• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

スペインのスペイン語と中南米のスペイン語

スペイン語を習おうと思っています。 グループではなく個人でのレッスンを探しているのですが、 中南米の先生を選ぶかスペインの先生を選ぶか迷っています。 中南米と言うと広いですが、メキシコかペルーになりそうです。 中南米のほうが活用が少ないからラクなのかなとも思うし、 スペイン人はcとzを英語のthで発音するけれど、 中南米ではc, z, s を同じ音で発音するから聞き取りにくいとも聞きます。 vosotrosを使うスペインのスペイン語で覚えたほうが 両方わかるようになるのかなとも思うのですが、 音の響きはメキシコあたりのほうが好きで、友達も南米人です。 でも、旅行なら南米よりもスペインの方が行く可能性が高いです。 どちらの方がもう一方で通じやすいというのはあるのでしょうか。 どちらでも通じないことはないという意見も目にしますが、 中南米のスペイン語を習ってしまって、スペイン人がvosで話したときに 何のことかわからなくなってしまうなんていうことはありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数655
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

スペイン語学習者です。 私も初心者の頃はどうすべきか迷いました。 結論としては好きな方を選べば良いです。 スペインのスペイン語も中南米のスペイン語も聞き取りの難易度は同程度です。 cとzの発音にしてもスペインと中南米では違うということだけ頭に入れておけば 問題ありません。 スペイン語は綴りと発音が一致しているので違いだけ知っておけば何と発音しているかわかります。 実際に中南米出身者に尋ねたことがありますが「スペイン語はスペイン語だ」と いうように自分たちは使わない発音・単語であっても通じないことはほぼないようです。 例えばスペインではel ordenadorというものが中南米ではel computadorや la computadoraになったりしますが、ネィティブにはそれが何のことかわかります。 経験上、中南米の方が米語をそのまま単語として取り入れることが多いように思います。 動物や植物の名前は多少地域で違いがありますが我々が外国語として学ぶには その都度違いを覚えれば良いので大きな問題ではありません。 vosotrosの活用ですが使うかどうかに関わらず覚えた方が良いです。 他の回答者さんからもでていますが大した労力ではありません。 パターンをうまく利用して覚えてしまったほうが良いと思います。 教材に関してはどうしてもスペインのスペイン語のものが多いですね。 私は中南米のスペイン語の方が好きで中南米のスペイン語で教材を探しましたが 結局スペインのものを使う機会が多いので、発音は中南米風、単語は両者ごちゃまぜと なりました。(でも問題ないです) また、スペイン語の映画はスペイン制作のものの方が手に入りやすく、ニュースも スペインからの放送(例えばBSで視聴できるスペイン国営放送)のものが多いです。 もしレッスンのトライアルがあるなら両者のレッスンを比べてみても良いかも知れません。 それができなければより惹かれる方でかまわないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

スペインの教材、発音は中南米、単語はごちゃまぜ・・・ そういえば私も学生時代に米語寄りの英語を習い、 意識して英語を身につけたように思います。 私もそんな感じにやっていこうと思います。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 南米のスペイン語

    ホンジュラスのスペイン語ってどこと似てますか? 中南米だとまたちがうとききました メキシコとにてますか?それとも発音などスペインでしょうか? 

  • スペイン語の Vosotros について

    スペイン語の Vosotros について メキシコでは、日常会話で使っている人はいないと言う事ですが、スペインではどうなのでしょうか。 聖書などに出てくるのみの表現なのでしょうか。 教えてくださいm(_ _)m

  • スペイン語の違い

    こんにちは。 こないだの春休みにメキシコはカンクンに行ってきました。あそこの人たちのテンションには参りました!船の兄ちゃんたちや、バスを待っているおじちゃんまでが密かに音に合わせて揺れていてビックリしました(笑) そこで聞いたスペイン語が印象的で、私は外大なので第3ヶ国語はスペイン語にしようと決めたんです。しかし、いざスペイン語クラスのお試し授業(うちの大学にはそういう期間があります)を受けてみたら、私がカンクンで聞いたスペイン語となんか違うんです・・・。音が滑らかというか。"音"の違いで熱が冷めてしまい、スペイン語は取りませんでした。 実際、本土スペインのスペイン語と南米のスペイン語はどのように違うんでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

