• 締切済み
  • すぐに回答を!

大学 交換留学 TOEFLスコアについて

現在大学の交換留学を考えている大学一年生のものです。私の大学は遅くても9月中に行きたい提携校の募集要項の基準を満たすだけのTOEFL ibtのスコアを出さなければなりません。現在私のスコアは2013年12月初め受けたときで 76(R:21、L16、S18、W21)です。そこで質問なのですが、9月中旬までに希望大学のスコア(第一志望91点、第二志望84点)は実現可能であるのかを伺いたいです。もちろん努力は惜しまないつもりですが、客観的に見てかのうであるかを知りたいです。ちなみに留学経験、海外滞在経験はありません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数486
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.5
  • oignies
  • ベストアンサー率20% (673/3353)

TOEFLEのスコアがかわるまえに、608点とっていたものです。 10点あげるくらいのことは、可能とおもえます。それなりに対策 をすればですが。基本TOEFLEはある程度教科に即した英文 などが読める必要がありますので、英語の雑誌か新聞をよん だりして読解力をつけていけば可能とおもいます。ただしはんぱ な試験対策では、容易に点数はあがらないことをいいそえてお きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

追加します。IELTSのバンドで{6.5,7.0}とのことですが、これは換算表によればTOEFL iBTで{88, 100}になります。これからわかる通り、TOEFLの方が要求されているスコアが低いのです。つまり、IELTS受験に切り替えると、今まで勉強してきたTOEFLの書籍や経験値が無駄になるだけでなく、より高得点が要求される形になり、二重の意味で不利です。従って、今回はTOEFLで勝負するべきと断言できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

 こんにちは。私は両方受けた経験がありますが、最速で結果を出したいならTOEFLをこのまま受け続けることをお勧めします。私はIELTS組ですが、TOEFLのままでやっていればよかったと思っています。これは、自分自身の反省をふまえてのことなので、多分間違いないです。 まず、短期間にTOEFLのスコアを上げられるかについてですが、現段階のスコアから見れば、84点ならいける可能性があります;しかし、91点は予備校の力を借りる位のことをしないとないと無理でしょう。 次に、TOEFLとIELTSですが、このままTOEFLを受け続けた方が効率が良いです。なんだかんだいってテストですから、受け続ければノウハウもたまっていきますし、特にTOEFLの場合は、スピーキングとかでどんどん有利になっていくと思います。また、IBTということで機械的に対応しやすいのはむしろTOEFLだと考えて間違いないです。 IELTSの方が点を取りやすい時期も確かに有ったようなのですが、最近は採点基準も変わってしまいましたので、そういうことはなさそうです。また、IELTSに関しては、国によってハイスコアが出やすい国とそうでない国が有るようです。 以上、このままTOEFLを受け続けて、何点取れるかは時の運なのでがんばってやりましょうという話でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ddeana
  • ベストアンサー率74% (2977/4020)

ddeanaです。補足を拝見いたしました。 残念ながら私はIELTSを受けたことがありません。留学先を決定する時に、アメリカ、カナダならば圧倒的にTOEFL、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドであれば逆にIELTSのスコアが求められることは存じていましたが、私の第一希望のアメリカの大学はTOEFLのみでしたので。ですが、IELTSの方がペーパーテストなので受験対策をしてきた日本人には点数が取りやすいという話は聞いています。ですからあなたにとってIELTSの方がTOEFLよりもスコアアップが望めて、希望大学への留学の近道ならばそちら1本に絞ってスコアを上げるという方法も選択肢には入ると思います。 二つを一緒にやるとロスかどうかは私にはわかりません。それはあなたのマネージメントの問題ですから。ただ、TOEFLの受験料が18,000円程度、IELTSの受験料が25,000円程度と決して安いものではないので、ただやみくもに受けるだけではお金をロスすることは確実だと言えます。期限が切られているので、自分の実力とそこから考えうるもっとも確かと思える方法に絞って集中するという方法を私ならば選びます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。たしかに両立可能であるかは自分のマネージメントの問題ですね。うまく自分の留学にとって近道になるようにマネージメントをしていこうと思います。貴重な御意見ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • ddeana
  • ベストアンサー率74% (2977/4020)

