• ベストアンサー
  • 困ってます

ラテンアメリカ文学(スペイン語)

ボランティアをしている図書館では、日系人の利用者が多いので、ポルトガル語やスペイン語の図書を購入して置いています。ポルトガル語はかなり充実しているのですが、まだスペイン語の図書があまり揃っていません。特にペルーやメキシコ出身の人が多いので、スペイン語系のラテンアメリカ文学をいれたいと思っています。 そこで質問ですが、 ・ラテンアメリカ文学と言えば、「ガルシア・マルケス」などは有名ですが、他にどんなラテンアメリカ文学者がいるでしょうか? ・また、最近ペルーやメキシコで流行っている文学作品はどのようなものがあるでしょうか。 詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数189
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • chatea
  • ベストアンサー率69% (922/1323)

日本でも出ている著書で読んだことがあるのは、 バルガス・リョサの『誰がパロミノ・モレーロを殺したか』『フリアとシナリオライター』  イサベル・アジェンデの『エバ・ルーナ』『天子の運命』 パウロ・コエーリョの『アルケミスト』『星の巡礼』 アルベルト・グラナードの『トラベリング・ウィズ・ゲバラ』   後は、オクタビオ・パスの詩集、評論集やアレホ・カルペンティエルやフリオ・コルタサルの短編などです。 ただ、さすがに最近の流行までは分かりません。申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そうですね。日本でも出ているものであれば、有名どころということでいいかもしれませんね。

関連するQ&A

  • ポルトガル語の動詞活用形母音の交替について

    自分はスペイン語の通訳なのですが、勤めている会社の日系人の半数はブラジル人なのでポルトガル語の勉強を真剣に始めました。スペイン語とポルトガル語はかなり類似していますが、発音はポルトガル語のほうがかなり複雑です。動詞の活用形におけるEとOは広いエとオ狭いエとオがありますが、母音の交替はどうやって調べればよいのかどなたか教えてください。辞書には不定詞の発音しか載っていません。活用形の発音はどのように調べればよいのでしょうか?

  • 日本人が日本人を「日系人」と呼ぶことについて

    「日系人」という表現を日本人がするのは変です。 「うちのご先祖はドイツ出身なんだよ」というアメリカ人がいるとします。彼らは米国で「ドイツ系」あるいは「ドイツ系アメリカ人」と呼ばれると思います。 「うちのご先祖は日本出身なんだよ」というブラジル人がいるとします。彼らはブラジルで「日本系」「日系」あるいは「日本系ブラジル人」と呼ばれると思います。 問題はここから。 ドイツ系アメリカ人がドイツに行ったら、現地のドイツ人が彼らを「ドイツ系」「独系」と呼ぶとは思えません。 日系ブラジル人が日本に行ったら、現地の日本人は彼らを「日系」・・・・・と呼ぶんですよね。 ブラジルから来た人なら、「ブラジル系」「ブラジル系日本人」。ペルーから来た人なら、「ペルー系」「ペルー系日本人」。これなら論理的で、すっきりします。 日本人が日本人を「日系」と呼ぶのはやっぱり変です。 この考えに対するみなさんの意見をお聞きしたいです。

  • 図書館で働きたいです

    タイトル通りですが図書館で働きたい30代前半女です。 わたしが住んでいる市では年に一度2月にアルバイトの募集をしています。 今年の応募はわけあって見送ったのですが、来年はぜひ応募したいと思っています。 わたしが図書館で働きたい理由は、本が好きだから、ではなく 地区図書室(小さな図書室が市内各所にあります)で月2~3回ボランティアをしていて、 本を整理したり、探し出したり、利用者との交流でやり甲斐を感じているからです。 図書館司書の資格は持っていないし、これから取得する予定もありません。 図書館に採用してもらうために、いまからやっておいたらいいことはありますか? 図書ボランティアの会に参加することも考えましたが、普段は働いているので無理そうです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • orkney
  • ベストアンサー率32% (25/76)

キューバの文化担当官まで勤めた、アレホ・カルペンティエールの「失われた足跡」や「時との戦い」あたりはどうでしょうか? あとは、映画にもなったあたりでマヌエル・プイグの「蜘蛛女のキス」なんかもありますね。 いずれも日本語版では集英社の「ラテンアメリカの文学」シリーズあたりで入手が容易だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに日本語で出ている「ラテンアメリカ文学」を参考にすれば良いですね(^^「蜘蛛女のキス」もそういえばアルゼンチン(でしたっけ?)のですよね。みなさんいろいろありがとうございました!

