• 締切済み
  • 暇なときにでも

貨幣経済の分析 と  配給経済

 = = = = = 貨幣経済 貨幣経済(かへいけいざい)とは、貨幣によって商品の交換を媒介している経済の一形態。 現在、世界経済のほとんどが大なり小なりこの貨幣経済により成り立っており、経済学による主要な分析対象である。 _ 貨幣経済は、貨幣によって交換を媒介するために、まず貨幣となるような普遍的な商品が必要である。 貨幣経済は、交換や蓄積が効率的なため、経済的繁栄の必要条件となる。特に紙幣が効率性が高い。 不換紙幣を貨幣とする場合は、貨幣の信用が重要となるため、安定した政府などが必要である。 一般に、政府が信用されない場合、紙幣の流通がうまくいかなくなり貨幣経済は衰退する。また、自国の通貨よりも外貨がもてはやされる事態も発生する。 そのため、内戦が頻発する国や、著しく財政規律が乱れた国は、貨幣経済の維持・運用が困難となり、インフレーションの誘発や経済活動の縮小をもたらし、貧困が多発する。 (Wikipedia)  = = = = =  貨幣経済の概要が記されていますが、 貨幣が商品の交換を媒介しているのは、わかる。 経済学による主要な分析対象である。 経済学の経済的繁栄の必要条件となる_ 貨幣の信用が重要となるため、安定した政府などが必要である。 経済学イコール政府でありそれが信用されない場合、貨幣経済は衰退する。  経済学が言われ、経済的繁栄が言われ、政府の繁栄が言われていますが、政府および経済学の私利私欲がやたら見え隠れしてはいないでしょうか? それらは、貨幣がある限り 貨幣王 である。 王ではあるが、所詮、 貨幣王 である。 経済的繁栄、すでに経済学の私利私欲と読めないでしょうか? すべての人々の生命・生活に責任を有する国家政府が、貨幣経済_経済学の私利私欲このようなものを、利用してよいのでしょうか? それに人々の良識ある未来は無いのでは?  貨幣経済、そのインチキぶりにより、リコール(他の製品欠陥と同様に)リコール回収とかんがえられますが、所見など ?  = = = = = 所得格差の是正から貨幣の廃止へ  ~ 配給経済  http://okwave.jp/qa/q7061333.html  http://www.paradism.org/index_ja.html  = = = = =  経済学と政府の私利私欲および怠慢が見え隠れしますが、 “ 現在のあらゆる経済および財政体制が世界中で崩壊したとき、今よりひどい壊滅的な経済恐慌によってさらに人々が苦しむことになる ”  世界人類の救済、所見、対応、対策など?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数120
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

#1へ 相手にしないほうがいいよ。 質問じゃなくて意見表明だから "質問者:hateha2_goo"  "配給経済"  site:oshiete.goo.ne.jp でググるべし

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

文明が発展するためには個性と多様性、そして天才が保障されなければならない。また当時参政権の拡大をもたらしていた民主主義の政治制度は大衆による多数派の専制をもたらす危険性があり、これをミルは警戒していた。  と、『自由論』 (ミル John Stuart Mill)の解説にもある。  天才が保障されなければならない、経済学には能がない ?       thanks.

質問者からの補足

意見表明だから ?

関連するQ&A

  • 経済学と、政府の怠慢行為について?

