• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

スマホでのダブル定額上限(au)について

iPhon4S利用、auです。プラン変更でいろいろ調べています。現在ISフラットですがネット環境をあまり利用しないのでダブル定額にしようと考えています。 auダブル定額プランのひとつ、スーパーライトは上限5.700円ですが、スマートフォンのみのプランである定額制のISフラットは上限5.200円です。 ISフラットは5.200円が上限の定額制ですが、ダブル定額スーパーライトでの5.700円の差にはどのような理由がありますか?という質問に「上限が2つ有るのは、1つはガラケー用、もう1つはスマホ用です。スマホに4200円なんて金額は有りません。上限は5700円のみ。」という回答がつきました。 回答はスマホのダブル定額を使う限り5700円だが、ガラケーは4200円で決まっているという意味なのだと思いますが疑問です。 たとえばパソコンのネット環境からWiFiで受けるように、スマホでネットやメールはあまり使わないという条件の場合、ダブル定額スーパーライトの方が得になると思いますし、実際スマホでこのプランを適用している人も多いでしょう。つまりスマホ自体でのネット利用や家のPCからwi-fiを使う場合のできるだけ抑えた利用の場合はダブル定額の上限は4.200円以内で済むはずです。確かにたくさんスマホでネットを使う場合はISフラット(5.200円が上限)にしておいた方が500円の得ですが、「スマホに4200円なんて金額は有りません。」という断定が分かりません。実際のところどうなのでしょうか?

noname#206454
noname#206454

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • au
  • 回答数4
  • 閲覧数1680
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Eureka_
  • ベストアンサー率41% (4985/12056)

>スマホでネットやメールはあまり使わないという条件の場合 http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110510/1031737/ SoftBankの事例ですがiPhoneなら(というかスマホならほぼ例外なく)同様です。 アプリの自動通信やメールの自動配信の確認(最近はSMS形式で必要時だけ確認しに行くようになったんでしたっけ)、iPhoneならiCrowdのデータ同期、その辺の通信量を積み上げると二段階定額の二段階部分にはまず収まりません。 #まあ、携帯各社のパケット単価があまりに時代錯誤な設定なのもその一因なんですがね。通信速度が9600bpsとかだった時代の設備利用効率を元にした値段を、いまや150Mbpsにもなろうかという速度の通信に適用しているもんだから全速を出したら1分もせずに上限に達する。 スマホでダブル定額を適用している人は、去年9月だったかの毎月割改定以前に契約していて、「スマホの3G回線では絶対に通信しない設定にしているが毎月割の適用は受けたい」という人くらいしかいないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >パケット単価があまりに時代錯誤な設定 そんな気がしてきました…。PCでは光回線とかの時代ですが、モバイルの場合まったく変ってないです。プランも昔から代わり映えしてないですね。 >スマホでダブル定額を適用している人 私もそうですね。改定があったのかと調べましたら「36回の割引を受けることも可能ということになりました。そして24回の毎月割より36回の毎月割が増額されていて、長くauで同じ機種を使う場合には少し多めに毎月割が貰えることになります。」とのこと… 毎月割はISフラットが条件らしいので、どのみち毎月割を受けるにはパケ割を選ぶことはできませんでしたが、来月でiPhon本体の分割支払いが終わるので、ここらでプラン見直しをしようと思ったのです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>しかしガラケーでは4.200円に抑えられるということでしょうね ガラケーでネットに接続するときは、 ガラケー向けのezwebによる接続と PCサイトビューアーによる接続の 2種類があって、ガラケーでもPCサイトビューアーで接続すると 簡単に5700円になっちゃいます。 http://www.au.kddi.com/mobile/charge/list/double-teigaku/ ezwebによる接続はテキスト中心で いかにもガラケー向けって感じです。 ビューワーのほうは画面は狭いですが、 いかにもパソコンと同じような画面をみることができます。 auのサイトにはちゃんとスマホでezwebは利用できません。とありますね。 注2)のところに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ダブル定額の説明をすべて読みました。 定額についてはダブル定額プランはすべて共通しているようですね。 【原則】 ガラケーにだけ適用➔「EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月」 スマホにだけ適用➔「スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月」 【例外】 ガラケー、スマホに適用➔「PCサイトビューアーご利用分を含めても上限5,700円/月」 「EZweb・Eメール」はガラケーのことを指してたのですね。(注2の「スマートフォンではEZweb・PCサイトビューアーはご利用いただけません。」がこれで、 スマホでネットを見る場合、EZwebではなく、「EZ WIN」となるのですね。(携帯料金体系ってほんと複雑、しかも説明が足りない) PCサイトビューアーを(うっかり)使ってしまうと、上限5.700円ですがこれはスマホの上限と同額です。(ちなみにISフラットでもPCサイトビューアーを使った場合の上限は同じ5.700円です) これらのことから、ガラケーやPCサイトビューアーでうっかり使いすぎるリスクを考慮した場合、スマホでISフラットというプランに落ち着きますね。 これまでISフラットは毎月割のためのプランでしたが、支払いを終えた今、今後はどのように安くするかを考えるわけです。

