• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

南シナ海での中国の横暴を押さえる手段

いっそのこと南シナ海のフィリピン、ベトナム、ブルネイなどの国際法で認められる海域をそれらの国の共有の領海及び共有のEEZにしてしまえばいいのではないでしょうか。そういう条約を結んで決めてしまえば、中国が南シナ海のどこに手を出しても二国間ではなく多国間の問題になります。フィリピンやベトナム、ブルネイなどの巡視船が総がかりで中国船舶と対峙できます。 もちろんそれらの国が束になってかかってもその数倍のGDPを誇る中国ですが、ベトナムの領海がベトナムだけの領海である以上は他の国が手や口を出すにも手段が限られます。ベトナムとフィリピンの間にも争いはあるでしょうが、それは中国が再び弱体化するまでそれこそ棚上げしとけばいいのではないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数3025
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2877/8339)

軍事的には別として、ベトナムと中国が国交回復した後、陸上国境,海上国境は策定されましたが、西沙諸島の領有権は棚上げ状態とし、南沙諸島や南シナ海のEEZも含めて、既に「ASEAN VS 中国」での交渉事項となっています。 その交渉の中で、平和的解決とか、一方的に建築物を構築しない等の共同宣言もあり、中国も署名しているのですよ・・・。 中国が主張するEEZとした場合、南シナ海の大半を占めるに至り、フィリピン、ベトナムのみならず、ブルネイ,マレーシア,インドネシア,シンガポール,台湾ほか、我が国を含めアジア各国に影響しますので、地政学上、当然と言えば当然です。 あるいは、現在、中国経済が一時期の勢いを失い、またカントリーリスクが再燃,増大したことで、西側先進国を中心とする投資,投機対象は、中国から東南アジアにシフトしてきており、経済的にも、やはり東南アジアや南シナ海の利権は、世界の問題です。 すなわち中国は、「極論すれば世界を敵に回すこともいとわない」くらいの覚悟です。 言い換えれば、中国の場合、さもなきゃ「国内の敵」が、中国政府に牙を剥くので・・。 そんな中国に対し、まずはASEANが連携し、更に世界が連携すべきと言うご指摘は、仰る通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。もうアセアンの枠組みでいろいろやってるんですね。とはいえ、アセアンは経済の枠組みですから。軍事、政治的にも南シナ海はフィリピン、ベトナム、ブルネイ,マレーシア,インドネシア,シンガポール,台湾の共有のEEZとして条約で固めるべきだと思いますよ。そうでないと中国が自分のものにするだけだと思います。 それにしても「一方的に建築物を構築しない等の共同宣言もあり、中国も署名しているのですよ・・・。」ってどれだけ中国は侵略国家なんだか。。。 第二次大戦の日本にはアジアを西欧から解放するという上から目線の理想がありましたが、現代の中国は純然たる自己中心の侵略ですからね。

関連するQ&A

  • 中国が南シナ海へ三沙市を作る行為は進出?侵略?

    2012年にベトナム、フィリピンと 領有権の問題を抱えているにもかかわらず 中国は南シナ海に「三沙市」を作りました この行為は、進出ということになるのでしょうか? それとも侵略でしょうか?

  • 中国の最終目標は何?

    中国の艦船が日本の尖閣諸島周辺、南シナ海、南沙諸島周辺での領海侵犯やその他領土をめぐる争いが、日本をはじめフィリピン、ベトナム、インドネシアと絶えずあり、最近ニュースでも頻繁に報道されています。 なぜここまでして、領土を広げようとするのか?最終的な中国の目的は何なのでしょうか?

