• ベストアンサー
  • 困ってます

完全定額制と二段階定額制の例

(1)「完全定額制は、どれだけ利用しても料金が変わりません。」「あまり使わない月とたくさん使う月があったりと利用頻度が一定ではない方は、二段階定額制が適している場合があります。」とのことですが、例えばauの場合なら完全定額制はISフラットやLTEフラットであり、二段階定額制はダブル定額プランのことでしょうか? (2)以前、ソフトバンク、iPhoneで2段階定額の下限額を上回る問題があったそうですが、この限度額というのは何を指していますか? ダブル定額スーパーライトなら3720パケットまでが372円/月、ダブル定額なら40.000パケットまでが2.000円/月で、それ以上を超えると超過分がかかるということだそうですが、この超過分がかかる手前の定額が第一段階ということなのでしょうか?

noname#206454
noname#206454

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • SWM5903
  • ベストアンサー率68% (4965/7212)

>(1) →その通りです。  尚、なんか勘違いしている回答が有りますが、使い方が変われば  料金が変わるのはISフラットもダブル定額も同じです。  使い方が一定していても料金が変わらない物がフラットであり、  使い方が一定していても定額料金が2段階制なのがダブル定額  であるという事です。  例えば、ISフラットではスマートフォン単独使用であれば5200円  の定額で変わらないという事。  ダブル定額であれば、EzWinを使用している場合、一度2000円の  定額が設定され、その後パケット量に応じて最大4200円迄上がる  事が2段階制定額という事。  使い方が変われば、+αが生じるのは両方とも共通している事で  あり、そのことが完全定額と2段階定額との線引きにはなんら関係  する物ではありません。  ※PCサイトビュアーを使用する事を含める事によりISフラットを   2段階制と言ってしまうのであれば、ダブル定額なんかは3段階制   や4段階制に成ってしまいます。   ここでいう、完全定額制と2段階定額制はそういう物を含めた   言い方ではありません。 >(2) →ソフトバンクの場合、パケットし放題フラットと言うのがauのISフラット  に相当し、パケットし放題と言うのがダブル定額に相当します。  そして、下限額と言うのがパケットし放題の下限、つまり2000円を  指す事に成ります。  要は書かれた通りの、超過分が掛る手前の定額段階が下限額と  いう事に成ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なるほど。大切なことに気づかされました。 再度のご回答ありがとうございます。 再考を述べながら、再度質問をさせてください。間違った解釈ならばご指摘ください。 ダブル定額プランはすべてが以下の条件が課せられています。 ・EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月 ・PCサイトビューアーご利用分を含めても上限5,700円/月 ・スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月 EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円までしかいかないが、スマホで使えば必ず上限5,700円 までいくという意味のようですが、この条件も「段階」であるということなのですね。 >使い方が変われば、+αが生じるのは両方とも共通している事であり、そのことが完全定額と2段階定額との線引きにはなんら関係する物ではありません。 Ans.1の方の >LTEフラットは完全定額制だが、ISフラットは、定額制に分類されるが、完全定額制にも二段階定額プランとも言える ISフラットは接続端末により上限金額が変動しますので・・・ とは、端末とはISフラットの「モバイルPC/PDA/カーナビ等接続時上限9,900円/月」のことを指して二段階だと勘違いなされているのでしょうね。 ところで補足質問なのですが、辞書をひきましたら完全従量制とは 「インターネットの接続サービスなどで基本料金が必要ない従量課金体系を「完全従量制」などと呼んで区別する場合がある。」 http://e-words.jp/w/E5BE93E9878FE588B6.html とのことだそうです。確かにLTEフラットやISフラットは基本料金がないです。としたら、二段階制のダブル定額は下限額が基本料金ということになりますか? また、電話は(固定も携帯もスマホも)従量制ですが、課金制度が従量制というネットでの場合はあるのでしょうか?(お分かりになる範囲で教えてください)

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • SWM5903
  • ベストアンサー率68% (4965/7212)

