• ベストアンサー
  • 困ってます

ウクライナ政府の外交失策責任

今更ながらの質問になります。 もしウクライナがEUにもロシアにもいい顔していたらクリミアを失う事は無かったのではないかと思っている一人です。 EU寄りに政策転換した事によりEU側も財政とエネルギーの支援しなければならなくなりました。EUにとっても迷惑だったのではないでしょうか。 一方ロシアにとってもウクライナがEUの一員になる事はNATOが国境近くに配置されるのではないかと緊張します。 どっちにもいい顔する中立外交政策が取れなかったのでしょうか。 或いは今までロシアから圧力を受けていた事がEU寄りにしたのでしょうか。 素人の質問です。事情痛の方に宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数175
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Fuhaima
  • ベストアンサー率43% (23/53)

ほかのところでも書いたのですが、教養あるビジネスマンでウクライナ人の話からすると、ヤヌコビッチの問題が大きかったようです。もともと、賄賂なりで私腹を肥やしていて(TVで黄金を使った装飾とかが出てました)、そんなものだから経済的にうまくいかなかったんです。それでEUに泣きついた。 EUはヤヌコビッチがろくでもないことがわかっていたのと、ギリシャで散々大変な目にあっていたので、支援はするが条件を厳しくしたんです。議会も大統領を非難して。それでそんな面倒は嫌だということになり、そこへプーチンがおいしい支援を言いだし、こっちにすると言いだしたんです。でも、ロシアも賄賂社会、もらったお金を自分の懐に入れるのが目に見えたのであのデモは起きたんです。西側がしかけたという話もありますが、風見鶏で自分が優雅に暮らしたいだけの国民を顧みない馬鹿大統領にみんな嫌気がさしてたんです。 クリミアはもともとロシア領だった(本当はもっと前にタタール人のものだった)ことで、軍港があります。ロシアとしてここを失うことはできません。馬鹿大統領で火の粉が飛んで来てはたまらないから、自治共和国議会と軍に内通者を作ってあっさり占領したのはご存じのとおり 。 で、今回の件は西側がしかけたという人が多いのですが、ウクライナ人の話でもどうもそれは関係はないようです。もちろん、でもが起きたあとは支援をしたみたいですが、最初に動いたのはウクライナ人のようです。それに、西側が仕掛けたのなら勝つシナリオがないとだめです。ところがエネルギーはロシアに握られているのは明白で、EUが強気に出れないのはわかってましたし、米国にしてもEUの協力なしでは無理なわけです。クリミアがあるからロシアは黙ってみてはいないのは当然なんで。 ウクライナについては英米露でブダペスト覚書というのを交わしていて、核放棄に調印する肩代わりに領土を守ることを約束していました。そのため、ロシアは軍を送っておきながらあれはロシア軍じゃないとか言い張ったわけです。でも、ウクライナ軍港に老朽船を沈めてウクライナ軍をすぐに封じ込めるとか、ウクライナ軍の司令官をすでに手名付けていたのは明白ですし、むしろ、ロシア側がシナリオを作ったと思えるほどで、欧米は完全に手玉に取られました。いまもどちらかと言えばロシア有利です。 プーチンはロシア帝国というかユーラシア帝国を考えているように思います。だから、中国には黙っていてほしいので、昔は仲が悪かった中国とはいま親密にしています。ただ、これもいつまでかはわかりません。中国は彼らにとってはある意味邪魔ですし、ロシア人の中国人嫌いは有名です。 ということで馬鹿大統領の無策に尽きる話で、そこにプーチンのシナリオが強かったという当然の結果となっているわけです。オバマはシリアに対して何もできなかった(国連は無能な事務総長なので何もしません)のをロシアと中国に見透かされたことも今回の結果に結びついています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにあのヤヌコビッチ大統領の政策は国民に向いていなかった事が最大の敗因でしょうね。 それにしてもお詳しいですね。 ANo3さんと言え舌を巻きました。 複雑なウクライナ事情を分かりやすく教えて頂き有難うございました。

関連するQ&A

  • 親インドは遠交近攻の外交策か

    最近、日本がインドに秋波を送っているようです。これは隣の大国・中国を意識した「遠交近攻」の外交策でしょうか。つまり挟み撃ちの外交圧力と、経済的な実利との両方をもくろめる、日本の外交政策と見て良いでしょうか。 安倍総理には、金融財政だけでなく、外交にも知恵のあるブレーンがいるようです。どうでしょうか?

