• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

微分方程式

微分可能な関数f(x)が, ∫[0~x]f(t)dt=x^3-3x^2+x+∫[0~x]tf(x-t)dt をみたしている. このとき, f(x)を求めよ. 与式の左辺をF(x), 右辺をG(x)とおくと, F(x)=G(x) ⇔ F'(x)=G'(x) かつ F(a)=G(a)となるような定数aが存在するー(※) F(0)=G(0)=0より, (※) ⇔ F'(x)=G'(x) h'(x)=f(x), g"(x)=f(x)とすると ∫[0~x]tf(x-t)dt=[-tf(x-t)][0~x]+∫[0~x]F(x-t)dt=-xF(0)-g(0)+g(x) より,与式の両辺をxで微分すると, f(x)=3x^2-6x+1+F(x)-F(0)=3x^2-6x+1+∫[0~x]f(t)dtー(1) 再びxで微分して, f'(x)=6x-6+f(x) f(x)=yとおくと, dy/dx=6x-6+y 6x+y=uとおくと, dy/dx=du/dx-6より, du/dx=u u≠0のとき,  du/u=dx ⇔∫du/u=∫dx ⇔log|u|=x+c (c:積分定数) ⇔u=±e^(x+c) ⇔y=±e^(x+c)-6x (1)にx=0を代入して,f(0)=1 ⇔ ±e^c=1 ⇔ c=0 ∴y=±e^x-6x また, u=0のとき, y=-6xより,(1)に代入すると, -6x=3x^2-6x+1-3x^2 ⇔ 0=1となり, いかなるxについてもこれは成り立たず不適. ∴f(x)=±e^x-6x 添削お願いします.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

惜しい。 最後に初期条件を入れるところに凡ミスあり。 y = (eのx乗)-6x であって、± は要らない。 「u≠0 のとき?」の扱いに悩んでいるのなら、 式を du/dx - u = … と変形しておいて 両辺に eの-x乗 を掛けてから積分する という手もある。 どうせなら、(1) を微分せずにそのまま F(x) についての微分方程式と見て、 上記の手を使うと、話が早い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分方程式、初期値で微分すると?

    u=u(x,y), v=v(x,y)は(x,y)∈R^2のC^1級関数とし、 (ξ、η)∈R^2を初期値とする初期値問題        dx/dt=u(x,y), x(0)=ξ        dy/dt=v(x,y), y(0)=η の解を x=x(t;ξ,η), y=y(t;ξ,η) とする。 ∂x/∂ξ|[t=0]=1、 ∂/∂t(∂x/∂ξ)|[t=0]=∂u/∂x(ξ,η) を示せ。 って問題なんですけど、初期値(ξ)で偏微分?何のことか全然わかりません。xにt=0代入してからξで微分すれば1にはなりますけどそんなことしたらだめですよね? 助けてください。

  • 同次形微分方程式

    下の“微分方程式を解け”という問題がわかりません。 (1) (x+y)+(x-y)(dy/dx)=0 (2) xy(dy/dx)=x^2+y^2 この2つなんですが、一応、同次形微分方程式の範囲なので y/xの形にしてみたんですが・・・ (1) (x-y)(dy/dx)=-(x+y) (dy/dx)=-(x+y)/(x-y) 右辺の分母分子をxで割る (dy/dx)=-(1+y/x)/(1-y/x) y/x=uとおくとy=xuよって(dy/dx)=u+x(du/dx) よって u+x(du/dx)=-(1+u)/(1-u) x(du/dx)=-(1+u)/(1-u) -u x(du/dx)=-(1+u^2)/(1-u) (1-u)du/(1+u^2)=(1/x)dx 両辺を積分というとこの左辺のせきぶんがわかりません。 というかここまでまちがってるかもしれません。 (2) (dy/dx)xy=x^2+y^2 両辺をx^2でわる。 (dy/dx)(y/x)=1+(y/x)^2 y/x=uとおくとy=xuよって(dy/dx)=u+x(du/dx)よって u+x(du/dx)=(1+u^2)/u x(du/dx)=(1+u^2)/u -u x(du/dx)=(1/u) udu=(1/x)dx  両辺を積分 (1/2)u^2=logx+C よって(1/2)(y/x)^2=logx+C y^2=2x^2(logx+C) となり、とりあえず答えは合いました。過程はあってますか? あと、最終的な答えの形なんですがy=で答えるとかx=で答えるとか ってありますか?