今2月ですから、あと半年ぐらいありますので、第二志望に関しては可能と考えます。あなたの場合、Listeningが弱いように感じますので、そこを強化し、あわせて日本人が得意なReadingでもっとよい点数が取れれば84はいけると考えます。Speakingは点数が急激に上がりづらい部分ですから、ひたすら喋り続ける練習をつんで、なんとか20点越えを目標にしてみてください。第一志望の91となると、短期間の場合TOEFL受験講座などの力を借りないとかなり高い山だとは思います。どうやったら効率的にスコアを揚げるかのノウハウは、やはりお金を払わないとなかなか個人ではわかりづらい部分がありますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。一つだけ補足質問させていただきたいのですが、TOEFLと並んでIELTSのスコアも提出できるのですが、TOEFLと両方うけることは時間的にロスでしょうか?というのも、僕的にはIELTSの方がリスニングがやりやすいのです。ちなみに要求されるバンドスコアは6.5,7.0です。

関連するQ&A

  • 大学の交換留学制度について

    こんにちは。 こちらで初めて質問させて頂きます。 私は今年大学の3年で、交換留学を考えています。 しかし、私には最大の欠点があります。 それは、GPAで、現在2.3ぐらいしかありません。 募集要項にGPA基準が書かれていない大学もあります。 ・・・というか出せるところがそこぐらいしかありません。 語学のスコアは満たしています。 すると、残すところは志望動機となってくるわけですが、 この状態で、選考に通る可能性などあるのでしょうか。 こんなGPAなら出しても無駄でしょうか。悩んでいます。 留学に行きたい割に、語学の勉強しかしていなかったことは、自分の反省点でもあります。 どうしても留学に行きたいです。 しかしながら、家には経済力も無いので、交換留学以外は今のところ考えていません。 (もし、給付or無利子で奨学金を貸していただけるところがあれば、それも教えてください。) 要望が多々ありますが、どの質問でもいいので、回答お願いします。 GPA低かったけど選考通った!という方もいらっしゃれば、お話聞かせてください。 とんでもないあまちゃんですが、お力を貸してください。

  • TOEFL IBT のスコアを留学先の大学に送る方法

    こんばんわ、いつもお世話になっております。 秋からアメリカの大学に留学することになっており、TOEFL IBTで取ったスコアを留学先のアメリカの大学にWEB上で送信するように言われました。 どうやら普通はテストを予約する際にスコア送付先を指定できるらしいのですが、テストを受けたあとでもできるともききました。しかしどうもやり方がわかりません。。。 どなたがご存知の方、教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • アメリカへの交換留学

    現在私は大学1年でスポーツビジネスを勉強しています。 そこで来年大学2先生の時に大学の交換留学制度を利用して、1年間アメリカに留学しようと考えております。 TOEFL IBTは今も勉強中でもうすこしで90に届きそうです。 アメリカ派遣先の大学をいろいろ調べてみて私の今候補としている大学は ノースカロライナ大学チャペルヒル校、 メリーランド大学カレッジパーク校、 ウェスタンミシガン大学、 マンハッタンビルカレッジ ハワイ大学マノア校の5大学に絞っています。 自分がもしスポーツビジネスを学ぶとするならば、どこの大学が一番ベストかなと凄い今悩んでおります。 正直希望としてはあまり日本人がいない環境がいいかなと思います。 もしこの5つの大学に留学した経験がある方、卒業された方がいましたら是非詳細を教えていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 留学後のTOEFLスコア

    現在米国に交換留学中の者です。 こちらに来て約8ヶ月、TOEFLを先日受けたのですが… 結果、点数が留学前と変わっていませんでした。 前日の睡眠時間が短かったことや、テスト対策を特にしなかったことは反省しています。 しかし、試験中、自分の中では「(以前よりも)特にリスニングがだいぶ聞き取れて回答できた!」と自信があっただけに、14点どまりだったのがショックでいます。 あと1ヶ月の留学生活を残し、成長が数に表れない今の状況にすごく不安を抱えています。 帰国後にTOEICを受検する予定ですが、その点数の伸び悩みも気になるところです。 (もちろんTOEFL、TOEICの点数UPだけが留学目的ではありませんが) 留学経験者の方の中で実際、TOEFLやTOEICにおけるスコアの伸び悩みはありましたでしょうか? もしあったとしたら、どのように解決していきましたか? 残り1ヶ月の過ごし方のアドバイスも頂けたら幸いです。 稚拙な文章で失礼します。 回答よろしくお願いいたします。

