• ベストアンサー
  • 困ってます

中古住宅の法的なシロアリトラブル

中古住宅を購入しました。 購入を検討する際、床下も確認し、基礎に空気の流れを作るためか、後からあけたような穴があいていました。 シロアリについても「出ていない」とその場で言われています。 築年数を考えても土地代でしたので、納得の上購入しました。 最後の契約の際、銀行の応接間で、不動産と銀行員、売主とで契約書の手続きを始める時、シロアリについて念を押しました。 出てないって聞いてるけど、本当に出たことないんですよね?契約書の欄が未記入なんですけどと。 不動産は出てませんと言って、書類に白蟻の被害は見られなかったという項目に『レ』しるしをつけました。 その後、予約していたリフォームを完了させ、居住を開始。 初めての夏にシロアリが出てきました。 リフォームの際、シロアリ予防の薬品を噴霧済みだったので、リフォーム会社から無料で処置してもらいました。 数週間後、再び白蟻が出てきました。 リフォ-ム時に取り壊さず、ベニヤでカバーして新しい物に付け替えただけのトイレ床下に巣があるようです。 このトイレは階段と隣接しているので、被害が階段にも及んでいるようです。 また、その時初めて知ったのですが、過去白蟻が出て、大規模なリフォームを行っていたようです。 どうやら売主、不動産はその事実を隠して販売したようです。 現時点で現金的な被害は受けていません。 しかし、今後白蟻を確実に確認して駆除するには、トイレや階段を壊さねばならず、それには費用が発生します。 リフォーム会社からは、2度薬品を散布し、その後出ていないので大丈夫だとは思う。 そもそも急に白蟻が出てくるわけではないので、購入時点から白蟻は住んでいた可能性がある。 と聞いています。 こちらがうかがいたいのは、 1:白蟻が出て工事(基礎を壊している)もしているのに、いなかったと言い切った不動産(多分売主)に何かできませんか? 2:金銭的な負担が発生した場合、その費用を全額もしくは一部でも負担させれないか(これは売主へだと思います)。 市の住宅関係相談に電話で聞いたのですが(当方乳飲み子、幼児を抱えており面談は難しいです)、弁護士やここへ相談の電話をする前に、仲介した不動産へまず電話をするのが筋ではないかと言われ、あまり細かく聞くことができませんでした。 いきなり電話して、負担が発生した時逃げられたら(大きな会社なので何か先に手を打たれたら負けると思っています)嫌なので相談したのですが、あまり親身になって相談に乗ってくれる感じがなかったのでコチラに書き込ませて頂きました。 私は負担が発生した時点で相手に何か負担して欲しいだけで、ことを荒立てたり慰謝料だなんだとクレームをつける気はありません。 経験者の方、何かご存知の方、アドバイス等お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3534
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

不動産業者です。 瑕疵担保の原則を理解してください。 1、売買契約書に瑕疵担保の期間など瑕疵担保責任を負う契約の場合は、その期間内であれば売主はシロアリ被害は無いと告知していたので、瑕疵にあたり原則費用を請求できます。 期間が経過してしまった後だと、シロアリ被害が以前からあったことを証明しなければならず、ちょっと面倒です。逆にシロアリ被害がありました。現状は不明などと告知された場合は責任を問えません。 また、現在発見しているのですから、現在の被害を賠償する責任はありますが、将来的に拡大した被害を賠償する責任はありません。まずは現時点での損害額を確定させることが必要です。 2、瑕疵担保免責の契約書で、売主が意図的に告知違反をした場合は、期間に依らずそれを証明する事実があれば、瑕疵の責任を追及できます。仲介業者はあくまで、売主の告知による書面記入ですから、質問者さんも購入時の内覧等で発見できなかった被害を業者へ責任を問うのはむずかしいでしょう。 大手仲介なら、知っていて告知しないということは、ほぼありませんから。 上記を御理解いただき、まずは仲介業者の担当者へ相談して意向を確認してください。業者ではなく売主への責任追及という姿勢で話しをすれば、協力的に動いてはくれるはずです。(業者宛の責任となると、一定ラインを超えるとすぐ弁護士が介入してきます)どうするかは?業者へ相談後で良いでしょう。 不動産の売買はあくまで契約書に従った処理となります。また証拠は客観的な事実や書類等が必要になります。事実からの推測はなかなか証拠として成り立ちませんので、御理解ください。 御参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答をありがとうございました。。 参考になります。 今後は弁護士と相談の予定です。同時に業者へも連絡を取ってみます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

