• ベストアンサー
  • 困ってます

地域と所得でみた現在の消費傾向の違いについて

アベノミクスで景気が上向いてきて、高額商品が売れてきているとのことですが、私には、まだあまり実感がありません。 平均的な所得の人は、まだ根強い節約意識があるように思えるのですが、平均的な所得の人も高額商品を購入するようになったのでしょうか? 例えば、日常食べる食品なども高めの商品が売れるようになったのでしょうか? また、所得だけでなく都市部と地方では現在の消費傾向は異なるような気がするのですが? すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数80
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3454/9586)

ご認識のとおりで正しいでしょう。 一般生活で高額商品を買う、といったとき定常的な食料などの支出でできているとは到底思えません。あるとしたら、観光にでかけたり、そこで土地の名物を食べる・買う、というくらいでしょう。 電化製品のような耐久財についてもそうです。家電メーカーの苦戦はニュースのとおり。薄型テレビなどの値下がりの激しさをみれば、高いものを買わない消費者と、買ってもらえないので給料も上がりにくく消費できる金額が増えない労働者、の多さも容易に想像されます。 最後に、都市部に住んでいる人は、それだけ住居や固定資産税などを払えるから都市部に生活できている層、という点が、ご質問の地域による消費傾向の違いに結びついていると思います。 成城石井や紀伊國屋で輸入物のお菓子やシャンパンを買ってホームパーティーする層と、スーパー玉出で1円商品を買っていく層で、消費する総額も商品単価も違うのは当然のことでしょう。 マリーアントワネットが、「パンがなければ、~」と言ったとか言わないとか、と同じことを現実の日本国で本気で言っている政治家がいる、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 やはり、一般生活の中で、定常的な食料などで高額商品を買うというところまでは行ってないのですね。 成城石井は最近、都内のあちこちで見かけますが、私や私の友達は輸入物のお菓子やシャンパンを買ってホームパーティーするほど余裕はありません。 消費税がアップしたので、実際に使えるお金は少なくなったくらいなので、給料日にルミネにあるレストランでパンケーキを食べるくらいです。 マンリーアントワネットの「パンがなければケーキを食べればいい」という言葉、初めて知りました。 いろいろお教えいただき助かりました。 心から感謝いたします。

関連するQ&A

  • 標準的な所得の人の消費も伸びているのでしょうか?

    最近、テレビのニュースで高額商品が売れている、外食でもワンランク上のメニューがよく食されるとか、よく聞きますが、私には、どうも実感がありません。 私の周囲には、最近になって贅沢になった友達はいません。 食事も洋服も、そのほかのものも、みんな結構節約しています。 テレビでいうように給与が標準的な人の消費も伸びているのでしょうか?

  • 消費税と所得税(or法人税)

    増税するとき、消費税を上げるときのメリット、デメリット、所得税や法人税を上げるときのメリット、デメリットを教えてください。 ※特に、消費税をあげて、所得税を下げるのが「弱いものいじめ」というのがわかりません。所得の多い人のほうがたくさん消費するわけですし…所得税を下げて所得にゆとりもたせて、たくさんもの消費させて、消費税でとるほうが、景気にも良いのではないでしょうか?

  • 消費増税で国債の信認が失われたのではないですか

    米国格付け会社S&Pは9月16日、日本の国債格付けについて、{AAマイナス」から「Aプラス」へと1段階引き下げました。「デフレ脱却や経済成長をめざした政府の経済政策が、国債の信用力の低下傾向を今後1~3年で好転させる可能性は低い」として安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果が見込めないことを理由に挙げています。 景気が悪化したのはアベノミクスというより昨年4月の消費増税であるのは明かです。もし消費増税を行っていなかったら、景気は今よりはるかに良くなっていたでしょうし、国債の格付けの引き下げもなかったでしょう。消費増税をしなければ、国債が暴落し、国債の信認が失われるという主張が完全に間違えていたことが分かります。 2017年4月に予定されている消費税の再増税を撤回し、直ちに消費税率を5%に戻すべきだと思いませんか。

  • 貧困層は小さな消費を繰り返す傾向があるそうです。

    貧困層は小さな消費を繰り返す傾向があるそうです。 たとえば富裕層は良い商品を見つけても必要分しか買わないのに、貧困層は貧乏なのに良い商品を見つけたら無くならないように複数個一気に買いだめする傾向があるそうです。 トイレットペーパーもティッシュペーパーも貧困層の方が買い溜めしている率は高い。 これは貧困層は誰からの助けも受けずに生きているので危機回避能力が富裕層より長けているということでしょうか? 富裕層は知り合いが多く、品切れになれば誰か持っている人から貰えると思っているので買いだめしない? そして危機が起こると富裕層は貧困層の買いだめから商品をもらい、金で解決したりして貧困層は買いだめしてたはずなのに使うときになったらなぜか商品は富裕層の方に流れている。 遭難したときも富裕層ほど装備がショボく、いざというときは貧困層が富裕層を助けるという図式。 アイドルの握手会の握手券付きのCDを大量に買って捨ててるのも貧困層地域の方が多いそうです。