  • 微分方程式の解法を教えてください!

    常微分方程式の解法はどんなものがあり、どのような場合に適用すれば解けるでしょうか。 解法を覚えても、それが適用される場合についての判断ができません。教えてください! 以下の場合だとどのように解けばよいでしょうか。 (1)d^2x/dt^2+ω^2x=0の一般解の求め方。(ωは定数) (2)dx/dt=-c^2y、 dy/dt=c^2x の一般解の求め方。(cは定数) (3)dx/dt=u、    du/dt=-kx-cu+f(t) (k,cは定数)  のとき  (1)f(t)=0のとき、t=0でx=x0のもとでの解を求め   る。  (2)f(t)=cosωtのときの解。

  • 微分方程式 1階線形

    y’-2y/x = xy^3 は y’/y^3-2/x*1/y^2と変形できる。 ここで、1/y^2 = uとおくと、この微分方程式はx、uに関する1階線形になることを示せ。 次にそれを解くことにより、この微分方程式の一般解を求めよ。 という問題なのですが一応解いてみたのですが合っているのかいまいち分かりません。 間違っている箇所があれば教えてください。 よろしくお願いします。 ↓ y’/y^3-2/x・1/y^2=x 1/y^2=uとおくと、 du/dx=du/dy・dy/dx du/dx=(-2/y^3)・y’ du/dx=-2y’/y^3 となりますから、 y’/y^3=-1/2 du/dx よって、元式に代入すると、 -1/2 du/dx-2/x u=x …(1) 定数変化法を用いる。斉次形の解をまず求める -1/2 du/dx-2/x u=0 du/dx=-4u/x ∫du/u=-4∫dx/x ln|u|=-4ln|x|+C1 u=±e^(-4ln|x|+C1) u=Cx^(-4) Cがxの関数であったものとして、非斉次形の解を求める。 C=p(pはxの関数)とおくと、 du/dx=p’x^(-4)-4px^(-5) ですから、(1)にそれぞれ代入して、 -1/2 {p’x^(-4)-4px^(-5)}-2/x px^(-4)=x -1/2 p’x^(-4)+2px^(-5)-2px^(-5)=x -1/2 dp/dx=x^5 ∫dp=-2∫x^5 dx p=-1/3 x^6+C 従って、 u=(-1/3 x^6+C)x^(-4) u=-1/3 x^2+Cx^(-4) となるから、1/y^2=uより、 1/y^2=-1/3 x^2+Cx^(-4)

  • 微分方程式の解法

    この数日間、色々試してみたのですが、途中でつまづいてしまいました…。分かる方がいたら、是非教えてください。 (1)x^2-y^2+2xy*dy/dx=0 [初期条件x=1,y=2]  以下、私がつまづいたところまで解いてみます。  1-y^2/x^2+2y/x*dy/dx=0 u=y/x,y=uxとすると、dy/dx=u+xdu/dx 1-u^2+2u(u+xdu/dx)=0 1+u^2+2ux*du/dx=0 2ux*du/dx=-u^2-1 2uxdu=(-u^2-1)dx 2u/(-u^2-1)*du=1/x*dx -∫2u/(u^2+1)*du=∫1/x*dx  -log【u^2+1】=log【x】+C ※【 】は絶対値です。  log【u^2+1】+log【x】=-C log【u^2+1】*【x】=-C  log【u^2+1】*【x】=loge^-C 【u^2+1】*【x】=e^-C  (u^2+1)x=±e^-C  b=±e^-Cとすると  (u^2+1)x=b (y^2/x^2+1)x=b ここで、初期条件x=1,y=2を代入すると  b=5  (y^2/x^2+1)x=5 y^2+x^2=5x …なぜかここで詰まりました。    最後はy=…の形にするんですよね?  この後はどうしたらよいのでしょうか?  あるいは、途中で間違っているのでしょうか?   (2)x*dy/dx+y=y^2logx [初期条件x=1,y-1/2] dy/dx+y/x=y^2/x*logx dy/dx=y/x*ylogx-1) dx/y=dx/x*(ylogx-1) ∫1/y*dy=∫1/x*(ylogx-1)dx log【y】= … xとyが分けきれてない…。    …と、ここで詰まってしまいました。    ヒントだけでも結構ですので、分かる方がいたら、是非教えてください。長々と失礼しました。