1:白蟻が出て工事(基礎を壊している)もしているのに、いなかったと言い切った不動産(多分売主)に何かできませんか? 2:金銭的な負担が発生した場合、その費用を全額もしくは一部でも負担させれないか(これは売主へだと思います)。 監督省庁に訴えることと契約書にしたがって瑕疵担保責任を追及すること。 ですが、違反を訴えることと費用負担してもらうことは別問題です。 費用についてはご自分で交渉するか、相手が応じなければ消費生活センターで斡旋をうける、 民事で訴訟を起こす前に弁護士等に依頼して調停してもらうなど別の手段が必要です。 ココまででもおそらく充分すぎるほどの手間と費用がかかってくると思います。 それでも前の方がアドバイスなさっているように、確実に有利な解決を得られるかどうかわかりません。 まずは何らかの手立てがないかを専門家に相談するべきかと思います。 自治体の無料法律相談などを利用してみてはどうでしょう? >私は負担が発生した時点で相手に何か負担して欲しいだけで、ことを荒立てたり慰謝料だなんだとクレームをつける気はありません。 そのくらいの気持しかないのなら残念ですがこれ以上の進展はないと思います。 我が家も中古購入後発覚したシロアリ被害で(幸いにも痕跡でしたが) 物置と浴室の柱がだめになっており大幅な出費増に見舞われました。 購入前の調査はせず、シロアリ防除記録なしというのだけ確認したので予想はしていましたが、 リフォーム費用と防除費の負担はバカになりませんでした。 中古住宅購入については業者の説明を鵜呑みにせず 自費負担でも事前の調査費用を惜しまないか、ある程度のリスクを覚悟するか、どっちかだと思います。 解決方法を回答できず申し訳ございません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中古住宅はリスクを覚悟の上で購入しましたが、リフォーム時確認できない場所からだけ白蟻が出たのは運が悪かったと思います。 丁寧な回答、ありがとうございます。 書かれた意見を参考に弁護士を探します。

  • 回答No.1
  • joqr
  • ベストアンサー率18% (742/4026)

まずは、瑕疵担保特約が付いているか? >不動産(多分売主) は、はっきりしないと手の打ちようがありません 契約書を見てください 免責をもくろんで不動産屋が個人として、売買するケースも多々あります >私は負担が発生した時点で相手に何か負担して欲しいだけで、ことを荒立てたり慰謝料だなんだとクレームをつける気はありません。 十分クレームだし、事を荒立てなければ解決できませんよ 弱腰で話をしても、相手にもされないでしょう 素人を騙したり、丸め込むのが上手なのが不動産屋です 売主が個人の場合、付いていなければ現状渡しですので 売主に非があっても、裁判を起こすことになる可能性が高いです また、支払いを受けられるかも定かでない 売主が不動産屋の場合 無条件に2年の瑕疵担保特約が付きますので シロアリ駆除と修繕の費用は、売主に請求できます また、重説についても不備を指摘できます >当方乳飲み子、幼児を抱えており面談は難しいです 残念だけど、できない理由を言うのなら、諦めた方が良いです あなたの代わりに動いてくれる人間はいません >その時初めて知ったのですが、過去白蟻が出て、大規模なリフォームを行っていたようです 写真、ビデオ等の証拠 リフォーム会社からの報告書面 シロアリ駆除の請求書と、報告書 全部揃えて、裁判起こす覚悟でないとだめです >1:白蟻が出て工事(基礎を壊している)もしているのに、いなかったと言い切った不動産(多分売主)に何かできませんか? 重説違反で、監督官庁に通告する >2:金銭的な負担が発生した場合、その費用を全額もしくは一部でも負担させれないか(これは売主へだと思います)。 瑕疵担保特約の有無と期間内であれば可能 しかし、払わせる強制力はないので 簡易裁判書での判決を持って強制執行により取り立てる しかし、支払い能力がない場合には取れません 重説の申告に対しうそを付いたことで攻めるなら、 民事訴訟で戦うことになるでしょう まずは、あなた自身にその権利があるのか? どんな権利を行使できるのか? 弁護士に相談してください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答、ありがとうございました。 ご意見を参考にし、弁護士を探します。

関連するQ&A

  • 中古住宅のシロアリ被害

    昨年11月末に築30年の店舗付き住宅を購入しました。 まだ半年もたって無いのに今日 一階の店舗部分のトイレ(洗面所)からシロアリが発生してました。 いくら古くても 買ってまだ半年も経たないうちのシロアリ被害は 前々からあったとしか思えません。 不動産屋、売主に駆除費用 及び 修繕依頼はできますか?

