• ベストアンサー
  • 困ってます

政治家の責任とは?

この質問は、政治家や、政治に関するメディアの方に答えていただきたいです。 ときどき、「政治生命をかけて」とか、「政治家として責任を取る」といった話を聞きますが、政治家の責任とは何でしょうか?あるいは、どうやったら責任を取ることができるのでしょうか? よく聞くのは、その政治家が責任を取るということは次の選挙で落とされることだ、というような話です。しかし実際には、有力な他党の候補者がいない場合には当選することも多いのではないでしょうか。また、落選が責任を取ったことになるとも思えません。 例えば、何か重大な問題が起きたとして、それが、ある政治家の政治生命を懸けた決断によって生じた場合、その政治家にはどんな責任の取り方があるのでしょうか。 例えば、政局にばかりとらわれ、他党の足を引っ張ることに時間を使っていた政治家は、自身の責任を果たしているつもりなのでしょうか。 例えば、閣僚が責任を取って辞任する場面をときどき目にしますが、辞めて責任を取れたと考えるのでしょうか。 今の制度の下では、政治家は当選している間は自由に活動でき、現実には責任を取ることなく辞めていけるように思えます。 市民が期待する政治家の行動と、政治家自身が考えるやりたいことは根本的に異なっていて、政治家は「やりたいことをやってまた立候補すればいい」と考えているようにも思います。 政治家も真剣にやっている、という話は理解できますが、その場合の政治家が考える責任とはどのようなものなのでしょうか。 よろしくお願いします。

この投稿のマルチメディアは削除されているためご覧いただけません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数216
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

政治家の言葉をそのまま受け取ることが誤解のもとです。 「責任を取る」とか「政治生命をかける」は単なる意気込みや決意を言っているだけです。責任の具体的事項はありません。 ある政策を決める、そしてその結果がマイナスの状態をきたらした。この場合、結果責任(例えば辞職するとか切腹するするとか)を取らねばならないとすれば、政治家は怖くて何も決めれません。 要するに、政治の世界は言葉の世界です。言葉で勝負しているのです。「政治家も真剣にやっている」からこそ言葉が大事になるのです。 消費税にかかわる野田前首相の「責任を取る」は、民主党を壊すあるいは次の選挙で大敗するとかを恐れずに消費税を上げるという決意を表しているのです。その結果、チャンと責任を取りましたね。 しかし、個人的には落選したわけではありませんが、これは選挙民が野田さんの決意を支持したことを意味しているのです。個人的な責任は落選した他の人たちが取ったわけです。 やりたいこと、自分の信念をとおす、そして責任は他人に負わす。要するに、強い人、選挙民の支持に自信を持っている人、こういう人がのさばる世界、政治の世界はこういう世界なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 > 政治家の言葉をそのまま受け取ることが誤解のもと > 「責任を取る」とか「政治生命をかける」は単なる意気込みや決意を言っているだけ > 責任の具体的事項はありません。 > 結果責任(例えば辞職するとか切腹するするとか)を取らねばならないとすれば、政治家は怖くて何も決めれません。 こうだ、と決まっているものだとは思いませんが、強い説得力を感じます。 > 要するに、政治の世界は言葉の世界です。言葉で勝負しているのです。 > 「政治家も真剣にやっている」からこそ言葉が大事になるのです。 今の私にはまだよく理解できません。 時間をかけて考えてみたいと思います。 > これは選挙民が野田さんの決意を支持したことを意味している 確かに、私自身、野田前首相が取った行動は、決められる政治の先鞭をつけた例として評価しています。 > やりたいこと、自分の信念をとおす、そして責任は他人に負わす。 > 強い人、選挙民の支持に自信を持っている人、こういう人がのさばる世界、政治の世界はこういう世界なのです。 現在の日本の政治はそうなのかもしれません。これが現実なのかもしれません。だとすれば、日本の民主主義というものに疑問を感じます。 かといって、その仕組みを変えることは混乱を招くことになるでしょうからこれも難しい問題です。 参考になりました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 政治家について

