• 締切
  • すぐに回答を!

大塚史学

  • 質問No.8614381
  • 閲覧数318
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

所謂「大塚史学」は批判的近代主義の立場に立っている。つまり問題関心は日本の近代化の「特殊日本的」とされる在り方である。
従って日本の近代化の特殊性を科学的に認識するために、比較ということを考え出した。歴史は実験できないからである。
それ故「大塚史学」は比較社会経済史学とも呼ばれる(ここでも以降そう呼ぶ)。
比較の対象としては「自生的」に産業革命に到達したとされるイギリスが選ばれた。さらに世界史的位置としてはイギリスの近代
工業の側圧を受けたフランス・ドイツ・アメリカ・(あまり研究はされなかったが)イタリア・ロシアなどが随時比較の対象として
用いられた。また資本主義的発展に適合する経済制度を生み出したものとして、ブルジョワ変革が取り上げられた。すなわち、市
民革命を経験したイギリス・フランス・アメリカ、とブルジョワ的改革に留まったドイツ・イタリア・日本である。
マックス・ウェーバーは現実の無限の多様性を社会科学として認識するための方法論として、理念形を唱えている。無限の多様性
の中で一定部分の有限個の意味あるものを取り出して辻褄の合うように再構成するということである。比較社会経済史に当てはめ
ると理念形がイギリスということである。従って日本の近代化の特殊性を科学的に認識するには、イギリスは現実に比べて抽象化
されることになる。まとめて言えば、日本経済史を社会科学的に認識するためにイギリスを抽象化して比較する、ということであ
る。


この文章をもっとわかりやすい言葉で説明してください(´・ω・lll)

回答 (全1件)

  • 回答No.1
文章を箇条書きに書き換えてみて下さい

(1)所謂「大塚史学」は批判的近代主義の立場に立っている。
(2)問題関心は日本の近代化の「特殊日本的」とされる在り方である。
(3)日本の近代化の特殊性を科学的に認識するために、比較ということを考え出した。
(4)歴史は実験できないからである。
(5)それ故「大塚史学」は比較社会経済史学とも呼ばれる(ここでも以降そう呼ぶ)。
以上が著者が決めた「大塚史学」の定義

(6)比較の対象としては「自生的」に産業革命に到達したとされるイギリスが選ばれた。
(7)さらに世界史的位置としてはイギリスの近代工業の側圧を受けたフランス・ドイツ・アメリカ・(あまり研究はされなかったが)イタリア・ロシアなどが随時比較の対象として用いられた。
(8)資本主義的発展に適合する経済制度を生み出したものとして、ブルジョワ変革が取り上げられた。
(9)市民革命を経験したイギリス・フランス・アメリカ、とブルジョワ的改革に留まったドイツ・イタリア・日本である。
以上が比較した対象の範囲の説明

(10)マックス・ウェーバーは現実の無限の多様性を社会科学として認識するための方法論として、理念形を唱えている。
(11)無限の多様性の中で一定部分の有限個の意味あるものを取り出して辻褄の合うように再構成するということである。
以上がウエーバーの理論の説明

(12)比較社会経済史に当てはめると理念形がイギリスということである。
(13)日本の近代化の特殊性を科学的に認識するには、イギリスは現実に比べて抽象化されることになる
(14)日本経済史を社会科学的に認識するためにイギリスを抽象化して比較する、ということである。
以上が((1)~(11))での結論

箇条書きされた各項の中で使われている個々の言葉の定義は、それをキーワードとしてネットで検索してください。
どの項のどの部分が不明なのかが分かりませんので、ご理解できるように書き換えるのは難しいです。
もう一度整理して考えてみて下さい。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