• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

スタッコ仕上げについて

お伺いします。 我が家は普通の戸建です。 外壁ですが、ラスカットの上は9ミリの「セメントモルタル吹き付けコテ押さえ」+「トップコート仕上げ」となっています。「スタッコ仕上げ」です。 最近、外壁の一部が腐り、ラスカット部分の張替を行いました。仕上げは「塗装店」の仕事と聞いています。 スタッコ仕上げというのは、左官の範疇でもあると思います。塗装店でも骨材入りの塗料、セメント系の塗料を厚く吹き付け、凸凹をローラーやコテで押さえるという仕事をするとネットで見かけます。 結局、このスタッコというのは「左官」「塗装」どちらの仕事なのでしょうか? どちでもやっているということでしょうか? その場合、違いは何でしょうか? よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • alexon
  • ベストアンサー率39% (45/115)

昔は外壁仕上げは左官職人の仕事だったらしいです。(70歳くらいの現役左官職人さんに聞いたことがあります) 左官職人が手掛けた個性的な柄や装飾のスタッコ仕上げが築年数古めのマンションや戸建てで時々見ることができます。 吹付仕上げが出回るようになって左官職人だけでなく塗装職人でも吹付スタッコなどの仕上げができるようになり、その内コストの高い左官仕事が減って、外壁仕上げは塗装屋の独占状態となり現在に至ると聞きました。 スタッコの意味を調べるとわかると思いますが、左官屋と塗装屋でスタッコの意味は異なります。 以上は私が聞いたことですので、正しいかどうかはわかりませんので、 他に詳しい方が出るのを待ちましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をありがとうございます。 はやり以前は左官の範疇だったのですね。 塗料だけでなく、セメントモルタルなども吹き付けで行う場合は塗装の範疇になったのですね。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

mo.2で回答したものです。 ラスカットの標準仕様は前に私が書いた物です。標準仕様以外の施工がされているので、壁が一部剥落したのでしょう。水がまわったというのはその事を指しています。 多分、補修を行っても同じ事が続くと思います。 それを踏まえた上で、スタッコ仕上げと言うのはスタッコ風仕上げと言うことです。塗装の範疇になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答をありがとうございます。 25年ほど前に新築でしたので、省令準耐火構造の前の物件です。 土塗り壁同等仕上げということです。 木質系パネルという2×4工法を応用したプレハブです。5.5ミリの合板で縦さん、横さんを井桁に組んだものを両側から接着剤で張り付けて、井桁の内部にはビニール袋でくるんで防湿したグラスウールが入れらています。 http://www.misawa.co.jp/kodate/seinou/mokusitu/panel/panel.html 当時はこれが標準仕上げで、部屋の内部は5.5ミリの合板にいきなりクロス張り、外壁はこの5.5ミリの合板がラスカット仕上げとなっており、ここに直接「白いセメントモルタル」を吹き付けし、そのうえに透明のトップコートを吹き付ける(車のクリア塗装のような)という仕上げです。多いときに1年で5000棟、15年ぐいらい販売を続けていた商品でいわゆる工場化住宅です。 いってみれば、すべての部分が規格化されているという感じです。 25年前といえばバブル崩壊の前ですので、建築業界は忙しく、細かい部分に手抜きごまかしがないとは言えませんが、大筋においては規格通りにできていると思います。 水が回るという状況がよく理解できません。 いわゆる在来工法ではないので、防水紙を貼り、ラス網を貼り、その上にモルタルを左官で塗り、その上にカラーのセメントモルタルを塗るという工法ではありません。 上記のような場合、トップコートなどしなけれな、セメントモルタルでも、リシン岩吹き付けでも、シリン岩かきおとしであっても、それらは基本的に水を吸います。水は吸わせておいて、内部の防水紙で水を止めるというやり方だと思います。 こういう工法ですと、水が回り壁が剥離したという現象は起こると思います。 当該物件では、木質系パネルの外側がいわゆる棟上げ式の段階ですでにラスカット状の仕上げになっています。 そのうえに直接セメントモルタルを吹き付ける仕様です。そしてその上にトップコートが塗布されていました。25年の間に塗装をしましたので、表面は白系のアクリルシリコンをローラーで2~3度塗りで仕上げています。 在来工法のモルタル壁の内部から水が回った壁の剥落というのはりかいできますし、手入れをせず古くなると窓枠の回りなどに大きなクラックもできると思います。 ウチの場合、柱は1本もなく、壁倍率8~11倍(役所の基準では5倍が最高)という強度の耐力壁に直接モルタルを付けるということでモルタルに深いクラックというのは起こらないと思います。吹き付けた雨水が回り、内部から壁が剥落するということもないと思います。 壁の最下部、基礎に乗っかっている部分には通常水切り板があるかと思います。 この部分にウチの場合は水切りはなくコの字の溝になっており、これが水切りの代わりとなっています。 この部分は生木(といっても防腐剤処理済み)が露出しており、呼吸しているという具合です。 北側の壁ですので、ここから水気を吐き出す代わりに吸い込みすぎた様子です。 腐ったのはこの部分から水を吸った壁の最下部の内部です。 モルタルの下地のラスカット部分までは水は染みておらず、内部で腐っていました。木質系パネルでサンドイッチ構造なので、内部の様子はわからず、風呂工事で壁の一部をこじ開け点検して状況を確認しました。