  • 横暴中国船対策ベトナムに中古船6隻を無償援助 日本

    2014年8月1日、ハノイを訪れている岸田外相は、ベトナムのミン副首相兼外相と会談した。南シナ海で中国と領有権問題を抱えるベトナムの要請を受け、日本が中古の漁業監視船など6隻を年内に無償援助することを決めた。ベトナムは海上警察の巡視船に改造して中国船対策に活用したい考えだ。  中国がベトナムとの領有権争いを激化させている南シナ海は、緊迫した情勢が続いている。同海域に近い中国海南島で操業する漁船は、一見、ボロボロの老朽化した船が多いが、最新の衛星ナビゲーションシステムを搭載している。ベトナムの巡視船に見つかってしまった場合は、中国の海洋監視船にダイレクトに連絡し、救援(攻撃)を求めることが出来る。また、普通の漁船よりも大型のエンジンを積み、高速で海上移動ができる漁船もあると言う。  こうしたバックボーンを背景に違法操業を繰り返し収益を上げているのが、海南島の漁業会社だ。衛星ナビゲーションシステムの設置費用の90%は、政府が負担している。汚染の酷い中国沿岸部は、水産資源が枯渇しつつ、遠い漁場まで行かなければ魚が獲れない事情もある。  また、中国の海洋監視船が、ベトナムの漁船を追い払おうとする行為や衝突させ沈没させる攻撃もあり、常識を逸脱した状況に、ベトナムでの反中感情は根強い。  (8月2日以下を追加)関係者の話によると、日本が巡視船への転用を前提として、他国に中古船を供与するのは初めて。6隻の内訳は、中古漁業監視船2隻。中古マグロ漁船4隻。500トンクラス以上。装備品などと合わせて時価は約5億円相当になる。今回のベトナムへの支援について、中国外交部からの公式な見解は出ていない。 について、チャンのネットユーザーたちが、  日本がベトナムに海洋巡視船改造用の中古船6隻をプレゼント、「ケチすぎる。友だちなら新品をやれよ」 「中国に歯向かう奴には、経済的に中国で利益を得られないようにし、中国への対抗によって支払うべき代償を負わせるようにせよ」 などとほざいているが、 政治経済生活面では、国を信じないが、事 領土に関しては、 共産党の発表を盲信しようとするこの現象は、どういう思考回路アルか?

その他の回答 (10)

  • 回答No.11
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2877/8339)

お礼ありがとうございます。 > 現代の中国は純然たる自己中心の侵略ですからね。 それは中国自身も否定はしていません。 何せ、名前が「中華人民共和国」で、即ち「中央に君臨して、咲き誇る華の国家である」と宣言している様なものですから・・。 それに対抗すべく・・が、たとえば日本の集団的自衛権行使の議論です。 中国のパフォーマンスが変わらねば、早晩、中国を脅威とする周辺各国が、軍事同盟化するのは自明の理です。 ある意味、中国の存在は、中国を除く周辺各国の連携には寄与しているし、日本の集団的自衛権行使への、最も強力な援護射撃になっており、中国としても、頭が痛いところでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中国って堂々と侵略してるんですね。日本としては靖国で挑発しといて危機を煽ってそれを奇貨として核武装するかな。中国向け以外に核武装を正当化する手段はないだろうし、中国向け以外に核武装する必要もないだろうし。 集団的自衛権もいいけれど、それを議論するのにエネルギーを使うのなら核武装とどちらが合理的か考えたほうがいいと思いますね。

  • 回答No.9
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1556/5682)

<今のところいじめられているのはベトナム、フィリピンではないでしょうか。九段線にインドネシア、マレーシアは入っていないと思いますが。ただ対中感情はインドネシアもよくないですね。> 確かにインドネシアは南シナ海の小さな島々の領有権を主張していません。しかし中国の相手はベトナムとフィリピンにはとどまりません。 中国は1947年以降「九段線」(あるいはU字線)の管理権(実質領有権)を主張していますが、 http://www.dir.co.jp/consulting/asian_insight/20130620_007327.html これはベトナムを通り越して南に伸び、インドネシアが主張するEEZ海域と一部重複しています (むろんブルネイ、マレーシアとも)。 実際この地域で中国漁船が操業して紛争になりました 。中国の監視船が出張って来て漁船の解放を迫ったのです。尖閣の紛争と何ら変わらない状況です。インドネシアは硬軟両様の姿勢で中国に接しているようですが、中国に負けることになると思われます。 ちなみに米国は中国の「九段線」は国際法上の根拠がないとの理由で認めていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。EEZではおっしゃる通りインドネシアやマレーシアも関連しますね。EEZについては中国を除くこの数か国が南シナ海を条約で向こう100年間共有するようにすればいいのではないかと思いますが。数か国の海上警察が連携すれば米国や中国には及ばなくとも日本その他の先進国規模の戦力にはなると思うのですが。そして何より二国間問題ではなくなることが大きいと思います。

