解決済み

帰化と永住権のメリットとデメリット

  • 困ってます
  • 質問No.8281788
  • 閲覧数2781
  • ありがとう数21
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 51% (140/271)

家内は外国人で、現在 永久ビザを持っています。
入管でも帰化の資格は十分あると言われているのですが、
家内の国では外国で帰化した場合、現在の国籍を失い日本国籍となります。
この理由が日本国籍取得をためらう理由でございます。

日本に住んで20年近くなります。

ここでご指導いただきたいのですが「帰化と永住権のメリットとデメリット」を簡単でもけっこうです。
妻に説明できるようなことございましたら宜しくお願い申し上げます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6

ベストアンサー率 17% (344/1984)

   帰化のメリット
日本への出入りが楽
どんなに犯罪を犯しても国外追放にはならない
世界一信用のある日本のパスポートが利用できる

   帰化のデメリット
母国に一時帰省するのに国によってはビザが必要になる

   永住のメリット
母国に一時帰省するのが簡単

   永住のデメリット
一定期間内に日本へ戻らねば無効になる
海外へ行くのに母国の旅券条件に従わねばならない

   最大のデメリットはコレ
 これは戦後は世界中でほとんど適用された事がありません。住んでる国と母国が戦争になった場合、国外退去させられる場合がある。または、戦争が終わるまで専用の収容所で管理された生活を強要される。です。

 戦後、世界的に戦争がほとんど無かった(内戦、紛争、軍事派兵はいっぱいあるんですが、戦争はほとんどありません。イラン・イラク戦争位です)ので、国外退去ないし強制収容は第二次世界大戦以降起こっておりません。奥さんの祖国と日本が外交関係を断絶(断交)して何れの国が開戦通告した場合、奥さんは地元警察に呼び出され、次の通告を受ける事になります。
「両国は戦争状態に突入し、両国間で合意された国際条約は破棄されました。よってあなたの永住権は剥奪となります。日本に忠誠を誓い帰化するのであれば帰宅出来ます。忠誠は誓うが帰化する意思が無い場合は、**にある保護施設に入所していただきます。忠誠を誓えないのであれば*月*日に**港より赤十字認定の帰還船が出ますのでご乗船いただきご帰国してもらう事になります。」
お礼コメント
office5688

お礼率 51% (140/271)

お忙しい中、ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-09-29 15:32:13

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 46% (892/1932)

>入管でも帰化の資格は十分あると言われているのですが、

そももそ、帰化は入管に申請するものではなく法務局にするものです。入管がどうこう言う筋合いはありません。そりゃ同じ法務省の外局ではありますが。東大の職員が「あんた東大受けてみなよ。絶対合格するよ」と言っても合格するとは限らないでしょ。

帰化申請に門前払いはありません。もちろん許可見込みが無いような方には、お互いの労力の無駄を考え、「止めておいたら」とか、「許可されなよ」とか申請を取り下げるようするでしょう。「俺は受け取らないよ」という台詞も「俺は」という処に力点を置いてます。法務局として受理しないと意味に取られないようにしている訳です。

自己の志望による外国籍の取得は現に有する国籍の失効に繋がる、日本もそういう制度です。ですから、メリット、デメリットはあなたも大筋想像できる範囲です。日本国籍を有していれば、日本人としての権利義務を得ます。日本に住み続けることは犯さざる権利になりますし、日本人に課せられた義務(たいしたことはありませんが)は負わなければなりません。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (1112/2921)

門外漢ですが。

http://www11.plala.or.jp/kudo-passport/page009.html

こんなサイトがあります。

その他にも、実際に帰化申請をした人の話によると「家族全員の交通違反も調べられた」そうです。

「帰化資格が十分」でも、結構「プライバシーをそこまで聞くの?」と言うことまであるようです。

ご参考までに。
お礼コメント
office5688

お礼率 51% (140/271)

お忙しい中、ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-09-29 15:28:37
  • 回答No.3

ベストアンサー率 24% (1545/6342)

日本に住み続けるのならもちろん住んでいる国の国籍が有利です。いちいちメリットを挙げる必要がありません。
もし帰国する可能性が高いなら生まれ育った、そして家族が暮らしている母国の国籍が良いでしょう。

実は私自身がずいぶん考えました。17年間ブラジルに暮らし、言葉もしっかり覚え、周囲からも帰化をすすめられたからです。
しかし、帰化を考えた時、逆にぼくは日本人であることに目覚めてしまい、里心がつき日本が恋しくなり17年間暮らしたブラジル生活を終了して帰国し、第二の人生をスタートさせました。

奥さんの場合は帰国して再び母国で暮らすことがあるのかどうか。そこがキーポイントになります。算盤を弾くような問題ではありません。
お礼コメント
office5688

お礼率 51% (140/271)

お忙しい中、ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-09-29 15:28:55
  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (7189/21827)

そうですねえ。

帰化する、ということは日本人になって
しまう、ということです。
すると、選挙権がもらえます。

反面、色々な理由で母国に帰ろうとしても
母国では外国人になってしまう、という
デメリットがあります。
母国の親が寝込んだので、世話しに長期間
帰国する時に不便だった、という話は
時々聞きます。

永久ビザのままだと、外国人ですから
一年以上帰国する場合は面倒な手続きが
必要ですし、ビザや在留カード更新手続き
という煩わしさが残ります。
パスポートなどの携帯義務はあるし。

母国のパスポート更新手続きもありますね。

年金や生活保護ではあまり差はないみたいです。
ただ、年金手続きでは、年金機構の係員が
外国人の場合の手続きを知らない、なんて
ことがあります。

老人ホームなんかはどうでしょう。
外国人は入りにくいんじゃないですかね。
亡くなった場合の処理はどうなるのでしょう。
日本のお墓に入れるんでしょうか。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (1923/9639)

精神的なものと生活上の利便があると思います。この先日本に住み続け、生活していくなら、日本国民としての社会的権利がすべて認められ、大いに利益があると思います。日本国民としての愛国心や自覚も生まれ、周囲との融合、調和もはかれ、より住みやすくなるでしょう。そうでない場合、つまりいずれは帰国し母国で生活するおつもりがあるなら、ちょうどその反対のことが言えるでしょう。
精神的なもの、すなわち母国への愛着や愛国心が日本国民としての利便や日本に対する愛着心より上回るなら、仕方ありません。これは説明や説得の範囲を超えています。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