  • 回答No.3
  • ohji
  • ベストアンサー率42% (8/19)

No.2の者ですが、訂正させて下さい。 「チェ・ゲバラ自伝」と回答させて頂きましたが、正しくは 『ゲバラ日記』でした。失礼しました。 「チェ・ゲバラ伝」(三好 徹:著、文春文庫)に参考文献として、3冊載っていました。 ・「CHE,UNA VIDA Y UN EJEMPLO」Jesus SotAcosta, Instituto del Liblo, La Havana, 1968, ・「CHE」 Instituto del Liblo, La Havana, 1969, ・「ERNESTO CHE GUEVARA OBRAS 1957-1967 (1)(2)   Casa de las Americas, Cuba, 1970 以上の文章と演説は、日本語訳でも数冊出版されており、先の著書に記載されています。(K.文庫とか、、) 最近の流行とは言えないですよね?  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。最近の流行ではなくても、スペイン語の本として参考にさせていただきます!

  • 回答No.2
  • ohji
  • ベストアンサー率42% (8/19)

No.1 さんの、『トラベリング・ウィズ・ゲバラ』から関連して、『チェ・ゲバラ自伝』というのもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。チェ・ゲバラですか。前に映画にもなりましたしね。ありがとうございます!

関連するQ&A

  • ペルー在住、日系人です

    私の祖父は日本からペルーに移民した、日本人です。 ペルーで私の祖母に当たるペルー人女性と結婚し、私は日系三世になります。 祖父は私の父が生まれて間もなく他界してしまったため、私はもちろん、父も祖父に関する記憶がありません。 祖母もすでに他界しており、祖父をたどる術がありません。 祖父はペルーではスペイン語の名前を使っていたため、公的書類にはすべてスペイン語名で表記されていますが、苗字は日本名です。 今、私がわかるのは、祖父の両親の名前、職業、生年月日、おそらくペルーに移民してきたであろうと思われる年、祖母と結婚した日付のみです。 祖父をたどるために役所から発行してもらった書類には日本姓とスペイン名、国籍には「日本」と書かれているのですが、現在日本大使館にその書類を提出しても、その書類だけでは私が日系であることを証明できず、祖父の戸籍が必要だと言われました。 しかし、前記したように、祖父の日本名も出身地もわからない状況で、戸籍謄本(抄本)をとることは可能でしょうか? どのように、またはどこで情報を得ることが可能か、わかることがあれば教えてください。 私は現在、ペルーのリマに住んでいます。 よろしくお願いします。

  • 【初海外】 南欧か、メキシコか、南米か。

    英語は全く出来ませんが、スペイン語・ポルトガル語は、ほんの少し(挨拶、注文、簡単な受け答え程度)出来ます。 今まで日本から出た事ありませんが、初めて海外に行ってみようと思います。 候補としては「メキシコ」「南欧(スペイン、ポルトガル)」「南米(ブラジル+他2ヶ国ぐらい)」です。 日程は10日~2週間ぐらいを予定しています。 候補が広範囲すぎて恐縮ですが、どこも同じぐらい興味があって決め切れません。 サッカーや格闘技が好きなので南米サッカー・ルチャリブレ・カポエイラに強い興味がありますけど、初心者には難しいと言う意見も多く見かけます。 スペインはとにかく「食」が好きです。ポルトガルはポルトガル語教師の出身国なので、話を聞いてるうちに興味がわいてきました。 南欧はスリが多い・治安が悪いと言う意見は多いですが、たくさん情報はあるし危険度でも中南米よりはマシかな…と。 南欧・メキシコ・南米だったら、どこがオススメですか?

  • サイトのタイトル案をいただきたいです

    【サイトの趣旨】 著作権の切れた文学作品や、寄稿いただいた文章を朗読・音訳し、CDに焼いて販売したいと考えています。 販売といっても価格は諸経費分で、利益目的ではありません。 【タイトルをつけるにあたって】 タイトルからある程度内容が憶測できるようにしたいので、アルファベット表記は避け、親しみやすい語感にしたいと考えています。 【同ジャンルの既存サイト名】(ご参考) ・音の本屋さん「ぶんぶん」 ・声の花束 ・声の図書室 ・朗読図書館 ・AudioBook「アイ文庫」 ・MP3で音のボランティア「早耳ネット」 ・日本音声保存 *** ここまで読んでくださってありがとうございます。 どうか皆さまのお知恵を貸していただければと思います。