  • よく分からないウクライナのEU寄り

    冷静に考えればロシアと西側の緩衝地帯となっているウクライナが西側寄りになればロシアの態度が硬化する事は充分予想出来たのではないだろうか。 しかもソチで冬季五輪をやっている最中にその様な動きを起こす事は無かったのではないだろうか。 結果としてクリミアは奪われロシアからのガスの供給も今後難しくなるだろう。困るのは国民であるし結果としてEUも困るものと思われる。 うまい事立ち回ってEUにもロシアにも双方にメリットのある国を目指せなかったのだろうか。 それともロシアから何らかの不適切な圧力を受けていたのだろうか。 事情通の方のご意見を伺いたい。

  • ウクライナ問題について

    ウクライナ問題について自分なりにざっくりまとめてみました。 1) 間違いや、肝心な部分で抜けがあったら指摘お願いします。 2) ロシアがウクライナに進軍してからのことがイマイチよくわかりません。 進軍~現在の状況はどうなっているんでしょうか? ----- ウクライナの真ん中には東西を二分するように川があり、 それを隔てて西側は親EU派、 東側は親ロシア派となっている。 比率は4:6。 ↓ 長らく親ロシア政権だったものの、2004年アメリカの干渉の元 親EU派の政権が発足。 ↓ ウクライナのEU加盟はEUにとってメリットがあった。 ・鉄鉱石や石炭などの資源が豊富な資源を関税なく手に入れられる ・軍事大国であるロシアを封じ込めるのに有利な土地 ◇ そのためEUはウクライナに資金援助をし歩み寄りを図るが、EU加盟の条件(財政赤字が対GDP比3%以下)をウクライナがクリアすることができず難航。 ↓ ロシアとしては隣国ウクライナがEUやNATOに加入すると大変な脅威なので、ウクライナのEU加盟を阻止したかった。 ◇ そのため親EU政権発足後は、天然ガスの価格をつりあげるなどして圧力をかけた。その後一転してガス価格の引き下げと資金援助を提案。 飴と鞭作戦によりウクライナは2010年 再び親ロシア政権に。 新政権によりEU加盟交渉は打ち切られた。 ↓ しかし親EU派からの不満の声が高まり、大規模なデモに発展。 親ロシア政権は制圧されトップは亡命。 これにより2014年 親EU暫定政権が発足した。 ↓ これに目をつけたのがアメリカ。 ロシアとウクライナを引き離す=ロシアからEUへの天然ガスの供給がストップ(ウクライナのパイプラインを使っているため)=自国のガスを売るチャンス と考え、暫定新政権を正式に認めるようEUに圧力をかけた。 ↓ 親EUウクライナ政府軍は、東側へ進軍。 ↓ ロシアはウクライナに住むロシア系住民の保護や、不法クーデターに対する治安維持を理由にウクライナに軍事介入。 ↓ ロシアはまずはじめにクリミア半島に軍を派遣。 黒海に面したこの港は軍事的に非常に大事な土地であったこと、 また住民の多数をロシア系が占めるクリミア半島自身から援助を求める要請があったためだった。 ↓ クリミア自治共和国で親ロシア派の新首相が誕生、独立宣言を行った。 それに続き、東部の都市も続々と独立宣言を行った。 ↓ 資源や地政学的にも東側地域は価値があり、西側はチェルノブイリなど負の遺産をかかえていたことなどから、ウクライナ政府軍は東側の独立に強く反発。攻撃を強めた。 ↓ ウクライナ政府軍は政変に対抗する東側市民を「テロリスト」とし、攻撃を正当化した。 アメリカはこれを支持。 ロシアはウクライナ軍と交戦。 ↓ アメリカとEUはロシアへ経済制裁。 しかしロシアからも負けじと経済制裁が行われた。 ↓ 国内の混乱は未だ収束していない。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • m-m-mg
  • ベストアンサー率23% (54/226)