  • 回答No.8
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1556/5682)

今中国にいじめられているのはフィリピン、インドネシア、ベトナムの3国です。中国この3国以外のタイやカンボジアはいじめていません。そのためASEANは対中国で一致した行動をとるに至っていません。 これまでのところオバマ大統領は中国に対しては「宥和」政策を用いています。それをいいことに中国は規模は小さいが勝てる喧嘩をふっかけているようです。米国が出てこない程度の小競り合いを積み重ねながら中国と米国は対等の大国同士だと主張しているのです。 中国の相手は米国です。中国以外の国は一致協力して立ち向かう必要があります。時間をかけてでも。昔欧州諸国がドイツを相手にしたように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

その通りですね。 今のところいじめられているのはベトナム、フィリピンではないでしょうか。九段線にインドネシア、マレーシアは入っていないと思いますが。ただ対中感情はインドネシアもよくないですね。 確か中国の衛星国はアセアンではミャンマーだけじゃなかったでしょうか。カンボジアはかわいがっているだけ(カンボジアを名目に中国はベトナムいじめをしてきた)と思います。 問題は一致協力する方法なんですが、どうしたらいいでしょうね。南シナ海での小競り合いが二国間問題である限り周辺国にも手の出しようがありません。

  • 回答No.7
  • sutorama
  • ベストアンサー率34% (1099/3189)

はい そうなれば、オーストラリアとイギリスがでてきます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

その手がありましたか。しかしシーシェパードも相手が中国では設けられないので出てこないのでは? 日本は輸出産業が大事なのでイメージダウンを恐れるため散々脅すことができますが、中国はイメージダウンへっちゃらです。その上平気でロシアと中国は平気で発砲してくるでしょう。 オーストラリアはともかくイギリスは外交的に厄介な相手ではありますが、イギリス海軍が南シナ海まで出てきて海上警備行動をとるわけでもないし、中国からして怖さはないのでは?

  • 回答No.6

西沙諸島で日本赤軍が爆破テロ。 またはアーレフのサティアン建設⇒信者移民⇒サリンテロ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中国の警察が法律もお構いなしに力づくで制圧しておしまいだと思いますが。

  • 回答No.5
  • sutorama
  • ベストアンサー率34% (1099/3189)

素敵なサンゴ礁に囲まれた海域に、ガス油田を建てさせないように、シーシェパードが中国に喧嘩を売る図式にならないかな・・・・と思います

参考URL:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140516-00000009-asahi-int.view-000

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。でも中国はシーシェパードでも他の一般人に対してでも平気で発砲したり虐殺したりすると思います。自国民だって何千万人も大虐殺したわけですから。

  • 回答No.4
noname#196159

日本が再軍備すればいいです。 日本が憲法9条を持っているのでなめているのです。 再軍備したから直ちにどうのということはないとしても あまり傍若無人な事はできなくなります 中国を取り巻く国とルール作りなどを言い出しますよ とにかく日本の憲法改正です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本の核軍備を真剣に考えなければいけませんね。核軍備には失うものも多いでしょうが、無くて生きていけないならするしかないという事でしょう。

  • 回答No.3

日本政府が・・・。 アメリカも・・・。 一般人が考えても・・・。 世界が滅びれば、中国の横暴はなくなるでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そのとおりですね。中国が滅んでも同じことですね。

  • 回答No.2

 中国へ行く原油輸送タンカーだけを、マラッカ海峡など数箇所で海峡封鎖すれば良いのです。要するにオーストラリをまわって中国へ行かないと輸送できないようしする。  中国がマラッカ海峡までノコノコとやってくるとさすがに米軍が出て来ますがな・・・・  今は、大型船は衛生で位置が全て分かりますから そして、国際問題として大きく話を替えるですね。中国国が国際法を順守しないのならば、我々も中国へ同様にする