  • 大相撲の人気回復の妙案です

    海外への相撲の普及も、日本相撲協会の大切な役目だと明記されています。 相撲が世界中に広まり競技人口が増えれば、オリンピックの公開競技や正式種目にもなれます。 大相撲の英語放送は既に存在し、コメンテーター(解説者・注釈者)のマリ・ジョンソンさんが場所ごとに立派な放送をなさっています。 ブラジル、ペルーなどには、日系人の大相撲ファンが少なくないです。しかし日系二世・三世らは日本語が十分判りません。 せっかくのファンを逃がさないためにも、ブラジル用にポルトガル放送、ペルー、チリ、アルゼンチン、メキシコなど中南米諸国向けにスペイン語の放送が欲しいです。 日本語が判らない日系二世・三世・四世の方々や一般国民で格闘技に興味のある人たちも、大相撲中継を見るでしょう。 日本文化の普及や国際理解にもつながります。 モンゴルでは日本の大相撲中継が高視聴率を維持しており、数社の放送局が地上波で放送している事は有名です。 首都ウランバートルの街には、横綱・白鵬はもちろん、大関・日馬富士や関脇・鶴竜ら出身力士の看板が数多くあります。 またブルガリアでは大関・琴欧洲と十両・碧山(あおいやま)が、グルジアでは栃ノ心(とちのしん)、臥牙丸(ががまる)、黒海という三人の関取がいます。 ブルガリア語やグルジア語での放送もしてあげれば、現地の人は見ると思います。実際栃ノ心が白鵬と、優勝争いをしましたし。 大関・把瑠都の出身国エストニアだって、アマチュアの世界大会にはエストニア選手団が、モンゴル、ブルガリア、グルジア、日本、ロシア、ポーランドなどに交じって参加していますから、ある程度相撲に関心のある人はいる筈なんです。 また幕内・高安と十両・舛ノ山(ますのやま)はフィリピン人とのハーフです。 フィリピン人は中学から英語で授業を受けますから英語放送でも理解できるでしょうが、貧困の為に学校に行けなかった人、今でも行けない子供たちも多数います。 タガログ語の放送があれば、よりフィリピンの人たちの間に相撲が浸透します。 もちろん来場所新入幕になるであろう隆の山(たかのやま)の母国のチェコ語、幕内・阿覧(あらん)の出身国のロシア語放送だってやれば良いと思います。 フランスでも相撲はある程度人気があって興味のある人はインターネットで見ていますから、フランス語での大相撲中継もあるとフランス語圏に大相撲の認知度が高まります。 日本相撲協会では、海外での相撲の普及に力を入れています。しかしテレビやネットで大相撲を見て、出身国の力士を応援した経験のある子供たちが増えれば、普及ははるかに楽に進むはずです。 ポルトガル語、スペイン語、ブルガリア語、グルジア語、エストニア語、タガログ語、ロシア語、中国語、フランス語、チェコ語などの大相撲中継をやってみればどうでしょうか? 海外から大相撲を見に、観光旅行を兼ねて国技館などに来る外国人が増えるはずです。 また日本に多数いらっしゃる在日ブラジル人や在日フィリピン人、日本人のフィリピン妻なども観戦に来るのではないでしょうか? 日本人が見に来ないなら、外国人の相撲ファンに見に来てもらえれば良いのです。 外国での人気に影響されて、日本の相撲人気も回復すると思います。 現地のテレビ局に放送してもらうのではなく、最初はインターネットで放送すれば良いと思います。人気が出てきたら現地の衛星放送→地上波に移行するのです。 コスト的に引き合わないのは承知の上ですが、将来への投資です。日本文化への理解の促進ということで、政府や外郭団体からお金を出してもらいましょう。 ポルトガル語、スペイン語、フランス語、中国語、ロシア語は、学習者も多くアナウンサーの人材に事欠きません。 他言語は現地で志願者を募集して養成すれば可能です。 柔道や合気道、歌舞伎、アニメ、漫画、生け花、能、将棋、日本のテレビ・映画を通して、どれだけ多くの外国人が日本に好感を持ったかは、説明の必要がないでしょう。 目先のコストにこだわらず、広い意味での将来の利益を考えれば有効な手段だと思いませんか?

