• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。  軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。   木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。 軽量鉄骨のメリット、デメリット。 木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。 どうぞご意見を聞かせてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

積水の元主任技能者です。 デメリット 木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。 建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。 木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。 メリット 税金が安い。 奇抜な形でも可能。 寒冷地では暖房費が安くなる。 増築が誰でも出来る。 デメリット 軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。 和風建築が似合わない。 税金が高い。 4t車が入らないと高くつく。 メリット 技術と品質が一定である。 積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。 基礎幅が広いのが魅力。 ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。 30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為) 同メーカなら増築も出来る。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

木造、鉄骨のメリット、デメリットをそれぞれ記入してくださり、とても、参考になりました。お礼が遅くなり、大変失礼いたしました。ご意見を参考にさせていただき、鉄骨で進めていくことにしました。貴重なご意見、本当にありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

元消防隊員です。 これから新築される方には、あまりいい話ではないですが、火事になった場合、木造の方が持ちます。木造は、余程到着が遅れなければ、家としての形を保ってます。(出火原因にもよる)木の柱は、高熱になっても中々芯まで燃えにくいので、表面が炭になっている様に見えても、しっかりしているので倒壊するまで時間がかかる。大抵は、芯まで燃える前に消火に来るので崩れにくい。 軽量鉄骨は、高熱になっても燃えないが、ある一点を超えるとグニャリと曲がってしまう。特に横になっている細めに鉄骨が曲がるので、いくら早く現場に着いても二階の床が抜けてる事がある。軽量鉄骨の場合、消火後は、屋根や二階の床も抜け公園にあるジャングルジムの様になる現場が多いです。 必要なものを持って逃げる事を考えた場合、木造の方が危険が少ないと思います。もちろん火事にならない様に気を付けてもらい、万が一の為に貴重品などを持ち出せる準備はしておいてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#178426
noname#178426

私はハイムでしたが、50坪の軽量鉄骨と同じ境遇みたいですので回答してみたいと思います。 軽量鉄骨のメリットで恩恵を一番受けているのが太陽光ですね。 木造で一般的な切妻屋根だと3kw前後の太陽光を載せられますが、真っ平な軽量鉄骨の屋根は更に大きなものが載せられます。 実際にうちも5.2kwですから。 ハイムの展示場クラスだと11kwの太陽光が載っていると言っていました。 建築する際は工場で組み立ててくるので積み木を重ねる様に1日で家が建ちます。 うちは朝9時に着工して夕方の5時位には完成しましたよ。 何ヶ月も雨風にさらされると木造だと心配する所はありますが、この部分は心強い部分でした。 あとは結露に関してですが、前の家は古かったので家中結露しまくりでしたが、現在の家は二重サッシで間に何とかガスが封入されている窓で結露が一切ありません。 積水ハウスは分かりませんが、あればお勧めしておきます。 シロアリはメーカーの力の入れ具合にもよるんじゃないですかね。 一条工務店の建築現場を見学させてもらったんですが、緑っぽい色のシロアリ対策の薬液を木の芯まで漬けていました。 こんな感じで対策をしているんであれば安心ですかね。 ・・・で、住んでみて軽量鉄骨のデメリットは、、、特にありません。 木造住宅のぬくもりは個人の好みの問題ですね。 軽量鉄骨の無骨な感じもスッキリした内装も気に入って住んでいるので特に気になりません。 逆に木造もしかりですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>軽量鉄骨のメリット。 原料費(鉄骨)が安いので販社の利益拡大に結びつく。 現場の大工の腕の差がでないので、熟練大工が居なくても建てられる。 大量生産が可能で1000棟でも10,000棟でも量的な制限がない。 総重量が軽いので田圃の跡地など軟弱地盤でも対応できる。 >軽量鉄骨のデメリット。 地震で揺れる。 施工時に鉄骨の塗装に傷を付けると、その傷から錆る。 20年後、30年後の増築、改築は無理。 構造材に断熱性が無い(熱伝導率が高い)ので、慎重・完璧な断熱材施工が必須。 部材製造段階で二酸化炭素発生が多い。 解体時に産業廃棄物が多い。 >木造住宅のメリット。 設計の自由度が高い。 地震に強い設計が可能で、地震国日本で300年以上持っているのは木造だけ。 20年後、30年後、100年後でも増築、改築が可能。 木材自体が断熱性能を持つため厚板落とし壁工法などを使うと断熱材依存が少ない。 戦後に植林された杉、檜が樹齢60年を迎えており、この材を中心として、間伐材を使う事で林業再生に繋がる。 木材生幾時には二酸化炭素を吸収している。 解体時には木材はチップ燃料として再利用可能。 >木造住宅のデメリット。 日本の住宅の90%異常が木造なので「普通」の家になる。 木造と言って、外材の利用や、パネル工法など、木の家の良さを無くしてコストダウンした家がある。 接合に金物依存が高い工法があるので、このような金物建築では木造本来の耐久性は期待できない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • koro003
  • ベストアンサー率58% (60/103)