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

マラッカ海峡だとマレーシアも絡みますね。今は南シナ海の問題ですから。

  • 回答No.1
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3285)

>中国が南シナ海のどこに手を出しても二国間ではなく多国間の問題になります。フィリピンやベトナム、ブルネイなどの巡視船が総がかりで中国船舶と対峙できます。 関係諸国の海軍すべてを集めても、中国はさらにその上を行くので、まとめて撃破されて終わりなのでは? 私は一番良い案は、アメリカが早期にフィリピンに海軍基地を復帰させ、アメリカ海軍が直接中国海軍と対峙する図式がよいと思います。 まあ、もってくる艦艇の数や種類にもよりますが、装備や錬度を含めればアメリカ海軍が世界最強であることには、変わりはないので。 あと、南シナ海が中国原潜の聖域とならないよう、世界で最高水準の性能をもつ自衛隊のP-1索敵機のフィリピン常駐も必要かと。 これで、中国が南シナ海に執着する目的の半分を、無効にすることができます。(もう半分は、資源関係) まあ、今話題になっている集団安全保障の憲法解釈を有効にすることや、その先にある憲法改正まで視野に入れた法的な整備が必要ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。今回ベトナムと中国では30隻対80隻ですが、みんなで集めればそれだけで数では対抗できるので、中国としては武力攻撃しないならば大変です。それにアセアンの複数の国が同時に当事者になればアセアンに即響くし中国も2国間だと言っていられなくなります。 そこにアメリカが加われば軍事力でも対抗できますし、潜水艦や対潜哨戒では日本の貢献も大きいと思います。

関連するQ&A

  • 中国の南シナ海領有→国際法違反、なぜ占領を続ける?

    2012年に中国が、 元々、ベトナム領やフィリピン領の島 (南シナ海の西沙・南沙諸島、スプラトリー諸島周辺)を 占拠してしまいました。 そこを中国は、「海南省三沙市」という行政区に 無理やり組み入れました。 フィリピンやベトナムは 国際司法裁判所へ提訴もしています。 現在、島周辺は埋立が行われ、滑走路等もあり 対空高射砲もあるとのことです。 疑問です なぜ占領を続けるのでしょうか? アメリカではこの行為を 「国際法に合致しない」といっているにも関わらず… 『中国の南シナ海領有権主張は「国際法に合致しない」』 http://www.sankei.com/world/news/141210/wor1412100044-n1.html

  • もう誰も近寄れない?近づくこともできない!?

    南シナ海での中国による岩礁の埋めたては 数々の非難にもかからわず着々と進めており ついには人工島と呼べるまで大きなものと なりました。 アメリカの対潜哨戒機がその付近に 近づいたところ、【中国の軍事区域だ、たちされ】 と警告があったようです。 ベトナム、フィリピンなど 周辺国と領土、領海だった地域も 支配に置いていますが 南シナ海は 完全に中国のモノになったと 考えるしかないのでしょうか? この侵略を止めるすべはないのでしょうか?

  • 中国 度を過ぎた示威行動。

    先日、南シナ海で、中国の艦船に、衝突され、沈没させられたベトナム船の、動画が流されました。当方も、ニュースで何度も見ましたが、ここまで横暴な行動を、例えベトナムが、領海侵犯していたとしても、海洋法か?何かで処罰出来ないものなのでしょうか?相手は、殺すつもりでやっている事だと思うのですが?

