• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

賃借人退去の際の現状回復について

転勤の為、自宅を賃貸に出しています。約8年借りていた方が退去するということで(まだ居住中で、退去の日取りなどは決まっていません)、管理を依頼している不動産屋さんから通告がありました。 その際、その不動産屋から現状回復などに関するガイドラインという冊子が送られてきました。それによると、ほとんどが家主の負担ということです。 例えばハウスクリーニングは素人掃除でOK,タバコのヤニも経年変化の類なので、壁紙の張り替えなどは請求できないなどとなっています。 子供たちが日本各地で不動産を借りていましたが、東京は言うに及ばず、どこでも退去の時は、プロのクリーニング代金を払わされ、退去の通告は2~4か月前で、それに満たない場合はその分の家賃を払わされました。その他、消毒(ペットなど飼っていません)とか、口実を付けていろいろな費用を請求されました。 このガイドラインはあまりにも賃借人に有利にできているように思います。礼金も貰っていませんし、 一軒家のクリーニングは相当高いようなので、正直割に合わないです。 また、その借家人は庭に勝手にウッドデッキや小屋を設置して、その際邪魔になったのか、植木を 切ったりしています。設置物は撤去してくれるそうですが、ぶった切った植木複数本は撤去の費用を請求したいのですが・・・。退去後に物件を売却する予定もあり、見苦しくて物件の 価値も下がりそうです。 このガイドラインは各地でちっとも守られていないようですが、うちはその通りにしなければならないのでしょうか?不動産屋が面倒を避けるために守らせようとしているようなのですが・・・。 何でもはいはいと言うしかないのでしょうか?物件は千葉県の一戸建てで、ガイドラインは国土交通省のものだそうです。 要点は植木の撤去費用請求できるかとクリーニング費用です。宜しくお願いします。 ,

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1086
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

不動産会社の者です。 ご参考下さい。 まず、契約は公序良俗に反しない限り原則有効です。 契約書に書かれていない事は、当事者の話し合い(慣例やガイドラインなどを参考に)となります。 まず、 <転勤の為、自宅を賃貸に出しています。約8年借りていた方が退去するということで(まだ居住中で、退去の日取りなどは決まっていません)、管理を依頼している不動産屋さんから通告がありました。 <このガイドラインは各地でちっとも守られていないようですが、うちはその通りにしなければならないのでしょうか?不動産屋が面倒を避けるために守らせようとしているようなのですが・・・ 他の回答にもありますが「原状回復ガイドライン」は法律ではありません。 従って、ガイドラインに反する内容で「契約を結ぶ事」は出来ます。但し(1)一方的に借主が不利であったり、(2)暴利であったり、(3)借主が納得しないで契約していたりした場合、争いになれば貸主様が負担(と言う判例が多い)のが実情。 また回答に消費者契約法で借主に有利と論じる方がいますが、きちんと手順を踏めば(特約等で借主の負担について説明する)必ずしも「消費者契約法」で守られると言う訳ではないと思います。 契約時に「借主が了承した事」を消費者契約法を持ち出し、「借主が不利な事」は全て無効なんて、細かく契約書を作る意味がありません。 従って、契約時にハウスクリーニングの借主負担(暴利なもので無く、一定の金額を明記するなど理解できる記載方法)などを盛り込めば、それは当事者同士の合意事項と言う事で良いのかと。 クロス(壁紙)についてですが、これは弊社でも「7年で価値1%」(ガイドラインが近年改定され7年/10%から7年/1%に改定されました)を採用しています。 契約書に記載されていない事は、ガイドラインを考慮して清算を進めた方が良いのは、少額裁判などになった場合特約の有効性とガイドラインを参考に判決が出されると考えられる為です。 契約時に「きちっと」特約を付けていればOKなケースと、無防備に「借主負担」としたものは違いますよ。 例えば 借主は退室時に居住年数や室内の状況関係なく、全室内の壁紙張り替え費用50%を負担する。とか 借主は退室時にフローリングの状況関係なく、張り替え費用を負担する。など 明らかに償却されると考えられる物の高額負担や必要性の低い物の負担は「裁判」になればかなりの確率で貸主様が負けます。 ハウスクリーニングについては契約書の特約等で説明し、(2)・(3)をクリアすれば良いと考えられます。(と言う私の見解) 10年賃貸仲介の中で、裁判に至った事は無いので何とも言えませんが。 (以前は大手仲介会社に在籍し年間100件近い賃貸契約してましたが) 面倒を・・・という解釈は否定しませんが、私は「世の中の原状回復」の流れを貸主様に事前に通知する意味で必要だと思います。どちらかと言うと「物件を貸し出す前に」説明し(忘れてしまうのでしょうが)、退去の前に更に説明と言うのが良いかと思います。家賃設定は退室時の原状回復で借主が負担しない部分の費用を組み込む必要性があるからです。 >退去の通告は2~4か月前 契約書の取り決めですから・・・一般住宅物件で退去の通告が2カ月以上の契約を見た事がありません。 厳しい契約書で2カ月、一般的には1カ月が多いですね。3か月とか4カ月なんて厳しいですね。 でも今回の契約書に何カ月と書いてありますか? それが今回の退去通知期間で優先されます。2~4カ月にしたければ契約の前にしておくべきでした。 私は初めて貸し出す方には契約書に借主が押印する前に貸主様に見てもらうようにしてますが、今回はどうだったのでしょう? >要点は植木の撤去費用請求できるかとクリーニング費用です。宜しくお願いします。 植木の撤去費用ですか・・・ 難しいとは思いますが、出来なくはないと思いますよ。金額の算出が難しいでしょうが・・・ クリーニング費用については契約書に取り決めがあるか、無いのならば請求してみる、相手が納得しなければ少額訴訟等になる。この際「国土交通省のガイドライン」を目安に判決が出れば難しいでしょう。 「国土交通省の原状回復のガイドライン」は退室時のクリーニングは貸主が「再度貸し出す為の負担費用」となってますから。 きちっとした契約書、説明がなされていれば借主に著しく不利(暴利、無理由、承諾)でない契約は有効と考えられる訳です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい解説ありがとうございます。契約書優先みたいですね。契約書ではハウスクリーニングについては曖昧な記述しかありません。植木については「庭の管理は借主がする。ただし木が枯れても補償はしない」とあります。 にわか家主でしたので不動産屋の作った契約書に無頓着に同意してしまいました。クリーニングについては話し合ってみます。 ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • angiras
  • ベストアンサー率16% (56/333)