  • 回答No.2
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

ラスカットの標準仕上げではモルタルコテ押さえ10mm以上のうえ仕上げ材が来ることになります。 貴方の家の場合はモルタル塗りのうえ、セメント系のスタッコ吹き付け9mmでしょう。 直接ラスカットに吹き付け材を吹き付けることはありません。水がまわってしまいますからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 木質系パネル工法です。壁の外側は5.5ミリの合板をベースにしたラスカットボードになっています。 仕様書によると、セメントモルタル吹き付けコテ押さえ、トップコート仕上げなっています。セメントモルタル+トップコートの厚みが9ミリとなっています。 ラスカットボードそのものの状態でも、接合部はコーキングがしてあるので、防水性を発揮し、水が・・・というようなことはないと思います。 おそらく、ラスカットボードに直接 たまを吹く塗装のように吹き付けを行い、コテでおさえた仕上げだと思います。 ただ、セメントモルタルというと、左官の範疇なのでは?疑問に思ったもので伺ってみました。

関連するQ&A

  • 新築時が弾性スタッコの外壁塗装の塗り替え

    QNo.2400408にも関連するのですが、新築時が弾性スタッコ(○K○研の塗料)の外壁塗装の塗り替えを検討中です。数社の見積をとった中で、○K○研の塗料の弾性スタッコ壁はどんな塗料を使っても数年後には、新築時の塗料が膨らんで外壁がイボでいっぱいになるといった業者が1社いました。新築時の弾性スタッコの壁を塗り替えて数年で外壁にイボイボが出てきた経験があるかたは居られないでしょうか?また、それが真実ならイボイボが出てこない塗装方法、塗料を知っておられたら教えてください。当方の家は大手ハウスメーカー製で築19年になります。現在の外壁の状態は、新築時の塗装のままで、所々小さな膨らみがあります。よろしくお願いします。

  • 仕上げ後の塗装

    車のプラモデルを作っています。 ボディなのですが、仕上げに水性トップコートを吹き、研ぎ出しを行いました。 これから窓枠、フェンダーなどの塗装に入るのですが、エナメル塗料を使おうと思います。 この場合、塗装が失敗したとしてもふき取ってやり直すことは可能でしょうか

  • 住宅の外壁について

    お伺いします。 よくあるモルタル仕上げの外壁なのですが、モルタル仕上げは全部 左官屋さんの仕事だと思っていました。 住宅メーカーに聞くと、最後はペンキ屋さんの仕上げとのことでした。考えてれば、モルタルはセメントと砂ですので、色はグレーですね。しかし、実際は種々の色に仕上がっていた(いる)ので、やはり最後はペンキ屋さんの塗装ということになるのでしょうか? 昔は、表面のざらざらした状態(色は各種ありましたが)で仕上がったモルタル仕上げの住宅が一般的だったように記憶しています。 これというのは、ペンキ屋さんの、塗装仕上げ(トップコート?)というものなのでしょうか? また、今では、ペンキ屋さんに依頼すると、モルタルの壁の上に、水性アクリル塗料などをローラー塗りで仕上げてくれます(塗ると表面のざらざらがや気泡がなくなる)が、その昔はそういうことは行われていなかったと思います。再度、色の付いたどろどろしたものを、スプレーの中に入れてコンプレッサーを使って吹き直すということだったと記憶しています。 素人なので記憶の理解もあいまいです。よろしくお願いします。

