• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

物理のf=maと摩擦力について質問

本を読んでいてわからなくなったので教えてください。 加速度を求める問題で、動摩擦力μNが働いています。(Nは垂直抗力) この時、ma=fをつかうのはわかっているのですが、 なぜma=f-μNとなるのかがわかりません。 f=maなのに、fとmaを区別して、同摩擦力を一方からのみ引いています。 これはつまり・・・動摩擦力はFと同じ力だから?とも思ったのですが、 結局f=maなのだからma-fとしてもいいのでは?と思いました。 maは変化してないが、fは変化しているとかんがえるべきなのでしょうか? なんだかよくわかりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数7
  • 閲覧数1032
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

物理の式は等号でつないであるので、当然左辺の値と右辺の値や単位は等しくなります。 しかし、数学の式とは違い左辺と右辺の概念が全く別ということがよくあります。 摩擦力は力そのものです。 >なぜma=f-μNとなるのかがわかりません。 このfが何をさしているのかは分かりませんが、たぶんこれも物体を引っ張っている力そのものだと思います。 質量に加速度を掛けたものは、確かに単位は力と同じですが、これは力そのものではありません。 運動方程式「ma = F」は、全く別の概念を等式でつないでいて、その意味するところは、ある物体の加速度は、その物体に働く力に比例し、質量に反比例する、ということを言っています。 >ma-μN=fでも問題ないような気がしてしまっています。 これは、ある物体の加速度は、その物体に働く力に比例し、質量に反比例するという式の立て方になっていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

物体の加速度と外力の区別がうまくできていなかったようです。 回答ありがとうございました。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

>fは「何に対して」働いている力の合計なのでしょうか? これは本来質問の中にあるべきことなんですが、推測するに 物体を紐か何かで引っ張っている紐の張力か何かなのでしょう。 >ma-μN=fでも問題ないような気がしてしまっています。 物体に加わっている力の合計を F とすれば ma = F がニュートン力学です。 F = f - μN(力と物体の速度が同じ方向なら) なので、 1) ma = f - μN これを 2) ma + μN = f と書いても数学的には同等なのでもちろん問題ありません。 釣り合いの式っぽく 3) ma + μN - f = 0 なんて書くのも解析力学ではポピュラーです。 ただわざわざ 2) のように書く理由が見当たらないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうですね、もっと質問はしっかり書くように気をつけます。 ありがとうございます

  • 回答No.5
noname#175206
noname#175206

 お礼、ありがとうございます。#2です。 >ma-μN=fとはならないのはなぜなのかが知りたいのです  もしそうだとすると、どうなるのだろうか、ということになります。  その式を変形して、たとえば、a=(f+μN)/mとしてみます。計算は全く正しい。  aは物体の加速度でした。  Fというのは押したり引いたりの力で、それが大きいほど加速度も大きいというのは、大事なところですね。。  μNは摩擦の力でした。この式では、それが大きいほど加速度が大きいということになります。  こういう状況はあります。動いている物体を止めようとして押し返す力を加えていていて、さらに物体(たとえば自動車)も摩擦力も使って止まろうとしている。  逆の状況もあって、物体を動かそうと力を加えているんだけど、摩擦力が邪魔して、あまり加速度が大きくならない。式なら、a=(f-μN)/mですね。変形すると、ma=f-μNとも、ma+μN=fともできます。  なぜ、その二つがμNの正負が違うのかということですが、外力fと摩擦力μNの『向き』です。  外力を助けるように、同じ方向に摩擦力が働くなら、a=(f+μN)/mとする。逆に外力に逆らうように摩擦力が働くなら、a=(f-μN)/mとする。どういう状態を考えるかで、変えるわけです。  教科書が想定した状況と、質問者様が想定した状況が違っていたわけですね。それが式に現れています。 P.S.  しかし、そういう公式を正負、つまり向きでいろいろ用意するのは不便なため、たとえば「ma+μN+f=0」とし、aやfの値をマイナスも用いることが、よく行われます。  それは、ある方向を正(プラス)とすれば、反対方向を負(マイナス)とするわけで、力や加速度が向きを持つ量、つまりベクトルであるので可能となっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

