• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

著作権は判例法?

先日、著作権について伺った後に気になったのですが、著作権は判例法なのでしょうか。判例法とは、条文に書かれているから=条例を読む限り常識的にはこう考えられるからYes/Noではなく、実際の判決でアウトだったのでNo、判決では問題ないとされたのでYesというものだと認識しています。つまり先日違法ダウンロードに罰則がつきましたが、当方が知る限り単純ダウンロードによる検挙は今のところないので、「著作物をそれと知りながら著作権者の承認なくダウンロードすることは違法」なのではなく「著作物をそれと知りながら著作権者の承認なくダウンロードすることは違法の可能性が高い」ということなのでしょうか。 また一般的な同人誌などは、権利者が「承認」しているのではなく「周知」しているが黙認されている状態だと思うのですが、この場合「同人誌制作者は(親告がないだけで)犯罪行為を犯している」と言われてしまうのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数186
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

前者については、その通りかと思います。 後者は色々有るでしょうが基本同人は2次創作に当たります。 アニメやキャラにも著作権は有ります、基本著作権者が2次使用の禁止などして居なければ、基本同人では使えます。 手間やコストが掛かるので、その代金の回収という事で同人など認めていた所がほとんどみたいですが、最近ではコストなど掛からない(原稿やイラスト書いて終わり)ダウンロード販売はNGという著作権者が増えて居るようです。 2次創作でボロ儲けというのは認めない方針なようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >前者については、その通りかと思います。 ではたとえば違法ダウンロードで起訴する際には適当なピックアウトではなく、後の影響を考え、警察/検察も慎重にケースを選ぶ必要があるということですね。 >アニメやキャラにも著作権は有ります、基本著作権者が2次使用の禁止などして居なければ、基本同人では使えます。 著作権についてこちらで調べている際、同人誌製作者に対して「あなたは犯罪を犯しているのです。万引きは見つからなければ犯罪ではないとお考えですか?」と回答されていた方がおり、気になってついで質問させて頂きました。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 著作権者の消滅に関して

     あるQ&Aで、回答者のお一人が、「著作権者には独占が認められる代わりに供給義務があり、供給できなくなった場合には、著作権が消滅する」旨のご投稿をされていました。  著作権法には、著作権は著作物を創作した時点で自然に発生し、しかも、著作物を公表しない場合や、「自分が著作者である」というように名前を公表しない場合でも、一般的には著作権は著作者に帰属し、その著作権が自分の死後50年まで存続するという規定がなされています。  このことからすると、たとえ何らかの原因があったにせよ、供給を絶っただけで著作権が消滅するとは俄には信じ難いのですが、本当にそのようなことがあるのでしょうか?  なお、件のご投稿に関しては判例があるそうなのですが、出典が記載されておらず、また、私も見つけ出すことができませんでした。  申し訳ございませんが、この点につきまして、根拠を示して頂いた上でご教示願えれば幸甚です。甚だ勝手な質問で恐縮ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 著作権を侵害している著作物の引用は違法でしょうか?

    著作権を侵害している著作物(例えば一次創作者に許諾をとっていない二次創作物など)の引用は違法でしょうか? 参考になる条項や判例などがもしあったら、併せて教えていただけると嬉しいです _ _ よろしくお願いいたします。

  • 著作権のうち口述権について

    1 質問事項 口述権について,著作物を公衆に販売した後は,販売した権利がなくなるのか,結論と理由を教えてください。特に,裁判例があればご教示ください。 2 質問の趣旨 先日,このサイトの著作権についての質問において,「著作物である市販物を販売した時点で著作権者は利潤をあげており,それ以上の利潤を認める必要はない。口述権は、狭義の著作権の一部であり,財産権の一種。著作権者が著作物の販売で利潤をあげた後にさらに口述権を保護する必要はない」旨の回答がなされていました。 著作権のうち譲渡権については,26条の2で,いったん公衆に譲渡された著作物について適用されない旨明記されていますから,いわゆる「権利の消尽」がなされるといえます。また,頒布権(26条)については,権利の消尽は明記されていないものの,最高裁平成14年4月25日判決で「頒布権のうち譲渡する権利はその目的を達成したものとして消尽する」と判断されています。 しかし,口述権については,24条で「その言語の著作物を公に口述する権利を専有する。」とされているだけで,「権利の消尽」は明記されていない上,実質的にも,著作物を購入したからといって,その著作物の内容を自由に口述できるとすれば,著作物の内容の社会的価値自体を低下させるおそれもあり,無許諾で行うことには問題があるのではないかと思います。 そこで,正確な結論を再確認したく,質問いたしました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