    『 真に価値ある政体はただひとつ、人道的人類主義にのっとった天才政治のみである。資本主義は間違っている。それは人間を金の奴隷と化し、他人を犠牲にしてまで優位に立とうとさせる。共産主義も同様に間違っている。自由よりも平等が重要視されているからである。人間は生まれたときは平等に扱われなければならないが、その後はそうではない。だれしもが人間らしい生活を送る権利をもっているのならば、社会のために何もしない者よりも、同胞のために他人よりもずっと多く働く者のほうが、多くの恩恵を受けることになるのは当然のことである。これは、人類が、通貨を完全に廃止し、自己の開花のみに専心できるよう、すべての仕事をロボットにまかせられるようになるまでの暫定的な規則である。だが、一方で飢えに苦しむ人たちがいるにもかかわらず、他方では値崩れを防ぐために食糧を投棄するなどは恥ずべきことである。食糧を投棄するくらいなら、何も食べる物のない人たちに分けてやればよいのである。  労働も神聖なものと考えてはならない。人は皆、たとえまったく働かなくても十分な食物を得る権利がある。だれもが自分が気に入った分野で自己の開花に努力すればよいのだ。人間が団結すれば、必要な仕事のすべてを機械化し自動化するのに、そう長くはかからないだろう。そうなれば人々は、自由に自己の開花に専心することができる。全人類が本気になって事を成せば、数年のうちに人類は労働の義務から解放されるだろう。必要なのは技術的・科学的能力であり、すべての労働者が、物質的制約から人類を解放しようという団結心に燃えて、個人の利益よりも社会全体の幸福のために、一心に働くことを決意することである。核兵器の開発や宇宙船の建造などの馬鹿げた事業や、軍事予算などに浪費されているすべての手段を有効に使用することである。第一、これらのことは、人類が一度物質的制約から解放されてしまえば、より有効に、そしてより簡単に研究されるであろう。  人間の代わりに仕事をしてくれる、コンピュータや電子装置がすでに存在している。これら科学技術が真に人類のために奉仕するように、あらゆる知識を利用しよう。数年で全く違った世界が建設されるだろう。それは、黄金時代の入り口なのだ。  (ラエル著)  』  過去において、は、資本主義の無能その対外戦争赤字(非人道的暴力体制の末の)それによる社会の腐敗混乱と、共産主義の台頭、その間隙を付いたのが、 ナチス・ドイツ(国家社会主義ドイツ労働者党(略称NSDAP) )の台頭とみえますが、 世界の新たな指針は、資本主義の腐敗の矯正と見える? 所見など?  貨幣経済の概要として、  = = = = = 貨幣経済 貨幣経済(かへいけいざい)とは、貨幣によって商品の交換を媒介している経済の一形態。 現在、世界経済のほとんどが大なり小なりこの貨幣経済により成り立っており、経済学による主要な分析対象である。 _ 貨幣経済は、貨幣によって交換を媒介するために、まず貨幣となるような普遍的な商品が必要である。 貨幣経済は、交換や蓄積が効率的なため、経済的繁栄の必要条件となる。特に紙幣が効率性が高い。 不換紙幣を貨幣とする場合は、貨幣の信用が重要となるため、安定した政府などが必要である。 一般に、政府が信用されない場合、紙幣の流通がうまくいかなくなり貨幣経済は衰退する。また、自国の通貨よりも外貨がもてはやされる事態も発生する。 そのため、内戦が頻発する国や、著しく財政規律が乱れた国は、貨幣経済の維持・運用が困難となり、インフレーションの誘発や経済活動の縮小をもたらし、貧困が多発する。 (Wikipedia)  = = = = =  とありますが、 貨幣が商品の交換を媒介しているのは、(わかる^^)。 経済学による主要な分析対象である、 経済学の経済的繁栄の必要条件となる(?)_ 貨幣の信用が重要となるため、安定した政府などが必要である。(? ?) 経済学イコール政府でありそれが信用されない場合、貨幣経済は衰退する。(? ? ?)  経済学が言われ、その経済的繁栄が言われ、付随する政府の繁栄が言われていますが、政府および経済学の私利私欲がやたら見え隠れしてはいないでしょうか? それらは、貨幣がある限り 貨幣王 である。 王ではあるが、所詮、 貨幣王 である。 経済的繁栄、すでに経済学の私利私欲と読めないでしょうか? 安定かつ信用ある政府が、いわれますが、 すべての人々の生命・生活に責任を有する国家政府が、貨幣経済_経済学の私利私欲このようなものを、利用してよいのでしょうか? それに人々の良識ある未来は無いのでは?  ~お金は権力と政府の果実だからです。 ~というのもお金は政府によってあなたに与えられた、単なる毒にすぎないからです~       http://blog.goo.ne.jp/pospipo/e/64625039dd67eae458a4ce3b07a5e2d3  貨幣経済、そのインチキぶりにより、リコール(他の製品欠陥と同様に)リコール回収とかんがえられますが、所見など? 経済学の今までの悪行など ?  = = = = = 所得格差の是正から貨幣の廃止へ  ~ 配給経済  http://okwave.jp/qa/q7061333.html  http://www.paradism.org/index_ja.html  = = = = =  経済学と政府の私利私欲および怠慢が見え隠れしますが、 “ 現在のあらゆる経済および財政体制が世界中で崩壊したとき、今よりひどい壊滅的な経済恐慌によってさらに人々が苦しむことになる ”  世界人類の救済、所見、対応、対策など?