大学の時にアルゼンチン人とペルー人の先生にスペイン語を習っていましたが、 スペイン人にもほぼ問題なく通じる発音でした。 llaを「ジャ」と読むか「lla」と読むかの違いなどですね。 個人的な感覚としてはオーストラリア英語をイギリスで話す程度の差異くらいだと 思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

オーストラリア英語をイギリスで話す程度なんですね。 悩むほどでもないのかなという気がしてきました。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

既に中南米スペイン語の環境にあるようですね。迷わずそちらを選ぶ方がいいでしょう。しかし、中南米スペイン語という教材はない(少ない)ので少し説明を加えます。 両者を強く意識するのは米語と英語の差を意識するからでしょうがスペイン語は別です。スペイン語公用国20か国でそれぞれ差があっても会話には困りません。このような地域性は日本語にも(一か国内で)ありますが、出身地は意識しても会話には支障ありませんね。スペイン語も同じだと思っていいでしょう。中南米スペイン語は一つではなくメキシコ、アルゼンチン、カリブ、中米、南米で発音、vozとtú,イントネーションが違います。しかし、その差は会話の妨げになりません。 スペインのスペイン語が特別な位置づけになっているのは我が国の大学で、英語やフランス語経由のスペイン語学習者(教授)が多かった時代にスペイン留学帰りの教授が貴重な存在だった時代の名残だと思います。狭い象牙の塔内では100年近く前の習慣がまだ生きているようですが徐々に崩れていると思います。NHKもスペイン、メキシコ、ペルー、アルゼンチン出身者の講師を使い、人口、経済力、日本との関係に見合ったバランスを考えているようです。 質問者さんの環境が分かっていなければ、スペインのスペイン語をお薦めしたかもしれません。理由は権威ではなく入口はどれでもよいと思うからです。早く近くの扉を開けて始めることが肝心です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

特に中南米スペイン語の環境にあるわけではなく、 友達はいるとはいえ南米にいるので話す機会は数年に1度しかないんです。 となるとスペインのスペイン語がおススメということになるのでしょうか。 いずれにしろたいした違いはないということなので、早く決めたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

こんにちは。 スペインのスペイン語にも中南米のスペイン語にもこだわりがない人には、個人的にはスペインのスペイン語をおすすめします。理由は、よくイギリス人がアメリカ英語を下に見る傾向にあるって言いますけど、それと似たような傾向がスペイン語にもある(と思う)ので。 私個人としては、歯切れがよくスピードのあるスペインのスペイン語の方が、中南米のスペイン語より好きでした。よく中南米のスペイン語は歌うような話し方だと言われますね。(それが心地良いという人も多いですが、私には甘ったるすぎて・・・。) >中南米のほうが活用が少ないからラクなのかなとも思うし、 私はスペイン語が専攻だったのでVosotrosの活用も覚えましたが、独学だったとしても「活用の多い方を最初に覚えておけば、活用が少ない分には話すのに困らないかな」と思っていたのでスペインのスペイン語を勉強しただろうと思います。今思えば、スペイン語をマスターするのに覚えないといけないことを100としたら、Vosotrosの活用を覚えるのなんて微々たる努力です。どちらを選んでも大して労力は変わりませんよ。 >スペイン人はcとzを英語のthで発音するけれど、 >中南米ではc, z, s を同じ音で発音するから聞き取りにくいとも聞きます。 聞き取りにくいということはないですよ。区別して発音する必要がないので、逆に中南米スペイン語の方が発音する時、楽だと思います。ただし、スペイン人はC,ZをSの発音で発音されるとなかなか理解できない、ということはあります。スペインの方が旅行で行く可能性が高いなら、C、Zは普段からTHで発音するよう気をつけた方がいいかもしれませんね。 >どちらの方がもう一方で通じやすいというのはあるのでしょうか。 >どちらでも通じないことはないという意見も目にしますが、 >中南米のスペイン語を習ってしまって、スペイン人がvosで話したときに >何のことかわからなくなってしまうなんていうことはありますか? どちらのスペイン語を覚えてもちゃんと通じますよ。心配いりません。Vosotrosで話されても語尾がちょこっと変わるだけですから、Vosotrosの活用を全く知らなかったとしても聞き取る方は問題ないと思います。ただ、話す方はUstedesで通すことになりますが、それも会話をする上で妨げになるようなことはありません。 というわけで、質問者さんのお好みで。勉強、頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Vosotrosの活用を覚えるのなんて微々たる努力、ですか。 そうかもしれないですね。 活用の数で選ぶのはやめようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • スペイン語の発音