>としたら、二段階制のダブル定額は下限額が基本料金ということになりますか? →ちょっと違いそうですね。  先のURLに書かれている基本料金とは、その料金自体に通話料  等を含まない料金とあるので、ダブル定額系の下限は、その見方  からすると違うと思います。  どちらかと言うと、Netの基本料金は「EzWin」や「IS NET」の300円  の方が基本料金と言えそうです。 >電話は(固定も携帯もスマホも)従量制ですが、課金制度が従量制というネットでの場合はあるのでしょうか?(お分かりになる範囲で教えてください) →Netアクセスが従量制という事であれば、パケット定額を外せば  そうなりますね。  3Gであれば1パケット0.2円、LTEであれば1KB0.6円ですから。  ※LTEの場合、20000円の上限は有りますがね。   3Gの場合上限は有りませんので、請求が数百万円と言う場合   も有り得ます。   (そういう状態を「パケ死」と呼んでいました。) 余談 >電話は(固定も携帯もスマホも)従量制ですが、 →auの場合、ちょっと違う場合も有ります。  それが「指定通話定額」です。  au携帯(スマートフォン含む)を3件まで指定して定額(372円)を  払う事によって、指定した電話に対しては24時間通話料無料に成る  と言うサービスです。  これは「従量制」と言うより「定額制」と言えるでしょう。  又、docomoのLTE契約には「カケホーダイ」と言う、auの指定通話  定額に似たサービスが有ります。  こちらは、定額667円を払う事により、docomo電話相手であれば  どれだけ話しても通話料無料と言うサービスです。  この様に、通話でも定額制と言えそうな物も存在します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。 その後いろいろ調べましたがおっしゃるとおり、基本料金とは別でしたね。従量制、定額制の混同型の「重量定額制」などというものもあるようですね。

  • 回答No.3
  • koi1234
  • ベストアンサー率53% (1866/3459)

No2 です >下限額を上回る問題というのはこのようなことです。 まあ予想したとおりの内容が書かれてますね (以下のことです) > iPhoneは、アプリの各種設定などの条件によっては、自動で定期的な >通信を実行する仕組みとなっている。このため、 >3G通信の機能が利用できる状態になっている場合、ユーザーが意識的に >利用していなくても、パケット通信が発生する。ソフトバンクモバイルは、 >iOS4.0以上の場合で、2段階定額の下限額を上回るパケット通信が >発生していることを確認した。 以下iphoneは知りませんのでAndroidの例で書きます 判ってる人なら3G通信OFFにするなどでバックグラウンドの通信や 3G通信自体を行わないようにしてしまいますが 初期設定時にGoogleアカウント(Googleストア遣ったりすれば当然必要) の登録したりするとバックグラウンドで勝手にカレンダー・スケジュール/ 電話帳の同期とか言った処理で通信が発生します メールも一定間隔でチェックされるのでそこでも通信が発生します 実際に更新データなどがないにしてもその確認を行うための通信で パケット数は勝手に増えていきます ごく単純な設定しかしなくてもそういった勝手な通信だけで 下限設定の通信量オーバーしちゃうってことです(=下限設定されてる意味がない) まあ2段階低額はいる人ってのは大抵パケット量押さえたいって人が大半なんで そういった人には常識だといえば常識の話ともいえるんですけど 初期のころにはそういった話もあったんでしょう (いつになっても初心者はいるので永遠に変わらん話でもある) >パケット利用のメール程度 メールサイズや送受信の数によって変動しますので メールしか使わないから下限内に収まる といった話にはなりません 不安であるなら 3G通信を行わないようにして自宅内のWiFi経由で 使うなどの工夫が必要です 目安としての参考サイト http://memorva.jp/memo/mobile/packet.php ※ ただし3Gでないと使えないといった機能があったりするかもしれません   docomoでいえばSPモードでないとキャリアメールが受信できない   とか言ったものがあったはず   (この点については私は実際使ってるわけではないので割愛します)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。 iPhonではアプリが自動アップデートするということが、パケット料を抑えたい場合の問題の一つらしいですね。やはりこのニュースはそういうことだったのですね。iPhonも同じかもしれませんが、Androidの場合は同期ですか。

  • 回答No.2
  • koi1234
  • ベストアンサー率53% (1866/3459)

(1) 契約したスマフォ端末を使っての接続に限定するなら大体書かれてる認識でいいと思いますが ISフラットの場合にはスマフォ以外の端末使ってデータ通信行った場合 No1さんが書かれてるように+料金が発生することがあります    PCサイトビュアーを使ったとか    PCとつなげてPCでインターネット閲覧した  とか この場合扱いとしては2段階低額と同じようなイメージになります http://www.au.kddi.com/mobile/charge/list/is-flat/ (2) >下限額を上回る問題があったそうですが、この限度額というのは何を指していますか? よく知りませんが最低限のことしかしていなくても行われる通信料が 下限値をオーバーしたといった事ではないかと思われます >超過分がかかる手前の定額が第一段階ということなのでしょうか? そうです つまり2の質問では最低限のことしかしてなくてもその範囲内に 収まらないといった事があったのではないかと いずれにしても停学に入っておきさえすればある程度の上限額が設定されていますので 底無しの課金がされるといった事はありません 定額制に入らないで使うと底無し課金疑獄に陥ることがあります さらに言えば国内での使用・海外ので使用といった場合でも話が変わってきます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 下限額を上回る問題というのはこのようなことです。 http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110510/1031737/?rt=nocnt ここでは具体的に記載されていませんが、 >最低限のことしかしてなくても とは例えばどのようなことでしょうか? auのダブル定額の場合、ある程度のパケットを利用する限り、たとえば372円などの課金がありますが、このプランでガラケー利用していた場合、372円内で収まるパケット利用のメール程度などでしょうか? 私はネット利用を極力控える前提でダブル定額に入ろうか考えているので、できれば上限の定額を払わず利用するつもりでしたので、このような問題があったと知って注意が必要だなと考えていたところです。

  • 回答No.1
  • te2kun
  • ベストアンサー率37% (4557/12161)

>例えばauの場合なら完全定額制はISフラットやLTEフラットであり、二段階定額制はダブル定額プランのことでしょうか? LTEフラットは完全定額制だが、ISフラットは、定額制に分類されるが、完全定額制にも二段階定額プランとも言える ISフラットは接続端末により上限金額が変動しますので・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >完全定額制にも二段階定額プランとも言える なるほど。スマホは5.200円の定額ですが、モバイルPC/PDA/カーナビ等接続時上限9,900円ですね。そういうことですか。

関連するQ&A

  • ADSLで2段階定額制は無理?

    携帯電話のパケット通信には、auのダブル定額(ライト)やボーダフォンのデュアルパケット定額のように、2段階定額制にしてあまり使っていなかった月もかなり使った月もお得になるようになっているプランがあります。 ADSLも接続時間で2段階定額にすれば、あまり使わなかった月もお得になるかと思います。たとえば「月10時間までは1,050円で、10時間を超えたら1時間当たり105円、30時間以上は3,150円で使い放題」という感じです。 しかし、ADSLは現状は1段階固定式で、2段階定額制度は導入されていないようです。 ADSLに携帯電話と同じ2段階定額制は、無理なのでしょうか?

    • ベストアンサー
    • ADSL
  • auパケット上限額について等

    通信料を安くするため、ISフラットの解除を考えています。 IS NETも解除しようと思いましたが、 「IS NETに加入しない場合は、auで提供されている「au.net」を使用者の同意なく利用する形となり、料金は月額525円となり、パケットは青天井である。」(ウィキペディア) とのことで、月額料(300円)が安い方のIS NETに入っておく以外なく、また、ISフラットは解除も可能だが、アプリの自動アップデートで通信料がかかる場合もある(設定しだいですが)とのこと。また、メールもまったくしないというわけにはいかないので、保険という意味もあり、他のパケット定額制を考えています。 そこで以下のような、いくつかのわからないことがでてきました。 (1)ダブル定額スーパーライトについて ダブル定額スーパーライト ・3720パケットまで➔372円/月 ・3720パケット超➔(372円/月)+0.1パケットが加算 ・42.000パケット超➔4.200円/月 ・57.000パケット超➔5.700円/月 42.000パケットを超えた時点で372円の定額料は消滅し、4.200円の定額料を、同様、57.000パケットを超えた時点で372円の定額料は消滅し、5.700円の定額料となる。 という理解ですが正しいですか? (2)ダブル定額スーパーライトとダブル定額、ダブル定額ライトの違いがわかりません。 (3)各上限については以下のような対象がありますが、意味がわかりません。 ・EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月 ・PCサイトビューアーご利用分を含めても上限5,700円/月 ・スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月 EZweb・Eメールだけならば、4.200円を超えても4.200円だが、PCサイトビューアーやスマホでの通信だと4.200円を超えた時点で5.700円となるということでしょうか? つまり、当方スマホ(iPhon4S)利用ですが、「スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月」ですから、これに該当すると思いますが、「EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月」との違いがわからないのです。 スマホでのネット閲覧も通話も、同じEZweb環境(インターネット接続サービス)なのではないのですか?(現にEZ WINに入っていますし…) (4)PCサイトビューアーについて auのHPでは 「PCがなくても、ケータイからPC向けwebサイトが閲覧可能。EZwebでは簡易表示となるPCサイトもきれいに表示できます。」 とありますが、これはスマホでは通常のことであり、これは、いわゆるガラケー用のものですか?(注意書きに「スマートフォンではEZweb・PCサイトビューアーはご利用いただけません。」とあるのでたぶんそうだと思いますが… (5)ISフラットは5.200円が上限の定額制ですが、ダブル定額スーパーライトでの5.700円の差にはどのような理由がありますか?例えばISフラットはスマホしか適用できないと思ったのですが、ダブル定額もできますので、この差がある理由がわかりません。 以上長くなりましたがよろしくお願いします。

    • ベストアンサー
    • au
  • WIN定額制について疑問。

    来年AUのWINにしようと考えてるのですが 私は通話は殆どしないネットとメールユーザーなので WINの定額制に魅力をもったのですけど。 料金について分からなくなったので質問します。 AUのサイトの料金クリニックで調べたのだけど 本当かなぁって思って。 ダブル定額に入ってプランSSと家族割、年割で パケ代に月5000円かかっても払うのは5200円程度で 済むという結果でした。 本当にそうなのでしょうか??? ダブル定額に入って痛い目にあわないでしょうか???

  • この場合ダブル定額スーパーライトを設定した方がよい?

    当方、あまり携帯などのシステムに詳しくないのでお伺いします。 「ダブル定額スーパーライト」は月額390円を払うとのことですが、この定額料を支払えば、メールは390円=パケット限度まで390円を超えない、ということなのでしょうか? メールは基本料金のみで定額申込みはしていません。 メール料金は月に平均で800円程です。 というのが今の条件なのですが、この場合ダブル定額スーパーライトを利用した方が得でしょうか? また390円限度内のパケットはどのくらいの量なのか、併せて教えてください。

    • 締切済み
    • au
  • パケット割引定額料って何ですか?

    パケット割引定額料って何ですか?機種はauのCA005です。 2週間程前にドコモからauに乗り換えました。乗り換えの際、「ダブル定額スーパーライト」に強制的に契約しなければならなくなり契約したのですが、それはそれでいいのですが、 携帯でパケット料金がいくらかかったか調べたら パケット割引定額料:2438円 パケット通信料:0円 パケット数:31403パケット でした。これって通信料0円っておかしいですよね?ダブル定額スーパーライトの無料パケ数は確か3070パケットのはずです。 明らかに超えてます。0円?って後から更新されるのですか?また、パケット割引定額料:2438円って何ですか? 今月は2438円分しか使ってないって事ですか?

    • ベストアンサー
    • au
  • auのデータ通信2段階定額を定額に切り替えた場合

    現在auのスマートフォンを使用しています。ダブル定額の2段階定額の契約にしているのですが、いろいろとwimax+などのデータ通信を使うため詳細を見てみると必ず上限の6000円を使っていることに気づきました。 それならば2段階定額のISフラットというのに切り替えた方が良いと思っているのですが、現在の契約でISフラットに変えた場合のメリット・デメリットなど教えて頂ける方がいらっしゃいましたらば、ご教授お願いいたします。 (現在の契約) ・料金プラン --  プランSSプラン ・料金割引サービス     誰でも割 & ダブル定額 ・オプションサービス     EZWIN/ISNET

    • ベストアンサー
    • au
  • 毎月割は損でしょうか?

    iPhone 4S利用です。 2年の毎月割が満了したので、料金プランを見直すことにして、ISフラットから、ダブル定額スーパーライトに変えました(Wi-Fi併用。 今思えば…購入時から毎月割ではなく、通常の分割でプランを2段階定額制にしておいた方が得だったかもしれません。 毎月割はISフラットが必須ですが、通常分割は購入時点からプランも自由に選べたはずですから… 家ではWi-Fi、外出先では通信しないという利用状況の場合、2段階定額制の初期段階で納め、分割払いにしているのと、ISフラットで毎月割適用の方とではどちらが得だったのでしょうか? 細かい計算をしていないのですが、通信料金を抑えたいという目的ならば、毎月割は不要だったのでしょうか?

    • ベストアンサー
    • au
  • イーモバイルの定額制について

    初めまして 早速ですが、料金についで質問です。 先月、26日ぐらいにPCセット(機種は、D02HW)新規契約しました。 スーパーライトデータプランを契約したのですが、月途中で加入した場合は定額の対象外なのでしょうか? 資料に 「月途中での新規ご加入またはご解約は、基本使用料(「ライトデータプラン」「スーパーデータプラン」の場合無料通信分含む)を日割り計算いたします。また、パケット通信料については日割りされません。」 これは、定額でなくて使った分の請求でしょうか? みなさん、教えてください。 イーモバイルに、メールで問い合わせても返事ないし… 親が電気店で聞いた話では、「パケットだから時間は関係ない」としか聞いてなく不安です。

  • スマホでのダブル定額上限(au)について

    iPhon4S利用、auです。プラン変更でいろいろ調べています。現在ISフラットですがネット環境をあまり利用しないのでダブル定額にしようと考えています。 auダブル定額プランのひとつ、スーパーライトは上限5.700円ですが、スマートフォンのみのプランである定額制のISフラットは上限5.200円です。 ISフラットは5.200円が上限の定額制ですが、ダブル定額スーパーライトでの5.700円の差にはどのような理由がありますか?という質問に「上限が2つ有るのは、1つはガラケー用、もう1つはスマホ用です。スマホに4200円なんて金額は有りません。上限は5700円のみ。」という回答がつきました。 回答はスマホのダブル定額を使う限り5700円だが、ガラケーは4200円で決まっているという意味なのだと思いますが疑問です。 たとえばパソコンのネット環境からWiFiで受けるように、スマホでネットやメールはあまり使わないという条件の場合、ダブル定額スーパーライトの方が得になると思いますし、実際スマホでこのプランを適用している人も多いでしょう。つまりスマホ自体でのネット利用や家のPCからwi-fiを使う場合のできるだけ抑えた利用の場合はダブル定額の上限は4.200円以内で済むはずです。確かにたくさんスマホでネットを使う場合はISフラット(5.200円が上限)にしておいた方が500円の得ですが、「スマホに4200円なんて金額は有りません。」という断定が分かりません。実際のところどうなのでしょうか?

    • ベストアンサー
    • au
  • auに乗り換える際、パケット代を安く維持したい。

    もうすぐdocomoの二年縛りが終わるので、auにMNPしたいと思っています。 しかし、auのLTE端末には、二段階でパケット代を安くおさえる定額プランがないみたいです。 「LTEフラット」(月々5,985円)に入るか、何も入らないか、そのどちらかになります。私にとってこれは大変不便です。 現在はdocomoの3Gスマホを使っていて、「パケホーダイ・シンプル」に入ってます。パケットをいっさい使わなければ月額0円、どんなに使いまくっても月額5,985円で済みます。 自分はだいたいWi-Fi以外ではインターネットを使いませんが、ごくまれに3G回線でインターネットにつなぐことだってありえるので、そのときに高額請求を回避できるこのプランをすごく気に入っています。 ですから、auに乗りかえするときは、「docomoを形だけ解約する。そのあとすぐdocomoと新規契約してパケホーダイ・シンプルに入りなおす」なんて方法を考えてます。 そうすれば手持ちのdocomoのスマホが従来どおりに使えますし、auのスマホは寝かせておいて回線を使わず3円維持することが可能です。ただし、こんな方法だと、ブラックリストとかに入れられてdocomoに阻止されたりするのではないか??と心配です。 それとも、auに乗りかえるのだから、もっと素直に「auで旧モデルの3Gスマホを選ぶ」&「ダブル定額スーパーライト」っていうやり方にするべきでしょうか?? スマホの最新機種は、やっぱり優れたスペックが魅力的ですけど、どれもこれもLTE端末ばっかりですから、「ダブル定額スーパーライト」みたいなプランはないんですよね?? そのことを考えれば、私はauに乗りかえたときにあえて3Gスマホを選んでおくほうが、現状とほぼ同じような使い方ができると思います。つまり、普段パケットを使わなければ月額390円、使いまくったときでも月額5,985円ですむので、それが自分にはいちばん都合良い料金体系とおもいます。

    • ベストアンサー
    • au