• ベストアンサー
  • 困ってます

法23条 外壁板張りの下地構成について

以前法23条、外壁の準防火性能について質問させていただきました。 杉板張り外壁の下地の構成を、H12建告1362号によりクリアさせるつもりです。 室内側   1.厚さ9.5mm以上の石膏ボードを張る。  2.厚さ75mm以上のグラスウール等を充填した上に厚さ4mm以上の合板 屋外側  3.石膏ボード、木毛セメント板(準不燃材料で、表面防水処理済みのもの) でクリアさせようと思います。 下地として直に耐水石膏ボード等は使えないでしょうから、防水紙を張る事になるかと思われます。 ネットで施工事例を見ますと、透湿防水シートに直張りしている例もありますが、やはり胴縁は必要な気がします。 ■そんな事を考えますと、以下のような構成になりますが、ご意見または問題点があればご指摘下さい! また、胴縁が2重、防水シートも二度貼り・・・・過剰な気もしますが、仕方がない事なのか?他にもっと良い方法(よりコストがかからない)あありましたらご教授願います。 <延焼ラインにかかる部分> 外側から・・・・ 杉板t=15(横張り)⇒縦胴縁(15×40 @455)⇒アスファルトフェルト430⇒石膏ボードt=9.5⇒通気胴縁(縦胴縁)20×40 @455⇒透湿防水シート⇒耐力面材・・・・ <延焼ラインにかからない部分> 杉板t=15(横張り)⇒通気胴縁(縦胴縁)20×40 @455⇒透湿防水シート⇒耐力面材・・・・ ■また、胴縁は縦胴縁としていますが、縦横に分けた方が良いのでしょうか? 板張りは横張りですから必然的に縦胴縁になります。 そうしますと、通気用胴縁を横胴縁にする事になります・・・。 通気のしやすを考慮しますと、縦胴縁の方が良いと思われま すが、どちらを優先すべきでしょうか? もしくは、どちらでも問題ないでしょうか? ■上記構成では耐水石膏ボードではなく、石膏ボードに防水シートとしています。告示の規定による「表面防水処理済みのもの」には該当しないでしょうか? 理屈で考えますと・・・ 「準不燃材の石膏ボード」が準防火性能を満たす要件であり、告示要件としては、外部使用のために防水処理済みと限定している・・・・かと思います。 そこで、「防水シート」を「表面処理」と置き換える事が可能との認識ですが、いかがでしょうか? ■そもそも、22条地域は多いでしょうし、そんな中で板張り仕上げとされている方はどのように準防火性能を満たしているのでしょうか? 以上、アドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

