• 締切済み
  • すぐに回答を!

台湾へバイクの輸出に伴う関税、税金に関してです。

台湾へバイクの輸出に伴う税に関してです。 当方、個人です。頼まれて1台だけバイクを輸出したいのですが、通関にかかる費用(税金)の計算方法を教えてください。 当方の調べた所ですと以下のようになります。 商品価格+現地までの運賃が課税対象価格で、関税がかかり また、バイクですと物品税がかかり、さらに17パーセント課税される。 つきまして、関税+物品税=この2点が現地に入るまでにかかる税でしょうか? また、台湾にバイクを送る際、どのような方法が一番安いですか? 運賃はどの程度かかりますか? 素人なもので、お恥ずかしいのですが、ご教授お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1554
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

素人がすると、そのバイクと同じ新しいのを台湾で買うより、遥かに高い経費になります。台湾で割引なしで20万の正札ものが、50万くらいの経費(梱包、日本輸出・台湾輸入痛感費用、運賃、保険、その他非関税障害)。 やめた方が、無難です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 友人が台湾じゃ買えないから送ってくれと頼まれています。 コストが高いのはしょうがないと思っています。 ですので、計算方法を教えていただきたいです。

関連するQ&A

  • 輸出入の際の税金について

    アメリカである商品を気にいって、少量からでも日本に輸入できないかと考えています。日本での販売価格を割り出すにあたって、コストである関税について教えてください。以下の理解で正しいでしょうか。 1、アメリカから日本に送る際にまず輸出の関税がかかる 2、日本に到着した際に輸入の関税(商品価格+送料+保険料)に該当税率をかけたものがかかる 3、通関を個人でなく通関業者に頼むと、その手数料がかかる。 1と3について、めやすとなる数字も教えていただければ教えてください。

  • 関税の仕訳教えてください!!

    輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・ 立替金 運賃 94,930     ターミナル 4,044     保険料  4,482     関税   77,400     消費税  82,400     地方消費税  20,600 通関諸掛  通関料 11,800         取扱料 6,000         貨物配達料 5,500 支払い合計 307,731円 なのですが、仕訳が解りません・・ 輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。     

  • 輸出時の関税?消費税?

    FEDEXから、立替関税・消費税の請求書が届きました。 書籍を空輸した際に課税されたようです。(書籍を販売したわけではありません) 2,200円のうち、1,000円強(曖昧ですいません)が立替手数料なので、税額分を租税公課にして(仮払い消費税が適当でしょうか?)残りは事務費か雑費にしようと思います。 請求書をまじまじ見ましたが、立替手数料の国内消費税に関する記載がまったくありません。 そこで、通常の外国宛の宅配送料の請求書も見ましたが、これにも国内消費税の記載が見つけられません。 外国宛宅配料って、、、、消費税非課税なんでしょうか?まさかそんなことはないですよね。 なんだか頭の中が真っ白になってしまいました。 ◇書籍の輸出(贈呈品)には関税・消費税がかかる。 ◇外国宛宅配送料や立替手数料には、記載が見つけられなくても、請求額に国内消費税5%が含まれている。 以上で、間違いないでしょうか? (おたおたしているうちに18時過ぎてしまってFEDEXに聞けない) そしてFEDEXが立替えた税金は「租税公課」と「仮払い消費税」とどちらが適当でしょうか? ・・・・まさか輸出先の国の税金???????

  • 内税商品の消費税課税対象額はどういった値とするのが正しいでしょうか。

    内税商品の消費税課税対象額はどういった値とするのが正しいでしょうか。 例えば、 外税商品で、本体価格1,000円の商品、 つまり課税後、1,050円になる商品では、課税対象額は、1,000円だと思います。 では、 内税商品で、1,000円の商品(本体価格953円、税額47円の商品)では、 どの金額を課税対象額、と表現するのが正しいでしょうか? 商品価格1,000円に対して税計算を行うため、課税対象額は1,000円と考えるべきでしょうか。 それとも、税額を抜いた、953円を、課税対象額と考えるべきでしょうか。 規則をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。

  • 関税評価に詳しい人来てくださいm(__)m

    関税評価の例題をやっていて疑問が出ました。 「買手は売手と売買契約を結び、CFR条件で食品を輸入します。今般、売手のミスで貨物の一部が輸出国に取り残されてしまい、売手は後に船舶で残りの貨物を運送します。その費用は売手が負担します。この場合、売手が負担した運賃は課税価格に算入されますか。」 という問題で、答えは「売手が負担した運賃は買手から売手への現実支払価格に含まれているものとして扱うため課税価格には算入されない」とありました。 そこで、何故「売手が負担した運賃は買手から売手への現実支払価格に含まれているものとして扱う」ことになるのでしょうか? わかりやすく教えてくれませんでしょうか?

