• ベストアンサー
  • 困ってます

父方と母方、何がどちらの染色体を選んでいる?

我々の多くは変異した異常な遺伝子を持っていますが、重篤な症状が実際に出るのは稀です。 その理由は、父方と母方からの二対の染色体があり、一方が異常でも、もう一方が正常なら、後者から正常なタンパク質を作れるから、と説明されます。 しかし、 「父方の染色体が異常だから、母方の染色体の方を採用して、必要なタンパク質はこちらから発現しよう」 などと判断しているのはどうやってなんでしょうか? 私の分子生物学の理解が根本的におかしい部分があればご指摘お願いしますm(__)m。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数563
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%B4%E6%AD%BB%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90 ここで言うと、質問者の疑問に対してわかりやすいケースは、 「ヒトの鎌状赤血球症遺伝子」のケースですね。 ※ 異常だとか異常でないという判断は、遺伝子レベルではしませんというか、「異常」などという価値観が入るようなことは科学では行わない。 次の世代を複製を作りやすいか作りにくいかだけのはなし。作りにくいものは減少していく。 「ヒトの鎌状赤血球症遺伝子」でも、鎌状赤血球は発現します、つまり鎌状赤血球を作るタンパク質が合成されます。発言された結果として、生き残りにくい組み合わせSSの場合、重度の貧血で幼児の段階で死亡するが、ASの場合は、生き残れる。そしてマラリア耐性があるので、ある一定の比率でSの遺伝子は複製を続けることができる。 キイロハツカネズミの毛色遺伝子 こちらの例では、YYの組み合わせでは母体にある段階で、うまく細胞分裂できず途中で死亡する。 「父方の染色体が異常だから、母方の染色体の方を採用して、必要なタンパク質はこちらから発現しよう」 ↓ 言い方を変えると 「父方の染色体も、母方の染色体もそれぞれタンパク質を合成するが不都合なタンパク質を作っちゃうと死んじゃうので、発生できなかったり、成長できなかったりする」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鎌状赤血球の例はなるほどと勉強になりましたが、これは遺伝の話にすぎないと思います。 教科書には染色体の一対が異常でももう片方がカバーするという胸が書いてありますが、これ自体が間違いかもしれないのでもっと勉強してきます。 

関連するQ&A

  • 染色体地図

    あるタンパク質のアミノ酸配列が分かっている場合、 そのタンパク質をコードしている遺伝子の染色体上での位置はどのように決定すれば良いのでしょうか?

  • 染色体がわかりません。

    (↓教科書の文です) 真核細胞では、DNAはヒストンとよばれるタンパク質に巻きついてヌクレオソームを形成している。通常ヌクレオソームは規則的に積み重なったクロマチン繊維とよばれる構造をつくっている。細胞分裂の際には、DNAの半保存的複製の後、複製されたDNA分子どうしは隣接したまま、それぞれがクロマチン繊維をつくり、さらに何重にも折りたたまれて、太く短いひも状の染色体が2本並んだ状態になる。これらの染色体は、複製されたDNA分子が隣接したままできたものなので、2本の染色体に含まれるDNAは同じである。 この文章から ・染色体は普段、クロマチン繊維の形で存在している ・分裂中期の(半保存的複製を終えた)染色体はDNA鎖2本分である ・2本のDNA鎖は複製されたものだから、全く同じものである(塩基配列もおなじである) …ということが読み取れたのですが、 分裂するとき以外は染色体は核内に散在しているのですよね? それと分裂中期の染色体にある”くびれ”の部分はくっついているのですか?資料集の図をみたところくっついてはいるようには見えませんでした… そうならばどのようにしてくっついているのでしょうか? なんかもう調べてもよくわからないことだらけです…。

  • 染色体数の変化の起因は

    ヒトの染色体数は23対ですが、類人猿は24対。植物ははるかに多いようです。当然少ない生物もいます。 どのような場合に染色体数は変化するのですか。突然変異とは無関係と思いますが、何か関係がありますか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