厳格には、著作権は判例法の部分が大きい。という「現況」に過ぎない  つまり、判例法以外の実定法の法整備によって法治されることも想定されうる、というだけの話 現況において立法が著作権についての立法知識を兼ね備えていないことが判例法とされる所以というしかないだろう ただし、現実に法整備が行われず、判例法の存在が有名無実化した場合には、慣習法が支配的になることも想定されうる。 なお、諸外国では慣習法というケースが多い。英米法の知財法の影響が強い現況を考えると・・という話もある >また一般的な同人誌などは、権利者が「承認」しているのではなく「周知」しているが黙認されている状態だと思うのですが、この場合「同人誌制作者は(親告がないだけで)犯罪行為を犯している」と言われてしまうのでしょうか。 同人誌といっても、二次同人の二次同人の同人(三次)では話が変わってくることもありえる。 権利者(権利者の意味は知財法においては多元的)の承認の有無が前提にない同人もあるが、条件付きの権利放棄なども重要であることは言うまでもない 例えば、原権利者(原作者)が権利放棄を明示しているが、二次作品が二次作品として権利主張することが可能なのか?という範囲は極めて判断が難しい。  ある同人作家の知己に相談されて回答したのが3年前の話だが、厳格には、二次作品の著作権の範囲は結論が出ていない。 あくまでも、権利親告によって権利が発生し、その権利の侵害は”権利の発生”なしにはありえないことを考えれば、権利者の親告によって初めて犯罪行為が成立する、という見解が妥当だろう ただ、法解釈の余地としては、権利者の権利侵害の具体性がない限りは、親告でも犯罪にならない、という考えもある、 なお、教育目的による利用の限界射程を悪用すれば、様々な脱法も可能でもありえる。 営利・非営利などの基準も含めて、権利の射程など簡単には回答は出来ない話でもある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >現況において立法が著作権についての立法知識を兼ね備えていないことが判例法とされる所以というしかないだろう 先日の著作権改正では、罰則を区切る線を作ってしまったことで、漫画はダウンロードしてもOKという間違った認識を拡げてしまっていますしね。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 違法ダウンロードと著作権について

    違法ダウンロードと著作権について教えてください 違法ダウンロード(音楽)とは、どの範囲(日本における著作権の保護範囲)までのことを指すのでしょうか? 海外のアーティストの音源を、海外のサイト(MEGADOWNLOA、MEDIAFIREなど)でダウンロードすることも違法なのですか? また、Itunesで保護されたMP4ファイル等はどうなのでしょうか? また、逮捕や高額の賠償といった罰則もあるのでしょうか? 「ダウンロードの違法化」と言われても、よくわかりません。 今までDLしてしまった事がある場合、もうアウトなのでしょうか・・・ 教えてください。

  • 著作権侵害幇助の判例

    著作権を侵害する行為を幇助していた場合の、無罪判決となった判例がありましたら教えてください。

  • ぬいぐるみの写真と著作権

    他の方の質問ですが、こんな質問が立っていました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=481842 私は、著作権侵害には当たらないと回答しました。 どうも写真撮影が著作物である「ぬいぐるみ」の複製権を侵害するとは思えないからです。 しかし、他の方の意見ではおおむね違反するということのようでして、一方では根拠を示されている方がいらっしゃらないので自分が間違っているのかどうかよくわかりません。 そこで質問です。 1、キャラクターが保護されるのは不正競争防止法とかなのではないかとおもうのですが、著作権法上、著作物たる「ぬいぐるみ」をはなれてキャラクター自体が著作物になるものでしょうか?もし成るとして、著作権法の条文を読む限りでは例示に入っていないのですが、判例・学説等根拠を教えて下さい。 2、「ぬいぐるみ」の写真撮影は著作権法上の複製権を侵害しますか?類似の判例等があれば教えて下さい。 参考文献も教えて頂ければ嬉しいです。

  • 違法ダウンロード禁止法について

    違法ダウンロード禁止法は親告罪とのことですが、どのような流れで検挙されるのかよく分からないので教えて下さい。 映像や音楽の著作権を持つ企業や個人が実際に違法ダウンロードしている人を知るのは難しいと思うのですが、警察が捜査をして違法にダウンロードされていることを企業や個人に知らせて、それから被害届を提出するという流れになるのでしょうか?

