• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

LinuxのNASのバックアップ機能、どれも同じ?

Linuxにお詳しい方に、LinuxベースのNASのバックアップ機能について質問です。 また、本質問はトラブル中や購入相談の質問ではありませんので、細かなお心遣いは不要です。 BufflaloのTeraStationや他社のNASでLinuxベースのものがあります。 何種類か調べたところ、そのどれもNASからNASへバックアップする機能を搭載していました。 NASの第一階層にシステムで(管理画面で)作成したディレクトリを、同じくシステムで作成したディレクトリにコピーする機能です。 このバックアップ機能を細かく調べますと、コピー元のディレクトリごとコピー先のディレクトリの中にコピーするのではなく、コピー元のディレクトリの中身をコピー先のディレクトリの中にコピーする仕様でした。 例として、中身のあるディレクトリAとディレクトリBをディレクトリCにバックアップしますと、ディレクトリCの中身はディレクトリAとBの中身が混在しているという状態になります。 またこのバックアップ機能、コピー元やコピー先として第一階層の下階層のディレクトリを指定できません。 質問です。 上記の仕様は、システムがLinuxベースのBufflao、QNAP、他に売れ線の2社の機種だけを調べた結果なのですが、どれも同じ仕様でした。 従いまして、このバックアップ機能はLinuxの命令とか仕組みに関連しているため、このような仕様であるといえるのでしょうか。 バックアップの安全性とかニーズとかいう問題もあると思いますが、バックアップ専用のディレクトリをひとつ作成し、その下階層にバックアップ元のフォルダを個々に作成してバックアップしたほうがどう考えても便利だと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • Linux系OS
  • 回答数2
  • 閲覧数362
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • vaidurya
  • ベストアンサー率45% (2713/5982)

Linuxに限らず、大昔から UNIXではバックアップの基本はrsyncだと言われてきた気がします。 ちょっと調べると、QNAPがrsyncを使っていることは 操作画面の画像などの形で見つかるみたいです。 rsyncによるバックアップを行なうための設定用のUIは 独自のものを実装しているかもしれませんが 機能自体は同じようなものと考えることができるとは思います。 マニュアルはPDF形式で配布されていることも多いので それを集めて、細部を確認してもいいかもしれません。 また、省電力よりも高性能を考えれば Atom搭載のM/Bなどを使って 小さなLinuxサーバーを作れば rsyncでバックアップを行なうことは難しくは無いはずです。 NASとして特化した分、扱いやすい面はありますが 省電力を重視した結果、柔軟性に欠ける面もあります。 たとえば、Linuxを操作するスキルがあれば ファイルサーバーの管理は効率化できます。 ですが、NASであれば、管理GUIを超えた管理は普通できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

コンソール (ターミナル) にログインできさえすればなんとでもなると思う.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • linuxのバックアップ、リカバリ

    CentOS6.3を使っております。 linuxのマシンバックアップ・リカバリはどのようにするのでしょうか? Windowsなら、Systemフォルダがなくなったとしても、 GhostやAcronisでバックアップ取得しておけばリカバリ出来ると思うのですが。 よくddコマンドでバックアップ可能とか聞いたことがあるのですが、 どのようにバックアップするのでしょうか。 例えば 1./var ディレクトリがシステム的に壊れたとします。 2./var_tempディレクトリを作成し、/varディレクトリの バックアップした /var ディレクトリから、データをコピーする。 3./var_tempディレクトリを/varにリネームし、マウントする。 上記のような想定でLinuxを正しく復旧させることは可能でしょうか? それとも別に、Linuxのバックアップ・リカバリは おすすめの別の方法があったりするのでしょうか? ご教授お願いします。

  • LinuxからNASを使用したときのシンボリックリンク

    Linuxからマウントして使いたいと、ある業者からLinux対応をうたうNASを購入しました。 ところが、NAS内部にシンボリックリンクは使えない、ファイルはロック出来ない(Cのlockf()という関数)という問題が発生しました。 メッセージは、ディスクIOエラーですが、NASのOS(NFS)がサポートしていないというのが原因なのは突き止めました。 セキュリティーの問題で他の上位ディレクトリにリンクが作れないのは分かりますが、同じディレクトリにさえ作れません。tarまとめたリンクを展開してもエラーとなります。 またWindowsのショートカットなら作れます。 業者に質問しても、他のNASも全部同じ仕様だと言われました。 他のNASもそうなのでしょうか?NASの標準的な仕様から外れているのでしょうか? NASにシンボリックリンクを置く事は期待してはいけないのでしょうか?

  • Linuxサーバのバックアップに利用できる安価なNASはありませんか?

    Linuxサーバのバックアップに利用できる安価なNASはありませんか? Red Hat Linux V5 64bit OSでDB(Oracle Database 11g)サーバを購入する予定でいます。 用途は会計システムデータです。 バックアップですが、DATを利用するのが一般的だとは思うのですが、 NASを利用してバックを取れればなと思っています。 利用できるNASを知っている方、現在運用している方がいらっしゃればご回答をお願いします。 サーバのHDDはRAID10で146GB×5 (一本はホットスペア)実行領域292GBです。

  • Win10の標準機能でNASへsysバックアップ

    Windows10 homeの標準機能だけでシステムパーティションを直接NASへバックアップする方法は有るでしょうか。 またシステムパーティションを含むHDD全てをNASへバックアップする方法は有るでしょうか。 更に二回め以降は差分がバックアップできると助かります。

  • BunBackupでバックアップ元をNASに?