>>その理由は、父方と母方からの二対の染色体があり、一方が異常でも、もう一方が正常なら、後者から正常なタンパク質を作れるから、と説明されます。 うーん?これがなんかおかしいような。 形質には優先的に発現する優性遺伝子とそうではない劣性遺伝子があり、遺伝病を保有する遺伝子が優性であるならば正常な遺伝子を持っていようとも遺伝病は発現しますよ。 メンデルの法則ってご存知ないですかね? ある形質『アルファ』があるとして、その形質は優性遺伝子であるAと劣性遺伝子であるaに支配されてるとします。 普通の人間は遺伝子を両親から両方受け継ぎますからアルファに関する遺伝子の組み合わせはAAかaaかAaの3パターンがあります。 するとそのアルファはAAの人とAaの人はAが発現し、aaの人はaが発現します。 もし、Aが健康な形質で、aが遺伝病の形質であればAAとAaの人は健康になり、aaの人は遺伝病になります。 しかしながら、Aが遺伝病の形質でaが健康な形質であれば、AAとAaの人が遺伝病になり、aaの人だけ健康になります。 しかし、進化の中で優性の遺伝病はその遺伝子を持った個体は高確率で死ぬ可能性が高いのでそういう遺伝子を持った個体は子孫を残しにくく、その遺伝病は絶滅する可能性が高いので、優性の遺伝病は減っていき、遺伝病と言えば劣性遺伝子、というイメージがついたのかもしれません。 実際には現代にも優性の遺伝病はあるのですけども。 おそらく 「その理由は、父方と母方からの二対の染色体があり、一方が異常でも、もう一方が正常なら、後者から正常なタンパク質を作れるから、と説明されます。」 この文章は遺伝病は劣性遺伝子にしかないと思い込んでいる人が書いた間違った文章ではないかな、と思います。 ちなみにAとaのどちらが優性になるかはその遺伝子がどのように発現するかによって決まるので個別の遺伝子次第です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 遺伝に関する質問と言うよりは、遺伝子の発現についての質問なのですが・・・。 どういう原因かはさておき、染色体の一方がおかしくなったとき、どういう反応が起こるのか、ということが質問したいのです。 もう少し勉強してから再度質問したいと思います。

  • 回答No.5
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

基本的にはどちらの親から来た遺伝子も発現します. つまり, 「片方の染色体が異常であった場合、もう一方の正常な染色体を選択的に使うというシステム」は持っていません. どちらの親から来たものか記録されているため一方の親から受け継いだ遺伝子のみが発現する場合 (ゲノムインプリンティング) もありますし, 哺乳類のメスでは X 染色体が細胞ごとランダムに無効化されています (遺伝子量補償: オスとの発現量の調節のため) が, いずれにしても「正常か異常かを判定する機構」などないはずです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

両方から発現してるから、片方が壊れても大丈夫、とりあえずそう理解しておけばいいんでしょうか。

  • 回答No.4
  • JqqF
  • ベストアンサー率24% (159/656)

私の15年程前のノートでは単純に鍵が合わないというようなスケッチがあります。選択されるというよりは形が違うのでハネられるという解釈です。これで精一杯です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.3
  • JqqF
  • ベストアンサー率24% (159/656)

染色体は2対づつですが、片方が父方、もう片方が母方から受け継いだもののセットかといえば、違います。というか有り得ない。 セックス染色体はXXXとXXyですよね。この二つは母方のもの父方のものですけど、二人の子供の染色体は片方しか受け継げないわけですから。 多分ものすごく勘違いなさっているか、口八丁の啓発本かを読まれて、混乱なさっているのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 免疫学の本を読んでまして、先天性の免疫不全の説明で、質問文のようなことが書かれていたので、質問いたしました。 >染色体は2対づつですが、片方が父方、もう片方が母方から受け継いだもののセットかといえば、違います。というか有り得ない。 これは交叉とかそういうことでということでしょうか? 丸丸同じものであることはありえないとしても、構造的にほとんど同じ(常)染色体が2対ある。(>と<が動原体で合わさってXの形で。)というところまでは合ってますよね?? ・細胞は染色体のDNAからmRNAを介してタンパク質を発現してるわけですが、転写する際、2対あるうちのどちらかの染色体を選んで発現してるのか?それともどっちの染色体からも発現してるのか? ・片対の染色体に異常がある場合、もう片方が正常なら大丈夫、というようなことが起きるのはなぜか? 質問自体がおかしいでしょうか?・・・