植栽は難しいですね。管理が大変ですから、管理料を払っていたなら考慮できますが、賃借人は管理しないと考えるべきです。そして、水やりしないので枯れた。そう考えるべきでしょう。 大きな家を貸すのはリスクも大きくなります。損金で処理するしかないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

損金処理というのは植木の撤去費用を家賃収入から差し引いて申告するということでしょうか?現在の賃借人が出たら、売却します。

  • 回答No.3

不動産屋様の意図や、過去の借りていた時の経験談につきましては、前述の諸先輩様のお任せしまして、 補足ですが、ガイドラインにつきまして。 「ガイドライン」というモノのとらえ方についてですが、(1)事前に何も決め事がない時に、 (2)(手続を踏んで法として定められたものではないが)概ね参考にされる指針 です。 従って、ガイドラインが登場してくる場合は、強制力はないとは言え、「実質的」には強制力あり と同様です。 但し、ガイドラインが登場してくる場合は、先述の通り「事前に」何も決め事がない時です。 事前に決め事…契約として定めてある場合は、その内容が著しく社会通念から逸脱していない限り 契約内容が優先であり有効です。ポイントは「事前の同意(契約)」なのです。 (もっとも、事前の取り決め、合意があったとしても、その内容が抽象的で具体性を伴っていない 場合は、アウトですが。) 「ガイドライン」という言葉に惑わされず、まずは契約書のご確認を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。とても参考になりました。