  • 以下により中国の南沙諸島進出は抑止出来ないですか。

    こんにちは。 つい先日、中国船がベトナム船に衝突し、掘削の妨害行為がありました(中国は否定)。 以下の事をすれば、中国の南シナ海進出を抑止できるのでは、と思いました。 ※以下は突発で思い付いたことですので、穴だらけだとは思いますが、ご承知願います。 中国以外に、この海域の領有権を主張しているフィリピン、ベトナム、ブルネイ・・・(他にもあったかな)、で各国が国際司法裁判所に共同提訴するというのはどうなんでしょう?確か中国抜きでも、この3か国は互いに主張が重なっていますよね。中国は裁判に望む筈もないですから、除外します。 そうなれば判決により、互いに境界線が引かれ、国際的に再認知させることにより、少なくとも中国にプレッシャーをかけることが出来るのかなと。この線を基準に東はフィリピン、西はベトナムなどと判決すれば、国際PRできると思います。 もちろんこれには3か国が互いに了解し、共同裁判を望むこと、判決により自国の主張が通らない可能性もあるかもしれないなど、リスクもあります。 中国の進出を抑止するという意味ではどうでしょうか? 傍若無人な中国にとっては判決など関係ないでしょうか(共同提訴してもムダ)。 中国側が経済制裁(輸出入の制限)を起こすでしょうか。 こうでもしないと南シナ海全てが中国に不法占拠されると思います。

  • ASEAN前、既に中国は負けていた。

    先程、webのニュースを読んでいました。ASEAN外交筋から漏れた情報のようで、既に先日、終了した会議の事と思います。中国が、懸念事項とされていた【南シナ海領有権争いを、東アジアサミットの議長声明から、削除するよう要求していたそうです。それに対し、日本、アメリカや、南シナ海で対立するフィリピン、ベトナムが猛反発したようで、最終的には、議長国のブルネイが、参加国の意向や会議での議論を踏まえ最終的に南シナ海問題の記述を声明に明記したそうです。と、言う事は、結果的にウヤムヤに終わった感のある会合でしたが、アメリカさえ、国内であのような事さえ無ければ、ここで中国を封じ込めていたと言う事でしょうか?また、中国は、再三に渡り、日本海や、東シナ、南シナ海で、軍事演習を行っていますが、中露合同演習後に、日露で合同演習を行っていると言うのは、かなり、脅威に感じているのでしょうか?これではロシアは一概に中国側とは言えず、むしろプーチン大統領は、相当中国に対し、良い気はしていないようで、こうなると中国は、簡単には動けない様になったのではないでしょうか?何せ100年程前には、相当の屈辱を味わっていますので、その恨みたるや相当のモノとの事ですが、今回も同じ事を繰り返しますかね?相当恐怖を感じていると思いますので、手を出して来ないのではないか?とも思うのですが?中国に【我が世の春】など訪れる日は無いと思っています。

  • アジアの他の国は、中国をどう見ているのか?

    先程、ニュースを見ていますと、米中二国間で、サイバー攻撃や、東南アジア諸国の領有権問題に際し、米の要求にことごとく反論し、『主権は絶対譲れない』との事でした。ここに来て更に強行な態度に出た気がしますが、現状、中国が勝つなどと言う事は不可能かと思っています。しかしながら このままでは、東南アジア諸国は対抗する術も無い気がしますが、フィリピン、ベトナムとは仲がよく無いとは聞きますが、スプラトリーでも『成す術無し』の感もあります。擦り寄る韓国や、その他のアジアの国々は、中国をどう思っているのでしょうか?また、それらの国と日本はどうなんでしょうか?特亜のアホ3国以外ですが?

  • 南シナ海緊張、中越が掘削で対立

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-35047613-cnn-int >中国の国営企業が石油の掘削作業を開始し、周辺海域に軍用船を含む60隻の船舶を集結させてベトナムの巡視船らに故意に衝突するなどの威嚇行動に出ていると発表した 日本、フィリピン、ベトナムへ侵略行為をしている中国ですが、国連などで問題にならないのでしょうか? 常任理事国から除外すべきだと思いますが