  • よく社会の教科書に「貨幣経済が浸透し商業が発達したために、没落する人々

    よく社会の教科書に「貨幣経済が浸透し商業が発達したために、没落する人々がでて反乱が起きた~」のようなことが書いてありますけど、いまいちピンと来ません。 なぜ「貨幣経済が浸透」すると、あるいは「商業が発達」すると人々が没落(困窮)するのですか? 貨幣経済が行き渡ったり商業が栄えると金を蓄えて「貧富の差」が出来るのならわかりますが、生活の絶対的な水準が下がってしまうのが分かりません。上流階級だけがより豊かになるだけだと思うのですが。 もしかして貨幣経済が浸透したがために豊かになると物価が上がるからですか?教えてください!

  • 貨幣経済

    貨幣経済が安定的である条件とは何だと思いますか? 安定的な政府が貨幣を発行! 貨幣需要増加 といった事でしょうか? 無知で恐縮ですが知識が豊富方、ご教授願えませんでしょうか?

  • 回答No.1
  • wiz0621
  • ベストアンサー率42% (182/430)

経済の形態を仮に配給に拠ったとしても、運用する我々人間は同じである。 この現実から目を逸らしてはいけないのです。 もちろん配給によると人間性は確かに変わります。 遥かに悪いほうに。 私はかつて経済の形態を配給に拠った国を見てきましたが、中々に地獄といっていい有様でした。 例えば同じ小麦であっても、国内においてすら同じ価値ではありません。 時期。輸送。保管。それぞれに物流という人と人をつなぐ技術が存在し、 価値の変動が生じるのです。しかし、配給という結果を平等にしようとすると、 こういった人をつなぐ技術への評価は無視されていきます。 なぜなら、どれだけ手間がかかっていようとも、受け取る側にとっては同じ小麦1袋であるためです。 本来であれば貨幣によってこの変動は定量的に評価されますが、分配による経済を構成した場合、 官吏がその評価を行わざるをえず、結果として分配する官吏の権力が増大していきます。 最終的には官吏の不正が跋扈し、欠乏した物資の強奪が常態化していくのです。 評価されない物流の技術は廃れ、小規模な村単位へと人間関係も断絶していき、 最終的にはさらなる飢えと貧困を拡大再生産していきます。 なぜこういったことがおこるのでしょうか? それは配給は富を生み出さないためです。新たな富が生み出されない社会では、 それを他者より奪うことでしか手に入れることができません。 配給経済は、人間の信頼関係を破壊する、まさに夜盗の論理と言えるでしょう。 新たな富とは何であるか。 それは欲望などではなく、人間の信頼、将来への評価が形を成したものであるのです。 信の無い状態では新たな富が生み出されることはありません。 信頼とはいかに生み出されるか。会計学(accounting)がその名を持って示すように 公開と説明、つまりは整った理によって生まれるのです。 そもそもとしてかつての恐慌は、全て存在しないものを存在するかのように 見せかけることによって生じたものです。そういった行為は取り締まられるべきですが、 一方でその取締りも、定量的な評価がなければ不可能です。 人類を救うのは、確実性を持った説明であって、そのためには定量的な数値、 すなわち貨幣が必要であるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

配給経済に、  「この経済システムは、緒生産単位が、人間がちょうど必要とするものを、多くもなく少なくもなく生産すべきであるという原則から出発している。」  と、されていますが、足らなくて社会の混乱そして余って経済の腐敗 とするそれしか出来ない経済学および現政治にたむろする輩の 金権王国 もはや人々の人権侵略と言えるのではないでしょうか?  『自由論』 (ミル John Stuart Mill)の いう 天才 、そして今言われる 天才 、それらによる 配給経済 を考慮することが 哲学・経済・法学にわたる人道的移行/改善ではないでしょうか? 見直しは ? thanks.