  • 別注文で同じ日の通関での関税について

    アウトドアグッズをアメリカのショップからネット注文し、4日後に同じショップで再度注文しました。(別注文番号) 1回目は7個口、2回目は10個口で、両方とも合計の商品代金×60%は9万~9.5万です。購入物は2回ともほぼ同じ物です。 その後、UPS(国内はヤマト)から1回目の1個が届き、次の日に残りの16個口が届きました。(通関日も1個だけ1日早く、16個は同じ日) 1個は商品代金×60%に関税(が掛かったのですが、16個は(商品代金+送料)×100%に関税が掛かりました。 関税と消費税は私が不在でしたので妻が支払いをしました。 関税の課税対象額は1オーダーずつで簡易関税になると思っていたのですが、通関日が同じ時はまとめて計算されるのでしょうか? 以上、よろしくお願いします

  • 消費税の輸出免税の仕分けについて

    消費税の輸出免税の仕分けについて教えてください。 状況:輸出免税の売り上げと通常の消費税課税対象売り上げが混合している個人事業主です。 税区分:簡易課税適用です。税込み処理、税抜き処理はまだ未選択ですが、 輸出免税の売り上げと通常の消費税課税対象売り上げが混合しているので、 仕分けは税抜き処理が妥当でしょうか? 1消費税課税対象売り上げの場合 仕分けは 預金 105万   売上    100万           仮受消費税   5万 だと思いますが、 2輸出免税対象の売上の場合 預金 100万   売上    100万 で良いでしょうか? また、税込み処理だと上記1、2の区別がつかなくなってしまうので仕分けはできないと思うのですが。   また輸出免税を受けるためには事前に届出などは必要なく、確定申告時に証明書類を同封すればよろしいでしょうか? 以上よろしくおねがいします。

  • 関税も棚卸し商品?

    棚卸しをしていまして、関税や輸入消費税・運賃も仕入れになるとのことなのですが、これは一つ一つの商品に振り分けてメーカーごとの一商品の単価に加えて棚卸し計上をしないといけないのですか? 例)A社からの請求では 着払い航空運賃・・・7868 輸入消費税・・・9700 通関料・・・8600 配達料・・・6300 保険料・・・3000 取扱料・・・5000 上屋保管料・・1305 消費税・・・565 となっていました。これらをどのように商品計上していくのででしょうか?

  • 特殊関税の決定について

    貿易実務の本によると、「アンチダンピング課税(不当廉売課税)や相殺課税は、専ら税関長が税額を確定する賦課課税方式により関税額が確定する」らしいですが、二つ疑問があります。 ・税関長は全国各地の税関にそれぞれ一人づついると思います。その税関長が税額を決定するということは、同一貨物であっても、例えば横浜税関で通関した場合と東京税関で通関した場合では、税額が異なることがありうるのでしょうか。 ・税関長は、「輸入品が不当廉売されているから○○円課税しなくてはならない」ことをどうやって知るのでしょうか。 不当廉売によって被害を被った人が、不当廉売貨物はどの税関で通関されたかを調べ、税関長に訴えて、税関長が輸入者に追加課税するのでしょうか。 それとも、税関長は貨物一つ一つについて、通関のたびに、市場の類似商品とその価格を自力で調査し、同時に輸入者に幾らで販売するつもりなのかヒアリングし、その価格は不当廉売であると判断したら不当廉売課税するのでしょうか。この場合、輸入者が嘘をついていないとどうやって確認するのでしょうか。

  • 関税は「商品代」それとも「商品代+送料」に対してかかる?

    今まで数回海外から衣服を個人目的で購入し、郵便で受け取ったのですが、その際に支払う関税の課税方法に対して質問です。 私は 1, 商品代150ドル、送料40ドル(1ドル=110円)5月頃 2,商品代150ドル、送料40ドル(1ドル=110円)5月頃 3, 商品代200ドル、送料50ドル(1ドル=100円)10月頃 4,商品代180ドル、送料50ドル(1ドル=100円)11月頃 というように購入しました。 結果的に1,2,は個人目的で課税対象額が1万円以内と見なされ関税や消費税はかからず3,は12000円、4,は11000円が課税対象(こちらも個人目的)とされ関税(簡易税率10%)+消費税がそれぞれ1600円、1500円かかりました。(全て概算です) ここで疑問なのですが関税について調べてみると、関税は「商品代+送料+梱包手数料」全てに対してかかると書いてありました。 でも、私の課税例では明らかに送料に対しては課税されていませんよね? なぜなのでしょうか? (たまに商品代にのみかかるというサイトも見つかるのですが、横浜税関のPDFには全てに対してかかると書かれていたような。改正があったのでしょうか?) この例のほかにも数度海外衣服を購入しましたが全て課税対象額は「商品代」のみと思われます。 ちなみに購入金額、たとえば3だったら200ドルですが、実際はセールやディスカウントクーポンの使用でその値段なので実際の定価だと280ドルくらいになり、送られてきた箱に貼ってある商品ごとの値段のラベルにはその値引き前の定価で書かれているのですが、やはり実際の課税は値引き後に対してやっているようです(しかもそこからx0.6) これも本来は定価に対して課税されるんですよね? 安いにこしたことはないのですが、これが当たり前だと思うと正規に?課税された際にがっかりするので、詳しいことを知りたいです。 ご存じの方どうかよろしくお願いします。