政治経済が比較的安定した平時の状態ではそのような外交もあり得たのかもしれませんが、ウクライナは内戦寸前の状態にまで緊張が高まったりしていますから無理だったでしょう。だからクリミアはロシアへ支援要請しロシア編入した訳ですし、今も燻っています。 また2000年台中期から米国の諜報機関がウクライナで活発な工作活動を行っており、現在では東西対立としの双方の工作機関が暗躍して、ウクライナ内政をより不安定化させています。 そして昨今ではウクライナの現欧米派政権は、ネオナチや民族主義団体の政治組織と手を組み、政府の閣僚として迎えるまでになっています。これらの組織の支援なくして現政府は政権維持できない状態になっているからです。 愛国者としてのファシズム、愛国者としての反ユダヤ主義が公然と主張され、政府が謀略を黙認するという非常に歪んだ状況になってもいるようです。 またどうやら米政府からネオナチ関連組織へも支援し工作が行われている模様です。かつてアルカイダと手を組み資金提供、物資提供、軍事支援、などを行って反ロシア運動を行って来た如くですね。 (画像は、ネオナチのスヴォボダ党指導者とジョン マケイン(米国共和党元大統領候補)の写真です。) ウクライナはIMFの管理下に入り破綻処理させられる予定になっており、クリミアはその難を逃れたという状態です(クリミア市民から考えればです)。また同時に資源が比較的豊富なウクライナの東側地域は、クリミアのように独立した方がメリットが大きい状況です。 IMFの破綻処理が行われれば緊縮財政が共用されてギリシャのようになり、資源の利権は根こそぎ欧米諸国の企業に持って行かれることになります。 またクリミアの独立はある意味ではウクライナに巧妙をもたらした可能性もあります。クリミア独立前はウクライナをIMFが破綻処理させる流れがほぼ出来上がっていましたが、クリミア独立でそのシナリオが変わりました。 現状でそれまでの予定通りのIMFによる破綻処理が行われると、ウクライナ国民は緊縮財政政策の下、酷い生活を余儀なくされ、資源利権は根こそぎ欧米企業に持って行かれ、その一方で、クリミアとの格差を見せつけられる事態となります。そしてそのことは東側の多くの地域で独立運動の起爆剤となるのは目に見えています。そのため、それまで通りのIMFによる破綻処理政策は安易には行えなくなっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アメリカの諜報員がウクライナにいると言う事はロシアはなーバスになるでしょうね、おまけに西側にスタンスを変えればそれこそ天下御免で諜報員や工作員が国境に徘徊するのだからなお更です。 映画で「ジェイソンボーン」がありましたが映画を地で行っている事に驚きです。 詳しい解説を有難うございました。 よく分かりました。

  • 回答No.2
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3285)

事情通というほどではありませんが、とりあえず個人的な見解を。 そもそもウクライナ紛争は、ウクライナ国内の政争の延長です。 今の混乱の発端は、EUに支援された現在のウクライナ政府が、ロシア寄りの前政権の大統領をデモで追い出したところにあります。 ですので、今の政府が元々EU寄りなので  >どっちにもいい顔する中立外交政策が取れなかったのでしょうか。 という行動を取ることが、そもそも不可能に近いと思います。 まあ、日本の戦国時代の地方の大名のように、最初は西軍の味方をしながら、関ケ原の戦いで東軍が圧勝すると、しれっと東軍に乗り換えるような、ふてぶてしい人物が居れば別でしょうけれど、まあ今のウクライナ暫定政府(選挙を経たわけではないので、まだ正当な政府ではないと思います)の主要人物の名すらろくに聞こえていませんし、政権にネオナチを取り込むほど人材不足のようなので、そういった対応はたぶんできないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

前の大統領の責任も大きいですね。確かに。 それに他民族国家と言う日本では想像出来ない問題もあると言う事でしょうか。 貧富の格差からの暴動から始まった様ですが、今の日本も振り返って他山の石と言う例えで謙虚な気持ちになるべきです。 有難うございました。