質問者からの補足

 経済学が、貨幣に値を付け、貨幣を一枚から流通ばら撒くしているだけで、経済学のただ単なる紙切れによる私利私欲である。それに、能はなく、全世界の混乱/不況である。真っ先に、貨幣・紙切れに値札を提示し己らの利権を表明する私利私欲それらの巨大な陰謀その非人間的非人道性、それにだまされることは、過去から今現在におよぶ幾多数多くの障害困難を解決することではないのではないでしょうか ?  経済学 ではなく 小麦 である も現実と真実の現状である。 それを欺瞞と私利私欲で手にする経済学とそのアイテム貨幣は、人道からずれている のでは(まさに夜盗の論理?) ?

関連するQ&A

  • 貨幣経済についての図

    まず、わたしの考えた経済理論を説明させてもらいます。 貨幣経済   ーーーーーーー付加価値ーーーーーーーー  ↑                         ↓  ↑     -----------    ↓  ↑    ↓   ↓     ↑    ↑   ↓ 労働力=人件費 利潤  資本金 売上 =商品  ↑    ↓   ↓     ↑   ↑    ↓ 労働 = 給料  配当  投資  生活費=消費        ↓   ↓    ↑    ↑        -----------             お金の円環 この図を書くのに、大学で四年間かけたんだ。 消費がエンジンになってる。 誰か普及して。役に立つと嬉しい。 スタートは労働。それに合わせて、貨幣の循環が回転する。 企業の人件費の公表を義務化するべし。 それにより、利潤だけでなく給与への社会への貢献度がわかる。 この理論はご自由に引用されて結構ですが、GOOでこれは労働価値説だからまちがいだといわれました。確かに、信用創造が書いてありませんが、真水の経済を理解するのに役に立つ図だと自負しております。 わたしの図の欠点を教えてください。

  • 戦時の貨幣

    こんにちは。 日本人が知るべきことの一つに戦時の貨幣経済が有ります。 戦争中貨幣経済は崩れるかと勘違いしていたらおとなりのおじさんは、戦争末期に貨幣経済が壊れることはなかったといいます。普通の国では戦争になったら貨幣経済は崩れるのでしょうか?崩れたら戦争どころか、その尻拭いに必死に動かないと国が消えてしまうと思います。 キンが出まわると一瞬想像しましたが、含有率が低いインチキのキンが出回ったのは江戸時代でもあることだし、キンがまともに貨幣として通用するとは思いにくいのですが、実態はどうなんでしょうか? 戦時下では物々交換が行われたとも聞きます。確かにぶつぶつのほうが、貨幣を信用しなくなった社会では現実的なのかもしれませんが。 軍票も調べてみましたが、貨幣より信用が低い軍票は信用されるのですか?日本が敗戦したことで軍票が紙になったというのが載っていました。ということはodaとかは未払い軍票の支払いという性質を持っているのではないかと考えたのですが、実際はどうなんでしょう? 戦時と貨幣について殆ど知らないので色々教えていただければ嬉しいです。

  • 歴史学をやってますが、経済の入門。

    歴史学を専門にしています。 貨幣経済の基本など、 たとえば、日本でいうと江戸時代ぐらいに 貨幣を多く出せばどうなったか、 あるいは明治の松方デフレとは何か、 などを正確に理解したいと思います。 経済学、あるいは貨幣経済の、 異分野を専攻するものにも分かりやすい 入門書ありますか?。

  • 資本家、日本経済の私利私欲、危険である。考える..