    私が今まで習得した言語は英語とフランス語で、ラテン語とイタリア語が少しで、スペイン語も昔 齧りだけ 学習したことがあります。ですから スペイン語の単語なんかも ある程度類推できる場合も多いです。 そこでスペイン語の知っている人に質問です。スペイン語は英語やフランス語に比べると ほぼローマ字通りに読めばよく、発音も日本人には親しみやすいと思うのですが、それでも よく分からない発音があります。一つはyの音です。ジャ行の音に近い音で発音する人もいれば英語のようにヤ行で発音する人もおりますよね。 ジャ行の音で発音する場合も フランス語のjとは少し違う気がします。正確には どのように発音するのでしょうか?もっと分からないのはllの音です。この音ってyをジャ行の音に近い音で発音するのとは違うんでしょうか?発音に関してはスペイン本国と中南米諸国とで 大まかな基準みたいなものがあると思ったのですが、詳しいことは分かりません。 ついでに もうひとつ質問なんですが、アルゼンチンて スペイン系よりもイタリア系の移民の多い国ですよね。それでも 公用語はスペイン語ですよね。どうして イタリア語でなくスペイン語が公用語になったのでしょうか? それでもイタリア語の影響も多少は受けていて、中南米の中ではイタリア語もかなり通じるとは思うんですが、そのへんのところ どうなんでしょうか?

  • スペイン語を学習するにつれて。

    気をつけたほうがいいとか、こんな学習はよくない。とか教えてください。 また、サイトとか、本とか、初心者なんで、わかりやすいものがあったら教えてください。 スペイン語は、スペインのほうの発音と、南米の発音はかなりちがうように聞こえます。 ヨーロッパっぽい発音だったり、、。 南米のほうとかは、かなりはっきり発音しすね。(日本人にとってだけど) 私ごとですが、南米のほうがよいのですが、その学習につれて差とかあるのでしょうか? イタリア語と両立しても言いかと思ってます。 やっぱり混乱するからやめたほうがいいのでしょうか? スペイン語の10個くらいの単語知ってる程度です、、。 なんにもわからないので、教えてください。

  • ペルー旅行に旅の指さし会話帳

    来月、ペルー旅行に行く予定です。しかしスペイン語は全く分かりません。 そこで「旅の指さし会話帳」を持って行こうと思っているのですが、スペイン語の旅の~は ・スペイン ・キューバ ・メキシコ ・アルゼンチン の4種類があり、ペルー編はありません。 ペルーのスペイン語はどれが近いでしょうか? 旅行に持って行くのは何編が適切だと思いますか?