  • 微分方程式についてです

    dy/dx = -y の微分方程式で ,x=10tと置いた場合. dx/dt = 10 ∴dt/dx = 1/10 を使って, dy/dx = (dy/dt)(dt/dx) から, -y =(dy/dt)(1/10) ∴dy/dt = -10y とするのはいいのでしょうか. 1次近似なので,x=10t は分割が小さくなっただけのような気がするんですけど.

  • 微分方程式の同次形

    微分方程式の同次形って (y/x)の形をつくって、そこから y/x=u とおいて計算してくじゃないですか。 その後に、dy/dx=u+x(du/dx) となるのはなぜなのでしょうか? dy/dx=uとなるなら納得するんですが、その後に加わっているx(du/dx)はどういった考え方をすれば出てくるのでしょうか? dy/dx=u+x(du/dx)から考えてみても、y=uxにならないんですよね。 考え方を教えてください。

  • 微分方程式の問題

    dy/dx=2xy+x^3y^2 解:1/y=1/2(1-x^2)+Ce^(-x^2) の問題なのですが、 ベルヌーイの方程式のやり方で解いていった後、 du/dx=-2xu-x^3  [u=1/y du/dx=-1/y^2(dy/dx)] になり、線形微分方程式で解いていくと、 u=e^(-∫2xdx)(∫e^(∫2xdx)(-x^3)+c) となり、∫e^(∫2xdx)(-x^3)を部分積分の形で計算していくと、 解と異なる答えがでてきてしまいます。 どこが間違っているのでしょうか。

  • 微分積分について(一階線形微分方程式)

    この問題の解き方について教えて下さい。 問、曲線y = f(x)上の任意の点P(x , y)における    接線の傾きがPのx座標とy座標の和に等しい。    このような曲線のうち原点を通るものの方程式を答えよ。   Ans. y=e^x - x -1 (自分の解いたやりかた(答えがどうしても一致しないので間違っているところを教えて下さい。)) dy / dx = x + y・・・(1) (dy / dx) - y = x 斉次微分方程式(dy / dx) - y = 0を解く y' = y 変数分離で解くと y = C e^x (Cは積分定数) Cをxの関数uと置き換えて y = u e^x y' = u' e^x + u e^x これを(1)へ代入 u' e^x = x u' = x e^(-x) ∫du = ∫e^(-x) dx これを解くと u= -x e^(-x) + e^(-x) - C y=ue^x=-x + 1 - Ce^x 条件より C=1 ∴y= 1 - e^x + 1

  • 数(3)の微分についてです。

    媒介変数で表された関数の微分法についてなのですが、教科書に下のような説明が書いてあります。 x=f(t),y=g(t)と表され、x,yがtについて微分可能のとき 合成関数の微分法により dy/dx=dy/dt*dt/dx ・・・(1) したがって dy/dx=dy/dt*1/dx/dy=dy/dt/dx/dt=g`(t)/f`(t) (1)の合成関数の微分っていうのはyがtで微分できて、tがxで微分できるときに使えるんですよね?てことはyがtの関数で、tはxの関数で無ければならないと思うのですが、最初に与えられているのはyはtの関数、xはtの関数ってことだけで、tはxの関数であるとは限らないと思うのです。なので上の証明はx=f(t)の逆関数が存在する時しか成り立たないのではないのでしょうか?何故いつも成り立つのかがわかりません。 初歩的な質問ですみませんm(__)m