ma=f その物体が重力しか受けていないときは F=mg その物体が加速度 a を生み出す力しか働いていないときは F=ma その物体が加速度 a を生み出す力と 摩擦力 μN が働いているときは F=ma+μN ※ ただし 上記の力はすべてベクトルとして統一的に記述されているので、個別に解くときは、方向(X軸Y軸への分解や、方向として + なのか - なのかなど)を考える必要がある。 その物体に働いている 力 F ってなによ? = あれと これと ・・・ とというように列記しているだけの話です。ベクトル量として列記すれば、回答が出ます(その原理はこれまでの物理学者が証明しているから安心しろ)というのが、力学です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ああ、なんか考えすぎていたな、と感じました。 ありがとうございます、やっと変に難しく考えるところから抜け出せそうです。

  • 回答No.3

物体(質量=m)には様々な力が働いています。 ma=物体に働いている力の合計 です。あなたの習った f はこの「働いている力の合計」のはず。 個々の力に何があるかというと 1) 物体を引っ張る外力 f(横方向) 2) 垂直抗力 N(上方向) 3) 重力 mg(下方向) 4) 摩擦力(f とは逆方向 μN) 2) と 3) は同じ大きさで相殺されるので、上下方向の力は 無くなってしまいます(なので物体は上下には加速しない)。 残るのは 1) と 4) ですので、横方向だけを考えればよいことになります。 f の方向をプラスとすると ma = f - μN

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 fは「何に対して」働いている力の合計なのでしょうか? ma-μN=fでも問題ないような気がしてしまっています。

  • 回答No.2
noname#175206
noname#175206

>なぜma=f-μNとなるのかがわかりません。  ma=f-μNでも、ma-f=-μNでも、ma+μN=fでも、μN=f-maでも、……構いませんよ。 >maは変化してないが、fは変化しているとかんがえるべきなのでしょうか?  何がどう変化しても構いませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

言葉足らずでした。 ma-μN=fとはならないのはなぜなのかが知りたいのです

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

それぞれの文字が何を表しているのか, きちんと認識できていないのでは? ma=f の f ってなんですか? ma=f-μN と書いたときの f は?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

fは力の大きさを表していると思います。 maも力の大きさを表していると思っています。質量×加速度とかはわかっているのですが・・・

関連するQ&A

  • 動摩擦係数について

    動摩擦係数を求める問題の一部です。 動摩擦力f=μ'N μ'=f/N と変形して求めるのだと思っていました。しかし回答は少し違いました。μ'=|f|/Nとなっていたのです。 自分なりの勝手な解釈は動摩擦係数はマイナスにはならないので μ'=|f/N|。垂直抗力もマイナスにならないので、分母に絶対値をわざわざつける必要はない。→分子だけにつけた。 でも、「動摩擦係数はマイナスにはならない」「垂直抗力もマイナスにならない」と言うのもなんとなくなので、まずこれについて教えてください。 また、上の考え方は飽くまでも勝手なものなので、この考え方が間違っていたら訂正して、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いい致します。

  • 摩擦係数・摩擦力について質問です。

    摩擦係数・摩擦力について質問です。 中学の頃理科で習ったのですが、物体と物体の摩擦力は、その接触面積にはよらず、垂直抗力に比例すると。 また、摩擦力=摩擦係数×垂直抗力である。 摩擦力は静止摩擦力と動摩擦力があって、だいたい、静止摩擦力>動摩擦力の関係がある。 また動摩擦力は物体同士の速度によらない。(物体が変形してしまうほどの極端な速度である場合を除く) すると、なぜハイパワーな車のタイヤは太いのですか? 太い=接地面積が大きい(単純に正比例では無いと思いますが、だいたい比例)、ですが、車重が変わらないとしたら、垂直抗力は同じだから、摩擦力は同じになりませんか? 自動車は地面との摩擦力の反作用で前進するから、タイヤが滑らない限り加速することができる。→加速力が大きくなる。 ハイパワー車は加速力が特徴であるから、摩擦力を大きくするべく設計するはず。 それがタイヤの太さとどう結びつくのかが疑問点です。 昔からの疑問でした。 お分かりの方がいましたら宜しくお願いいたします。 お伺いしたいことは、『摩擦力と接地面積の関係です。中学で習った面積には関係ないというのが、疑問です。』

  • 動摩擦係数を求める際に…

    ある問題があって、その問題では、物体に働く、動摩擦力(-)、垂直抗力、その物体にかかる力(+)が求まっています。 しかし、その物体が、どのような加速度で移動しているのかも、動摩擦係数も分かっていません。 そこで動摩擦係数を求めるのですが、ここで、その物体の加速度を勝手に1とかにおいても大丈夫なのでしょうか??