    時々、政治家が殺されたり自殺させられたりします。 本人も、色々なしがらみがあったりで自分の思い通りには出来なかったり、結果的に良心の呵責に耐えかねて自殺というのもありそうですが、何をすれば結果どうなるか?どうなる可能性があるか?など、わかりますよね? 悪いことをすれば、それが発覚しないとも限らず、発覚すれば政治生命が終わることもあり、また都合の悪い人物(大物の秘密を握ってるなど)であれば、誰かに消されることもあります。 そんな怖い世界なのに、どうして政治家になるのでしょうか? 断れないこともあるだろうし、そこそこ上手く行くと思って政治家になることもあるでしょうけど、悪いことをしてしまったら小沢さんみたいになりますよね? 同じ事をしても叩かれない人もいれば叩かれる人もいる。 そういうこと、計算しないでいたのでしょうか? 相手を上手く手名づけたり丸め込んだりということも小沢さんには必要でしたよね。 まんまとやられてしまって。 どういうことなんでしょうか? 政治はよくわかりません。

  • 良く分からない政治家

    政治には疎いです。が、政治家を見てると腹の立つことばかりです。 国民のためを考える政治家はいるのでしょうか? 自民党は福田さんを降ろして麻生さんを総理大臣にしました。 なのに、すぐに麻生おろしという言葉を聞きました。なぜですか? 自分達が選んだ総理大臣じゃないですか。 まずいことがあると、すぐに責任問題を論じますが、助け合って現状を良くしようとか思わないのですか? 同じ党内でもめてばかりいるのなら、いっそ党なんてなくして全員で1つの党にしたらどうでしょう? 総選挙は何のためにするのですか? 今、税金を使ってすべきことなのですか? それによって何がよくなるのですか? 政治家の目は何処にむいてるのですか? 派遣の人たちと気合を入れてる野党の人たちを見て、利用してると感じたのは私だけでしょうか? 政治のことは分からない事ばかりです

  • 政治家の辞任おかしくない?

    あまり政治や政治家について詳しくはないのですが、何か不祥事を起こすと責任として『辞任』しますよね?でも辞任はした物の、結局、政治に携わっているのは意味がないと思いませんか?責任とって辞めるんだから、私は、それなら二度と政治家を名乗るなと思います。 市民から税金をふんだくって、自分達は会議に出席するだけで、寝てても一回10万程支給されると聞きました。 政治家の『政治家は偉い』という傲慢な考えで、自分達には非常に甘いと思います。そもそも、政治家って別に偉くないですよね?確かに、選ばれた人としては、名誉はあるかもしれないけど、結局いつもただの水掛け論。 政治家なんて、あんなに沢山いらない。給料の無駄とも思います。どんどん『○○党』という新しい党を作ってますけど、総理大臣って日本を取り仕切る為の人であり、会社でいう『社長=総理大臣』の言う事が納得できないから、そうして分裂してく。それでは総理大臣の意味もない気がします。 これらすべて、皆さんどう思いますか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#173017

個人や団体は賠償責任があります。しかし政治では責任が発生するようではだれも政治家にならないし第一判定は簡単ではありません責任は辞職あるいは配置替えで充分ですね 政策の主導権を役人が裏でリードするわりには あまり火の粉をかぶらないシステムを日本は取っています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

他の方も仰っていますが、 「責任が発生するようでは誰も政治家にはならない」 「政治家は恐くて何も決められません」 というのも分かる気がします。 「政策の主導権を裏で役人がリードするわりにはあまり火の粉をかぶらないシステム」 そうかもしれません。 元のコンセプトと、実態がずれてきているのかもしれませんね。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2877/8339)

