• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

現在の地球が生命の起源の場となり得るのか?

生命が自然発生する確率は非現実的なほど低い確率と聞きます。 それは、今環境の整ったこの地球の「場」でも同じ話なのでしょうか? すでに現在の地球には生命が溢れていますが、生命発生の起源は 現在の地球のこの瞬間にも起こり得るのでしょうか? 高度に発生した生物(人間)から単細胞生物まで同時に存在して いることを思えば、その起源、DNA、RNAの誕生も今同時に起こって いるのかと思い、気になったので質問してみます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数102
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 生命が最初に発生した原始地球環境と現在の地球環境は大きく違います。  生命が発生するには酸素を多く含んだ大気や海は有害です。酸化され、分解されやすいからです。  現在の地球環境は生命発生には有害な環境と考えて良いでしょう。  生命は酸素が無く、海水温が高温高圧(300℃以上、100気圧以上)という過酷な環境だった海で発生したと考えられています。当時の海は有毒元素が豊富に溶け込んでいて、ウランなどの放射性物質も大量に存在する環境でした。  現在とは比べようも無い環境で生命が発生したと考えないと説明がつかない問題が多く、現在の地球環境は生命が環境を変えた結果であって、生命が発生しなければ、全く違う環境になっていたと考えて良いでしょう。  たとえば、金星は生命が発生しなかった惑星の結末ではないかと思います。金星に生命が発生していれば、二酸化炭素が固定され、大量の酸素が放出されて、気圧や気温が下がり、地球に近い環境になっていたと考えられるからです。惑星形成初期に大気圧が薄くなっていれば、自転周期も現在のように遅くは無かったでしょう。  火星は自転周期が短い点では地球に非常に近い惑星です。大気圏が濃ければ海や生命が存在していても不思議ではありません。  現在の地球は生命に富んでいますが、生命発生の環境からは程遠いと考えて良いのではないでしょうか。生命発生に最も適しているのは、地球の地下深いマグマの近くか、木星の衛星イオのように、火山活動が活発で有毒な硫黄酸化物に溢れている環境であるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々に丁寧なご説明ありがとうございました。 今の地球から全ての生命が消えてしまえば、新たに生命が誕生することはないのでしょうね。改めて生命の神秘を感じました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • DNAによる進化論の説明と確率

    生物進化は偶然か必然か疑問に思っています。 生物進化をDNAの進化(変化)と考えた場合、DNAの変化の仕方には、何らかの方向性があるのでしょうか?それとも方向性を持たない偶然でランダムな変化をするのでしょうか?もし、後者だとすると、単細胞生物のDNAから人間のDNAまで進化する確率を計算した例はあるのでしょうか?その確率は感覚的には、1兆個のサイコロを1兆回振ってすべて6が出る確率より低い気がしますが、そうでもないのでしょうか?もし、前者だとするとどのような方向性があるのか研究されて例がありますか?

  • 生命の起源

    地球は植物だけで進化をしていけたのではないかと思うことのあります。バクテリア・ミミズやモグラ・蜂・・・など無かったら どうなっているのでしょうか 生命の発生の根本は1つでしょうか 同時に 発生がないと おかしいと思うのですが・・・インフルエンザウィルスなどは単独ではあり得ないと思いますし 私は地球に飛来したDNAは同時に進化するようになってたと思います。そしていくら地球の奇跡的な条件でDNAがつくられたとは思えません。以前このような質問をすると 偶然に出来るとの答えでした。素人がわかりにくい質問ですが よろしくお願いします。

  • RNAウイルス以外は、全てDNAを持っているのか?

    地球上の生物は、RNAウイルス以外の生命体は、全てDNAを持っているのでしょうか? 地球上の生命体で、RNAウイルス以外の生命体、(DNAウイルス、全ての細菌類、ラン類、藻類も含めた)全ての生命体は、全てDNAを持っているのでしょうか? RANウイルスを除く、DNAウイルス・全ての細菌類・ラン類・藻類を含めた、RNAウイルス以外の全ての地球上の生命体はDNAを持っているのかどうかを教えてください。

  • 単細胞生物について

    単細胞生物についてよくわまりません。 単細胞生物は一つの細胞からできていて、単細胞生物は多数の細胞からできていると教科書に記載されているので意味はできますが、 単細胞生物の体の中、例えばゾウリムシも運動の働きをするところや消化のはたらきをする構造、細胞?がそんざいしているので、単細胞生物の定義である一つの細胞からできているというのが理解できません。一つの細胞からできているとはどうゆうことなのでしょうか。教えてください。

  • 地球外生命体の可能性

    地球外生命体はいると思いますか?生命誕生に必要なことは、誕生に必要な条件を持った惑星であること、長い間生き続けられる環境を持った惑星であることだと思います。生命誕生の確率はものすごく低いと聞きます。そして、何十億年も生き続けるには完璧な環境を持っている必要がありますが、このような惑星は少ないでしょう。まさに地球は奇跡の☆です。それと生命が偶然に誕生したということ自体疑問です。DNAは高度なプログラムを持っていますが、自然ってプログラムがかけたんですか?これほど複雑さを持ったものは他では見かけません。生命だけに当てはまるのは不自然です。自然と生命とでは何か根本的な違いがあると思います。なので生命がいるのは地球だけだと思います。 皆さんはどのように考えていますか?

  • 多細胞生物の始まりは?