こんにちは、積水ハウスで去年戸建をたてました。 ご参考までに。 我が家は夫がダインコンクリートを気に入ったので、 軽量鉄骨(シーカス入り、isオーダー)で建てました。 一冬越しましたが、ご心配の結露は気になるほどではありませんでした。 (ちなみに北向きです) 窓の下のほうに少し水滴がついているくらいで、カーテンがぬれたりということはありませんでした。 積水のデメリットはガラスに挟んであるUVカットフィルムのおかげで、熱も遮断されるので 冬は寒いです。(これは木造も同じです) その代り、夏は外よりも家の中のほうが涼しいです うちは夏の暑さが厳しい地域なので、夏の過ごしやすさを重点に置きました。 我が家はエアキスではありませんが、引き渡し時から化学物質の匂いはほとんど感じられませんでした。 (ちなみに、ほかのメーカーの家の完成見学会に行ったときは、 化学薬品の匂い?で気分が悪くなったことがあります。) 私も木は好きですから、テーブルや椅子などで無垢や突板の家具を置くと 軽量鉄骨でもずいぶん居心地のいい空間になりますし、 床暖を入れない部屋は床材をグレードアップして木の風合いを楽しんでいます。 ちなみに、外壁のダインコンクリートは色によっては30年間メンテナンスフリーです。 (木造のシャーウッドだと陶板のベルバーン外壁になりますかね) やはり、家の外壁のメンテナンスはお金がかかるので、30年もメンテが楽なのは助かります。 よろしければご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 軽量鉄骨?木造?さてどっち

     都内に建坪50坪ほどの2階建ての家を建てようと考えてます。 軽量鉄骨がメインのハウスメーカーと木造がメインのハウスメーカー の営業マンの話をそれぞれ聞きましたが双方の営業マンの話術が 長けててどちらにするか全く決められません。金額的なことは一切無視して、 皆さんの経験上、知識上、軽量鉄骨と木造ではどっちがお勧めですか?

  • 軽量鉄骨 築30年の中古住宅

    軽量鉄骨 築30年の中古住宅は買うべきではないですよね。 建て替えも木造より大変だとも聞いています。 ちなみに積水ハウスです。

  • 軽量鉄骨住宅のメリット・デメリット

    軽量鉄骨住宅に興味があり、施工事例等を探してメリットデメリットが知りたいのですが、あまりないようなので、実際住んでいる方や価格について知りたいです。建築予定地は、建築基準がない地域で3階建て可能です。坪数は12坪 延床坪数は3階だと36坪ですかね? 木造と比べて費用はどのくらい違うのか? 住んでいてここが困るということを教えていただければ幸いです。

  • 木造アパートのはずが軽量鉄骨なのでは?