お礼、ありがとうございます。 > 辞めても、あるいは切腹しても、責任を取ったことにはならないと思いますし、市民はそんなこと望んでるわけではないと思います。 それゆえ「けじめ」にはなり得ても、「責任を果たすにはならない」と回答した次第です。 ただ「切腹」ともなれば、それなりの意味はあると思いますが・・。 実際、刑罰(刑事責任)として、死刑が存在し、それを自ら執行するワケですから。 とは言え、切腹する様な政治家もいませんので、それに関して論じても、意味は無いです。 > では、マニフェストにないことを政治家が実行した場合、国民はその政治家を信任した責任を負うべきなのでしょうか。 私はあくまで「国民が責任を負わされる」と言う回答であって、「負うべき」とは思いません。 しかし、「負うしかない」のが実情・事実です。 我が国のルールに則り、正しく手続きされて作られた「法令」には、「従うべき」と言えるでしょう。 それがイヤなら、我が国を出て行くか、ルールを作る側、即ち、自分が政治家になって、法令を作ったり、改正したるするしかありません。 さもなきゃ、「国民が責任を負うべきではない」などと言ったところで、法令に抵触すれば、処罰されるだけです。 そう言う現実を無視して、「責任を負うべきか?」などと言ったところで、言葉遊びに過ぎませんよ。 結果として、「責任を負わされる」と言う事実・現実に対し、個々にどう考え、どうするか?です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 前回いただいた回答に対して、私はお礼を述べた後、いろいろ書いてしまいました。 あれらは、全ての人に対する問いかけというか、新たな疑問というか、書かずにはいられなかったのです。 いただいた回答に対して、新たにkey0001さんに回答を求める意図はありませんでした。 今読み返すと、key0001さんに対する意見や問いかけのようにも受け取れます。しかし、それは私の本意ではありません。 もし、多少なりでも気を悪くされたのであれば申し訳なく思います。お許しください。 今回いただいた回答も、参考になりました。 市民と政治家の関係の解釈、制度と現実の理解によっては自然なことにも思えます。 他の回答者の方も仰っていますが、私の疑問そのものがあまり意味のないことなのかもしれません。 またよく考えてみたいと思います。 改めてお礼を申し上げます。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2877/8339)