  • 交換留学について

    今大学の1回生で2年次夏から3年次夏までの一年間の交換留学先に迷っています。 イギリスのリーズ大学(世界ランク99位) カナダのヴィクトリア大学(世界ランク250位) アメリカのニューヨーク州立ヴァッファロー大学(世界ランク500位以下) 大学のレベルからするとリーズ大学に行くべきなのですが、今までアメリカ英語を勉強してきたため、イギリス英語の聞き取りとかに不安を感じてます。 一応どの大学も定められたTOEFLの点数は取ってます。 留学経験がまだないため、あまり知識などなくて困ってます。 この3カ国に留学したことある人などから意見がほしいです お願いします

  • TOEFL -ITPは留学には使えないのでしょうか?

    TOEFL-ITPで得たスコアは留学には使えないのでしょうか? やはり、CBT,iBTのスコアの結果しかいけないのでしょうか?  

  • 3年次編入から交換留学を希望したい

    質問させていただきます、国立工業専門学校の4年生です。 来年に国内の国立大学へ編入するつもりです。しかし、昔から1度は海外の大学に留学に行きたいと思っていたので、大学に入り次第、交換留学の制度を利用したいと考えています。(単位認定留学を望んでいます) 編入した後にすぐ留学するなんて可能なのでしょうか? ちなみに自分は英語には自信がありTOEFLスコア(PBT)で500以上あります。さすがに1年だと就職活動にも支障あると思うので、半年くらいでも海外に行ければ良いです。 経験者、または日本の国立大学の交換留学制度に詳しい方、答えてもらえれば幸いです。よろしくお願い致します。

  • 交換留学に反対する親

    現在、慶應義塾大学の2年生です。高校の時から英語が好きで、1年生のころから、ずっと交換留学の応募に向け準備してきました。所謂純ジャパですが、TOEICは910点、TOEFL iBTも100点を取りました。 ところが、親が経済的理由から交換留学に反対しています。交換留学ですから学費はかかりませんが、滞在費や、留年した場合の学費・生活費は一切出さないと言っています。 私はアルバイトを掛け持ちし、貯金していますが、正直に言って足りません。でも、どうしても諦められないのです。 交換留学の面接では、「両親は留学に賛成しているか」と聞かれるそうです。正直に答えれば、両親の賛成は得られず、資金も工面できていないため、落とされるように思います。仮に嘘をついて合格しても、取れるかどうかも分からない奨学金に頼るのはリスクと感じています。もし合格後に辞退することになれば、再度の応募は絶望的になると思います。 交換留学に行った先輩にお伺いしたいと思います。このような状況でも、交換留学に応募すべきでしょうか。仮に応募する場合、面接時には、このような境遇を正直に話すべきでしょうか。アドバイス、宜しくお願いします。

  • TOEFLスコアレポートに関して

    こんにちは。僕は大学の二年生に在学するものなんですけど、今の大学の交換留学制度を使って一年間アメリカに行こうと思っています。それで今月に学内選考があるのですが、提出に必要な書類のTOEFLスコアをなくしてしまいました。今月末までに大学にスコアレポートを提出しなければいけないのですが、TOEFLのスコアを自宅に送ってもらうことってETSはしてくれるのでしょうか?いろいろ調べたところ、電話のほうが早いとは聞いたのですが、INSTITUTIONコードを入力しなければいけないと聞いて・・。別に大学に送付する必要はなくて手元に届いたらいいんです。なんとか今月中に手に入れることはできるのでしょうか??今、困ってます。よろしくお願いします。

  • TOEFL ibt 71以上

    交換留学の必要条件にTOEFL ibt71以上とあります。留学先の大学のレベルがあがるにつれ、79以上、90以上となります。 当方現在、英検準1級、TOEIC880を取得しております。上記スコアのいずれかに1年以内に到達するのが目標ですが、どの程度の勉強時間が求められるか参考までに教えていただけないでしょうか。 ご回答お待ちしております。