  • 回答No.1
noname#202195

ウクライナは東部が親露派の住民が多数なのに対して、西部は西欧派の住民が多数を占めます。西部の住民がEU加盟を望むのは、西部がウクライナ国内でも貧しい地域であり西側資本の導入を強く望んでいたためであり、ロシアと親密な関係でロシア系住民も多く、大国ロシアの恩恵を受けてきた裕福な東部とは経済格差が存在するのです。クリミア住民に続いてドネツクでもロシアの帰属運動が起きてますが、彼等にしてみたら同じスラブ系のロシアの一員になる事は「大国からの恩恵」を考えたら当然の成り行きだったのでしょう。ウクライナ政府としてもEU諸国にばかりにいい顔をしてロシアに恨まれ、軍事大国ロシアの脅威に晒されたくはない、EU加盟により豊かなウクライナの東部がウクライナからの分離を主張してロシアの自治共和国になったら、貧しい西部だけでは国が破綻→崩壊するのは目に見えています。確かに「ロシアの衛生国」でいるよりEUに加盟すれば、ユーロの導入など西側資本が入ってきますから、西部の住民としては今よりも経済的 に潤うでしょう。ロシアは同じ欧州でも西欧の価値観とは歴史的にも違うという意識があります。ソ連時代からの「ロシアの右腕」のような存在であった、ロシアと同じスラブ系正教徒でロシアからしたら弟分みたいな存在のウクライナがEU加盟で「西欧の一員」になることはロシアのプライ ドが許さなかったのでしょう。EUに加盟して西側資本が欲しい、同時に東部の親露派の住民との摩擦を防ぎたい、ロシアを怒らせたくない… 双方のはざまで揺れているウクライナの現状が想像できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

東と西との貧富の格差がキーになっていると言う事ですか。 やはり紛争の火種はそこにあったのかと言う所です。 うっすらと分かった気がします。 有難うございました。

関連するQ&A

  • ウクライナの紛争について

    ウクライナの現政権は反政府デモ(クーデター)の結果出来たものです。親ロシア政権のヤヌコビッチ大統領は追い出されたのですよ。ロシアがウクライナに軍事干渉するのは当然ではないのでしょプか。世界はロシアが悪者の様に言ってますが、ウクライナにもロシア系国民はいます。今まで仲良く暮らしていたのにEU寄りになったからロシアは危機感を持っているのです。ウクライナへのロシアの軍事介入を防ぐにはクリミア自治共和国を独立させてロシア側にさせる事で双方を納得させれば良いと思います。クリミアが完全にロシア側になって不都合な事が有るのでしょうか。そうじゃないでしょうか皆さん。

  • 第3次世界大戦_ウクライナ_アメリカ

    米国はウクライナ全域を勢力下に置くため、ウクライナでの戦争の準備を進めているとのこと(準備といってもたぶん全面戦争への備えという意味かと)。また一連のアメリカの反ロシア政策としての挑発的な対応にEUは困惑し、このままアメリカの思惑通りのかたちでNATO が動けば、下手をするとヨーロッパが第3次世界大戦の戦場になる危険性さえあると危惧しているとのこと。 ドイツは一連の報道でロシア軍の動きが公に流れるたびに、それが事実に反していることで、政府関係者らは強い不安と危機感を抱いているという。 例えば、ウクライナ紛争の初期にロシアの戦車が国境近くまで押し寄せていると大々的に報じられたが、ドイツ諜報機関BNDは既にその事実がないことを確認していた。その後ウクライナ紛争が拡大を始めた頃、4万人のロシア軍がウクライナの国境近くまで前進していると報じられたが、4万人の兵員ではなく、事実は2万人の兵員で、しかもそれら兵員は紛争以前から駐屯していた兵員だったという。 また現在EUは経済動乱が背景になり、その対応や方針もEU諸国の政府間で割れており、大きく意見が対立しているとのこと。 現在は沈静化へと向かっている?ようですが、アメリカがウクライナ問題に積極的に介入したがるのはなぜでしょう? またオバマは戦争や紛争への介入に消極的であるにも関わらず、イラク問題(ISIL問題も含む)、ウクライナ問題、イラン問題などへ結果的に進んで行くのはなぜなのでしょう? アメリカは十数年に一度は戦争しなくては成立しない国 なんて陰謀的な言われかたをしますが、こういった話と何か関係がありますか?

  • なぜロシアがウクライナとのガス紛争において責められなければならないのでしょうか?