責任を取らないで良いから、「政治生命を賭して!」などと安易に言えるんでしょう。 さもなきゃ、ソレを賭して、消費税増税を果たした野田前首相は・・政界引退しなきゃなりません。 むしろ、責任を負わされる部分については、逃げ回っているとしか思えません。 まあコレは政治家に限ったコトでは無く、サラリーマン社会なども同じですが・・。 憲法にも、「公務員個人は、責任を取らない」と、明確に書いてあります。 17条「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。」は、政治家や役人の側からすれば、そう言う意味です。 ココで政治家を公務員と解釈するか?は別の話しとして、悪意であろうが過失であろうが、国政・国策上の不法や不正によって生じる損害は、簡単に何億円・何十億円と言う金額となり、下手すりゃ兆の桁ですから、個人レベルでの賠償など不能に陥ります。 従い、個人に帰責するには重過ぎ、国や団体がその責を負うのは致し方無しですが・・・。 ただ、刑事罰を負わせても良いとは思います。 外国では、政治家や公務員の不正に、刑事責任を問うのは珍しくありません。 実際にドコかの大統領が絞首刑なんて例もあるし、それを怯えて独裁者が国外逃亡・・と言う例はチラホラご存じでしょ? しかし我が国では、そんな罰則(法律)を作るかどうかは、政治家・立法府に委ねられており、自分を罰する様な法律を作るほどの政治家はいないと言うことですね。 モチロン、横領とか脱税など刑法犯罪は、刑事罰を受けますが、これも政治家に関しては、ユルユルな部分もあります。 元首相が、母親から高額な子供手当を貰ってた騒ぎでは、修正申告で終わりですからねぇ。 民間なら、起訴されても不思議じゃないと思います。 また、最近では、政治資金規正法違反で無罪が確定した事件もありましたが、これも結局、「秘書がやった」で、政治家自身は無罪放免ですから、「政治資金規制法そのものがザル法である」と言うのを証明しただけでした。 そんなこんなで、結局、我が国における政治家の責任ってのは「選挙結果」に尽き、役人の方は人事などに止まります。 とは言え、政治家にとっての「選挙結果」への責任は、案外、重いとは言えますよ。 国政選挙では、選挙資金は1千万円単位で必要だし、落選したら・・無職です。 この得失は、任期を満了したとすれば、当落で1億円以上に及ぶと思います。 これらを含めたら、政治家は、選挙結果に対し、社会的責任とか経済的責任(≒リスク)は負っているとは言えると思います。 「辞めて責任」と言うのは、仰る通り、一長一短です。 責任部分は、大臣のお手当や、権限と・・利権を返上するくらいのことに過ぎませんが、「儲けが減る」は、「責任を取る」とは言えないですね。 「けじめ」ではあっても、責任と言う観点では「放棄」と言う方が、しっくりきます。 日本人って、この「けじめ」が好きなのか、企業不祥事でも、トップが辞任しなきゃ、なかなか許しませんね。 しかし「辞任」は「切腹」じゃありませんよね・・。 唯一、国民に信を問う「解散総選挙」だけが、多少は「責任」を負う部分があると言えるかも知れませんが、これも上述の通り、責任と言うよりは、主には「リスク」かな?と感じます。 違う言い方をしますと、政治家の責任は、結局、政治家を選んだ国民が、責任を負わされると言うのが、一番正確ですかね? しかし・・・今回の衆院選挙の民主党の惨敗などを見ると、「無惨」です。 民主党と言う政党レベルでは、100億円単位とか、もっと高額の損失かと思いますが、民間で言えば、一部上場企業のエリート社員が、二流の中堅企業に落ちぶれたと言う感じとか、個人レベルで言えば、重役から、突然、課長や係長に降格された様な感じかと思います。 政治の世界は、まさに「勝てば官軍 負ければ賊軍」であって、現在の選挙制度は、ミクロ的には、「一票の格差」とか「死に票」などの問題はありますが、マクロ的には、その「官・賊」を反映しやすい傾向であるとは思います。 責任を負わされる国民の「権利」も、それなりに高まっている部分がありますので、もっと投票率が上がれば良いですね。 現在の我が国の最大与党は「棄権党」ですから、もしそれを全て獲得出来る様な政党が現れたら、政治がひっくり返ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 辞めても、あるいは切腹しても、責任を取ったことにはならないと思いますし、市民はそんなこと望んでるわけではないと思います。 (ときどき、粗相をして辞任する閣僚がいますが、それは責任ではなく、信任を得られないため続行できないということかな、と思います。) > 政治家の責任は、結局、政治家を選んだ国民が、責任を負わされると言うのが、一番正確ですかね? では、マニフェストにないことを政治家が実行した場合、国民はその政治家を信任した責任を負うべきなのでしょうか。 あるいは、「私はあの政治家を選んでなどいない!」(なぜなら選挙区ではないから)と言う声も聞こえてきそうです。日本では、国の政治的決断をする政治家を、国民が直接選ぶことができません。地域の政治家を直接選ぶことができるだけです。 にもかかわらず、国民は責任を負うべきなのでしょうか。 参考になりました。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#176816

基本、無責任です。原発事故が起きて、長らく原発行政してきたお方たちで、だれか責任とりましたっけ?刑事責任も民事責任にも問われぬ自由人、それが政治家です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 原発は難しい問題ですね。。。 参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 野田さんは本気で政治生命があると思っているのですか

    そもそも、次の選挙では落選が確実視されていたのですよね?野田首相は本気で政治生命があると思っているのでしょうか?それとも、政治生命をかけたのだと自分に思い込ませようとしているのでしょうか?安っぽい命をかけて、消費税を上げられるのははなはだ迷惑なのですが。。。