  • 深刻に人探しの方法を模索中です。

    深刻に人探しの方法を模索中です。 私は今妊娠9ヶ月(35週)です。相手は日系ペルー人で3年半以上つきあっています。私が妊娠に気づいたとき(昨年の12月)には彼はペルーに一時帰国していました。(今までも彼は年に何度かペルーに帰っていました) 今年の1月終わりまで連絡も取れていて、2月にはビザが切れるからそれまでには絶対に日本に帰ってくると言っていました。帰国したら私の両親・家族にもきちんと結婚の挨拶をするから・・・と言っていました。 1月の後半頃にペルーで大雨が降り帰国がのびていると何度か連絡がありました。1月末ごろにこちらから電話をかけても電波が悪いのかつながらない状態になりました。(仕事の関係などからアマゾンにいることが多く電波がつながらないことが多いと今までも言っていたので、今回もそうだと思っていました) 2月の最初に携帯に『表示付加』の電話がかかってきました。そういうのって海外から電話がかかってきた時になるので、彼だと思い電話出たのですが出てもすぐに切れてしまい話をしていません。 2月中ごろにいとこと言う人からスペイン語のメールが来ました。はっきりいってそのいとこのことをまったく知らないしスペイン語もあまりわからないので、最初は無視というか気にもとめていませんでした。 でも、翻訳機などで少しずつ自分なりに解読していくと、「たくさんの人が大雨で亡くなっているというので、私のいとこも亡くなっているかもしれない」と言うような気になる文章だと言うことに気がつきました。 彼の弟は日本国籍で、住んでいるところははっきりとはわからないけれど、車を止めているところを知っていたので、車に手紙といとこからのメールの内容をコピーして残してきました。 弟もペルーに帰っていたらしく手紙を残してから2日ほど経ってメールがきました。弟も「兄は死んでいるかもしれない」と言ってきました。 私自身も色々と経過をみて亡くなっているんだと思っていたところ、3月の中ごろにまたいとこからメールが来て「いとこ(彼氏のこと)が生きていたから会いに行ってくる。帰ってきたらまたメールする。いとこの新しい電話番号です」と言って、携帯の新しい番号も教えられました。 でも、その後いとこの友達と言う人からいとこのメールアドレスで「友達のいとこ(彼氏のこと)は病気で話すことができない」という英語の文章が書かれていて、それ以来いとこにメールをしても連絡が戻ってこなくなりました。 弟にそのことを伝えようと思い、メールをしたり電話をしたのですが、弟も電話を解約したのかつながらなくなりました。車に再度手紙を置きましたが何も返事がありません。 ただ、その電話番号に電話をすると5月最初までつながっていたのに、今は全くつながらなくなりました。つながると言っても電波が悪いのかすぐに切れてしまうことが多い中、何度か1分くらいつながることがあり、相手がスペイン語で「私は○○です」と彼氏の声だと思うし、彼氏の名前をひたすら連呼するように言っていました。でも、こちらの声は全く聞こえていないみたいでした。 色々と模索し、ふと彼の実家(ペルー)の住所を以前手紙をもらったときに知っていたなと思い、2週間ほど前に手紙を書きました。でも、何も返事がありません。 ペルーの日本大使館にも連絡を取りましたが、大雨のときに死亡した日系人はいないとのことだし、もうどうして探したら良いのかわかりません。 テレビの公開番組に応募することも考えましたが、まだそこまで勇気というか覚悟がつきません。(人前に出て話すことへの恥ずかしさや、家族に迷惑をかけると思うなからです) 周りは騙されていたんだという意見が多いです。それはそれで、ここまできたら一人で子供を産む覚悟はできています。ただ、彼は子供が早くほしいとずっと言っていたし、子供ができたと知らせたとき本当に喜んでいました。だから、本当に病気なんじゃないのかとか記憶喪失だとか何か事件に巻き込まれているんじゃないかと考えると子供の為にも私ができることをしたいと思っています。 このままあきらめてしまうには後悔が残ると思います。 他に何か良い方法があるでしょうか?