    木造だと思い入居を決めました。2階建てのアパートで1階に住んでいます。 はじめての冬を迎えガスヒーターを使うと結露ができます。また夏場でもカビが生えます。 太い柱もなく木造ではないと感じています。 軽量鉄骨というものではないかと思うようになりました。 木造と軽量鉄骨の違いと 木造とうたわれているのにもし軽量鉄骨だった場合、どのようにしたらよいでしょうか。 どうぞアドバイスのほう宜しくお願いいたします。

  • 木造、鉄骨どちらにしようか 迷っています。

    家の建て直しを考えています。 現在は 木造住宅ですが、 耐震性もないし、 白あり、ネズミに困っています。 鉄骨のほうが よいように思うのですが、 何かデメリットは ありますか? ・耐震性能 ・白あり ・ねずみ につきましては、 鉄骨のほうが better でしょうか ? ご回答お待ちしております。 宜しくお願い致します。

  • 軽量鉄骨造一戸建ての寿命

    積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。 空家だったので中も外もじっくり見てみましたが 素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。 地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと いうことでとてもしっかりしているように思いました。 ただ不動産屋の営業マンが 「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」 とあまりにも連呼するので 逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。 一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの) をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。 あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて 補修すれば長持ちする、というようなことでも いいです。 よろしくお願いします。

  • 集合住宅で木造、軽量鉄骨、重量鉄骨は絶対にダメなの?

    集合住宅で木造、軽量鉄骨、重量鉄骨は絶対にダメなの? ↓こんなこと書いてる人いるんだけど。 なんでだめなの? ------------------------ 118 : 消しゴム(関西) [] :2010/03/09(火) 11:11:52.69 ID:i9y23Z8o (1/2) 集合住宅で木造、軽量鉄骨、重量鉄骨は絶対にダメ 法律で規制してもよいレベル 最低でもRC でもRCにも色々あるので注意せよ --------------------------

  • 軽量鉄骨vs木造の住みごこちって?(急いでいます)

    軽量鉄骨の家って住み心地はどうなんですか? (平屋で検討しています) 経験者の方お願いします 今検討している軽量鉄骨メーカーは外壁が断熱材を兼ねているとのことですが、 もう結露とはおさらばしたいので、断熱にはこだわりたいです でもコストが・・・ 屋根は断熱材を入れて塗料も断熱性のものとのことです (もっと詳しく聞いた方がいいですね) 当地は沖縄で断熱と言うより遮熱でしょうか 鉄骨だとリビングの大開口がとれるそうで、それは魅力です ローンの担保評価や、固定資産税などについても教えていただけるとありがたいです 今比較しているのは木造(在来工法)とで (鉄骨造が)案外オシャレな家を建ててくれそうで揺らいでいます・・ コストが許せば重量鉄骨をところどころ入れたりしたら余計に丈夫で良いのですか? 夏の暑さはこもらないとのことでしたが、 冬の寒さはどうでしょうか?(沖縄にも冬があるのです 短いですが) オススメの断熱のしかたなども知りたいです 質問ばかりですみません 部分的にでもよいです 情報お願いいたします

  • 軽量鉄骨の外壁にテラス屋根の施工は難しいのですか?

    積水ハウスの軽量鉄骨の1階掃きだし窓前に間口2間、出幅7尺程度のテラス屋根を施工したいと思っています。積水ハウスは価格が高いため、積水ハウスに関係のない業者に依頼しようと思っています。軽量鉄骨であり、また、外壁保障のことも気になり定期点検に来られた積水ハウスの担当者にテラス屋根の外壁付けは可能か聞いたところ、「ビス止めは可能。ただし、鉄骨の場所によりビスがきかないため注意が必要」と教えてくれましたが、設計図書や契約書類には建物の骨組み構造を記載したものはないためどこにビス止めしてよいのか分からず、依頼した業者担当者も悩んでいます。この場合、購入者は、積水ハウスより構造図を提示してもらい、ビス止め位置を教えてもらうことは可能なのでしょうか?施工予定はTOEXのジーマテラス屋根です。

  • 木造か、重量鉄骨か

    準防火地域に三階建ての2世帯住宅を計画しています。 木造か、重量鉄骨か迷っています。木造の気密性や断熱性が良いのか、鉄骨の耐震性や防火性が良いのか。。。 メリット・デメリットも合わせて、教えて頂けたらうれしいです。 よろしくお願いします。