問題は解決しているみたいですが、いちおう質問にお答えしますと >H12建告1362号の1-3-ロ-(3)「石膏ボード又は木毛セメント板・・・・・を表面に >張ったもの」は、外壁の下地を指しているとの理解は、間違いと言う事でしょうか? あらためて法文をきちんとコピーすると、 # せっこうボード又は木毛セメント板(準不燃材料であるもので、表面を防水処理 # したものに限る。)を表面に張ったもの です。 壁の表面(一番外側)がせっこうボード又は木毛セメント板であるものをさしています。 わざわざ「表面に」と書かれているのですから、表面しかだめです。 (この規定は、「壁の一番外側が燃えにくい材料であれば、火が燃えうつることは 少ない」という理由からくると思われます。) >板張りについてはt=12mm以上の下見板でかつ、屋内側を30mm以上の土塗り壁 >・・・となりますので、 >仕上げとして屋内側が満たすことができませんので、この時点で板張りはできないと >理解しています。(間違っているかもしれません・・・) それであっています。 >さらに「平12 建告第1359 号及び平12 建告第1362 号において、下見板を張ることが >できるのは土塗壁に限定されず、同告示に例示されたもの全てに張ることができる。」 >との見解から、 建告1359号第1-1-ハ-(3)-(ii)-(ハ) のことですか? # 土塗壁で塗厚さが20mm以上のもの(下見板を張ったものを含む。) 当然、これは、第1-1-ハ-(3)-(ii)-(ハ) だけに適用されるものです。全体に適用される場合は、 「この告示のすべてを含む」とか「○○項において同じ」のような文が付けられます。 法文の読み方は、難しいです。基本的には、 ・かってに文をつけ足したり、削ったりして解釈しない。 ・書いてないことがらについては、好きにしてよいという意味ではない。他の条文、告示、法に規定されていることがある。(つまり、全法律について知っていないと、正しい解釈はできない。ということです。) なので、素人が法文を読んで、ただしく意味を読み取るのは不可能です。法の内容を専門家が分かりやすく解説したものを参照するべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大事な時間を割いていただきありがとうございます。 中途半端な理解のもと、かつネットでそのような記述を見た気がする・・のような曖昧な部分が、かえって自分を混乱させてしまっている気がします。 自分の認識は、個別認定は、付け足しができないが、告示はその仕様を確定した上に付け足す事もできるとの認識です。(もしかしたら、疑問となる部分がかみ合っていなかったら申し訳ありません・・) >壁の表面(一番外側)がせっこうボード又は木毛セメント板であるものをさしています。 わざわざ「表面に」と書かれているのですから、表面しかだめです。 「表面」の意味がよくわかりませんでした。 現実的に、石膏ボードを外壁とする事は考えられませんので、はなから「表面」とは、外壁部分の事ではないと決めてかかっていました。 一応、メーカーの個別認定で解決しそうですが、予算が厳しい事もあり、告示でどこまで可能かを調べてみました。 「建築物の防火避難規定の解説」(日本建築行政会議編集) (主事判断のもとになっていて、大半の役所、審査機関のバイブルのようです。) 「告示に例示された耐火構造(準耐火構造、防火構造、準防火構造も同様)の外壁や軒裏に、表面材として木材などの可燃物を貼る場合や、外壁に外断熱材を貼る場合は、それぞれの構造に必要な性能を損なわないと判断できる」 「認定耐火構造等にあっては表面材を含めた認定が必要である」とあり、外壁に木材を使用する場合の指針が示されている。(ネット検索調べ) 上記内容は防耐火に係る基準・資料の素案(国土交通省)でも触れていました。 4.1.5 外装への木材使用 表面に木材を張ることにより外壁に必要な防耐火上の非損傷性、遮熱性、遮炎性が向上することが、多くの加熱実験によりわかっている。・・・・これ以下に同様の解説が書いてありました。 「ただし、地域によっては、木造密集地域などで不燃性能が要求されたり、そもそも木材を外壁に使用することが認められない場合もあるので、外装への木材の使用に当たっては、建築主事に確認を行うことが必要である。」との記述もありますので、最終判断は、審査機関に確認しないと何とも言えないのかもしれませんが・・・。 以上の事から、「せっこうボード又は木毛セメント板(準不燃材料であるもので、表面を防水処理したものに限る。)を表面に張ったもの」のが準防火性能ですから、その上に杉板張りをすれば、コストダウンを図れるかもしれませんね・・・? ># 土塗壁で塗厚さが20mm以上のもの(下見板を張ったものを含む。) 当然、これは、第1-1-ハ-(3)-(ii)-(ハ) だけに適用されるものです。全体に適用される場合は、 「この告示のすべてを含む」とか「○○項において同じ」のような文が付けられます。 ネットで偶然見つけたのですが、 ある行政の確認申請の手引き「防火構造及び準防火性能を有する構造(土塗壁同等構造)の下見板張りについての解説」によりますと、 「平12 建告第1359 号及び平12 建告第1362 号において、下見板を張ることができるのは土塗壁に限定されず、同告示に例示されたもの全てに張ることができる。・・・以下省略」 とありますので、審査機関の判断を仰ぐ価値はあるかと思いました・・・。 もしかしらた、何か大きな誤解をしているかもしれません・・。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