    以下のNASを使っています。 Link Station Lx-WX1.0TL/R1J  バッファロー HDL-GT Series  IOデータ これら自体のOSはLinuxのものだと思います。 で、他の端末PC上のBunbackupなどのソフトから、 バックアップ元を上記のNAS上のフォルダにして、別のHDDなどへバックアップをとることは可能でしょうか? (ちょっとやってみましたが、うまく認識できなかったり。どうもBunbackupでNASをバックアップ先にする、というのはネット上でちらほら解説があるのですが・・バックアップ元にするというのは見当たらないので。できないものなのでしょうか)

  • LinuxベースNASのディレクトリーの命名則

    NASのディレクトリーの命名則について質問です。 私はLinux及びサーバー関係の使用・運用実績は全くありません。 今回、IODATAのLinuxベースのNASを購入し、NASの中に従業員の名前のディレクトリーを作成します。 NASを使用する予定のPCはMacとWindowsです。 Windowsのユーザーアカウント名は、記号のない英文字数字の人と、氏名をローマ字綴りとし、苗字と名前をドットで区切ったアカウント名の人がいます。 質問です。 (1)IODATAのNASの命名則はLinuxに準じるので、NASの運用では問題の無いことは確認していますが、現状のユーザーアカウント名でいうと「suzuki.ichiro」のようなアカウント名というのは、Linuxのファイルサーバーの運用という広い点で問題ないのでしょうか。 ドットが連続しているとか名前の先頭にあるということはありません。 (2)一般的に、サーバー構築や管理をされる技術のある人がファイルサーバー内に従業員の氏名や従業員番号などが、ある程度明示される命名則でディレクトリを作成する局面がある場合、どのような命名則を使用しているのでしょうか。 ドットは使わないとか、ドットではなくアンダーバーにするとか、日本語は使わないとか、何でも構いませんのでご意見いただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • NAS購入のご相談

    NAS購入のご相談です。 NASというよりは、LinuxベースとWindows Storage ServerベースのNASの比較のご相談かもしれません。 現在使用しているBuffalo社製のLinuxベースの古いNASの買い替えを検討しています。 予算の都合もあり、1UタイプのLinuxベースの一番お安い製品を検討していたのですが、販社から「LinuxベースのよりもWindows Storage Serverベースの方が売れていますし動作が安定している」との意見がありました。 そこで、予算の都合が付くとして、Buffalo社製のWindows Storage Server 2012 R2 WORKGROUPエディションベースのNASも比較対象としましたが、Server関係に詳しくないことも手伝い、LinuxベースのNASとの価格差分の機能差が見いだせません。 購入検討しているNASの定価は、Windows Storage Server 2012 R2 WORKGROUPエディションベースが30万円、Linuxベースが20万円と、価格差は10万円ほどなのですが、今年度内に同機種を複数購入する予定ですので、結果的には差額が大きくなります。 Windows Storage Server 2012 R2 WORKGROUPエディションを使用した際の利点や、当部署での使い方による問題点等は以下のように洗い出したつもりですが、これ以外に、Linuxベースにない利点や問題点はありますでしょうか。 ・同時接続するユーザー数は50未満なので仕様内もしくはギリギリ ・MacユーザーはSMB接続させる ・Linuxベースと違い第二階層以下のフォルダにもアクセス権を設定できる ・Linuxベースと比較しフォルダ展開等の動作が速いらしい ・NASは最低5年使用したい。Windows Storage Server 2012 R2のライフサイクルは2018年までなので想定内ではある ・ファイルのバックアップは外部ストレージに行う ・市販のセキュリティソフトを導入できる ・Linuxベースよりも売れているという、なんとなくな安心感がある ・管理者はWindows Serverの利用経験はWindows Storage 2003でユーザーアカウントの管理をしたことがある程度

  • PLANEX社製のNAS MZK-NAS02SG

    PLANEX社製のNAS MZK-NAS02SG 現在、PLANEX社製のNAS MZK-NAS02SGをRAID1で使用しています。 もしこの本体が壊れた場合、HDDを取り出して、外付けケースとかで読み込むことは可能なんでしょうか? Linuxベースのフォーマットになっていたと思うので、Linuxのパソコンでないとだめだとは思いますが、特殊は仕様のフォーマットとかはかかっていないのでしょうか?

  • CCCでNASへクローンバックアップできないのは?

    行き詰ってしまいました。 どなたかお詳しい方にご教授いただけると助かります。 現在Mac OSX 10.6.8で使用中です。 バックアップ用にバッファローのリンクステーション(nas)LS-VL000を用意しています。 Carbon Copy Clonerで本体まるごとクローンバックアップを取ろうとすると、 バックアップ元のアプリケーションやシステム系のチェックが外れ、エラー表示が出ます。 そのまますると、システムやアプリケーションなどは保存されていないような感じです。 ユーザー内の通常ファイルデータだけチェックを入れてバックアップすると 一応、nas内には入っているようです。 リンクステーション内のフォーマットがHFS+になってないからでしょうか? フォーマットを変える必要があるのでしょうか、もしくはNASでま難しいのでしょうか? ネットで検索してもバックアップはUSB接続の事象ばかりで見つかりませんでした。 よろしくお願いいたします。

  • Linuxについて質問です。

    CentOS5を使用しています。 やりたいことは、 ディレクトリに定期的にCSVファイルがコピーされてくるのですが、 コピーされてきた際、自動的にあるプログラムを起動させて、 CSVファイルの中身を読み込みたいのです。 Linuxの機能で、リアルタイムでディレクトリを監視するようなことは出来るのでしょうか? 可能であれば手順のご教授を願えますでしょうか。 よろしくお願いいたします。