  • 回答No.3
  • Eureka_
  • ベストアンサー率41% (4985/12056)

>つまりネットをたくさん使う、かつスマホであればISフラットが得、ネットを最小限に抑える、かつスマホでwi-fiを使う、もしくはガラケーであればダブル定額が得という理解でよいでしょうか。 そうではあります。ただ、スマホのネットに慣れたらガラケーのネットに戻れるかという問題も。 #本体の性能も段違いですし、それに伴ってブラウザの機能とかもだいぶ違うわけで 安く上げるならdocomoの端末とかを入手して最近流行りのMVNOで通信専用に運用、ガラケーで通話という2台持ちが良いんじゃないかなと。 >毎月割の改定 いや、去年9月8日だかまでに契約していればダブル定額でも毎月割受けられたんですよ。つまり質問者さんの場合もダブル定額で毎月割適用になるはず。 それが予告無しの不意打ち改定で、以降に契約した場合ダブル定額が毎月割適用対象にならなくなりましてね…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 MVNOを調べてみました。なるほど、こんな方法もあったのですね。最近携帯電話を安くするサービスが増えていますね。 【携帯料金】スマホとガラケー2台持ちで月1,326円に!MVNOを試してみた http://matome.naver.jp/odai/2138348938891432201 月千円代にできるなら、即調べてみます。これならひとつの携帯会社のプラン変更よりもぜんぜん安くなりますね!

  • 回答No.1
  • kadakun
  • ベストアンサー率29% (356/1200)

auの料金プランをもう一度確認しましょう。 確かに、ダブル定額等も3Gのスマホなら選択出来ます。 しかし、スマートフォン単独利用時通信を利用の場合は、必ず5700円が上限になります。 4200円ではありません。なので4200円の請求になるというのは偶然以外にあり得ないのです。 http://www.au.kddi.com/mobile/charge/list/double-teigaku/ なので上限まで使うのなら、ISフラット(5200円)一択ですね。 もちろん、wi-fiをメインにすれば、上限まで行かないので、ダブル定額も有りでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 HPの ・EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月 ・PCサイトビューアーご利用分を含めても上限5,700円/月 ・スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月 とは4.200円にはならないよということだったのですね。しかしガラケーでは4.200円に抑えられるということでしょうね(であれば、次回機種変するときにはガラケーにしようと思います)。 つまりネットをたくさん使う、かつスマホであればISフラットが得、ネットを最小限に抑える、かつスマホでwi-fiを使う、もしくはガラケーであればダブル定額が得という理解でよいでしょうか。

関連するQ&A

  • auパケット上限額について等

    通信料を安くするため、ISフラットの解除を考えています。 IS NETも解除しようと思いましたが、 「IS NETに加入しない場合は、auで提供されている「au.net」を使用者の同意なく利用する形となり、料金は月額525円となり、パケットは青天井である。」(ウィキペディア) とのことで、月額料(300円)が安い方のIS NETに入っておく以外なく、また、ISフラットは解除も可能だが、アプリの自動アップデートで通信料がかかる場合もある(設定しだいですが)とのこと。また、メールもまったくしないというわけにはいかないので、保険という意味もあり、他のパケット定額制を考えています。 そこで以下のような、いくつかのわからないことがでてきました。 (1)ダブル定額スーパーライトについて ダブル定額スーパーライト ・3720パケットまで➔372円/月 ・3720パケット超➔(372円/月)+0.1パケットが加算 ・42.000パケット超➔4.200円/月 ・57.000パケット超➔5.700円/月 42.000パケットを超えた時点で372円の定額料は消滅し、4.200円の定額料を、同様、57.000パケットを超えた時点で372円の定額料は消滅し、5.700円の定額料となる。 という理解ですが正しいですか? (2)ダブル定額スーパーライトとダブル定額、ダブル定額ライトの違いがわかりません。 (3)各上限については以下のような対象がありますが、意味がわかりません。 ・EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月 ・PCサイトビューアーご利用分を含めても上限5,700円/月 ・スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月 EZweb・Eメールだけならば、4.200円を超えても4.200円だが、PCサイトビューアーやスマホでの通信だと4.200円を超えた時点で5.700円となるということでしょうか? つまり、当方スマホ(iPhon4S)利用ですが、「スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月」ですから、これに該当すると思いますが、「EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月」との違いがわからないのです。 スマホでのネット閲覧も通話も、同じEZweb環境(インターネット接続サービス)なのではないのですか?(現にEZ WINに入っていますし…) (4)PCサイトビューアーについて auのHPでは 「PCがなくても、ケータイからPC向けwebサイトが閲覧可能。EZwebでは簡易表示となるPCサイトもきれいに表示できます。」 とありますが、これはスマホでは通常のことであり、これは、いわゆるガラケー用のものですか?(注意書きに「スマートフォンではEZweb・PCサイトビューアーはご利用いただけません。」とあるのでたぶんそうだと思いますが… (5)ISフラットは5.200円が上限の定額制ですが、ダブル定額スーパーライトでの5.700円の差にはどのような理由がありますか?例えばISフラットはスマホしか適用できないと思ったのですが、ダブル定額もできますので、この差がある理由がわかりません。 以上長くなりましたがよろしくお願いします。