H12建告1362号 やその他の法を見れば分かるはずですが、下地のみで防火構造 というのはありません。(外側の)仕上げまでを含めて防火構造が規定されています。 外側に板をはった防火構造も、特定のメーカーの大臣認定品で存在します。 http://www.daiken.jp/c/faq/qlist?id=59 そういうもので検討してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます。 >H12建告1362号 やその他の法を見れば分かるはずですが、下地のみで防火構造 というのはありません。(外側の)仕上げまでを含めて防火構造が規定されています。 以下、間違った認識かもしれませんが・・・ H12建告1362号の1-3-ロ-(3)「石膏ボード又は木毛セメント板・・・・・を表面に張ったもの」は、外壁の下地を指しているとの理解は、間違いと言う事でしょうか? この部分で、「準防火性能」が確保できていて、その上に板張りは可能であるとの考えです。 他に板張りが可能と思われる方法として、 H12建告1362号の1-1・・・防火構造とすること(外壁) そして防火構造の規定として、H12建告1359号から選択するわけですが、板張りについてはt=12mm以上の下見板でかつ、屋内側を30mm以上の土塗り壁・・・となりますので、 仕上げとして屋内側が満たすことができませんので、この時点で板張りはできないと理解しています。(間違っているかもしれません・・・) さらに「平12 建告第1359 号及び平12 建告第1362 号において、下見板を張ることができるのは土塗壁に限定されず、同告示に例示されたもの全てに張ることができる。」 との見解から、 H12建告1362号の1-3-ロ-(1)~(4)のいずれかを満たしたうえでの、「下見板張り」であれば可能であると思われます・・・。 しかし、防水紙や胴縁を入れる事になりますので、結構なコストUPにつながりそうですし、壁厚が増すため、サッシの納まりが厳そうでもあります。 その後頭の整理をしまして、メーカーの個別認定として、モイスMTで可能な事がわかりました。 提示いただきました、ダイライトもおそらく同様の事かと思います。 総コストはわかりませんが、面材のコストは相当高くなりそうですね。それでも構造用合板を、モイスやダイライトに置き換えることで、外壁構成がすっきりできますので、思った程コストアップになならないのかも? 採用を検討してみます。 調べているうちに、ハイベストウッドという構造面材にも興味を持ちましたが、防火構造認定はないようですので、今回は使えなさそうです・・・。

  • 回答No.1
  • kamapan
  • ベストアンサー率41% (99/236)

うーん! 素直に「窯業系サイディング」の下地貼りすればどうですか? それと、この様な外壁の細かな仕様については「審査機関」に聞いてみないと どの様に判断するのか?は彼らの「専権事項」ですから分からないのです。 最終的には「主事」がどの様に考えるのかによっても変わりますから まずは相談してみてください。 ついでに書いておきますが、あなたが記入された工法では どこにも「気密層」がありませんが、どの様に「確保」するのでしょうか? 「補足」があれば「追記」が可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます。 最終的には審査機関に判断を仰ぐべき事項なのでしょうが、何もわからないで「教えて下さい」とはさすがに言えないでしょうから、基本的な知識程度は身につけておきたいと思っています。 こちらの説明不足などで、審査機関側の勘違いもあり得るでしょうし、鵜呑みにしないためにも、ある程度の予備知識は必要な気がしています。 >素直に「窯業系サイディング」の下地貼りすればどうですか サイディングは仕上げ材ではありませんか? 防火構造認定がとられていますので、H12建告1362号の防火構造・・・に当てはめれば良いという事ですね。 調べて見ましたら、無塗装品というものがありますので、コスト的に見合えば使えそうですが、結局、板材を張るのに胴縁は必要になりませんか? おそらくこの場合ですと、 外壁材(板張り)⇒胴縁⇒サイディング⇒通気胴縁⇒透湿防水シート⇒耐力壁(構造用合板)・・・と思われます。 質問の構成は、外壁材(横張り)⇒胴縁⇒アスファルトフェルト⇒石膏ボード⇒通気胴縁⇒透湿防水シート⇒耐力面材・・・・ 違いは、「石膏ボード+アスファルトフェルト」と、「サイディング」です。 材料単価は前者の方が安いような気がしますが、手間の事を考えると後者(サイディング)の方が良いのでしょうか? 見当違いな認識であれば申し訳ありません・・・。 初めてという事もあり新たな発見の連続でして、様々な情報のもといろいろ混乱もてしまいます。 以前ここで質問させていただいた内容を再度確認・整理してみましたが、まず充填断熱材として「パーフェクトバリア」に拘っていたために制約がありました。 最近、充填断熱材として、パーフェクトバリアとグラスウールを迷っていたため別途質問させていただきまし。(予算が厳しい事、しかし性能も重要) みなさんからグラスウールを押していただきましたので、現在はグラスウールの採用で考えています。(予算が厳しい事が大きいです) そうしますと、告示や個別認定での防火構造、準防火性能基準が取りやすくなります。 例えば、耐力面材をモイスMTやダイライトにすれば個別認定で、普通に板張り外壁が可能なようです。 もともと、構造用合板で考えていましたが、防火構造を含めた総合的な判断では、どうやらモイス、ダイライトを使った方が、トータルコストは抑えられるような気もします。 そうでもないかな? このような認識ですが、何か問題点、間違って理解している部分がありましたら、助言いただけると助かります。 また気密についてですが、内装側は充填断熱の外に防湿気密シート張り、面材の継ぎ目には気密テープ処理の予定です。 ご懸念いただいた内容に合致するかどうかわかりませんが・・・。