  • 中古住宅購入後のトラブルについて

    8月初旬中古住宅を購入しました。不動産業者から当初提示された価格の半値近い金額でした。数回の下見で風呂・洗面所の湿気がひどく最低限この部分のリフォームが必要なためこの改修経費を見込んでの値下げと考え売買契約しました。下見段階でその他のシロアリなどの被害がないか確認したいとお願いすると売主が承認しないと言われました。築年数は経っていましたが南側に緩やかに傾斜する地形で日当りが良いための契約でした。リフォームプラン作成段階でシロアリなどの被害調査をお願いすると床を剥ぐ必要があり別途経費がかかるのでリフォーム工事をしながら確認するのがベストと言われ9月下旬改修工事請負契約しました。工事がはじまって数日後予想通り風呂・洗面所の基礎・柱などにシロアリ被害を確認しました。10月初旬リフォームの最終打ち合わせで居間・階段下などのシロアリ被害の写真を見せられこの改修工事にかかる経費は別途必要と言われました。インターネットで調べてみると購入後2ヶ月内の構造上の欠陥が見つかった場合は売主が改修経費を負担するのが通例だがトラブルを避けるため売買契約書にこの件の記載をするようにとありました。この経費は売主に請求できるでしょうか?

  • 中古住宅のシロアリ被害、瑕疵担保責任

    こんばんは、知り合いが築後22年の中古住宅を買いました。 大手不動産の仲介です。買ってすぐリフォームをするため、見積もりなど取って登記の日を待ってました。  登記が終わり、鍵をもらってすぐに工事に入ったところ、台所セット(取り替えるつもりだった)をはずしたところ、シロアリに食われて土台がボロボロ、柱も下から50センチくらいが崩れてなかった。 契約時にはシロアリの被害は今までにないとサインまでもらいました。明らかに瑕疵担保責任だと思います。 知り合いは頼んだリフォーム工事が終了し、床、壁、天上もピカピカです。 が、その裏にはシロアリにやられたところはそのままです。 売主が「契約前に大手不動産が瑕疵担保責任を負わない契約もあることを教えなかった。」「売主側の知っている工務店を入れさせなかった。」の理由で払わないと言い出したのです。 シロアリ駆除代16万円はもう発生してます。知り合いの業者だからいつまでも払わない訳にはいかないし、柱のない東側の外壁は心配だし。(柱の工事は見積もりで38万円) 住宅ローンも今月から始まるそうです。 本人はどうしていいか、私に相談してきましたがまったく見当が付きません。市役所の相談窓口は来週の水曜日だし、もっと早く解決する方法を教えてください。裁判も考えてます。

  • 中古住宅の契約について

    はじめまして 近日中に中古住宅(築33年)の契約を行おうと思っています。 不動産会社から電話がかかってきて、 「売主から現在のところシロアリ、雨漏り等々の被害を感じたことはないけども  築年数も年数なので、3か月の売主瑕疵担保を免責にしてもらえないか?」 という提案があった、とのことでした。 私は 「それはしたくありません。無いとは思いますが、もし何かが発見されて修理すると なれば多大な金額が発生するかもしれません。もしするなら物件価格を値下げして いただけたら考えるかもしれません。」と答えました。 不動産会社も「そうですよねぇ」と同感した答えでした。 この場合、売主が物件価格を下げてきたら何か瑕疵を隠している可能性はあるのでしょうか? それともこの物件によほど何もないという自信があるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • シロアリ被害について