    ロシアがウクライナへ供給するガスの値上げを行った事を非難する人がいますが、なぜロシアが非難されなくてはならないのですか? ロシアはウクライナやベラルーシなどの旧ソ連国家に対し、自分たちと縁があるからという理由で格安の身内価格でガスを提供していたんですよね?ですが、ウクライナは欧米に擦り寄るためにロシアとの縁を切った。ならばロシアが格安でガスを提供する理由はありません。値上げといいますが、もともと格安に値下げしていたガスをEUに提供するときの通常価格に戻しただけ。こんなのは値上げとはいえないのでは? ロシアはEUで1バレル250ドルで売っていたガスをウクライナに1バレル50ドルで売っていたのを、ウクライナがEU寄りになったということで230ドルにしただけ。EUへ売る価格よりもまだ安いのですから、これで払えないというのはただの我侭のような気がします。 そもそもウクライナ自身ロシアから格安で購入していたガスを高値でEUに売り飛ばしていたわけでしょう?ロシアがEUに売る際の値段とは変わらないとはいえ、原価の数倍で転売するなどという事をされればロシアだって怒っても不思議ではありません。 このガス紛争のことでロシアは自分に逆らうものに圧力をかけている悪い国だという批評が数多くありますが、私に言わせればロシアのどこに非があるのでしょうか? 自分と縁があると理由でガスの値下げをしていたのに縁を切ろうとした上、格安で売ったガスを高値で転売していた。これでウクライナに対して何の措置もとらず今までどおり格安の値段でガスを売っていたらロシアはただのアホじゃないですか。 今のところはガスの値上げについての質問であり、他にもいろいろと疑問点がありますが、それは追って補足します。

  • クリミアの天使

    ロシアがついにウクライナに軍事介入しました 戦争は避けられない状況ですが 海軍がロシアに寝返るなどウクライナ軍の戦力はかなりピンチです 恐らくEU寄りのウクライナはヨーロッパ並びに国連に対し多国籍軍の派遣を要請し全面戦争に突入となるでしょう。 クリミア半島は独立し、クリミア共和国が誕生する可能性があります この戦争で傷ついた国民の前にナイチンゲールのようなクリミアの天使は現れるのでしょうか?

  • ナポレオンの時代の政治情勢がよくわかる良書は?

    ナポレオンの活躍した時代のヨーロッパについて調べています。 戦争、戦術に関しての書籍といえば、信山社の〈ナポレオン戦争〉で決まりでしょう。 ですが、当時、中立だったスウェーデン、デンマークの政治状況、外交政策、またライン同盟成立の過程など、比較的ディープ(と思っています)なものまで網羅した、当時の政治情勢がよく理解できる良書を探しています。 できれば和書でよいものがあればご教示いただきたくお願いします。 和書で推薦できるものがなければ、英文の洋書でもかまいません。 読解に挑戦してみます。