    初めての生命はバクテリアのような単細胞生物で、それが次第に多細胞生物に進化してきたようですが、では2つとか3つの細胞で構成されている生命って存在したのでしょうか? もし存在しなかったなら、どうしていきなり多数の細胞が集まった生命体になったのでしょう?

  • 生命の源「アミノ酸」は彗星が元種を地球に落下した

    アミノ酸は地球上では存在しない。 化学物質と時間(圧力、温度)では生命(アミノ酸)が誕生できない。 つまり、 生命は自然にはできない(存在しない)のではないのですか? - 単細胞が登場してから人間になるのも時間「自然(進化論)」では出来ないのではないですか? すべに当てはまるそうですが、その中間が化石として証明できないからと知りました。 -

  • もし他の惑星で新しい生命を発見した時、どうやって地球から混入した生命でない事を証明できると思いますか。

    もし他の惑星で新しい生命を発見した時、DNA、RNA、タンパク質に基づいて、どうやって地球から混入した生命でない事を証明できると思いますか。という問題を解いているのですがいまいち答えが出なくて困っています。因みに発見された生物は、エウロパ(木星の衛星)の海洋で生命が発見されたという仮定となっています。宜しくお願いします。

  • 多細胞生物の起源について

    大学のレポートなんですが、多細胞生物の起源について論じるもので、ヘッケルの群体説についてはよく分かったのですが、多核の単細胞生物から多細胞生物が生まれたという説の詳しいことが分かりません。 どのような生物がどのような過程でなったのか、詳しいことをできれば教えて欲しいです。お願いします。

  • やはり、最初に地球ありき?そしてその奇跡はこじつけでもないと、とても考えれない!(長文です)

    若い頃は確かに私もご多分にもれず、壮大な宇宙の果てや起こりといったこと、また、この地球の起こりや生命の進化といったことにとても興味がありました。 しかし年齢を重ねて、人生経験や日常の生活を日々繰り返していくうちに次第に(勿論、若い頃からの宇宙に対する好奇心は薄れたといえどもまだまだ健在ですが)その考え方というか、つまり人生も先が見えてきた?感もありまして未知数だらけの宇宙に次第に関心が薄れ(考えてもきりがない、というか私の存命中はもとより、はては人類生存中に至ってもおそらくは解き明かされないであろう)、そもそも最初にビッグバンからの宇宙ありきで、その広大な宇宙の或る位置の無数の星の集まりのその中のそのまた或る恒星からちょうどよい距離にあったたまたま一つの惑星がわが地球であり、その進化発展が類稀な奇跡的な星として存在しているに至るといった通説はもう聞き飽きた!という感じなのです。 それより確実に確かなもの、つまり宇宙の中に確かにこの地球がぽっかり浮かび、この地球上でしか生命は存在しないのだということ(=生命という「物質」は広い宇宙でこの地球上だけのもの!)。その多種にわたる生命体のなかで人間だけがその歴史の中で宇宙というものを認識している。言い方を変えれば、宇宙は人類によって存在そのものが認識・確認され、また地球(に存在する人間)を中心とした宇宙自体もやがて人間に発見・認識される必然性を待っていたといういわゆる「人間原理」(注:強い・弱いを含む)に辿り着くのです。 あ、決して私は哲学的・非科学的な考えを前に出そうという気はないのです。はなからそういった問いかけであれば違うカテゴリーで質問致します。 確かに気象(学)などは太陽・月といった我々に身近な天体あっての地球上に及ぼす様々な影響や変化を捉えますし、勿論、天文学はれっきとした自然科学の一分野であります。 これら専門分野の研究者は日々、地道な観測やそのデータの蓄積からひとつひとつ確認や貴重な発見をしているのも周知の事実です。 それはそれで尊いのですが、まずこの地球を考える時・・・もはや通説ですが、つまり宇宙空間に漂う塵やガスが長い年月かかって集まり、星(惑星)を誕生させていったと、そしてやがてあらゆる好条件がいくつも重なり水や太陽光線から最初の生命=タンパク質から細胞へ、そして下等生物が誕生し、やがて進化・発達を遂げ、様々な種に枝分かれしていった?・・・これも人間のご都合主義で学問的に創られたつじつま合わせ?に過ぎないとも思えますしね。 うまく言えないのですが、地球は宇宙の中心で、その中にいる人間は奇跡的とも言えるとてつもない確率での進化を遂げて高等生物(知的生命体)になったわけでもなく、もともと存在すべく必然的に存在した(アカデミックな宇宙誕生論に遡れば宇宙誕生後のある時期に必然的に銀河系内太陽系第3惑星にやがて人間が誕生するようになっていた)。地球を取り巻く無限?的な宇宙空間や無数に存在する星の数々も地球(人間)から見れば添え物にしか過ぎない・・・ まあ、そのようなことを思う(あえて自分自身に言い聞かせる感じ?)今日この頃です。 宇宙・天文学に科学的な見解をお持ちの方々には非科学的で甚だ憤慨のお気持ちを起こさせる由かも知れません。しかし、人間の学問など所詮こじつけや不可解なものほど都合よく理論付けされているとも思えなくもないですし・・・ 科学はこの数世紀で確かに目覚ましく発展してはきましたが、未だ、光合成を行う葉っぱ一枚や単細胞一つすら作れません。 地球上の様々な生物が、さも学者の理論にかくもうまくハマる(こじつけ?)ほどそんなにきちんと系統立って進化・発達を遂げてきたのでしょうか?・・・ すみません、支離滅裂でそもそも質問になっていないかもしれませんが皆さんのご見解・ご意見を伺えればと思います。