    初めて質問させて頂きます。 このたび築30年の中古住宅を購入する事となったのですが 手続きも終わりリフォームの為に住宅の天井や床、壁を解体したところ 天井のハリと浴室の柱、居間の柱がシロアリの被害にあいスポンジ状態になっておりました 天井のハリに関してはも一本に繫がってない状態でした壁でかろうじて建ってるという状態でした 契約書の物件状況確認書では ■雨漏りはありにチェックがありました→修理して引渡し ■シロアリは現在までシロアリの被害を発見していません。っとなっており 私たちもリフォーム業者さんと物件を見に行った際に天井も上がって見たいけど 入るところがなく床下のみ確認し綺麗だったことと 不動産屋がシロアリ業者に依頼もして確認し シロアリ被害無しとの事でしたので 契約の時に古い住宅なので瑕疵担保保障を負わないと契約しております 古い住宅なのでリフォームにはかなりお金をかけるつもりではいましたが シロアリは予想外で重要な柱をいくつかやられているので予想以上に金額がかかりそうなのです 瑕疵担保保障を負わないと契約しておりますが こちらもシロアリ被害なしと報告を受けての契約ですし 住宅として住める事が条件での契約となったますので大掛かりな修理をしないと住めないというと 契約条件が違うかと… このような状態で売主さ様に歩み寄って頂き修理費を少し負担して頂く事は可能でしょうか? もし負担を御願いしても良いようなら何パーセントぐらいを御願いすれば妥当なのでしょう 瑕疵担保保障を負わないと契約している以上売主さんにシロアリ被害の報告もするべきではないのでしょうか? ちなみに売主様は毎年業者によりシロアリ点検を行っていたが 一度もシロアリ被害を発見出来てないとの事(←不動産屋さんから聞きました) 少し分かりにくい部分もあるかと思いますが詳しい方がいらっしゃればお力をお貸し下さいませ。

  • 中古住宅購入におけるシロアリ被害の瑕疵責任担保について教えたください(長文です)

    築40年の木造二階建で住宅および土地を昨年10月に購入しました。 引き渡し前に不動産会社はシロアリの防除を施し、室内のリフォームをして引渡しになりました。その時、「シロアリがいたから駆除したんですか?」と聞いたら、「中古物件売買時には防除工事が義務付けされているのでしただけで、シロアリはいません」という回答でした。 今年5月、室内にシロアリが発生しました。 保障期間内だったので駆除してもらいましたが、二週間ぐらいで違う所からシロアリが発生しました。(その後、3回出ました) 和室の床柱は何箇所も穴が空き、敷居に一部はボロボロで指で押したらつぶれてしまう状態になってしまいました。家族一同、呆然の状態です。 業者も信用出来なくなり、自分で床下を見てみると、柱の一部がシロアリに食われ1/3程スカスカになっていました。また土台の柱等、各部に古い蟻道が見られました。 担当者に瑕疵担保責任について確認しましたら「住宅に重大な欠陥があった場合に適用させる」と言われ、今回のようなケースは重大な欠陥では無いようなことを言われました。 私どもからすれば十分瑕疵担保責任が発生すると思うのですが、解釈的にはどうなのでしょうか。 また、不動産会社には瑕疵担保責任においてどんなことが要求出来るのでしょうか。 教えてください。 素人考えですが 1)損害賠償として購入金額の何%か金額を返還してもらう。 2)外部の第三者に床下を確認してもらう。(不動産会社は自分のところの大工さんに見てもらうと言っていました) 3)シロアリ被害の場所の完全な修復 (補修ではなく床柱等を新しく交換を要求する。) 4)シロアリの保障期間の延長、及び何年後かに再度、防除工事を約束 5)担保責任期間の延長 等を要求するつもりです。 長文で支離滅裂な文章で申し訳ございませんがよろしくお願い致します

  • 中古住宅がシロアリ住宅だったケース

    親が築3年の中古物件を購入して7年ほど経った家がシロアリ住宅だと今月判明しました。 外壁にヒビが入ったので、業者に外壁工事を依頼しました。 すると、柱3本の内2本がシロアリにだらけだったようです。 その為、購入した業者にその旨を伝えると、 見舞金として10万は払うがそれ以上は責任持てないと言われました。 外壁工事と補修工事で約300万かかると見積もりをもらいましたが、 その費用は親の方で全て負担しなければならないのでしょうか? 役所で無料相談を受けたところ、 10年経った家だと自分で負担しないといけないのではないか、 と言われたようです。 ネットで検索すると、欠陥部分を発見後1年以内ならば、 業者などに請求できるようなケースも見つかりましたが、 親の場合は当てはまるのかどうか分かりません。 ご教授いただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 中古住宅購入時の対応で困っています。