  • 回答No.2
noname#184449
noname#184449

不動産業者です ガイドラインはあくまでガイドラインであり法律ではありません。 故に、必ずそれに従わねばならないという事ではありませんが、借主がそれを不服として裁判になった場合、多くのケースでガイドライン通りの結果になるようです。 それを踏まえて・・・ >ハウスクリーニングは素人掃除でOK 賃貸借契約書に「退去時にハウスクリーニング●●万円」と記載があれば、一般常識から著しくかけ離れていない場合は借主の負担です。 記載がない場合はガイドラインに則したものになるでしょう。 >タバコのヤニも経年変化の類なので 厳密に言えば違います。 タバコのヤニ汚れは経年劣化ではなく、キッチンの油汚れと同様に借主の善管注意義務になりますので、特段の取り決めが無ければ張替費用の負担を要求できます。 ただし、全額要求はできません。 貸主と借主の負担割合を求め、それに則った金額の請求です。 一般的に壁紙は年10%の減価償却(あくまで一般論ですので参考までに留めて下さい)と考えられますから、8年経過していれば80%は償却となり、借主に要求できるのは20%となります。 また、この他にも6年以上経過すれば壁紙の価値は10%という考えもありますが、何れにしても金額的には貸主負担が大きくなります。 >子供たちが日本各地で不動産を借りていましたが、東京は言うに及ばず、どこでも退去の時は、プロのクリーニング代金を払わされ、退去の通告は2~4か月前で、それに満たない場合はその分の家賃を払わされました。その他、消毒(ペットなど飼っていません)とか、口実を付けていろいろな費用を請求されました。 これは本件と無関係。 不動産の賃貸借契約は「個別案件」ですので、他と比べてどうこうではありません。 お子様たちの契約は「そのような契約だった」という事実だけで、それをもって「今回も」という事ではありません。 >このガイドラインはあまりにも賃借人に有利にできているように思います。 不動産の賃貸借契約は「貸主=強者、借主=弱者」と民法上は位置付けられており、「弱者救済」が大前提の民法、借地借家法で、借主は「強烈に」保護されています。 それを理解した上で始めるのが「大家業」だという事です。 >また、その借家人は庭に勝手にウッドデッキや小屋を設置して、その際邪魔になったのか、植木を 切ったりしています。設置物は撤去してくれるそうですが、ぶった切った植木複数本は撤去の費用を請求したいのですが・・・。 これは請求できます。 借主には「善管注意義務」と「現状回復義務」があり、自己都合で借りたものに変更を加えた場合、契約満了とともにそれを「元の状態に戻して返還する義務」があります。 ただし、変更に際し貸主の許可及び現状回復義務は無しとの取り決めがあれば別です。 >要点は植木の撤去費用請求できるかとクリーニング費用です。宜しくお願いします。 結果 ●ハウスクリーニング費用は契約書に無ければ無理 ●タバコのヤニに関しては請求可 ●庭の現状回復費用は請求可 と、思われます。 ただし、相手がそれを徹底的に拒否した場合、結論は司法に委ねるしかありません。 民法上の争いに強制力のある決定を下せるのは不動産業者でも弁護士でもなく「裁判官だけ」。 故に、もしかしたら私の回答と180度逆の結果になる可能性もあります。 こればかりは「やってみなきゃ分からない」という事になりますが、「やってみて大損した」という結果も十分考えられますので、慎重に物事を運ぶのが賢明です。 先ずは弁護士さんに相談されてはいかがでしょう。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろ詳しくありがとうございました。やりたくて大家業をやっていたわけではありませんが、結果的に結構長くやったことになります。面倒くさいだけなので、さっさと売っぱらってしまいたいです。

  • 回答No.1

>それによると、ほとんどが家主の負担ということです。 不動産屋は、家主にそう言うのが普通。 >東京は言うに及ばず、どこでも退去の時は(略)口実を付けていろいろな費用を請求されました。 不動産屋は、入居者にそう言うのが普通。 んで、不動産屋は、家主と入居者の両方から金をせしめて、結局、原状回復なんか何もしないで次の人に貸す。 それが「日本の不動産屋の常識」です。こうでもしないと利益なんか出ないですから。 >要点は植木の撤去費用請求できるかとクリーニング費用です。宜しくお願いします。 植木の撤去費用は無理なんじゃないかな。「植木を元通りにする費用」なら請求できそうだけど。 クリーニング代については「入居時に預かった敷金の一部で相殺」が関の山で、原状回復費を差し引いて余った敷金を入居者に返す、って事になるでしょう。 つまり「出て行く金はあっても、入って来る金は無い」です。諦めて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか。じゃあ、諦めるつもりでおきます。もう大家をすることはないと思います。長い間、一度も家賃が滞ることなく、賃貸を終了できることを幸いと考えます。 延滞する方が多いそうですから。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 退去時の現状回復費用

    転居先を検討中です。昨日、希望の物件の申し込みの書類をもらってきました。その時に説明を受けたのですが、退去時に入居期間の長短に関わらず畳の表替え、壁のクロスの張替え、ルームクリーニングが入居者の負担という事で同意書がありました。ちなみに敷金3ヶ月礼金なしの物件です。この同意書についてどうなのか?普通に生活していれば一般的にはクロス替えなどせずに退去出来るものですか?(単身でタバコも吸わないです)退去時の費用は負担するが、とりあえず敷金は返ってくるのでしょうか?両方取られてしまうという事もあるのでしょうか?退去時に莫大な請求を言われるより先に明確にしてある方が良心的なのでしょうか?わからないのでどなたか教えてください。

