塀は高さ約1.8mでしたが、新しいものは高さ約2mで、中心部は幅約3mの範囲でブロック2段分の上に境界ぴったりに隣家の外壁が乗って2階分の高さがあります。なおブロック2段分上のこちら側には、「とい」がつけられています。塀が途中(縦にも横にも)で隣の外壁になっているのは、こちらから見てかなり異様な印象です。いろいろ調べてわかったのは以下のとおりです。 1.建築許可は下りている(役所で確認済み) 2.当該地は都内郊外の低層1種および準防火地域。 3.民法では建物は境界から50cm以上離すことが求められる。 4.建築基準法では、防火および準防火地域では外壁が耐火構造建築物は境界ぴったりに建てられることが認められている。隣家の建物が該当しているかは不明。 5.周辺の環境は当家も含めて50cm以上離れている。 業者から境界線に接した建物が建つ説明は今まで一切無しで、従来の塀の除去から始まって、業者の思惑に高齢の両親がまんまとだまされたような悔しい気持ちです。こちらの希望は、塀は高さ一定の(普通の)形状のものにして、外壁を境界から50cm以上離してもらいたいのですが、可能でしょうか。物件は、建築業者が施工中で買い手は未定です。建築物がほぼ出来上がりつつあるので、最速手順を知りたいのです。以上よろしくお願いいたします。

  • 隣の土地の建築について

    現在の居住地について質問させていただきます。 宅地(戸建)は斜面の一番下に建っています。 前面道路からは1.2~3メートルの高さ(ブロック塀)に家が建っていて、宅地裏は3メートル位高くなっています。 裏の土地との間には壁は無く、裏の土地は現在更地です。 今年に入り、裏の土地に住宅建築計画があると土地所有者から言われました。 裏の土地に住宅を建てるとなると、私の土地との境界の斜面に壁を造らなければならないと思うのですが、工事中に雨が降ったりした場合、土砂が流れ落ちてくると思うのです。 現在でも豪雨の時には、宅地や駐車場内に土砂が流れ込み、後が大変です。 また、裏の土地の建築中に基礎工事の振動などで住宅が傾いたり(建築後40年経過)、土地が前面道路に傾いたりしないか心配です。 裏の土地所有者の方に建築する際、こちらから条件を出したりすることは可能でしょうか? ・土砂の流れ込みを防ぐ ・振動などで住宅が傾いたりした場合の保証 です。 素人なもので、わかりにくい文面かと思いますが、アドバイスいただけると助かります。宜しくお願いします。

  • RCラーメン構造で

    はじめまして。 建築の設計を勉強しているのですが、基本的なことをお教えください。 RCのラーメン構造って柱と梁が出っ張りますよね。 これが建物の室内側にくると空間が狭くなるので、 壁を柱の内側に設けて、柱梁が外壁面に突出するような 形のものを考えているのですが、 こういった形の建物は一般的に多く建てられているのでしょうか? また、和室で部屋内に柱の出っ張りがある場合、タタミはどうなるのでしょうか? 切り欠くのが普通なんでしょうか? 

  • 隣の建築中の車庫が境界ぎりぎりに

    何時もお世話になります。 今回は、我が家の隣の建築中の車庫が境界ぎりぎりに建設中なのでそのことについての質問です。 約60m2くらいの車庫を(mai9999)の家の境界から15センチくらいの所に建設中です。隣家の人に文句を言いたいのですが、未だ転居前でどこの人かわりません。 建物は、役所で聞いてみたら建築確認は受けているようで他の条件はクリアーだと言うことですが、民法の境界から50センチバックして建てるという規定はどうなるのかと質問したところ、それは、民事の問題と言うことで建築確認の方では問題ないと言うことでした。 セットバックした所に建築して他の法規に適合するから確認申請が通ると思っていたのですが(汗) ご存じの方いらっしゃいましたら宜しくご指摘のほどお願い致します。

  • 隣のよう壁ブロックのズレ

    はじめまして。 当方の土地ではないのですが、隣の土地についてお聞きしたいので、よろしくお願いします。 西側の土地は一段(5m位)高く、隣接してよう壁ブロック(2m位)が積まれています。そのよう壁ブロックが、私どもの土地側に一部隆起してズレが生じ始めています。只今、その土地に建築中で、まだ住んではいないのですが、年内完成です。よう壁の上の土地は舗装してない砂利の駐車場で建物はありません。 この場合、持ち主の方に連絡をとり、この状況を予め伝えておいた方がいいでしょうか。何かあった場合(崩れてきたとか)はお願いします(保障してください)、と言っておいた方がいいのでしょうか?もし、連絡する場合、連絡のタイミングは、住み始めてから、または今すぐした方がいいのでしょうか。 また、補修しないまま、もし、大雨などで崩れてきた場合の保障はどうなるのでしょうか? いろいろ質問して申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう