• 締切済み
  • 暇なときにでも

世界史に詳しくなる本を教えてください!(大学受験生向け)

大学受験を控えている知り合いがいるのですが、今まで世界史を勉強したことがなく受験できるレベルに到達していないので困っているようです。 とりあえず概観(全体的な流れ)をつかむために面白い歴史系小説を読んでみることを勧めたのですが、歴史小説と言えば塩野七生ぐらいしか思いつきません。 古代から現代まで扱っている地域はどこでもかまいませんので、高校生ぐらいの女の子が読んで面白く、しかも勉強になりそうな本を教えてください。よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数5
  • 閲覧数269
  • ありがとう数12

みんなの回答

  • 回答No.5
  • kohji
  • ベストアンサー率28% (140/483)

エリザベート~ハプスブルク家最後の皇女~ 塚本哲也著・文芸春秋社 はいかがでしょう。 19世紀末から1960年代までのヨーロッパ情勢が、かなり細かく載っています。世界史の教師に勧められたのですが、結構面白かったですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • Shin-Do
  • ベストアンサー率45% (10/22)

一番簡単に、手っ取り早く流れをつかむなら、図書館にある「マンガ世界の歴史」とか「マンガ日本の歴史」とか「マンガ中国の歴史」がいいですよ。マンガなので文字を読むよりは頭に入りやすいし、人間関係とかも整理された形で書かれてますから。それと、短期間である程度身に付く知識にしたいのなら、一通り読んだあとにマンガを見ながら何かの紙に重要事項を書き出していって、ある程度まとまったら簡単めな問題集を解き、自分のまとめた重要事項がどの程度的確だったかを確認してからまたマンガを読む、というのを繰り返していけば、マンガを読むたびに「これ問題集に書いてあった」、問題集を解くたびに「これマンガに書いてあった」という相乗効果があって能率があがると思います。大まかなところがわかったら、センター試験だったらセンター向けの勉強を、二次試験だったらそれなりの勉強をするほうがいいかと思います。頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

わたしが高校生のとき、世界史にハマるきっかけになったのは「王妃マリーアントワネット」(遠藤周作著)でした。わたしも、勉強になるかな、と読み始めたんですが、おもしろくて夢中になってしまい、おかげで授業を聞かなくてもテストはバッチリでした(笑)。高校生の女の子なら絶対おもしろく読めると思いますよ。 わたしの場合、世界史を【覚えなくてはいけない年号と単語のつらなり】として見ているうちは、ぜんぜんやる気がおきず、成績もさっぱりだったんですが、このフランス革命をあつかった小説に夢中になったおかげで、歴史を物語として見ることのおもしろさに気づきました。それ以後、世界史は一番得意な科目になったんですが、とにかくわからない時代をいきいきとしたドラマとしてとらえるきっかけにさえなれば、そのきっかけはマンガでも映画でもかまわないと思います。全体の流れ、といっても、なかなかすべてをカバーしたものは難しいと思うので、まずはなにかとっかかりを作ることが必要だと思います。そういう意味で、現代史は映画のほうがとっつきやすいかも。たくさん作られてますし。 とりあえず、わたしがおもしろかった本(で、世界史のテストに関係ありそうなもの)を少しあげておきますね。 ・「風と共に去りぬ」(いわずと知れた南北戦争ですね) ・「時の娘」ジョセフィン・テイ著(薔薇戦争とリチャード三世をあつかった歴史ミステリの古典です) ・「項羽と劉邦」司馬遼太郎著(秦~前漢。タイトルがすべてを語ってますが(笑)) ・「アンジェリク」A・S・ゴロン著(これを読むと、ルイ14世の時代のフランスをめぐる世界史の流れはだいたい分かると思います。ただ、かなり長いです…)。 高校を卒業してかなりたつもので、見当ちがいなセレクトだったらごめんなさい(^^;)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>高校生ぐらいの女の子が読んで面白く、しかも勉強になりそうな本を教えてください きわめて難題ですが(笑),こと受験対策となるとある程度面白さという点は我慢して 何とか途中で投げ出さず最後まで読み通せる内容なら,というくらいでいいんじゃないでしょうか。 私のお奨めは岩波新書の「世界史概観 上・下」(H・G・ウェルズ著)です。 学生時代に,SF作家のウェルズがこんな本も書いていたのかと驚いた記憶が ありますがともかく世界史の流れをつかむにはかなり良い本だと思います。 上巻・下巻に別れていてまあまあボリュームはありますが,興味を持って 入っていける内容です。 問題は現代史に弱いところですかねやっぱり,70年代発行の本ですから(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • pilulu
  • ベストアンサー率13% (4/30)

本の紹介ではないのですが、受験ということで少し参考になればと思い書きました。 世界史というのは、非常に広範囲の場所で起こった事柄を覚えなければいけません。しかし学校での授業は中国史なら中国だけ、インド史ならインドだけというようにたての歴史しか教えてくれないので非常に理解しにくいと思います。 それを解消するにはまず各国の歴史年表を並べて書くことで横のつながりが明確になり歴史全体の年代が理解しやすくなります。 それで余裕があればテーマ毎に年表を作成します。(シルクの流れ等) こうすれば縦から横からの学習が出来るのでいいと思います。時間はかかりますが結構いけます。 少しだけ本選びの参考になれば その国だけの歴史物語よりは、絹、宗教の流れ、政治など何かテーマを持っている本のほうがあとで役に立つと思います。(個人的には三国志かな?・・意味なし)最後に新聞は読んでるほうがいいですよ。現代史なんかは結構でるかも?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 一般向けの世界史の歴史本のお勧め

    歴史好きなのですが、 一般向けの世界史(ただし中国は除く)の歴史本みたいなもので、お勧めのものがあったら教えてください。 完全な歴史研究書はちょっと、っと言う感じですが、いわゆる歴史小説ではなくて、第三者視点からあるていど史実をきちんと書いてあるものが希望です。例えば、塩野七生さんの「ローマ人の物語」くらいの重さが希望なんですが、可能なら、もうちょっと冷静に書いている本があるといいなと思ったりします。 (塩野作品は、作者の思いというか主張みたいなのが強すぎて、ときどき辟易するときがあるので) 割と雑食なので、 古代~近代(19世紀)くらいまでの、 ヨーロッパ、西アジア、アメリカなんかに興味がありますが、 日本・中国以外の国であれば、アフリカとか東南アジアとかの国の本にも興味があります。 ある国・地域の通史でも、特定の時代のみに焦点をあてているものでもよいです。 よろしくお願いします。

  • 近代からの世界の歴史がある程度詳しく書いてある本。

    近代からの世界史を大学受験のレベルよりも少し掘り下げてまた勉強しなおしたいと考えています。何かお勧めの本、新書などないでしょうか??大学受験のときに世界史は必死で勉強したので、基礎知識はあります。 よろしくお願いします。 当方、とくに特定の地域の歴史というよりは世界全体の流れや重要なイベントなどをもうすこし詳しく勉強したいと考えています。しかしながら、地域ごと(例えばアフリカの植民地から現代まで)の近代史の本でお勧めもありましたら、是非教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 西洋史の面白い本を教えてください。

    日本や中国の歴史小説を読みあさってきましたが、最近、塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読んで西洋史もたくさん読んでみたくなりました。なるべく史実に忠実で、かつ読み物として面白い歴史小説を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 古代ギリシャ史の本を探しています

     古代ギリシャ史を手頃に理解する本を探しています。  来年、ギリシャ旅行に行きたいと思っています。古代史マニアなので、遺跡巡りが中心です。  そこで、それに備えて少し勉強をしておきたいと思います。先年、イタリアで古代ローマ時代の遺跡巡りに行ったときは、事前に塩野七生氏の「ローマ人の物語」などを読んでいきました。まあ高校世界史程度の知識はありますが、楽しく読めるギリシャ版「ローマ人の物語」みたいものがあれば、読んでみたいです。  ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

  • 西洋舞台の小説について。

    西洋舞台の小説について。 この手の質問は数多くあるかとは思いますが、自分の言葉で質問したかったのでよろしくお願いします。 たとえば塩野七生さん著の「ローマは1日にしてならず」のように、歴史を追っていくものではなくて、史実から多少それたり過剰脚色があっても、ある個人や団体などを主役にした西洋舞台の小説を探しています。時代は特に問いませんが、現代よりは少し前の時代だとありがたいです。(西洋史はあまり詳しくありませんが、古代や中世が特に好きです) 書いているのは日本人でも外国人でも構いません。 ちなみに日本や東洋ものの時代・歴史小説は読んでも、西洋ものは未読なので、「定番かも」と思えるものでも大丈夫です。 お暇なときにでも回答お願いします。

  • 世界史 大学受験

    工業高校3年です 高校では世界史Aしかやっていません それも工業高校なので簡単な流れしかやってないです。 大学は法学部を志望しています。 今ごろ遅いのかもしれませんが受験で世界史Bを選択するつもりです。お そこで世界史Bの勉強法やオススメの参考書がありましたら教えてください。 よろしくお願いします

  • 西洋歴史小説のお薦めはありますか

    西洋歴史小説を探しています。 このカテゴリーを得意とする作家は少ないような気がします。 塩野七生・佐藤賢一・藤本ひとみしか知りません。 他に有名な作家や作品があれば教えてください。

  • 分かりやすい世界史の本を探しています

    歴史が好きで世界遺産なども時々見ているのですが、高校で学んだ知識もなくなり、歴史の流れが掴めなくなってきました。 「12世紀の城か・・・12世紀ってどんな時代だったっけ?」 「この時代他の国ではどんなことが起こってたんだっけ?」 「どうしてこんなことが起こったんだっけ?」 「この人(事件)いつの時代のことだったっけ?」・・・といった感じです。 そこで、こうした疑問を解決できる、基本書や辞書にできるような本を探しています。 ●横の歴史に詳しい(10世紀の世界はこんな流れだった。その中で各国ではこんなことが起こった、という風な) ●その上で縦の歴史も分かりやすい。 ●できれば、その時代の文化(衣食住、宗教など)についても書いてあるもの 細かい字でびっっしりと書かれた本よりは、ある程度視覚的に把握しやすい本の方が好きです。 受験目的ではありませんが、分かりやすい良い本なら受験用のものでも構いません。 良い本をご存知の方、よろしくお願いします。 (分かりづらければ補足させて頂きますので、教えてください)

  • 世界史に興味を持てるような本を教えてください!

    自分はどうも世界史が得意になれず、学問としての「世界史」が大嫌いです。 世界史を好きになれる動機付けとして何かいい本(歴史マンガや歴史小説)はありませんか? 歴史の背景知識がないので事柄を丸暗記するだけの苦痛を生み出す勉強でしかありません。 自分は欧州のサッカーが好きだったのでそれにリンクする事柄からそれだけで英語が好きになれました。 アドバイスお願いします!

  • イタリアの歴史がわかる本

    イタリアの歴史がわかる本を教えてください。 古代ローマ、ルネッサンス、バチカンなど、おおきく流れがわかる本で、読みやすいのがあったらいいなと思っています。 3週間後に旅行でイタリアに行きます。 現地ではフリーで、ローマとフィレンツェに2日間づつ滞在する予定です。 イタリアの事はあまり知らないので、行くまでの間少しでも本を読んでいきたいと思っています。 (急に決まった話なので、準備や仕事の段取りであまり沢山の時間はとれないのですが・・) とりあえずガイドブックと「フィレンツェ美術案内」、簡単なイタリア語会話の本は購入しました。 塩野七生著「緋色のヴェネツェア」「銀色のフィレンツェ」「黄金のローマ」も買いました。 この三部作は物語で面白そうなので、空港の待ち時間や機内で読むのにとっておこうかと思っています。 塩野さんの「ローマ人の物語」は、評判が高いようですが長編なので、今はパスして旅行後にでも読みたいと思います。 上記以外で、何かおすすめの本を教えていただきたいので、よろしくお願いします。