  • 相対所得仮説の問題で

    相対所得仮説でわからない問題があるのですが、もしわかる人がいたら教えてください。  デューゼンべりーの相対所得仮説に元ずく消費関数が C=0.9Y (Y>=Y') c=0.9Y'+0.7(Y-Y') (Y<Y') C:消費 Y:国民所得 Y':過去最高の国民所得 であらわされるとする。次の景気循環の3つの局面 (1)不景気(Yの減少) (2)回復期(yの元の水準への回復) (3)好景気(経済成長) における消費関数を求めよ。 お願いします。

  • 消費者物価指数について

    消費者物価指数とうのにが実際消費者の購買行動とマッチしてるのか? 食料品やガソリンの値上げにより消費者物価指数が上がる、との報道 があります。ところが、スーパーに勤務する私の友人によると、 「総計がそうであると、売上高が上がらなければならないのに 上がらない。売上高は客数×客単価であり、その客単価は買上点数 ×商品平均単価で現される。報道どおりであると商品平均単価が 上昇すれば客数、買上点数が一定なら単価上がった分だけ売上は 上がるはず。しかし、そうならない。第一平均単価が上がらない、 むしろ下がり傾向にある。」というのです。さらに彼の分析であると 買う商品に変化が出てきた。つまり、(1)値上げされた商品の売れ数が 落ち、低単価商品にスイッチする、(2)メーカーは食料品の容量を少なく し実質値上げとされながら1品の価格はそのまま、(3)小家族化により 生鮮食品など大パック品が売れなく、小パックになった、(4)外食の人 がスーパーに流れ、特に単身者は惣菜など低単価の小パックを買う というのです。 そうならば、各々商品は値上げであるが、売れるモノが変わることに より「実質物価」は上がらない、と言える。 消費者物価指数の計算方法について教えてください。 統計対象とする消費財は時代とともに変更していると聞きますが、 それら消費財の消費頻度も計算に組み込まれているのでしょうか?

  • アベノミクスと求人倍率

    最近ニュースを見ている (読んでいる)と、 「求人倍率が回復傾向にある」みたいなのを時々みかけます。 (偶々かもしれませんが) 個人的に 「求人倍率増加 = 景気回復?」 「3K関連の仕事に就きたくない人が多いのか?」 と考えてます。 しかし一方で、「アベノミクス = 悪? = 景気悪化」というのも時々みかけます。 景気が悪化しているなら、企業は人件費を削るから求人倍率は下がると思うのですが。 「アベノミクス → 景気が回復傾向 → 求人倍率改善」ではないのでしょうか? ご意見ありましたら、よろしくお願いします。

  • 消費税=デフレ。

    お金を儲けた時払う、法人税や所得税と違って、お金を使う時払う、消費税だと、勤労意欲は上がり、消費意欲は下がるのが、理屈です。法人税と所得税を減税して、消費税を上げた場合の話です。・・・消費意欲が下がるので、輸出産業以外の国内の仕事が減ります。勤労意欲があっても仕事がない状態になります。今までと似たような状態です。消費税を3パーセント上げる訳ですから、その分消費意欲が下がります。消費税を上げれば上げるほど景気が悪くなってデフレになると思います。・・・例えば、法人税、所得税を上げて、消費税を無くしたとしたら、勤労意欲が下がっても、消費が上がるので、仕事が増えて、景気が良くなり、インフレ傾向になると思います。・・・日本に海外の企業が来なくなるっていいますが、もともとそんなに来てないので、気にする程でも無いです。企業が出ていくのは、法人税じゃなく人件費だと思うので、法人税を下げて、消費税を上げるのは、自殺行為です。・・・ヨーロッパの真似は、島国日本は辞めたほうがいいと思います。友達のいない日本なので、企業より国民の事を大切に考えたほうがいいと思います。・・・間違ってますね。・・・どうでしょうか?。

  • 消費税が上がったら・・・

    家の購入時期で迷っています。 1歳の娘が小学校入学の頃には購入したいと思っています。 もし消費税が上がったら、やっぱり家なんかにも同じように消費税がかかる方向なのでしょうか。 今、金利なんかも少しずつ上がってますよね。 となると、家購入時にかかるトータルのお金はやはり今より多くなっていく傾向にあるのでしょうか。 夫は公務員なので、景気がよくなっても収入が劇的によくなることはありえないです。もし、上記のような傾向なら、早く購入した方がよいということになりませんか? 昨年12月まで家を購入する人多かったですよね。でも、この先購入する人が減っていけば、政府なり何なりが何か対策をとるのでは・・・と甘い期待を持ってしまうのですがどうなんでしょう。 乱文で申し訳ありません。アドバイスください。 よろしくお願いします。

  • 景気回復?

    アベノミクス効果で景気回復してるらしいですね? 地方の人にも数年後には実感できるような報道を聞きました。 ある程度まともな企業の人しか関係無い話しじゃないでしょうか? 赤字続きだった小さい会社で景気回復したから賃金アップなんて何年後になるかわからないですよね?