  • 南シナ海と尖閣諸島

    このところ、南シナ海が熱いですね。なんでも、ベトナムの調査船が中国の漁船から危険な妨害行為を受けたとか… どこかで聞いた話と思いきや、日本もほぼ同様な危険な行為を受けています。 そこで思ったのですが、東南アジアは親日国も多くこの際、中国という大きな岩と対決するために連合を組んではどうだろう?と思ったわけです。例えば、「領土保全連合」とか「国家保安連合」とか…そんな感じの連合です。何をするかといえば、各国の沿岸警備機関や軍事組織による南シナ海及び尖閣諸島付近の重点警備や各諸島の資源共有(ただし島の保有国の漁獲高を優先する)などです。 もし、連合国の国同士でもめている場合は各国の消費量によって漁獲比率を決めみんなで仲良く共有すれば良いと思います。中国に全部持っていかれるよりはマシなはずです。石油等については、連合の財産とし連合内に石油管理機関を設置し管理すれば良いと思います。  安全保障会議を設置し、拒否権は認めず完全な多数決制とします。棄権もなしです。また、連合内は貿易を自由化します。しかし、TPPとは違い自国産業の保護をある程度認めます。日本なら、米を守ることを認めるわけです。また、日本は中国にある工場を東南アジアに移す際に補助金を出す「東南アジア移転促進法」を制定し脱中国を進めます。 連合域内は永続的に相互不可侵とし完全な平和と調和を目指します。各国の軍事組織は、年に数回の演習を南シナ海で実施し軍事的情報の全てを原則として共有します。 こんな案はいかがでしょうか?個人的には、なかなか良いと思うのですが… いずれにしても単独であの頑固な中国にモノを言うよりみんなで束になってかかったほうが良いと思うのですが。

  • 中国は何故、他国の領土を踏みにじるのか?

    画像を添付させて頂きます。先日、米 ケリー長官が、中国の首脳と会談し、南シナ海に牛舌線とも、九段線とも呼ばれる線引きに対し、根拠を説明するよう言われた際、根拠が無いのか?逆ギレしたそうです。それもそのはずで、九段線ですが、画像通りフィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイ等、所有する海域も無いが如く、海岸線ギリギリにまで、設定されています。インドネシアのみ、若干マシな気もしますが、それでも中国の領有する海域には、比べ様も無い位、狭いものになっています。これでは勝手に、都合の良いようにと、言われたところで、返答も出来ない事と思っています。しかしながら中国は、以前何かで読んだ記憶ですが、【すべて寄越せとは言っていない。90%で良い】などと、ナメているとしか思えないセリフを吐いていましたが、この前例があるので、日本は今のところ、かろうじて尖閣諸島を領有し、若干優位に立ってはいますが、ケリー長官が踏み込んだ事により、好転すると良いのですが、何故、中国は、このような他国を貶めるような事ばかりして来るのでしょうか?昔、この辺りまで中国であったと言う歴史を、追いかけているだけなのでしょうか?それとも、根本的に中国人、漢民族以外の人種はすべて劣り、漢民族に支配される事が、当然の帰結であると思っての行動なのでしょうか?

  • 【皆のために】の裏で、弱い者いじめを行う心理は?

    中国が、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の参加を訴え その参加協力国は、57カ国にも及んでいます。 特にヨーロッパなどの参加国も期限間近に増えました。 しかしながら 中国は南シナ海でのスプラトリー諸島周辺にて 岩礁を埋立て、滑走路を作るなど 着々とその実効支配を進めております。 その埋立て地域は 東京ドーム64個分「約300ヘクタール」にもなり、 周辺海域は「4平方キロ超」にもなる見通しです。 先日の東南アジア諸国連合(ASEAN)にて フィリピン外相から、「埋立ての即刻中止」を 求める呼びかけがなされたようです。 ・中国の南シナ海埋め立て、比外相が「即刻中止求めるとき」 http://www.sankei.com/world/news/150426/wor1504260052-n1.html 中国は「南シナ海の岩礁埋め立ては安全のため…」だと いっているようですが、 元々、ベトナム、フィリピンの領土、領海を支配しているわけですから その理屈も通じないと思います。 このように 中国が世界に「皆のために」と訴え 世界銀行を作り その裏で、「南シナ海を占領するという」 弱い者いじめを行うという心理は どのような心理なのでしょう?