  • スペイン語 POR QUE NO TE CALLAS のニュアンス

    スペイン国王がチャベス大統領に言った POR QUE NO TE CALLAS についてお尋ねします。 質問1 日本では「スペイン国王がチャベス大統領に 黙れ と一喝」みたいな 訳で紹介されました。 映像を見ると国王は「黙れ!」といった激しい態度ではなくて、 王らしく静かに威厳を持って注意したという感じに見受けられます。 更に命令形ではないので一喝しているニュアンスには感じられないのですが、実際はどうなのでしょうか。 質問2 日本語では「お静かに」とか「話を聞いてください」などと注意しますので、 直訳で「何故 君は黙らない?」という表現は学習者にはなかなか 出にくいものだと思うのですが、 この表現はスペイン語独特の(あるいはスペインの)言い回しなのでしょうか それとも国王の(個人あるいはロイヤルファミリー独特の)言葉遣いなのでしょうか。 質問3 スペイン語中南米では二人称の扱い方がずいぶんと違うようです。 このような公の場面でスペイン国王が南米の大統領に対し tu を 使ったのは単にそれがスペインでの習慣だからでしょうか、 それとも相手を挑発するためにわざと使ったのでしょうか、 一方、南米人はtuの扱いをされてどう思うものなのでしょうか。 (何故こんな質問かといいますと、メキシコを旅行した人がタクシードライバーに tuを使ったら非常に怒られたというエピソードを聞いたので、中南米人に いきなりtuを使ったら失礼に感じるのではないかと思ったからです) 以上、長くなりましたらわかる範囲で結構ですのでよろしくお願いします。

  • スペイン語の意味を教えてください。

    スペイン語らしいのですが、「AROMUSICA」の意味と発音を教えていただけないでしょうか? 発音は「アロミュジカ」で良いのではと思うのですが・・・。 「ARO」が輪とかリング、あと響き渡る音などの意味があるようなので、「響き渡る音色(音楽)」みたいな意味なのでしょうか? それと、正確には「Aro Musica」と表記すべきなのでしょうか? それとも「Aromusica」でひとつの単語(名詞)として使うのでしょうか? 辞書で調べても「Aromusica」で出てこないので質問させていただきました。 宜しくお願い申し上げます。

  • 【初海外】 南欧か、メキシコか、南米か。

    英語は全く出来ませんが、スペイン語・ポルトガル語は、ほんの少し(挨拶、注文、簡単な受け答え程度)出来ます。 今まで日本から出た事ありませんが、初めて海外に行ってみようと思います。 候補としては「メキシコ」「南欧(スペイン、ポルトガル)」「南米(ブラジル+他2ヶ国ぐらい)」です。 日程は10日~2週間ぐらいを予定しています。 候補が広範囲すぎて恐縮ですが、どこも同じぐらい興味があって決め切れません。 サッカーや格闘技が好きなので南米サッカー・ルチャリブレ・カポエイラに強い興味がありますけど、初心者には難しいと言う意見も多く見かけます。 スペインはとにかく「食」が好きです。ポルトガルはポルトガル語教師の出身国なので、話を聞いてるうちに興味がわいてきました。 南欧はスリが多い・治安が悪いと言う意見は多いですが、たくさん情報はあるし危険度でも中南米よりはマシかな…と。 南欧・メキシコ・南米だったら、どこがオススメですか?

  • 将来移住を考えています

    ヨーロッパでは、イタリア、スペイン オセアニアでは、ニュージーランド 北米では、メキシコ 南米では、ペルー 他にいい所ありますか。 私が一番重要視しているのが、気候です。 からっと乾いた年中温暖な地域。 寒がりで冬場はほとんど外に出ません。

  • スペイン語:Ugly Betty で使われた Te amo について

    Ugly Bettyを見ていますがちょっと気になるセリフがあったので教えてください。 主人公Bettyのお父さんはメキシコ系移民(今見ているところまでは不法滞在)ですが、 Bettyの上司が「愛してる、君なしではいられない、をスペイン語でなんて言う?」とお父さんに尋ねます。 彼は一度女性に振られていて、再度気持ちを伝えるというシーンです。 お父さんは「Te amo, no puedo vivir sin ti.」と答えます。 ここで Te amo ですが、この表現は少々文学ちっくでふつうは Te quiero.を使うと本で読みました。 スペイン語(スペイン、中南米共に)の映画やドラマで聞くのはTe quiero.の方ですし、 Prison Breakのスペイン語版でもそうでした。 このシーンはものすごくロマンチックというわけでもないですが 演出上 Te amoを使ったのでしょうか。 それともメキシコでは普通なのでしょうか。 お父さんは年配だから? お暇なときに教えてください。

