-PR-
解決済み

別表の利子割の記入について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.855542
  • 閲覧数2456
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 91% (11/12)

法人税の申告書についての質問です。
預金利息等の地方税分を租税公課で処理しています。
今期は赤字なので、翌期に還付されると思うのですが、別表の記入の仕方がわかりません。
別表五(二)8の「当期発生税額」と「損金経理による納付」の欄には記入しました。別表四と別表五(一)にも記入するのでしょうか?
経理初心者の為、質問の仕方もおかしいかもしれませんが
宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 73% (3065/4155)

預金利息等に係る地方税(国税も同様ですが)については、損金不算入となりますので、決算書上で租税公課等で経費で処理していた場合は、申告書の別表四で加算しなければなりません。
その上で、税額から控除、又は、赤字の場合は還付を受ける事となります。

別表四
 「4.損金の額に算入した道府県民税利子割額」のマル1及び2に記入します。

別表五(一)
 「29.未納道府県民税」のマル3「増」及びマル2「減」欄に同額を記載します。

 その地方税が還付となる時は、空欄の3にでも「過払道府県民税」と記入して、マル4及びマル5に還付額を記入します。

その他、地方税の申告書には、「第六号様式別表四の四.利子割額の控除・還付に関する明細書」及び、「第九号の二様式.利子割額の都道府県別明細書」にそれぞれ記載して添付する必要があります。

参考までに、国税については、別表四の「26.法人税額から控除される所得税額」のマル1及び3に記入し、別表五(一)に記載する必要はありませんが、別表一及び別表五(二)、別表六(一)には記載する必要があります。

下記サイトも参考になるかと思います。
お礼コメント
calario

お礼率 91% (11/12)

詳しい説明をありがとうございます。
とても参考になります。
今月提出しなければいけなくて、あせっていました・・・。
これで無事に提出できそうです。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2004-05-12 21:29:22
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