    • ベストアンサー
    • au
  • Eプランの上限額と同等のパケット定額がわかりません

    通話料の変更なのですが現在のプランSSからプランEに変更しようと思いますが、au料金プランの一覧をみたところ、「パケット通信料定額サービス」のところに 「ダブル定額スーパーライトの上限額と同等のパケット定額が自動適用(ISフラットのご利用も可)」 とありますが、これはどのような意味なのでしょう? スーパーライトの説明欄に「EZweb・Eメール上限額は4.200円/月」とあります。 ただし、私はスマホ利用なので「スマートフォン単独利用時通信をご利用の場合、PCサイトビューアーご利用時と同額の5,700円/月が上限額」という説明の通りになると思います。 ですが、この「ダブル定額スーパーライトの上限額と同等のパケット定額が自動適用」の4.200円は、スマホを利用していない場合つまり、ガラケーの場合にのみ適用ということですか? つまりスマホ利用=パケット定額が5.700円という条件なので、スマホでプランEにした場合、4.200円ではなく、5.700円となると思いますし、そもそも通話料のプランですので、なぜパケット通信料のことがあるのかわかりません。 蛇足ですが、プランSSでは無料通話料金が190円分残っています。基本料金はEの方が安くなりますが、無料通話量を使いきってから変更した方が得でしょうか?

    • 締切済み
    • au
  • スマホのダブル定額を最低金額で抑えるには?

    よろしくお願いします。 1.まず、毎月割りがあるのですが、毎月割りは、ISフラットかダブル定額を利用していないと適用されないのですよね?ダブル定額ライトやスーパーライトは対象外で間違いないでしょうか??? 2.スマホのISフラットをやめて、ダブル定額にしようと思うのですが、その場合、最低金額が確か2100円だったと思うのですが、通信などをまったくしないようにして、最低金額の2100円に抑える方法を教えてください。お願いします。 3.また、その場合、3Gというのでしたっけ?(すいません、詳しくないのでわかりません。)が使えなくなるのでしたっけ?となると、ezwebのメールがまったくできないということでしょうか?その場合は、パソコンのメールをスマホ経由でするということでしょうか? お詳しい方、どうか知恵をお貸しください。

    • ベストアンサー
    • au
  • パケット定額について

    長年使ってたガラケーが壊れたので、今安くなってるスマホ(is15sh)にポイントで機種変しようと思うのですが、パケ代について質問です。 ガラケーの時はダブル定額に加入していて、ネットはあまり使わず、たまに通販やこういったサイトをいじる程度(添付画像off)でパケ代は2千位で、携帯代月々4000円程度に抑えてました。 androidスマホにしたら、上記と同様にする事は可能でしょうか?? また、IS フラットとダブル定額の違いがあまりわかりません。 IS フラットに加入するとネットを少しいじっただけで上限額の5460円が発生するのでしょうか? どのプランに加入すればよいのか教えて下さい。回答宜しくお願いしますm(__)m

    • ベストアンサー
    • au
  • auスマホ、料金プラン

    auのスマホを使っています。 WI-FI MOME SPOT に申し込みました。料金プランを変更した方がいいでしょうか。 パケット代を安くしたいです。 プランはISフラットです。通話の料金プランは現状に合っているので、変更は考えてません。 割引プランはISフラットでは意味がないでしょうか。 パケット代をいくら節約したところで、定額だから安くならないですよね。 その代わり、HOME SPOTの利用料が安くなる(?)みたいです。 私はついつい使ってしまうタイプで、ダブル定額を使っていた時も結局いつも上限に達していました。 でも、できるだけWI-FIを使うようにすれば、今までと同じ量使ってもパケットは減っているわけで。あとちょっと我慢もすれば、少しは減るかな・・・と。 ただ、ダブル定額シリーズの中には、上限まで使っちゃうとISフラットの上限より高くなる場合もあるようで。だからと言ってISフラットのままだと、使用パケットが上限を下回るほど損ですよね。 家族も、そろそろスマホにすることを考えているので、HOME SPOT自体は無駄にならないと思うのですが・・・。 ・料金は安くしたい ・でも、ネットは使ってしまう。 ・家族は普通の携帯だが、いずれはスマホになる という場合、どう考えればいいですか? スマホ暦が短く(4ヶ月)、過去の請求書など、比較材料が今のところ乏しいです。 とりあえず、現状のまま一ヶ月使ってみようとは思うのですが、詳しい方教えてください。(公式HPの料金診断は今使えないみたいでした・・・)