  • 原状回復で大家さんと賃借人の板ばさみで困ってます

    賃貸仲介メインの不動産チェーン店で働いてます。 3ヶ月前に保礼無し敷金5万円家賃5万円で5年8ヶ月住んだペット可アパート(築18年)を退去された賃借人がオーナーさんの求める修理費用に応じず、私が管理会社の担当として応対していますが板ばさみです。 私が見た感じでは物件は汚くて設備も古いので提携会社のリフォーム部門が上げて来た工事費用(台所設備含めてほぼ総取替)70万円は妥当だと思いましたので、賃借人にその半額の35万円から交渉スタートで賃借人が壊したところは8割負担、それ以外は3割負担してもらうのが普通ですと言いました。 工事の見積もり明細も送りました。 そしたらその数日後に見積書の写しにABとか言う事例区分と賃借人の負担割合が書き込まれた書面がメールが来て、国土交通省のガイドラインによれば賃借人が負担すべきはペットが壊した壁3枚(面?)と焦がしたコンセント口だけで、それもほぼ減価償却が終わっているので10何パーセントだけ払うけど、あとは全て通常の使用によるもので支払わなくてよく、そこから先の金額を求めるのであれば法律とかガイドラインとかで書面にしてまとめろと言われました。 給湯器とか明らかに殴り壊した跡があるんですけど、賃借人はあのボイラーの型式は建築当初から取り付けられているものだから価値は下限の10%だ、8割負担を求めるならうちの入居中に取り付けられたものだと証明しろ、立会い確認もしないでうちが壊したと決め付けるのは侮辱だとか屁理屈ばっかりで、こっちが普通に使ってればまだ使えるものだったと説明しても聞いてくれません。 賃借人の計算に寄れば支払う義務があるのは4万7千円だけでクリーニング代は特約があるからありますけど鍵交換はないです。少なすぎるのでおかしくないですかと聞いたら、クリーニング代が相場より高いとか工事の人件費が高すぎるから施工内容を説明しろとか言われました。引越を手伝ってもらった友達が建築士で退去時の写真とか見せてるらしいです。 裁判例とか持ち出してきて言い返せないのでオーナーさんに相談してかけなおしますと言ってほっておいたら、あとで店長に電話が来ていつまでも清算がすまないなら敷金だけで領収書を出すか一旦敷金を全額返せと言ってきて、店長は何でもいいからとにかく次の客が入るまでに予算取れって言うし、オーナーさんも全然納得してくれないしで困ってます。 どうしたらいいでしょうか。

  • 賃貸物件退去時の現状回復について

    賃貸物件を退去します。 フロアクッション 、クロスに子供がつけた傷が多数あります。 退去時に当然修復の費用を請求されると思うのですが、減価償却をふまえた請求となるのでしょうか? 10年住んでました。 以上、よろしくお願いします。

  • 退去時の現状回復について

    今月いっぱいで明け渡すのですが、退去時の現状回復についてお聞きします。 現状回復については、ネットにていろいろ調べてみたのですが、ほとんどが特約つきのものです。 では、特約ではなく通常の契約の中に原状回復の条項があった場合はどうなのでしょうか? 当方の物件は、某〇〇建託で、丸2年になります。契約書は以下のように書いてあります。 『第15条(明け渡し)   1、事由の如何を問わず本契約が終了したときは、乙(賃借人)は、本物件を原状回復して(畳の     表替え、ルームクリーニング、鍵の交換、その他損傷箇所の復旧を含む。)甲(賃貸人)に明け    渡さなければなりません。   2、前項の現状回復工事は甲が行い、その費用は乙の負担とします。』 となっています。 退去の連絡をするさい、ルームクリーニング代36000円と畳の表替え(1畳4000円х6畳=24000円)はかかると言われました。 荷物の運び出し、掃除は徹底的にやりました。一部壁紙は汚れしまっているので、その部分についての張替えは致し方ないと思いますが、それ以外は十分現状回復は果たしていると思います。 どこまで、応じればいいのか?お知恵をお貸しいただけないでしょうか? ちなみに、敷金、礼金はゼロです。   