関連するQ&A

  • ガルバリウム鋼板仕上げの下地構成について

    ガルバリウム鋼板仕上げ(竪ハゼ葺き、横葺き等)の場合の下地構成について 何度も同様の質問をしてしまい恐縮です・・・・。 木造2階建ての住宅を予定しています。 法22条地域であるため、法23条の規定により準防火性能を満たす外壁仕様にする必要があります。 防火構造でない一般的な仕様では、 耐力面材 ⇒ 透湿防水シート ⇒ 通気胴縁⇒ ボード下地⇒ガルバ仕上げ のような順序になるかと思います。 以前質問させていただきまして、以下<A>のようなイメージで考えています。 (グラスウール充填断熱) <A> 構造用合板t=12 or モイスTM    ↓ ●透湿防水シート    ↓ 通気胴縁15×40 @455    ↓ ▲耐水石膏ボード t=9.5(準不燃材)    ↓ ガルバリウムカラー鋼板 t=0.4竪ハゼ葺き 一方で、 ある建築家の住宅設計作品の書籍を見ていましたら、以下<B>のような順序になっていました。(防火規定は不明) <B> 構造用合板t=12    ↓ 通気胴縁15×40 @455    ↓ ▲耐水石膏ボード t=12.5    ↓ ●透湿防水シート    ↓ ガルバリウムカラー鋼板 t=0.35竪ハゼ葺き <A>との違いは、透湿防水シート・石膏ボードの位置関係等です。 ※防火規定等不明のため、単純に比較はできないかもしれませんが・・・ ■<B>は、H12建告1362号(法23条の防火性能を満たすための基準)を満たしているでしょうか? もしくは、防火規定のかからない場所での仕様でしょうか? <参考までに・・・> H12建告1362号1-3-ロ・・・ (2) 下地を準不燃材料で造り、表面に亜鉛鉄板を張ったもの (3) せっこうボード又は木毛セメント板(準不燃材料であるもので、表面を防水処理したものに限る。)を表面に張ったもの ■透湿防水シートの位置はA、Bどちらでも問題ないのでしょうか? もしどちらも告示要件を満足する場合、性能面から見てどちらの順番が妥当なのか? ■透湿防水シートの目的は湿気を通しながら防水性能も満足することと理解していますので、<A>の場合のように、通気層に放湿するために適した素材であるとの認識です。 <B>の場合であれば、透湿防水シートではなく、アスファルトルーフィングでも良さそうなもですが、透湿防水シートの選択について、どのような理由が考えられますか? 以上、アドバイス、ご意見をよろしくお願いします。

  • 外壁仕上げ材の下地構成について

    木造住宅充填断熱、通気工法の仕上げについてお尋ねします。 (1) ガルバリウム鋼板立はぜ葺き (2) 弾性アクリルリシン吹付け 法22条区域です。 ただし、(1)は範囲外、(2)のみ該当します。 上記仕上げで考えておりますが、、下地構成は下記の通りで問題ないでしょうか? (1) 構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ケイカル板t=6 /(アスファルトフェルト)/ガルバリウム (2) A案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/木摺 /(アスファルトフェルト)/ラス下地軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み) /リシン B案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ラスカットt=9 /軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み)/リシン (1)のケイカル板は耐水石膏ボードt=9.5の方が良いでしょうか? また、アスファルトフェルトは必要でしょうか? (2)のA案、B案どちらの方がコストが安いでしょうか? 以上よろしくお願い致します。

  • 防火構造 亜鉛鉄板貼りについて

    建告1359号の防火構造について質問します。 木造二階建て、22条地域の延焼の恐れのある外壁なのですが、 告示の通り、屋外側 亜鉛鉄板貼り+石膏ボード12.5mmの仕様で 仕上げる予定なのですが、亜鉛鉄板と石膏ボードの間に通気層(胴縁18mm)を 設けてもよろしいでしょうか? 建築主事の判断によりますでしょうか?