  • アルミサッシ上への塗装について

    木造新築中の外壁仕上げが白いリシン吹き付け予定なのですが、窓枠のアルミサッシのシルバー色が目立つので白く塗りたいと思っています。 本当は外壁にガラスだけが嵌っているようなイメージにしたかったのですが、サッシが無いと漏水の危険があり保障できないので不可能と言われました。 それで仕方なくサッシを白く塗ればまだ良いのではと考えたのですが、アルミ上にリシン吹き付けは可能ですか? また不可能ならば他の塗料で塗装可能なものはありますでしょうか? 最初から白いアルミサッシにしておけば良かったのですが今となっては無理なので塗装をと考えています。 ご回答いただけると助かります。 宜しくお願いいたします。

  • ALCの塗装種類で悩んでます。

    現在、新築中で外壁をALC 旭化成のパワーボードにしますが 出来るだけ長持ちして、汚れが付きにくい 塗料にしたいと思っています。 アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素など 色々あるようですがどれがお勧めでしょうか? それと、吹き付けよりローラーがいいのか 仕上げの模様は、何がいいのか悩んでいます。 塗装の事にお詳しい方や、同じように 迷われた方でこうしてよかった。 こうすればよかった。などありましたら ぜひ教えてください。

  • 外壁塗装で吹き付け,ローラーでの施工のどちらがよいのでしょうか。

    外壁塗装で吹き付け,ローラーでの施工のどちらがよいのでしょうか。 外壁塗装を考えておりますが,家を建てた住宅メーカのリフォーム部門で見積もりをとってみると,吹き付けで施工するとのことで,ローラよりもきれいに塗れる,と言っています。 一方,一般のリフォーム会社では,いまどき吹き付けはあまりやらない,ローラで塗るところが大半だ,とのことでした。 吹きつけは塗料を薄くして吹き付けるので,ローラーに比べると塗膜が薄いというイメージがあります。 きれいに塗装できることはもちろんですが,耐久性を重視したいと考えています。 アドバイスをお願いいたします。

  • 外壁について教えてください

    外壁をガイナという塗料を使って塗装しようと思っていますが、 値段が高いと聞きました。 どれ位違うのか知っている方、教えてください。 目安として、目地処理、弾性吹付タイル塗装で2600円/m2です。 また、遮熱が良いと聞きましたが、どれ位良いのか教えてください。

  • コンクリート外壁の補修

    すいません。鉄筋コンクリート作り、築30年の家ですが、外壁の吹き付け塗装が剥がれコンクリートの地肌が出ています。 この補修にいい方法があれば、自分で補修したいのですが、いい方法は、無いでしょうか?吹き付けは、機械等、素人では、できないので、刷毛で、もしくわ、コテで塗るような、補修があれば、いいのですが

  • ブロック塀の塗装

    素人なので専門用語、専門的なことはわかりませんのでよろしくお願い致します。約10年前新築の際、門周辺にブロックを積み、塗装をしてもらいました。まずブロックを積み、その上にセメントを塗り、白い塗料をふきかけ、そして仕上げの塗料が塗ってあります。そこで問題なのが、白い塗料をふきかけと仕上げの塗料が、水と油状態で、仕上げの塗料がかさぶたのようで、はげてしまうのです。現在その時の業者がいないため、別の業者に見積もりをしてもらいましたが、その業者の方が、何故そのような作業(白い塗料をふきかけ、そして仕上げの塗料が塗ってあります)をしたのかわからない。塗装をやり直すのであれば、今の仕上げの塗料の分を全部はがさないと、又かさぶたのような状態が続くと言われ、面積にもよると思いますが、はがす作業に10万以上ということでした。本題は、もちろん職人さんの仕事で私のような素人ができるとは思いませんが、あまりにも高い為、自分で今の仕上げの塗料をサンダーやペーパー等ではがせたらと思います。又その後仕上げの塗料を、ローラーを使って塗りたいのですが、このような考えでできるのでしょうか?又、塗料等オススメな物がありましたら、教えていただけないでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 高圧洗浄のペイント塗膜への影響

    家の外壁(スタッコ仕上げにペイント塗装)と外塀(モルタル仕上げにペイント塗装)を塗りなおしてもらいました。その時、塗装屋さんに「今までのように時々高圧洗浄機(エンジン式吐出圧14MPa)で洗います」と話しかけたら、「塗膜表面を傷つけるので良くない」と言われました。今後どうしようかと迷っています。低い圧力で洗浄するのら問題ないのでしょうか? 皆さんの知識、意見をお聞かせ下さい。