  • 3月に開始される可能性が高い第三次世界大戦

    情報元=ビフォアー・イッツ・ニュース=の 2016年3月6日8時10分の配信記事です。タイトル=NATOの先制攻撃計画 以下は「日本や世界や宇宙の動向」様の翻訳記事です。 2016年03月07日13:18    NATOが先制攻撃? イスラエルのオルターナティブメディアを調査によると、 NATOとアメリカは本気でロシアと対戦するつもりのようです。 ロシアは何度も交渉をしたかったようですが、 NATOとアメリカはなんとしてもクリミアやシリアをロシアから 奪い取りたいようです。また、同時にアメリカは北朝鮮と南シナ海にも B52を送り出しています。まさか。。。 シリア、ヨーロッパ、北朝鮮、南シナ海で同時に戦争が起きるのでしょうか? 特に中東シリアは爆発寸前の様相です。メディアはどうもこのことを隠したいようです。 日本政府はもちろん把握しているのでしょうが。。。 http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2016/03/bombshell-nato-plans-first-strike-video-2460518.html (概要) 3月6日付け NATOが対露との先制攻撃を行います! ロシア語のニュースサイトにて、世界のリーダーらがトルコと連携して ロシアからクリミアを奪還しようとしているとウクライナ政府が明らかにしました。 クリミア奪還作戦は、トルコとサウジアラビア軍によるシリアの地上侵攻の過程で行われます。        そのためにアメリカがB52爆撃機を中東に送り込んでいるのだと思います。 (一部) 我々の調査結果で分かったことは、NATOが対ロシアで先制攻撃を行うということです。 中東やヨーロッパで武力集結が始まっている理由は正にこの事を示します NATOがシリアに先制攻撃を行うかどうかは分かりませんが、 ロシアとの戦争を計画しています。 我々が突き止めた今回の情報を公開するのを阻止しようとしている 団体がいます。彼らは情報を隠蔽したいのです。 アメリカは核爆弾を搭載したB52爆撃機を中東に送り出しています。 その目的はISISを攻撃するためと説明しています。 また、中国と紛争中の南シナ海にも、アメリカにとって核の脅威となった 北朝鮮の上空にもB52を飛ばし始めました。 アメリカは中東のISISを攻撃するためにこれほど巨大な爆撃能力が 必要なのでしょうか。彼らの攻撃対象はISISだけではありません。 シリアにはロシアが背後にいます。 ロシアはアメリカやNATOと交渉を要請しましたが、 アメリカやNATOはクリミアもウクライナも諦めようとはしません。 US Troops In Israel (一部) 米軍はイスラエルで軍事演習を行うことになっています。 また技術的な面での訓練のためにさらに1700人の軍事要員が イスラエルに到着することになっています。 アメリカはイスラエルとの合同軍事演習を行うつもりです。これは、 中東でアメリカの同盟国を守ることを目的としていることは確かです。 (転載終了) ビルダーバーグ会議において、 2015~2016年に掛けて第三次世界大戦の準備をして、 2016年に決行する事は既に取り決められて来ている事です。 すべて悪魔崇拝結社であるハザールマフィア社会の【自作自演】です。 この勢力の目的は、悪魔崇拝型の世界統一政府の創立だけであり、 その目的のための、私達ゴイムの大量間引きです。 悪魔崇拝をして来ている殺人鬼集団の構成員の顔には共通した 特徴があります。 それは【片方の眼が天を向いている】事です。 これは、通常は異次元に居る、とてつもなく強いエネルギー体が、 その人物の脳に居座り続けるために物理的にそうなります。 ところで、私達日本人は、他国の人々に比べて『危機意識が低過ぎる』と よく言われますが、皆様にお聞きしますが、たとえば、 飲料水や緊急時用の食糧の備蓄をなさっているとか、 衣料品等の生活必需品を直ぐに持ち出せる様に鞄に詰め込んでいるとか、 逃走(避難)ルートの検証および確認および段取りはもうお済みですか? 日本全土でパニックになって全国的に『道路の大渋滞』が起きますから、 パンクしにくいタイヤを装着している堅牢な造りの自転車を 御家族の人数分、御用意なさっている方がいいと思います。 また、原付バイクの荷台に予備燃料のガソリンを入れたポリタンクを 取り付けて置くとか寝袋やハンモック用のネットを取り付けて置くとか タイヤをパンクし難いタイヤに交換して置く等の対策はしていますか?   