  • 法22条区域、法23条外壁防火構造について

    続けての質問になります。 延焼の恐れのある部分について、 外装、内装仕上げの組み合わせにおける防火性能基準がなかなか満たせません。 以下間違っている部分があるかもしれませんが・・。 <H12建告1362 建築基準法に基づく告示> 防火構造の規定 <H12建告1359 建築基準法に基づく告示>  また、耐力面材:モイスTMの個別認定 パーフェクトバリア(充填断熱)の個別認定 これらによって、壁の防火性能を満足させたいのですが、どうも難しそうです。 良案はないでしょうか? (断熱材をGW、内装合板の下地に石膏ボードを使えばOKですが・・・) ************************************************* 外装仕上げ:Aガルバリウム鋼板縦ハゼ葺きまたは平葺き         B:ラスモルタルt=20リシン吹付         C:杉板張り(保護塗装)     耐力壁:モイスTM     断熱材:パーフェクトバリア 内装仕上げ:D:石膏ボードt=12.5, AEP         E:合板t=5.5 OSCL ********************************************* A-D、Eの組み合わせの場合・・・H12建告1362号により、ガルバリウム鋼板の下地に準不燃材(石膏ボード、ケイカル板等)を使い、内装仕上げは、合板部分も、下地に石膏ボード9.5mm以上を使用することで、断熱材はフリーとなる。 B-D、Eの組み合わせの場合・・・H12建告1359号により、モルタル厚20mm、 内装は上記と同じ。 C-D、Eの組み合わせの場合・・・構造面材にモイスTMを使用すれば、個別認定により、外壁を板張りとすることが可能。(ダイライトも同じ) ■ただし、内装は、上記の様にはいきません。 モイスの個別認定では、グラスウール、ロックウールt=50以上充填が必須条件ですから、 パーフェクトバリアが使えません。 つまり、断熱材をグラスウールを選択すれば、合板部分の石膏ボード下張も必要なく、 さらに、外壁の板張りが可能です。(多分) しかし、できれば断熱材に、パーフェクトバリアを使いたいため、他の方法を模索しています。 杉板張りがネックですが、告示1362号三-ロ-(2)により、 モイスに耐水石膏ボード(準不燃)を貼るしか、方法はないですか? ちなみに、パーフェクトバリアの個別認定では、 外装材A:ガルバリウム鋼板0.35以上、構造面材:火山性ガラス質複層板(ダイライト等)、 内装材:石膏ボード12.5以上(※内装材に合板は使えない・・・) 外装材B:軽量モルタル15mm、内装材:石膏ボード9.5mmもしくは合板5.5mm・・・が可能です。(構造面材は、なし、木質系ボード、ダイライト等) 外装材C:木材15mm以上、構造面材:フリー、内装材:Jパネル36mm(使えません) うまく適用できませんでした・・。 以上、見落としている点、勘違いしている部分もあるかもしれません。 よきアドバイスをお願いいたします。

  • 外壁 塗り壁の施工について

    ケイソウ土塗りの外壁の施工順序についての質問です。  柱  構造用ボード  断熱材(ポリスチレンフォーム)  防水透湿シート  通気縦胴縁  ラス網  パーライトモルタル  ケイソウ土(仕上) の施工順番の場合、何か問題はありますでしょうか? 通気縦胴縁に直接ラス網、そしてモルタルというのが気になっています。 ご回答よろしくお願いします。

  • 板張りの外壁に穴を開けたいが防水シートの処理は?

    光ケーブルを屋内に引き入れるため、直径10mmほどの穴を開ける必要があります。 室内側からコンセントのカバーを剥がしてみたところ、 --室内側-- ■↓クロス ■↓石膏ボード ■↓断熱材(発泡スチロール) ↓防水シート(透湿) ↓板張り(サイプレス) --外-- となっているようです。(防水シートと板張りの間に何かあるのかもしれませんが未確認です) 断熱材まではコンセントの空間■を利用するとして、 防水シートと板にドリルで穴を開ける必要があります。 そこで質問ですが、防水シートに穴を開けても支障ないものでしょうか? そのあと何か補修する必要がありますか? 板壁の穴はケーブルを引き込んだ後、コーキングしようと思ってますが、防水シートの扱いがよく分からないものですから。 ご教示ください。