    初めまして。 現在、個人の売主さんから築24年の中古住宅を購入する為に不動産屋さんに仲介をお願いしております。 購入対象物件は壁や屋根などの汚れはあるものの、十分住める家なので購入したいと考えております。不動産屋さんに紹介して頂いたリフォーム業者さんに事前に重要箇所の点検を行って頂き、特に問題ないと報告を頂きました。(この後問題になるお風呂の浴槽もそのまま利用可と言われました) この報告を受けて不動産屋さんに購入申込みを行い、売主さんとの一括決済(契約、支払、鍵の受け取りを同時に行います)の日程も決まりました。 しかしこの一括決済日の連絡メールの下部に「風呂の浴槽を再度点検したところ水漏れしていることが分かりました。現状有姿の販売物件なのでこのまま引き渡しで良いですね。」と書いてありました。 私は「これは瑕疵になるのでは?」と質問しましたが「引き渡し前にお知らせしたので瑕疵にはならず、買主負担で修理して頂きます。」と言われました。お風呂を含む重要箇所の問題がないとの報告を受けたことで、購入の意思表示をしたのですが、このタイミングで問題として訂正し、買主了承済みとして販売する方法は問題ないことなのでしょうか? 私は「浴槽の水漏れによって床下などに重大な損傷が発生しているなら、この物件は購入出来ない。」と伝えております。不動産屋さんは「分かりました。急ぎ確認します。」と言って頂けたものの、間もなく2週間が経とうとしておりますが結果が出てきません。 当初は10月初に一括決済を行い、10月末までにリフォーム工事完了、11月上旬に引っ越しを行うという予定を不動産屋さん、リフォーム業者共に確認の上で決めたのですが大幅に遅れています。 このままでは購入予定物件はリフォームも出来ず、引っ越しが出来ない状況です。 私は前述のスケジュールが決まったことで、売却する現在居住の住居を11月下旬の引き渡しとした契約を結んでおります。 現在居住している家を約束の期日に引き渡すために、一旦別の住宅を借りなくてはならないかもしれません。これは想定していない余計な出費です。(引っ越しも2回行う必要が出てきます) この様な場合でも私が全て自己負担で費用を出さなくてならないものなのでしょうか? またこの様な問題を大事にせずに対応する為に相談出来るところをご存知でしたらお教え頂けますと助かります。 色々と記載して長文になり申し訳ございません。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • シロアリが出たら

    現在借家に住んでいます、8ヶ月になりました 引越し前の状態で床下にシロアリはいませんでしたが、過去にシロアリがでて、その部分を駆除した後があります 駆除したのは素人さんのようです「某シロアリ業者が言っていました」 前住んでいた借家?「家賃は発生せず、修理は自分負担で、元親類の家」の場合はシロアリ駆除をして、換気扇もつけました、上記と同じ状況の床下で できればシロアリが発生する前に駆除の薬をまいた方が安心ではあるのですが、私自身に余裕がありません 今後もしシロアリが出た場合、負担は誰が持つのでしょうか?私でしょうか?