  • 退去時費用について

    敷礼0の物件に引っ越します。ですが予め契約に「退去時費用」として46000円かかる旨が記載されています。仲介業者に聞いたところ「クロスの張替えやハウスクリーニング代等」との事でした。ところが後で調べてみたところ国土交通省のガイドラインではそれら費用は貸主負担との事。こういうものは退去時に支払い拒否出来るのでしょうか?。 また普通は退去時に敷金から引かれる額ってどの程度なのでしょうか?。この金額はそれに比して妥当な額なのでしょうか?。よろしくお願いいたします。

  • アパート退去時の現状回復費用について。

     アパートを転居する事にしました。入居は平成16年の10月でしたから、 6年半お世話になった事になります。 先日、不動産屋さんの立会いで退去の手続きをしました。 結果、次のような内容で、 敷金全額とさらに79,690円の請求を受けました。(敷金86,000円)   現状回復費用 165,690円           鍵交換費用 5,200円  壁クロス交換 23,100円  畳表替  51,600円          襖張替    19,200円  天袋張替  3,900円  壁クロス張替 21,000円          網戸張替  2,300円  ルームクリーニング 31,500円 (消費税 7,890円)  契約書を読み返しますと、確かに退去時の現状回復の内容と、甲(家主)が現状回復を行い、乙(私)がその費用負担をする、と書いてありました。  先日テレビで、アパートの退去時に負担しなくても良い事例が多々あると言っていましたが・・・・・。 確か入居年数によって、大きく違いが出てくると言っていました。私のような事例ではすべて負担しなければならないのでしょうか? もし、負担しなくても良いのであれば、家主さんや不動産屋さんに納得していただく理由も 知らせていただければ幸いです。  

  • 賃貸マンション退去時のクリーニング費用について

    約12年間住んでいた賃貸マンションを退去するにあたり。不動産屋さんから、「クリーニング費用全額、クロス張替費用の10%を、借主が負担するのが一般的、国土交通省の?ガイドライン?もそうなっている。」と言われました。 そこで伺いたいのですが、 (1)不動産屋さんのこのコメントは正しいでしょうか。 (2)次の入居者の為には、経年劣化により傷んだフローリング・クロスの張替えはどのみち必要だと思いますが、そのような場合でも借主が10%負担するのが一般的なのでしょうか。 (3)クリーニング費用の借主全額負担は、これも一般的なのでしょうか。 (4)クリーング費用は、約8万円(40m2)だろう言われましたが、こんなにかかるのでしょうか?  クロス・フローリングの全て換えるのであれば、クリーニングする場所も多くはない様な気がします。 (5)なお、賃貸契約には、清掃費・クロスの張替えは、借主の負担とする特約事項がありますが、これは上記(1)~(3)に影響を及ぼすでしょうか。 以上宜しくお願いします。

  • 残置物・現状回復について

    先日、退去した賃貸マンションの件でお力を貸してください。 先日、2年間の契約期間を満了し解約退去したマンションの件です。 契約時、モデルルームで使用していた家具を残置物とし、使用、処分については自由しかも退去時に不要であれば置いて退去して良いとのことだったので必要なものはもっていき 不要なものはおいていったのですが先日大家からご連絡があり 全ての家具を返却してほしいとの電話がありました。 これは返却しなくてはいけないのでしょうか? 併せて、退去の立会いの時にはクリーニング費用のみの 請求になりますとの連絡があり請求書も頂きました。 しかし現状回復費用が壁紙の損傷、床の凹みがあるから もっと高くなるとのことでした。 こういう場合は家具を返却し現状回復費用も支払わなければ いけないのでしょうか。 どうか教えてください。