  • 戦争を危惧されている方は御感想をお聞かせください 

    マスコミに載らない海外記事 様のブログ記事ですが、 戦争を危惧されている方は御感想をお聞かせください。 2015年12月 9日 (水) 差し迫る戦争。止めるには遅過ぎるのだろうか? Paul Craig Roberts(ポール・クレイグ・ロバーツ)2015年12月7日 軍事史の教訓の一つに、戦争のための動員が始まってしまうと、 勢いがついて、制御が効かなくなってしまう事がある。 これこそが、気がつかない間に 我々の目の前で起きている事なのかも知れない。 9月28日国連70周年演説で、 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領ロシアは、 もはや世界の現状には我慢ができないと述べた。二日後、 シリア政府の要請でロシアはISISに対する戦争を始めた。 ロシアは、ISIS兵器補給廠を破壊し、シリア軍が ISISの進撃を押し返すのを支援するのに素早く成功した。 ロシアは、積み荷の盗んだシリア石油をトルコに輸送し、 トルコを支配している悪党の家族に売ってISISが資金調達をする 何千台もの石油輸送車も破壊した。 ロシアの果断さに、ワシントンは不意をつかれた。 ロシアによるその様な断固たる行動の素早い成功が、 ワシントンが対アサド戦争を継続すること、そして、 ロシアに圧力をかけるのに、ワシントンがキエフの傀儡政権を利用することを、 ワシントンのNATO傀儡諸国が支持する気持ちを削ぐことを恐れ、 シリア内のロシアによる空爆作戦空域では空対空遭遇戦をしないようにするという、 ロシアとNATO間の合意にもかかわらず、ワシントンは、 トルコにロシア戦闘爆撃機を撃墜させたのだ。 あらゆる責任を認めずに、ワシントンは、攻撃に対しトルコが 謝罪しないことへのロシアの控えめな対応に付け込んで、 ヨーロッパに、ロシアが張り子の虎だと保障している。 欧米の売女マスコミはこう吹聴している。“張り子の虎ロシア” 挑発に対するロシア政府の控えめな対応は、中東や、ウクライナ、 ジョージア、モンテネグロや他の場所でも、ロシアに圧力を かけ続けることに何の危険もないと、ヨーロッパを安心させるため、 ワシントンに利用されている。ワシントンによるアサド軍攻撃は、 戦争を避けるためのロシアの責任ある対応は恐れと弱さの印だと、 ヨーロッパ諸国政府に吹き込まれている考え方を強化するのに利用されている。 9月28日に、ロシア大統領と中国国家主席が再確認した 両国の自立した政策が、ワシントンによって、アメリカ覇権にとって “存続に対する脅威”と見なされていることを、 ロシア政府と中国政府が一体どこまで理解しているのかは不明だ。 アメリカ外交政策の基盤は、ワシントンの一方的行動を抑制できる 大国の登場を断固として防ぐ。ロシアと中国のこれができる能力ゆえに、 両国は標的になるのだ。 ワシントンは、テロに反対してはいない。ワシントンは長年、 意図的にテロを生み出してきた。テロは、ワシントンが、 ロシアと中国を不安定化させるために ロシアと中国国内の イスラム教徒に武器を輸出し、利用しようとしている武器なのだ。 ワシントンは、無力なロシアは、同盟国として、 中国にとって魅力が減少するので、ロシアの無力さを、 ヨーロッパと、中国に実証するために、ウクライナを利用したのと同様、 シリアを利用しているのだ。 ロシアにとって、挑発に対する責任ある対応が、 更なる挑発を助長してしまうため、お荷物と化してしまった。 言い換えれば、ロシアと中国に残された唯一の選択が、 アメリカ臣下になるのを受け入れるか、戦争に備えるかしかなくなり、 ワシントンと、ヨーロッパ傀儡諸国のだまされやすさとが、 人類を極めて危険な状況に追いやっているのだ。 プーチンは、ワシントンや、そのヨーロッパ傀儡諸国よりも、 人命に重きをおいている事、そして、挑発に対し軍事的対応を 避けている事に、敬意を表されるべきだ。とはいえ、ロシアは、 ワシントンの対ロシア攻撃に適応している事には、深刻な代償がある事を、 NATO加盟諸国に気づかせる何かをしなければならない。例えば、ロシア政府は、 ロシアに対する事実上の戦争状態にあるヨーロッパ諸国に、 エネルギーを売るのは意味がないと決断する事が可能だ。 冬がやって来た今、ロシア政府は、ロシアはNATO加盟諸国には エネルギーを売らないと、宣言することが可能だ。 ロシアは収入を失うが、国家主権を失ったり、戦争したりするよりは安上がりだ。 ウクライナでの紛争を終わらせるため、あるいは、 ヨーロッパが参加する意欲を削ぐほどのレベルにエスカレートさせるため、 ロシアは分離主義州のロシアに再併合するという要求を受け入れることができよう。 キエフが紛争を継続するには、ウクライナはロシアそのものを攻撃しなければ ならなくなるだろう。 ロシア政府は、責任ある、挑発的でない対応に頼ってきた。 ヨーロッパ諸国政府が理性を取り戻し、自分たちの国益が、 ワシントンの国益とは異なることを自覚し、ワシントンの覇権政策を 可能にするのを止めることを当てにして、ロシアは外交的手法をとってきた。 ロシアの政策は失敗した。繰り返そう。ロシアの控えめな責任ある対応が、 ロシアを誰も恐れる必要がない張り子の虎として描き出すために ワシントンに利用されてきた。 戦争を避けるというロシアの決意が、直接、戦争に導きつつある という逆説を、我々は押しつけられている。 ロシア・マスコミや、ロシア国民や、ロシア政府の全体が、 これを理解していようといまいと、ロシア軍にとっては明らかなはずだ。 ロシア軍指導部がすべきなのは、NATOが“ISISと戦う”ために配備した 軍隊の構成をじっくり見ることだ。ジョージ・アバートが書いている通り、 アメリカとフランスとイギリスが配備した航空機は、狙いは地上攻撃ではなく、 空対空戦闘用の戦闘機だ。戦闘機は、現地のISISを攻撃するためではなく、 ISISの地上標的を攻撃するロシア戦闘爆撃機を脅かすために配備されているのだ。 ワシントンが世界をアルマゲドンに押しやっており、 ヨーロッパが、アメリカの悪行を助長していることに疑問の余地はない。 ワシントンの金で買収されたドイツ、フランスとイギリスの傀儡連中は、 ワシントンの支配から逃れるには、間抜けなのか、むとんちゃくなのか、 無力なのかのいずれかだ。ロシアがヨーロッパを覚醒させられない限り、 戦争は不可避だ。 アメリカ政府を支配している徹底的に邪悪で愚かな ネオコン戦争商売人どもは、プーチンに戦争は不可避だと教えたのだろうか?  