  • 現在の政党政治システムの在り様について。

    問責決議、内閣不信任案、衆議院解散、ねじれ国会や国会の空転など、現在の日本政治はこれまでにないほど混沌たる有様であります。(マスコミはやたら政局争いを誇張報道しますが…) もちろん、政治家や政党の中には身勝手な思惑、党利党略を抱いているものも少なくないとは思います。 しかし、多くの政治家が自分の使命、政治生命を懸けてでも通したい法案、樹立したいシステムのイメージを持っているはずです。 現在の政党政治下では政局争い、まずは法案を有利に通せる立場に行くことが優先となってしまって官民両方がもどかしい気持ちになっているように思えます。 もう政党政治自体が行き詰ってしまっている感がしてなりません。 そんなことも鑑みずにマスコミに踊らされて中身のない政治家批判をする人々は論外として、 みなさんは現在の政党政治をどう思われますか? もっとスマートな代替案などありましたらご教授いただきたいです。

  • 政治家に対するあら探し、揚げ足取り

    政治家に対して、 あら探しや、揚げ足取りばかりをするのは もういいと思いませんか。 ちょっと問題が出てくると、 蜂の巣をつついたような大騒ぎ。 野党も、国民のためには頑張らないくせに、 与党のあら探しにだけは、そりゃ熱心。 ニュース番組も、そういうのばかり放送。 もっと、国民のために 大切なことはいっぱいありますよね。 まずは、景気対策。 具体的に何をどうするか、 国民の意見を聞いたり。 政治家の揚げ足取りばかり放送して、番組が終わるんだったら、 その時間を、国民からのFAX募集などして 国民の生の声を聞きながら、 今後の景気対策のための具体的な方法を議論する、とか。 そのほうがよっぽど時間を有効に使えると 思うんですけど。 もし今、他の惑星から宇宙人が地球を侵略してきたりしたとしたら、 献金がどうとか、こんな政治家の揚げ足取りばかりやってないと思います。 つまり、景気低迷で、いくら中小企業などが悲鳴をあげてると言ったって、 そこまでの危機意識はないということになります。 「所詮、他人事。」なのです。 マスコミは視聴率、 政治家は自らの政治生命だけ、安泰してればいいのです。 だから、国民も、政治家の批判ばかりしているのではなく、 もっと“自分達、国民のことだけ”を、 考えませんか。 みなさん、 どうお考えですか。

  • 政治に感心は無いのでしょうか?

    国政の無策。地方議会の無策。身の丈以上の恩恵を欲しがり、財政悪化の責任を取らない政治家。日頃は政治批判をし、選挙になると利益誘導する候補者が当選。これで本当に良いのですか?

  • 政治家を見れば分かる「民度」

    政治家を見れば分かる「民度」とありますが、小沢一郎が当選した岩手県民度は相当低いのでしょうか? 菅直人をはじめ現役閣僚が落選した選挙でしたが、比例で復活したならまだしも、小選挙区で当選した小沢一郎が信じられません。 これは岩手県民の民度が低いということなんでしょうか?