  • 賃貸マンションの退去費用について

    今月末に5年9ヵ月住んでいた賃貸マンションを出ることになりましたので先月大家さんに電話で 「来月中に退去します。」と伝えたところ、「退去費用としてハウスクリーニング代とエアコンクリーニング代合わせて5万4千円いただきますので用意しておいてください」 と言われました。 まだ、部屋も見ていないのになぜクリーニング代を請求されたのか分からず契約書を確認したのですが、契約書にはハウスクリーニング代もエアコンクリーニング代も借り主負担等書かれておらず、クリーニング特約等も記載されていません。 ネットで検索したところ、クリーニング代はほとんど借り主が払う必要が無いと言う事が分かりました。 が問題があります。 クロスがタバコのヤニで変色しているのです。しかも、1Dkで全ての部屋、トイレ、洗面所のクロスです。 また、キッチンの壁も油はねで汚れています。 そして、備え付けのガスコンロのコゲが頑固です。(こちらは頑張って落とそうとは思っています) 後、水回りのコーキングのカビ等は自分でコーキングの付け替えをします。 フローリングについたキズも兄の知り合いの業者に頼んで2万5千円で補修してもらいます。 以上の事を考えると国土交通省のガイドラインでは経年変化でクロスの張り替えは6年近くすんでいるので、10%ぐらいの負担になるのかもしれないですが、タバコのヤニが原因での張り替えは、例え6年近く住んでいようが経年変化は適用されず、こちら側が全額負担しなければいけないのでしょうか? また、クロスのヤニもクリーニングで落ちる程度なのか素人では分かりません。 多分、張り替えになると思いますが。 ちなみに、契約は敷金無しの礼金20万円で入っています。 凄く金取り主義のおばさんの大家さんで、 原付を買って停めていたら、駐輪代月2000円払うように言われたので、契約書にはそんなこと書いて無いと言うと「それなら、こちらで撤去します。それが嫌ならよそに停めて下さい。それが嫌なら出ていって下さい」と言われ、入ったばかりで引っ越し代がかなりかかったのに、またすぐ引っ越しなんて出来ないので払い続けてきました。 しかも、初めはちゃんと駐車場の一部を駐輪場として使わしてもらっていたのですが、そこも、車の邪魔になるからと玄関のすみに置き換えらされて、そこが凄く狭くてめい一杯端に停めてても「通行の邪魔です」とか張り紙されて、めちゃくちゃやって思ったので「こっちは駐輪代を払ってあんなスペースも確保されてない所に停めらされてどうしたらいいんですか?」と電話で抗議したら、また、強気な事を言われ、その上、もうそろそろ更新の月になるので家賃をあげさしてもらいますね。お宅はよそよりかなり安くで貸しているので、と言われさすがに無理ですと断りましたが、後でネットで調べて見ると他の空室は私の部屋より1000円安くで募集中でした。 本当にそんな大家さんだから入居の出入りも激しく、空室も多いです。 私の部屋前の人は夜逃げ見たいな形で出ていっています。 入居時は保証会社に入らされるので大家さんは損はしていません。 管理会社も私が知る限りコロコロ変わって、結局今は、大家さん個人で管理しています。 そして、今はとりあえず荷物は運んで後は部屋の掃除をするだけなのてすが、大家さんに契約書にはクリーニング代の事は記載されて無いのに払わなければいけないのか聞こうか迷っています。 なぜなら、クロスのヤニの事があるので、それを払わないと言ったが為に更に請求されはしないか心配です。 不動産屋に聞いたら、電気を解約した後に 立ち会いを夜にしてクロスの色が分からないようにすればいいと言われましたが、後から請求されないのでしょうか? お金が無いのでなるべく退去費用を無くしたいです。 それから、敷金返還請求では無い少額訴訟、払ってしまった、ハウスクリーニング代とエアコンクリーニング代の請求の少額訴訟は後から起こす事は可能なのでしょうか?

  • 退去時のトラブル

    お世話になっております。 7年間住んだマンションを4月に退去する事になりました。 立ち会い後の退去費用について、不動産屋と揉めております。 主義主張が双方全く違う為、解決の糸口が見つからず質問致しました。 双方の主張と請求されている物は下記になります。 エアコン 私:経年劣化による通常の汚れ 不動産屋:壊れていないが汚いので借主負担で清掃が必要 壁の傷(私が間違えて棚をぶつけて穴を空けました) 私:傷がある一面のみを負担。負担額はトラブルガイドラインを参考に割合を決めましょう。 不動産屋:色が合わなくなる為、借主負担で壁を全面張り替え。 不動産屋は、国土交通省のトラブルガイドラインについて、消耗状況や居住年数が 一般的な条件と合わない為、今回は適用されないと主張しています。 また弁護士に相談した内容を不動産屋に話しましたが、『状況が違うのでその主張は通らない』 と全く聞く耳をもってくれませんでした。 質問は下記になります。 1.国土交通省のトラブルガイドラインは状況によって適用されるされないがあるのでしょうか? 2.退去後の修繕・清掃がまだ出来ていないので(揉めている為)、このまま入居者が 決まってしまった場合、賃料を私に支払って貰うと言っていますが、支払い義務は ありますでしょうか? 3.敷金からオーバーした2000円程度ならば(つまり敷金は全額返ってこない)、 交渉しても良いと不動産屋は言っています。 納得できない場合は、少額起訴しか道はないのでしょうか? 以上となります。 お手数ですが、宜しくお願い致します。