  • 著作権 みなし侵害に関して

    こんにちは 著作権のことを調べていたのですが、よく分からない点があります。 みなし侵害についてです。 アニメや映画、テレビ番組などの映像を無断で使用したMAD動画や、版権元に許可を得ずに作成した同人誌があるとします。 これはもちろん著作権を侵害していることになりますよね? そして、そのMAD動画や同人誌を、これらの製作者に許可を得ず無断でどこかのサイトにアップロードした場合、これはみなし侵害に該当するということですよね? しかし、この場合は直接、著作権の侵害をしていることにはならないということですが、なぜ直接著作権の侵害をしていることにならないのでしょう? 他人のものを勝手に使っていることには変わりないと思うのですが…。 窃盗犯が盗んだものを盗んでも窃盗していることに変わりはありませんよね? 私が著作物の厳密な定義をよく理解していないのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 同人誌の著作権問題について

    先日質問した事とかぶる事ですが 知り合いと同人誌の漫画を描き出品することになりました。 今連載中のワンピースや銀魂とか人気漫画の キャラクターや自分たちで物語などを考えて イベントなどで売り出すというものなのですが 友達は、数種類出していくということです。 売れるかとかそういうのは、別として 気になっているのが著作権問題なのですが・・・ 友達は、俺が知っている人は、連載中のアニメや 終わったアニメとかをブックストーリーとして 毎回イベントで出品して、ほぼそれだけで食べていける位 稼いでいると言い、別に連載中のアニメを描いて いくら売り上げようと著作権にはひっかからないし どちらにせよ、著作権は、ほとんどが親告罪であって 応援しているファンを著者が訴える事はないし 知らなければ大丈夫と言います・・ 一応自分なりの著作権について調べましたが・・・ 今一分かりません・・・ 来月にでも第一回目のイベントがあるのですが 本当に大丈夫なのでしょうか?

  • TV視聴率ランキングデータの著作権

    ランキングの結果など、たんなるデータは著作物ではないのとのことですが(著作権の判例で)、ホームページ・ブログなどへのTV視聴率ランキングデータの転載は問題ないのでしょうか。

  • 違法ダウンロード刑罰化について

    親告罪となっていますが、こういう場合はどうなのでしょうか? 一般人が違法ダウンロードしている人を見つけて通報(ダウンロードしてるのは事実だとして) 1.警察はその違法ダウンロードされたものの著作権を持っている人に問い合わせて、「違法ダウンロードされたみたいですよ?」という、そして著作権持っている人が「そうですか、それじゃあ(調査をお願いします)と言えば違法ダウンロードした人は捕まる。 2.親告罪なので、それが事実だとしても捜査はされない。

  • 二次著作物著作権者に無断で

    漫画や小説、イラスト等の二次著作物、いわゆる同人作品は恐らく原作者の許可を得ずに、また、原作者が依然として権利を保有しているものを無断で作成しているものが多いと思いますが、これらの二次著作物を第三者が勝手にコピーして配布や対価を得ての販売を行った場合、二次著作権者が裁判で勝利すると考えられますか?実際にあった、つまり判例はあるのでしょうか?

  • ニコニコ動画の著作権

    あの、ブログにニコ動の歌ってみた動画は勝手に載せてもよろしいのでしょうか? それとも、著作権とかありますか? もしも無くても、その動画を投稿した方に、一声掛けるのが常識でしょうか? でも、有名な方だと、メールなど送りづらい……。 あと、ニコ動に投稿されているオリジナル曲は、ダウンロードしてもよろしいのでしょうか? CD化されているものとかは、違法ダウンロードなのでしょうか? 回答宜しくお願いします。乱文失礼しました。