  • ドラマのだめの「マエストロ」の発音を聞いてスペイン人が笑った

    意味不明のタイトルでごめんなさい。 2週前に放映されたドラマ「のだめカンタービレ」で、外国人が出てきました。 日本人が「マエストロ!」と驚いて呼びかけるシーンがあったのですが、 その時、テレビを見ていた数人のスペイン人の一人がその発音を聞いて笑いだし、 スペイン語で他のスペイン人に何か喋りました。 その中にちらっと「マエストロ」と聞こえる単語があったこと、 その後マエストロ、という日本語がテレビから聞こえるたびにふふっと笑っていたので、 この言葉に反応したことは間違いないと思います。 ただ、この言葉に笑ったのは一人だけです。 友人同士の他の数人は、あまり表情の変化もなく、彼女の発言に相槌をうっていただけでした。 ただ、わかりやすく「スペイン人」とまとめましたが、笑った一人だけは南アメリカ(母語スペイン語)の出身で、 その他の反応が薄かった人々はスペイン出身です。 質問は、「彼女は何がおかしくて笑ったのか?」ということです。 スペイン語とイタリア語はラテン系の言語で似通っていると思いますが、 マエストロ、という単語がスペイン語では変な意味があるとか、MAESUTOROという、 必ず母音+子音の日本語発音が面白く響いたとか…。 笑った調子は明らかに嘲笑しているようでも、単純に面白いからでも、呆れてしまって笑うしかないようにも、 どれにもあてはまるような感じでした。 当人たちとさほど親しいわけでもなかったので当日聞きそびれ、もんもんとしています。 よろしければご回答くださいませ。

  • 2月上旬から3月上旬までの間の中南米個人旅行

    大学4年♀です。2月上旬から3月上旬の間で、2~4週間ほどかけて中南米を個人旅行(バックパッカー)したいと考えています。 期日があまりに迫っているのは承知のうえですが、当初計画していた予定が白紙になり、ぽっかりと空白の期間ができてしまいました。4月から新社会人になるのですが、社会人になればこうしたまとまった休暇を取ることは困難になるため、どうしても今のうちに海外旅行に行っておきたく思っています。少しでもアドバイスやヒントをいただけると幸いです。 これまでの旅行経験は以下のみです。 ・ヨーロッパ(イギリス、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、スイス、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、クロアチア、チェコ、スロヴァキア、ベルギー) →2回。1度目はひとりで、2度目は母を連れて。どちらも40日程度のバックパッカー ・韓国 ・中国(10日程度。中国人の友人が招待、案内してくれました) ・シンガポール(ゼミでの研修で10日弱) 今回興味のあるところは ・メキシコ(チチェンイツァ、グァナファト、シカレ、タスコ、カンクン) ・ベネズエラ(エンジェルフォール、ロライマ山) ・ペルー(クスコ、マチュピチュ、チチカカ湖) ・ボリビア(ラパス、ウユニ) ・エクアドル(ガラパゴス) ・アルゼンチン(カラファテ、イグアスの滝) になります。当然全てを網羅することなど不可能なので、この中からシーズンや効率を考えてピックアップしていきたいと考えています。絶対に外したくないものは雨季・新月のウユニ塩湖です。ショッピングなどにはそう興味はなく、自然や文化(伝統や歴史から現代一般市民の日常生活まで)、異国情緒、食事(南米などはあまり期待していませんが…)を楽しみたいと思っています。 中南米は治安に不安があるのでツアーメイトを募り(アテはあります)全日程の同行が不可能であっても極力ひとり行動は避けるつもりです。 予算は50万が上限で、安ければ安いほど嬉しいですが、旅の安全はお金で買うものだと思っています(移動や宿などは特に気をつけるつもりです) 航空チケットもまだ取っていませんので(大まかなルートが決まれば即動きます)イン、アウトもまだ決まっていません。 中南米初心者の私に、おすすめのルートや、カットした方がいい場所、または上記にはないがプラスしたらいい場所、旅の心得など、どのようなことでも構いませんのでご教授いただけないでしょうか?よろしくお願いします。 補足:スペイン語は全くできません(出発までに最低限のことは叩き込み、また一応会話帳などは持っていこうと思います)。英語は日常会話なら多少は…という程度です。