  • 作文の添削をお願いします。

    「図書館だより」といって、高校の図書館通信のようなものを年度末に発行しています。 そのなかで、「委員長あいさつ」を書かなくてはならず、今年は震災のこともあったので、それも含めて一通り書きましたが文章に自信が無いため添削をお願いします。 800文字程度に仕上げたいので、表現を変えたり誤用文字があれば訂正をお願いします。 引用して、その部分を書き換える形にしていただければ、非常に助かります。 震災について書いているところを少し削りたいと思っています。 下にある委員会の活動については、大体このようなことを書きたかったので削らなくて結構です。 ただし、より良い表現方法や言葉遣いがありましたら、ぜひ参考にしたいので書いてください。 よろしくお願いします。 =========================  もうじき三年間の高校生活も終わりを迎えます。これを考えれば、ものすごく沢山の想いが込み上げてきます。今までは一日、一週間の経過がものすごく遅く、毎日が退屈を感じるような生活でした。高校を卒業しようとする今になって、誰もが聞き飽きたであろう「長かったようで短かった三年間」という言葉の意味を身にしみて理解できるようになりました。これは確かに辛い経験や悲しい出来事があったなかでのことではありますが、このように感じることが出来たのは、良くも悪くも充実した(慌しい)一年だったからだと思っています。  新しい年を迎え、東日本大震災からまもなく1年が経過することになりますが、みなさんはどのように過ごしていますか。まだまだ震災の傷跡が残る中、近ごろになってようやく落ち着きを取り戻し、穏やかな毎日を過ごせるようになりました。今となって考えてみれば、アマゾンで買い物をしたり、ニコ動をみるような、だらりとして日常がどれほど貴重なものなのか思い知らされます。  そんな私は、罹災と家族の犠牲は免れたため、周囲の辛い声を聞いても主観的に思いやることができずに、被災者としてならば同じ立場であるはずが、なんのフォローも出来ないことだけが心残りでなりません。家庭事情や経済的不安は残っていますが、恵まれた環境にいることだけでも、日々の生活が平穏に過ごせることに対する感謝の気持ちが絶えません。日々の生活に前向きな気持ちが戻ってきたのも、国内外からの支援があったからこそ実現したことを忘ないようにしたいものです。ひとかどの人間ではありますが、いつか何らかの形で恩返しができればいいと思います。前例の無いような経験をしたわけですから、学び取ったものの多くが今後生きていく上での糧にしていきたいと思っています。  ところで話が変わって図書委員の活動についてですが、今年は「文化祭」「芸術鑑賞会」など執り行う主な行事がなかったために、例年のような忙しさは感じられませんでした。しかしながら、机に並べられた、沢山の文庫本を見て分かるとおり、蔵書点検をはじめとする雑多な仕事が少なからずあったため、この高校では一番仕事が多い委員会だと改めて思います。3年間図書委員を続けてきたわけですが、今年から委員長をさせていただくなかで昨年度までとは違う視野で仕事に携われたことについても良い経験であったと感じました。それは、今までのように事務的に物事を処理するのではなく、図書館をひとつのコミュニティーの場として雰囲気作りができたことです。利用者、提供者の両方の立場として、図書館が居心地が良い場所になるように願っています。

  • スペイン語で「スペイン語」はなんという?

    タイトル通りです。英語で「英語」はENGLISHですが…

  • スペイン語・・・

     スペイン語を覚える秘訣?とかなにかあったら教えて下さい。 私は中学1年生です。今私は南米のスペイン語を話す国で暮らしています。母が南米人で父は日本人なので、私はそのハーフです。 母は、基本的スペイン語だけで、父は日本語、スペイン語英語とぺらぺらです。 生まれは南米で、育ちは日本です。 11年間日本に住んでいただけあって、スペイン語が全く分からなくて生活に不便です・・・分かるのは、基本的なこと。つまり、生活用語です。  もっと学校の友達としゃべりたい!!そうおもって、勉強するのですが、「本当に私にできるの?」 「こんなことしたって、覚えないのでは?」 「何千、何万とある単語をおぼえられるの?」  不安と恐怖が込みあがって来て、学校に通って半年。 読むことができても、ほとんどいみが分かりません・・・  親と上手くやれず、聞くことが中々出来ません。 こんな私を、助けて下さい。 どんなアドバイスでも構いません。 回答、お願い致します。

  • スペイン語です

    スペイン語の文法は分かりません。 ラテン音楽でベッサメムーチョ(たくさん接吻してちょうだい)という名曲がありムーチョというスペイン語単語は知っています。 それでアメリカ人の友達と話す時、すこしおどけてmany thanks (多謝)の代わりに mucho gracious と言ったりしますが、たまたまスペイン語の辞書で見ると、mucho ではなくて muchas gracious となってます。 文法が正しいか間違っているかは別にして、スペイン語がよく分かる人が mucho gracious を聞かれたら変に思いますか?あまり変に聞こえるようであれば今後 mucho gracious を使うのは止めようかと思いますが。

  • スペイン語が出来る方助けて下さい!!

    もぅ愛想が尽きてしまったのかな? あなたとメッセージのやり取りをしていても前みたいに愛を感じない。 私が言ったことは、今まで言ってきた言葉が嘘だと思われても仕方がないと思う。 でもそれは違う。あなたの事は本当に好き。 二度とあんなこと言ったりしないから。 もっとまともな人間になれるように努力するから。 どなたかスペイン語にして下さい。 今まで喧嘩をしてもずっと英語で書き、英語で解決してきたのですが、やはり微妙なところが伝わらないように思うのです。彼の母国語で手紙を書きたいので力を貸して下さい!お願いします。