    資本主義社会は、需要>供給の状況、物が不足することでこそ輝くシステムです。 よって資本家の私利私欲によって多大な悪影響が及んでいるものとは言えないでしょうか? 私利私欲に人類をみちびくしか能のない資本家、政治に将来を提案する資格はないのではないでしょうか? ” 統治することは先を見通すことであり、人類が直面している難問題のすべては、これまでの政府が先を見通すことができず、したがって統治することができなかったことを立証している。” 国内の農業にしろ、過去の一時の貿易不均衡(実態の在るのか無いのか分からない黒字と呼ばれるもの)の調整のためだけに農地面積は大幅に減少、荒廃したまま危険な状態に放置されていると言える。人の生命に直結する問題をこのように一時の資本家の安易な道具としてよいものでしょうか? 政府は腹を据えて、ひとびとの将来を見通し、その健全性を模索計画し、実行に移す時ではないでしょうか? 資本家、日本経済の私利私欲、危険である。所信、考えるところなどありましたら?

  • 現物経済とマネー経済について

    現物経済とマネー経済について 数年前から現物経済からマネー経済の時代に変わってきていると書かれていました。 現物経済を辞書で調べると、交換の媒介に貨幣を用いないと書かれていました。 貨幣を用いない交換など、とうの昔にほぼなくなったのではないでしょうか。 現物経済の意味がよくわからないので、わかる方回答よろしくお願いいたします。

  • 今の日本の凋落について

    数年前までは日本は一部の国を除いて 尊敬されていたと思います。 戦後の復興から立ち直り そして今の繁栄を築きあげたことだと思います。 先達の方々の犠牲の上に今までの繁栄があるのだと思いました。 しかし ここ数年の凋落はいったいなんでしょう? 政治家どもは私利私欲に塗れ公僕たる 腐れ役人どもは惰眠を貪っている・・・ いったいいつからこの国はこんな腐った国になってしまったのでしょうか?? みなさんのお考えをお聞かせ下さい。

  • 貨幣・流通の経済の成り立ちについて(初心者向け)

    なぜ物々交換から貨幣ができて流通が盛んになり、経済が発達したのかわかりやすく説明できる方がいらっしゃったら、よろしくお願いします。 日本にまだ通貨がなかったころ、平氏が宋と貿易して外貨をたくさん獲得し、潤ったそうですね? なぜ外貨獲得で潤うのでしょうか? たとえば私はドルや元やペソをたくさん持っていても困ります。 両替すればいいだろうと言われるかもしれませんが、当時は何に両替するんでしょうか?(当時は銅銭だったみたいです) また、江戸時代は米で物を交換していました。両が普及するまで大変苦しかったみたいです。 平氏時代、豊臣時代、貨幣経済で国中が潤っていたのになぜ米に戻したのでしょうか? 教えてほしいことはまだたくさんあるのですが、とりあえずこのへんから質問させていただきました。 要するに通貨の普及がなぜ経済に影響するのか教えてほしいのです。 私の知識ではこういった表現が限度です。 子供に教えるレベルでかまいません。よろしくお願いします。 また、わかりやすい本やサイトがありましたら教えてください。

  • 戦前の日本軍は悪党

    何故戦前の日本軍人を本気で尊敬している人々がいるのでしょうか?私利私欲で日本を自滅させた愚か者を敬意を表するのは哀れなことです。 世界中であれだけやらかした連中を好むなんて自己中の極みです。

  • お金って何

    どうしてお金には価値があるんですか。 物価とか、安価な労働力とか、お金の価値が下がったとか、お金の信用がなくなったとか、物々交換は単純で意味は解りますけど、貨幣経済になってから全くちんぷんかんぷんです。そもそも、現行の貨幣経済なんて人間が勝手に価値を決めてるだけの、「ゲーム」に過ぎませんか?

  • お金の代りになるもの・・・

    今は貨幣経済の世の中ですし、これからは信用経済もどんどん増えていきそうですね。 でも、世の中どんな激変があるかもしれません。 そこでお聞きしたいのですが、もし、貨幣がその信用と価値を失うようなことになったとしたら、お金の代りになりそうな物は、何があるでしょうか。 現実性のあるものから、思い切り飛んだご回答まで、いろいろとお聞かせください。 宜しくお願いします。