  • 中古住宅トラブル

    築49年(平成10年2Fフロアーリフォーム)、土地面積約50坪、鉄筋2F建、2世帯対応、同地区土地料金約32万/坪の中古住宅を、2575万で購入しました。 築年数もいっており、塩害(古いのでセメントに海砂を使用している可能性大)も考えられるが、子供の学校区で転校もなく、2世帯対応であり、とりあえず見に行ったところ、見た目は、傷みも修繕可能に見え、不動産も600万ほどかければ充分すめるのではないかとの話でした。借り入れ3500万し、1200万リフォームに充てる計画で、契約しました。 契約前に、素人目で判断し、売主の了解をえて、リフォーム業者に見積り依頼をしました。その際にも、多少の雨漏りのあとを指摘されましたが、修繕できるということで、決断しました。 売買契約締結後、支払い完了し、鍵を受け取り、改めて業者に見積り依頼したところ(先の見積りは銀行融資用のため、何回も図面変更し、ようやくキッチンや配置等をきめ、着工前の本見積もり)、雨漏りと屋根(2F天井点検口5箇所より確認)の欠損が発覚しました。 深刻な傷みのようで、1F部はリフォーム時に柱等を確認予定ですが、鉄筋コンクリートが、腐食して、点検口を開けると崩れた5センチほどの石ころが落ちてきたり、天井裏にすでに落ちた重さ7キロ程度のコンクリート片もいくつか確認でき、1F部も腐食している可能性もあり、お金をかけても到底安心してすめる家ではなく、住宅購入の目的が達せられない可能性が出てきました。 解約したくても、料金支払い後約1ヶ月経過し、登記も完了しており、契約書の特約事項(いろいろな定めがあるが、本事項が最優先で適用)には、「築年数49年を経過しており、経年劣化による瑕疵は、隠れた瑕疵に該当しない」と明記されており、こちらにサインをしていますよね、ということで、応じてもらえません。 こちらの言い分は、重要事項説明書作成について、前日でなく契約当日、売買契約書作成前に、主任宅建者が「手続きは素人である売主」に、水漏れがないか等の点検事項にチェックを入れさせ、不動産事務所のためこちらが住宅をチェックできない状態でありましたが、不動産と売主との信頼関係の元、特約事項も含め、古い家なので、修繕が前提での購入で計画していたので、素直にサインしました。このような事態になり、いろいろ調べましたが、わからないのが、 1、重要事項説明書の記入については、虚偽の報告は当然あってはならないようですが、付帯 設備欄にクーラー無しとなっていても、実際には撤去してないしです。大事な書類なのに、 一つ一つを以前住んでいた想像を浮かべながらのその場の記入で、買主は確認もできない状 態での付帯設備や雨漏りの欄に、同意の印鑑を押しました。自分も甘かったかもしれません が、不動産と売主とは信頼関係ができているものとし、自分も2回家を見ていて想定内の劣 化しか見当たらなかったので、てサインしたのですが、いざ盾に取られると後悔していま  す。これは、売主と不動産と主任宅建者は調べ(確認)もしないで記入しているということ で、虚偽になるの でしょうか? 2、契約書は、不動産・主任宅建士・売主・買主の4名の割印がされているのですが、主任は 当日初めての方で、実際に住宅を見たことも、売買主と面識もなし、不動産は5個もある点 検口も見ていないし、建物外壁も確認していない、売主は40代後半の奥さん所有者(3分 の1所有権)で、重要事項等の項目も確認せずに申告、買主(わたし)は、手続きがはじめ てのため、当然のように不動産と主任者の進行どおりに、押印作業・・、押印は何よりもの 証拠書類ですが、このような状態で作成されたことが明らかである(前述のとおり、そして なにより、修繕が必要であることを隠していたとはいえないので、不動産業者は点検もせ  ず、買主に物件説明していたと本人が認めるしかない状態である。)→「重要説明事項で虚 偽の申告はできないため、今回の雨漏りと天井裏の件は知らなかったと言っている」という ことは・・→点検は行って無い、または気づきませんでしたと言わざる得ない場合も1番優 先な強制力があるのでしょうか? 3売主・不動産業者・買主も気づかなかった、瑕疵が、今後の建物の維持上重要な役割をしめ 、買主の予算と、修繕しても残る不安による、精神的苦痛は、不慮の事態により当初の目的 がたっせられないため、契約解除の理由になりうると思うのですが、それよりも、特約事項 が優先になるのでしょうか? 4そもそも、仲介不動産業者も主任宅建の資格をもっての仲介であるのに、公平な立場でなけ ればならなく、その人が2F点検口を確認せず、外壁も確認せずで、重要事項説明書に特約 事項を組み込み、売主にかなり有利な契約書でサインさせ、それを盾に取るのは、一般的に 通用することなのでしょうか? 5特約事項に「・・・購入後の経年劣化に よる瑕疵は隠れた瑕疵ではない」とありますが、 コケの生え具合や、雨漏り部分にのみ植物が生息、修繕しても不安が残る重大な修繕を要す る箇所の発覚は、瑕疵ではなく、完全に契約をもとにもどす理由になりえるのではないで  しょうか? 以上、<(_ _)>よろしくお願いします