  • 高校物理、摩擦力について

    教科書に載っていた図なのですが、この図は静止していた物体を動かす時、物体に力を加えていき、最大静止摩擦力を突破すると物体は動き出す、物体が動くとき、動摩擦力が働くがそれは静止摩擦力より小さいことを示していますが、このままではF>摩擦力ですから、物体は加速するばかりで止まらないと思うのですが、物体が止まるときというのはどうなるのでしょうか? また、あくまで静止していた物体が動き出す場合の話で、動いていた物体が床に載り、動摩擦力を受ける場合、F=動摩擦力もF>動摩擦力もF<動摩擦力もありえますよね?

  • ベルトコンベア上の二つの物体に関する物理の問題

    いつも勉強させてもらっております。 とてもシンプルな問題なのですが、気になることがあり質問させて頂きます。 動摩擦力がかかっている二つの物体の加速度、および二つの物体が互いに及ぼす力 を求めるという問題について、動摩擦力ではなく静止摩擦力を考えるとどうなるのかという 疑問です。ヒントなど頂ければと思います。宜しくお願いします。 添付の図をご覧下さい。 右に動いているベルトの上に大小質量が異なる物体が置かれております。 もともとの問題では、物体はスリップをしていて(つまり静止摩擦力ではなく、動摩擦力が働いています)、動摩擦係数がAついて0.2, Bについて0.1と与えられております。二つの物体は接触していますので AにはBから力を受けており、逆にBはAから力を受けていることになります。すると、 それぞれの物体について、運動方程式を立てると、 (A) ma = Fa - F (B) Ma = Fb + F 二つの未知数(F, a)で二つの方程式なので、未知数は求まることになります。 ここまでは良いのですが、もし、物体がスリップをしていない場合、どうなるのかを考えたいのですが、 どうにもできず、求まるのかどうかも分からずにおります。といいますのは、スリップが起きた場合、 ベルトの加速度がどうであろうと、動摩擦力は一定です。しかし、スリップが起きていない場合、静止摩擦力が両物体にかかりますが、静止摩擦力は状況に応じて変わります。例えば、ベルト上に物体が一つしかない場合、 質量x加速度A(ベルトのでもあり、物体の加速度でもある) = 静止摩擦力 ですので、加速度にA応じて静止摩擦力が決まります。加速度Aが上がれば、静止摩擦力が上がります。ただし、最大は、静止摩擦力係数 x 垂直抗力(重力)であり、それ以上加速度Aが上がると、 スリップが始まり、摩擦力は動摩擦力(加速度に依らず一定)に変わります。 しかし、二つの物体があると、物体間の力を考えなければなりません。 上記のように運動方程式を立てると、 (A) mA = Fa -F (B) MA = Fb +F ここで、Aは既知(ベルト、両物体の共通の加速度)ですが、 未知数はFa, Fb, そしてFの三つで、方程式は二つしかありません。 二つの物体は同じ加速度で動いているので両物体にかかる力 Fはゼロと考えてしまいそうで、 実際そうなのかも知れません。ただ、それを証明するにはどうしたらよいかと思っております。 情報としてはあくまで、両物体の加速度が同じというだけで、二つの物体間には力が働いて いないと結論付けるのはどうかと思いました。といいますのも、 添付の下図では、両物体は加速度が同じでありますが、もちろん両物体に力fがかかっています。 私の理解では、上図の状況(二つの物体がベルト上にあり、スリップしていない)では摩擦力および両物体間の力を求めることはできない(?)、となりましたが、いかがでしょうか。 もしくは、このような状況において、もう一つ方程式を立てることができるのではとも思っております。 長くなってしまいまして、文章が分かりにくくなっているかも知れません。 もし伝わり辛い点が御座いましたら、書き直しますゆえ、どうか宜しくお願いします。