    • ベストアンサー
    • au
  • auのスマホのパケット代についてです

    7月24日にスマホのIS11Sを購入しました。そこで最初の月はisフラット定額にして来月からはダブル定額にすることにしました。 そうするとほんの二週間あまりでフラット定額の料金約5000円を払うということになるのですか? それとも最初の利用月は無料でフラット定額は8月から適応されるのですか? そうじゃなければ今月はもうかなり使ってしまったのでダブル定額だった場合もう上限額まで到達してしまいますよね。

    • ベストアンサー
    • au
  • ダブル定額スーパーライトとダブル定額ライトの違い

    ダブル定額スーパーライトは月額定額料390円からパケット通信料0.105円/パケット ダブル定額ライトは月額定額料1,050円からパケット通信料0.084円/パケット ダブル定額は月額定額料2,100円からパケット通信料0.0525円/パケット 上限 EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,410円/月 (税込) PCサイトビューアーご利用分を含めても上限5,985円/月 (税込) ですが、これらは最終的に毎日使いづづけたとしても webとかメールだけなら4,410円なのでしょか? どうして上限同じなのにわけてるのかおしえてください

    • ベストアンサー
    • au
  • 完全定額制と二段階定額制の例

    (1)「完全定額制は、どれだけ利用しても料金が変わりません。」「あまり使わない月とたくさん使う月があったりと利用頻度が一定ではない方は、二段階定額制が適している場合があります。」とのことですが、例えばauの場合なら完全定額制はISフラットやLTEフラットであり、二段階定額制はダブル定額プランのことでしょうか? (2)以前、ソフトバンク、iPhoneで2段階定額の下限額を上回る問題があったそうですが、この限度額というのは何を指していますか? ダブル定額スーパーライトなら3720パケットまでが372円/月、ダブル定額なら40.000パケットまでが2.000円/月で、それ以上を超えると超過分がかかるということだそうですが、この超過分がかかる手前の定額が第一段階ということなのでしょうか?

  • auのダブル定額について

    auのパケット割引プランに「ダブル定額ライト」と「ダブル定額」の二種類がありますよね? そこで疑問なんですが、ダブル定額とダブル定額ライトにはパケットの値段がちがいますよね?定額なのに値段がちがってても意味ないんじゃないでしょうか? 定額の上限度は4410円ですが、4410円から越すことはありませんよね? (PCサイトビューアーは使いません) このへんがわかりませんのでどなたか回答よろしくお願いします。

    • ベストアンサー
    • au
  • auスマホの最低料金を教えて下さい

    あちこちネットで調べたりしているのですが、よく分かりません。 スマートフォンを新規購入してauに新規契約。 3Gは使う予定はありません。 モバイルネットワークをOFFにしたり、 アプリの自動更新をOFFにしたりして使うつもりですが、 ウィルスなどによる設定の水面下での変更が怖いですので、 一応保険的にパケット定額サービスに入っておきたいと思っています。 そこでダブル定額スーパーライト(390円/月)を考えています(えらく安いので)。 ただ同じauのホームページにISフラット(5460円)というのがあり、 両サービスの関係がよく分かりません。 ダブル定額スーパーライトの方には、 「スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,985円/月」 となっていますので、 仮に悪意のあるソフトによって勝手にパケット通信をされた場合でも、 月に6千円弱ですむように解釈できるのですが、 ISフラットの方も、 「スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,460円/月」 と書いてあり、 それなら毎月5460円払うより、 月390円のダブル定額スーパーライトのほうが明らかに有利のように 解釈できるのですが、両者の違いはどうなのでしょうか? もう訳がわからなくて文章がしどろもどろですが、 私の希望は、 auに新規契約して、 月々の最低料金を一番低く抑えたいということです。 (インターネットはメールも含めてwifiしか使いませんが、 保険的にパケット定額サービスに加入) スマフォの代金のことは考慮外として、 (持ち込みでなく新規購入しますが話がややこしくなりますので) 毎月いくらで収まるものなのかお教え頂きたいと思っています。 どなたか分かりやすくお教えください。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

    • ベストアンサー
    • au