  • 鳩山首相に、海兵隊は抑止力であると進言したのは誰(又はどこの機関)なの

    鳩山首相に、海兵隊は抑止力であると進言したのは誰(又はどこの機関)なのでしょう? 米軍基地が抑止力になる⇒ならないという変化は、軍事、外交政策上180度の転換とも言えると思いますが、その根拠は何を見てもわかりません。鳩山内閣のブレーンとされる小川和久氏の名前が取り沙汰されていますが、全く個人的な印象で、勉強不足故かも知れませんが、今までの小川氏のトーンからして、抑止力論を肯定されることはあっても(報道ステーションでそう述べたそうですからそうなのでしょう)、小川氏から「米軍を置いておかないと攻撃されますよ」との積極的な発信があるというのも考えにくい気がします。 単純に、防衛省でしょうか? どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。もしご覧になった記事のURLなどありましたら、貼り付けて頂けるとありがたく思いますが、もちろんなくても結構です。

  • 日本はアメリカの属国ですか?

     イラク戦争に関する論議で、アメリカにどこまでもついてゆこうとする日本政府の姿勢が見えます。  戦争の大義、自衛隊のあり方うんぬんよりも、「まず親アメリカ政策ありき」という印象です。  その根本には、「アメリカに逆らうことはできない」という「不安・恐れ」が強くあるように思います。 その原因として、次のようなものがあるようです。 1.アメリカが日本に経済制裁(車・家電輸入禁止)をしたら、日本経済は未曾有の大不況となる。 2.安保条約を破棄されると、軍事費を増やさなければならず、国家財政を圧迫する。 3.もし核攻撃をされた場合、守る手段がないため、核軍備化しなければならなくなる。 これらの不安は、どれくらいリアリティがあるものでしょうか? 日本と同様、韓国も属国に近いといわれています。 日本、韓国、中国、ロシア、東南アジアなどでEUのような政治・経済同盟圏をつくるなどして、「脱アメリカ」をめざすことは不可能でしょうか? 外交でアメリカに反対したら、本当にひどい目にあいますか?

  • 今後の日本の行方?

    について、お聞きしたく存じます。 韓国は米国離れ(北より)が進み、北朝鮮は生きながらえ(+日本向けの核実験開発)、中国は経済発展&覇権拡大、ロシアも石油利権により覇権拡大、アメリカは自爆&自滅テロ、EUもやや混乱してはいますが徐々に中国・ロシアより…。 気がつけば、中国・ロシア包囲網どころか、逆に日本が包囲されつつあります。 正直、今まで外交をないがしろにしていたツケが回ってきた感は否めません、がツケを回される側としてはたまったものじゃありません。 しかし、これも運命というのなら甘んじてお受けしましょう。 ですが、次世代(私の子供達の世代)まで、この連鎖を続けたくはありません。 かなり話はそれましたが(汗)、そこで皆さんにお聞きしたく思います。 1、現在の日本としては、今後どのような経緯をたどるのでしょうか? 2、それとは別に、どのような選択肢が取れるのでしょうか? 片方だけで構いません、「現実的側面」においてお願いします。 それと、これは希望論で結構ですので 3、「日本が取るべき経緯(政策)」にはどのようなものがあるでしょうか? みなさんの助言を拝借したく存じます。m(_ _)m よろしくお願いします。