  • 外壁仕上げをガルバリウム鋼板とする場合について

    ガルバ波板等の場合であれば、胴縁に直接施工するようですが、 ガルバリウム鋼板【縦ハゼ葺き】、【平葺き】の場合、下地ボードが必要かと思います。 一般的にどのようなボードが使われていますか? 耐水石膏ボード、ケイカル板などでしょうか? <外壁構成> 耐力面材⇒透湿防水シート⇒縦胴縁⇒※下地ボード⇒ガルバリウム鋼板t=0.4 このような構成かと考えますが、何か問題、注意点がありましたらよろしくお願いします。 また、法22条区域ですので、法23条による外壁の準防火性能が要求されますが、 H12建告1362号の「下地を準不燃材料で造り、表面に亜鉛鉄板を張ったもの」に該当すると考えますが、いかがでしょうか? この場合、耐力面材を構造用合板は可能でしょうか? 「下地を」と「表面に」という言葉が気になります。 下地は、耐力面材、ガルバ下地ボードのどちらでも良いのでしょうか? 「表面に」・・・となると、ガルバ下地ボードを指すように思えます。 つまり、波板等の本来下地ボードを必要としない場合でも、22条地域ではガルバ下地として準不燃材が必要である・・という意味でしょうか?(延焼ライン内) そう解釈できれば、ガルバ下地を準不燃材とする事で、耐力壁は構造用合板とすることが可能になりそうですが・・・? 審査機関にはこれから相談に行く予定ですが、何分初めてということもあり、事前に予備知識として最低限の事は知った上で臨みたい・・・との思いで、恥ずかしながら相談させていただきました、 以上、初歩的質問で恐縮ですが、アドバイスを願いします。

  • 石膏ボードの濡れ

    現在、新居を建設中です。 先日、石膏ボードを張り、それに透湿防水シートを貼っていました。しかし、雨風の強い日があり、一部、透湿防水シートが破れ、石膏ボードが濡れたようです。 そこで教えていただきたいのですが、石膏ボードは濡れても問題ないのでしょうか?(触ると湿った感じがありますが、「ふやけ」はありません。) よろしくお願いします。

  • 気密シートの施工

    押出法発砲スチレン(ミラフォーム)を使った外張り断熱の住宅を新築しています。 充填断熱は天井にはしません。勾配天井で室内側から垂木、天井材兼野地板材(杉板10mm)、ミラフォーム、透湿防水シート、通気胴縁(高さ18mm)、野地板(構造用合板12mm)、金属製の横葺き(横断ルーフ)となっています。 発砲系の断熱材で、躯体の外側ですが、天井材と断熱材の間に気密シートを施工すべきでしょうか? また外壁においても、枠組み構造でPBボード漆喰塗り仕上、構造用合板、90mmのツーバイ材、構造用合板、断熱材、透湿防水シート、通気胴縁、金属製サイディングとなっていますが、 同様にPBボードと内側の構造用合板の間に気密シートを施工すべきでしょうか。 気密フィルムの施工をすると、シートの中にどうしても水蒸気が侵入し、フィルムの外側に水滴がつく現場がよく見られると聞きます。 どなたかよいアドバイスをいただけないでしょうか。

  • モルタル仕上げの外壁について

    「リブラス」(防水シート付)という製品について、お尋ねします。 ※GW充填断熱の一般的な通気工法です。 ■一般的なモルタル下地の仕様・・・「ラス下地(木摺)+防水シート(アスファルトフェルト430)+ラス(メタルラス)」・・・の代わりに、「リブラス」(防水シート付)を導入することで、コストダウンになるのでしょうか? その他のメリットデメリットを把握した上で、採用するかどうか決めたいところです・・・。 モルタル仕上げの場合、サッシとのチリが不足しがちですが、この方法ですと多少なりとも総仕上げ厚を薄くできるメリットがあると思われますので、その意味でもこの方法に興味を持っています。 ■ネットで検索しますと複数メーカーがあるようですが、この方法は新しい工法なのでしょうが?(自分が知らなかっただけ?) ■信頼性はすでに一般的工法と同等、もしくはそれ以上のものとなっているのでしょうか? ■防水紙に使われているのは、「ターボリン紙+ラミネート加工」や「PEクロス樹脂」、「クラフト紙」等メーカーによりけりですが、アスファルトフェルト430との性能差をどう見るべきでしょうか? ★そもそも、アスファルトフェルトを入れていない事例も建築知識の参考詳細でさえあったりします。 基本的にはそれで問題ないのでしょうか? モルタル下地の木摺の不朽を防止するためかと思いますが・・・ 「住宅瑕疵担保責任保険」ではアスファルトフェルト430を推奨(義務ではない)していることから、それが一般的な仕様になったわけなのでしょうか? 耐力面材は、透湿防水シートで保護され、通気層でも、万が一進入した雨水を処理できるとの認識をもっています。 「リブラス」(防水シート付)を採用した場合、通気胴縁に直接張ることになりますが、防水シートが胴縁(木部)を保護する役割とすれば、アスファルトフェルト430でなくても問題ないのかどうか、不安がありまあす。 以上、アドバイスをお願いします。