質問者からの補足

回答者の皆様へ。 私と同じような疑問の質問があったので補足として書き込みます。 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3252106.html 私が質問したいのは、2対のうち、片方の染色体が異常であった場合、もう一方の正常な染色体を選択的に使うというシステムがあるのか?ということと、あるのだとしたらどんな仕組みで正常、異常を識別し、正常の方のみを選択的に発言しているのか?ということです。

  • 回答No.2

循環論法になりますがそういう悪性の遺伝子は両親性に発現するようにならなければそのゲノムは絶滅します。ですが種として問題ありますかね。 片親性に発現が選択されるのはごく一部です。そこに変異を生じた(配偶子~個体の)ゲノムは独り消滅します。ホモサピエンスのゲノム維持に支障はありません。 と進化論的に思いました。 再リプログラミングがあるかは知りません。ないから(そのケースで)死ぬ(ケースがある)のだと思います。その場合も病気の発症年齢(繁殖済みか)が鍵になるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 正直よく理解できませんでした。。 質問の意図は先天性疾患の話と考えていただいて結構です。

  • 回答No.1
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%B4%E6%AD%BB%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90 高校の生物の授業で、致死遺伝子というのやったと思うが。 分子生物学の話の前に、上記のように説明されている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 高校の時生物をやってなかったので苦労しております。。 この後読んでみます。

関連するQ&A

  • ゲノムと染色体の違いは

    一対の染色体の片方がゲノムだと思っていたら、染色体のゲノムを解析するという文章がありました。 どう考えたらよいでしょうか。  生物学の本には、ゲノムという言葉ばかり載っていて、医学関係の本には染色体という言葉ばかりでゲノムという言葉はほとんどありません。 染色体、ゲノム、遺伝子、、、、 わかりやすく解説してあるサイトがあれば教えてくださいs。

  • 素朴な疑問:染色体はどうして複数あるのか?

    当方、生物には全くの素ですが、一応理系です。 素朴な疑問なんですが、タイトルにあるとおり、染色体はどうして複数あるのでしょうか(1本しかいない生物もいるのかもしれませんが、それは無視して)? 染色体には DNA があって、DNA の部位によって、特定のタンパク質を作ったりするのだと理解しています。必要な部位をちゃんと識別できるのなら、全部をひとまとめにして、1本の染色体、1本の DNA にしてしまってもよさそうに思えますが、多くの動物の複数の 染色体、複数の DNA があります。 複数だと、染色体が多くなったり少なくなったりする異常が起きたりし易くなる、と思うのはきっと素人考えなのだと思います。細胞分裂の時に、一斉に複製を作るなんてのは、面倒なことだったりしないのだろうか、などなど、不思議に思う次第です。 ということで、染色体が複数、つまり、DNA が複数に分割されていることはどういうことなのか(利点の有無や必要性など)を、もし分かっているのなら、教えていただきたいと思います。

  • DNA と 遺伝子

    分子生物学を勉強しています。 ひとつ質問があるので知っている方はお願いします。 染色体はDNAが折りたたまれてできたものであり、 そのDNAの中には、タンパク質のアミノ酸配列情報を持つ領域である遺伝子を含んでいる。 ここまではあっているでしょうか? そうだとすると、「遺伝子ではない」部分は、 なんと呼ばれているのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 染色体、DNA、遺伝子の違いが分かりません。