  • 物理の摩擦力・・・

    1、水平とθの角をなす斜辺上に、質量m[kg]の物体を置いたら斜辺上で静止した。重力加速度をg[m/s^2]、物体と斜面との間の静止摩擦力係数をAとする。 物体に沿って上向きに力を加え、次第に大きくしていったところ、力の大きさF1[N]を超えたとき、物体は動き始めた。F1を求めよ。 2、水平なあらい面の上の物体に、水平右向きに力を加えた。物体の質量をm[kg]、静止摩擦力係数をA,動摩擦力係数をB、重力加速度をg[m/s^2]とする。 この物体が、F1を超えたとき、物体は静かに右向きに動き始めた。F1を求めよ。 この問題の答えは、1がF1>mg(Acosθ+sinθ)、2がF1=Amg になっています。 私は、2が、F1>Amgだと思ったのですが、1と2で何の違いがあるんですか? 教えてください。

  • 摩擦力=摩擦係数×垂直抗力は常に成り立つと考えても良いのか?

    その昔、私が高校生だったころ、物理で釣り合いの式や運動方程式などを習ったとき、摩擦力のことをμNと表記し、 「動き出す直前はμ=μ0(ミューゼロ、ゼロは下付き)が成り立ち、 動き出した後はμ=μ'が成り立つ。  (μ0:「最大」静止摩擦係数、μ’:動摩擦係数)」 そして、 「摩擦力がまだ小さくて動き出さない間は、μがμ0よりも小さいのだ」 つまりμを変数としてとらえようと習ったように記憶しています。 が、ネットで調べてみたところ、 摩擦力FとμNなる形の項との等式が成り立つのは動き出す直前と動き出した後のみ  (つまりそれぞれ F=μ0・N、 F=μ’・N ) であり、 「摩擦力がまだ小さくて動き出さない間は、F<μ0・Nという不等式しか成り立たない。」 というのが一般的な正しい理解のようです。 そこで質問なのですが、 私は、「F=μ・Nは常に成り立ち、摩擦力がまだ小さくて動き出さない間は、μ<μ0なのだ、 つまり、μは運動や力の加わり方によって変化する変数なのだ」 ととらえていたのですが、私の理解の仕方は間違っているのでしょうか? 私としては、「μも変数だと考え、図中には摩擦力μ・Nと書き込み、釣り合っているか動いているかによってμに特定の値を代入する」方が、 「図中に摩擦力Fと書き込み、動き出す直前はF=μ0・Nであり、動いている最中はF=μ’Nであり、 力が小さくて動かない間はFと垂直抗力Nの間に成り立つ等式はないので、摩擦力FはFとしか表せない。」 と考えるより便利なのですが、、。 追伸 私の中でどう理解するかは私自身だけの問題なのでどうでもよいのですが、  高校生の姪っ子に摩擦について教えてくれといわれまして、  私の理解を教えることが間違い(手抜き)の押しつけになっていないか  不安に思っている次第です。

  • 動摩擦力の問題について

    あらい水平面上で質量mの物体をすべらせる。運動の向きを正の向きにとり、重力加速度の大きさをg、動摩擦係数をμ´とすると、加速度はa=-μ´gで表されることを示せ。 上の問題についてですが、運動方程式は ma=-μ´N となりN=mgなので a=-μ´g となるそうですが、 何かの力が働いて物体が滑っているわけなので、動摩擦力よりmaは大きくなりませんか?なぜイコールで表せるのですか? 動摩擦力と同じ大きさで逆向きの力を加えたとしても物体は動かないと思うのですがどうでしょう?