  • 《憲法学者と政治家の責任は違う》は論理的ではないか

     韓国メディアの報道を中国のメディアが報じたものですが。:  ▲ (安倍首相「憲法学者と政治家の責任は違う」)  http://www.recordchina.co.jp/a113807.html  配信日時:2015年7月13日(月)  安倍首相は、自民党のインターネット放送に出演し、  (あ) 「『憲法学者が反対しているから私も反対だ』という政治家は、責任を憲法学者に丸投げしている」  とし、  (い) 「憲法の専門家の意見なので、われわれもよく耳を澄まさなければいけないが、憲法学者の役割や責任と私たち政治家の責任は違う」  と指摘した。  また  (う) 「国民の生命を守り、国を守る責任は政治家にある」  とし、安全保障法案に反対する民主党を批判した。  さらに  (え) 「国際法学者の方々は、法案に賛成の人たちのほうが多いのではないか。国民の命を守り、子どもたちが平和に暮らせるため、今回の法案をしっかり成立させなければならない」  と述べた。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ☆ 首相寄りの見方を書きますので いろいろ考えるべきところなどをおしえてください。  (お) 中で (い)および(う)は 論理がとおっていて いわゆる正論ではないでしょうか?  (か) 国防軍ないし自衛隊であれば 守る戦力であるゆえに 自衛権の範囲にとどまり 9条に違反しない。  (き) 専守防衛の戦力しか使わないのを見越して 中国がその民間人を日本の離島に上陸させその自衛権の発動を誘った場合 中国は防衛戦争を始める口実を得たと考える。――このような想定事態を見越して 日本は自衛力とその発揮をどのように装備するか?  (く) たとえばそのような問題にあたって 憲法の規定を超えて自衛戦力を行使することは 人間の存在と共生にとって 阿呆なことか?

  • 政治家の車

    カテゴリーが違っていたらすみません。 今日小泉内閣改造のTVニュースを見ていて疑問に思ったのですが、政治家の先生方ってみんな黒塗りの運転手付き高級車に乗っていますよね? あの車は政治家、個人個人が所有しているのですか?それとも所属している党などから支給されるものなのですか?もしくはハイヤー?(でも白ナンバーだったかな・・・) もしハイヤーでなければ、いろんな種類の車があったのですが(上はセンチュリー・ベンツSクラスからクラウン(新型・旧型)・エスティマなど)結構ランク差があるように見えました。大臣経験者と新人議員とか当選回数の多い少ないなどによって乗る車のランクが違うとかあるのでしょうか? あと、どうしてみんな黒色なんでしょうか?(やっぱりハイヤー?) ふとTV見ていて思ったもので・・・。

  • 比例区について

    国政選挙の比例区について1つ質問があります。 例えばA党とB党がいます。 A党の候補者は全員当選したとします。 B党は当選者が0の状態だとします。 その後、諸事情によりA党の比例区で当選した○×議員が辞職しました。 通常なら、A党の次点候補者が繰り上がるはずですが、A党は全員当選したため次点落選者が居ません。 この場合、B党の候補者が繰り上げになるのでしょうか。 ちょっと文章がまとまってなくてすいません。 それでは、よろしくお願いします。

  • ★政治家の黒い金について★

    政治家は99.9%黒い金まみれになっているようだが、そんな中でついに、渡辺氏も辞任に追い込まれたようだ。かつて、猪瀬前都知事も、5000万円で、政治生命を絶たれたし・・・ つまり,交通違反と一緒で、運が悪ければ捕まるということなのだろうか?・・・・・・・・・・ 他方、小沢一郎氏などは、巨悪の金を操りながら、いまだに私は潔白だなどと嘯いております・・・・・・・・・・・ もっと、公正に、ごまかせないようにすることは不可能なのでしょうか?・・・ 誰が、この巨悪の構造をも守ろうとしているのですか?・・・・・・・・・・

  • 維新の会橋下市長の責任は?

     民主党の海江田さん民主党は議席を増やしたのですがは自身が落選したので責任をとって代表を辞めます。政治家としては立派な責任の取り方だと思います。  一方の維新の会は議席を減らしたのに、橋下市長は公明と立候補して公明党をつぶすとまで言っていたのに。結果は選挙に出ることもせず、公明党は議席を増やしたのに維新の会は議席減です。しかも維新の会の議席の多くは民主党党の選挙協力で得られたものも少なくありません。  そもそも党首たるもの先頭に立って立候補してその信を問うべきですが立候補もしないで議席を減らして良いのでしょうか?  海江田さんの身の処し方に比べて橋下市長は卑怯なように感じますがいかがでしょうか?