    染色体、DNA、遺伝子の違いが分かりません。 高校生物レベルだと思いますが、どのように理解するといいでしょうか。 教えてください!!<m(__)m>

  • 連鎖群と染色体について

    連鎖群は染色体数の半分になり、ショウジョウバエだと4である、と生物学事典に書いてありました。確かに同一染色体にある遺伝子は連鎖していますが、ショウジョウバエだと性染色体が2本、常染色体が6本なので常染色体の半数の3プラス性染色体(XとY)2で連鎖群は5となる気がするのですが、違うのでしょうか?どなたか、教えてください。

  • 種分化による染色体の数の変化について・・・

    種が異なると、2n=○○という染色体対の数が違いますよね?そこでお聞きしたいのですが、こういった種間における染色体対の数の違いはいかにして生まれるのでしょうか?いわゆる総合説で進化の原動力とされている突然変異というものに、このような染色体対の数の変化をもたらす力があるのですか?ただ、2n=○○の数が違うような変異個体は、元の種と生殖できなくてすぐ滅びると思うのですが?それとも、染色体対の数の変化は進化の原因となるような突然変異とはまた違うプロセスを経てなされるのでしょうか? 遺伝子関係は無知なもので、トンチンカンなことを言っているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • ショウジョウバエの染色体の現象について

    ヒトは、性染色体として、女性は2本のX染色体を、男性はX染色体とY染色体を1本ずつ持っている。X染色体上には細胞の生存にとって重要な遺伝子が多く存在するが、女性の場合、X染色体の1本が強く凝縮された状態をとる。一方、ショウジョウバエは、メスは2本のX染色体を、オスはX染色体とY染色体を一本ずつ持っているが、オスのX染色体は、メスのX染色体と比較して、より脱凝縮した状態となっている。これらの現象が、どのような生物学的意義を持っていると考えられますか? 推測でもかまいません。 よろしくお願いします。

  • 染色体について(初歩的質問)

    生物初心者で、おかしな質問かも知れませんが よろしくお願いいたします。 1.染色体は、核の中に23対あり、これらは父親から受け継いだものが23と、母親から受け継いだものが23あると本に書かれていました。それで、対をなす2本は同じ遺伝子群を持つということだったのですが、ここがピンときません。どうして違う人間から受け継いだ遺伝子が同じなのでしょうか?また、対をなしている意味も良く分かっていません。 2.例えば、人間はたくさんの細胞から成り立っていると思うのですが、その1つ1つの細胞の核に染色体が存在しているのですか?そうだとしたら、すべての細胞でも同じ染色体が存在しているのですか? 質問がわかりにくく、超初歩的なことがわかっていなくて申し訳ないです。 本もいろいろと読んでみたのですが、イマイチピンときません。 よろしくお願いします。

  • X染色体にある遺伝子について

    生物学は全くの素人ですが、よろしくお願いします。 常染色体は母親由来のものと父親由来のものがあり、性染色体(X,Y)も同様だと思います。しかし男性は性染色体がXYであり、女性はXXです。ということは必然的にX染色体には生命維持に極めて重要な遺伝子は殆どないのでしょうか? というのも男性にはX染色体が1つしかないので、それが駄目になってしまうと女性はもう一つで補えるかもしれませんが、男性は致死に至ってしまうと思うからです。 よろしくおねがいします。

  • 各種細胞に含まれる染色体数

    私は生物に関して門外漢であるので、的外れな質問をしているかもしれませんが、ご了承ください。 質問の内容は単純なもので、体のどこから採取してきた細胞でも 必ず23対の染色体を含むかどうかということです。要は、どの細胞においても23対の染色体にコードされている遺伝情報が必要かどうかということです。 というのも、かならず23対の染色体が含まれるのであれば、どの細胞でも同じ機能しかもたいないのではないかと思ったからで、細胞の機能の機能発現の調節はどのように行っているのでしょうか? ヒントでもいいので、どなたかご教授ください。 質問内容をうまく表現できていないと思うので、必要であれば補足します。