  • 摩擦についての質問です。

    物理的には、基本中の基本となる質問と思いますが宜しくお願いします。 2枚の鉄板をボルトで締め付けた場合に2枚の鉄板をボルト軸と垂直に互いに異なる方向に引っ張った時(摩擦力のみが反力となる方向)についての質問です。 最大摩擦力以上の力が掛かると鉄板はずれると思います。最大摩擦力=静止摩擦係数×垂直抗力と理解しています。ボルトを締めることにより垂直抗力を増加させ滑り出す力(滑らずに維持する力)を大きくしていると思います。では、鉄板を2本のボルトで止める場合と、4本のボルトで止める場合はどのように関係するのでしょうか?最大摩擦力は、単位面積当たりの話なので均等に垂直抗力があるとすれば、やはり面積荷比例した力を加えないと駄目なんでしょうか?ボルトの本数を増やすと言うことは、単位面積あたりの垂直抗力を増加させるってことになるのでしょうか? 別の例として、1トンの鉄の四角形の錘があったとします。接地面積が1平方の場合と2平方の場合とでは、(垂直抗力は平均されているとして)同じ力では動かないとような気がしますが・・?正しいでしょうか?その場合、体積は3乗に比例し、面積は2乗に比例するから垂直抗力と面積の関係で比例しない結果と考えて宜しいでしょうか? 質問内容を的確に書くことが出来ませんが?宜しくお願いします。

  • 物理の力学の質問です

    色々質問があります。 1、高校物理で微分や積分を使ったほうが早く解ける問題があるのですか? 前までの質問でそういった回答が多かったのですが、別に早くは溶けないと思います。 計算するものは結局一緒で、ただ覚える公式の数が減るというだけのような気がします。 2、1とは全然関係ない質問になってしまうのですが、 例えば、石を動かすのに100Nの力が必要とします。でも、微妙に力が足りなくて、99Nの力をかけて、石が動かなければ、位置には何の仕事をしたことになりません。でも、10m動けば100Nx10m=1000Jの仕事をしたことになります。 という回答があったのですが、100Nのちからが必要ということは200Nのちからをくわえてもいいので10m動けば必ずしも1000jになるとは限らなくないですか?2000Jになると思います 200Nで動かした場合、石は運動エネルギーを持つのは何でですか? ゆっくり200Nの力を加えれば運動エネルギーはなくないですか? そういう質問にたいして  いや、少し考えれば分かるでしょ。 指でそーぉとボールを50cm動かすのと、思いっきり投げて50cmのところで 手を離した場合では全然状況が違いますよね? 「ゆっくり200N」というのは、どういう意味ですか? ゆっくりなのは、100Nですよ? 加速度がほぼ0となるように物体に力を与えるときが、ゆっくりです。 力のかけ方は、200Nと決まってるのですから、ゆっくりもなにもありませんよ。 という回答の補足があったのですけど、 F=maから200Nの力を加える加速度は同じつまりゆっくり加速=加速度0で力を与えることはできないという意味でしょうか?あなたは、100Nでやっと石が動かせるといいました。 簡単のため、この100Nは動摩擦fとします。 ここで、あなたのかける力をFとします。 ma=F-f もし、F=100Nならば、 ma=0 a=0 つまり加速度0です。 もし、F=200Nならば、 a=200N/m つまり、加速度を持ちます。(等加速度) ここで加速度は100N/mではないかなと思いました あなたの話を聞いてると、どうやらあなたの言う「ゆっくり」というのは別モノです。 つまり、あなたは、徐々に加える力を200Nまで増やすという意味ではないでしょうか? それは、かける力の変化がゆっくりであって、石の加速度はゆっくりではないのです。 という回答があったのですが、力の変化がゆっくりなのであれば加速度はゆっくりになるのではないのでしょうか?(f=maより) 3、質量mの雨滴が点Aから鉛直下向きに初速度0で落下しはじめ、空気抵抗を受けながら落下して、Aの下方hの点で速さvになった。 雨滴がAB間を落下する間に、空気の抵抗力(kv)が雨滴に対してした仕事はいくらか? という問題があったのですが、ここで色々疑問が生まれました。 W=Fsより、答えははじめ、kvhと思ったのですが、違ったようです。 どうしてでしょうか? また色々考えていくうちにFの部分がmg-kvかな?とも思いました。 でも違ったようです。 そもそもW=Fsという公式が僕は全く分かってなかったようです。 色々質問してきましたがまとめると ここではそんなことはありえないのですが、空気抵抗が一定と考えると、 すべての仕事=hの間空気抵抗がした仕事+hで持っている運動エネルギーが成り立つ でも空気抵抗が一定でないので、全く成り立たないということですか? ということですか? 僕なりにまとめたつもりです。