• 締切済み
  • 困ってます

関税評価に詳しい人来てくださいm(__)m

関税評価の例題をやっていて疑問が出ました。 「買手は売手と売買契約を結び、CFR条件で食品を輸入します。今般、売手のミスで貨物の一部が輸出国に取り残されてしまい、売手は後に船舶で残りの貨物を運送します。その費用は売手が負担します。この場合、売手が負担した運賃は課税価格に算入されますか。」 という問題で、答えは「売手が負担した運賃は買手から売手への現実支払価格に含まれているものとして扱うため課税価格には算入されない」とありました。 そこで、何故「売手が負担した運賃は買手から売手への現実支払価格に含まれているものとして扱う」ことになるのでしょうか? わかりやすく教えてくれませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数123
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

CFRが何のことだか理解していますか。 全部の分の運賃を払っているのに一部しか来なかった、本来ならば来なかった分の運賃は課税価格には入らない。 その額に相手が払った運賃を加算するのだから行ってこいになる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関税評価について(例題あります)

    関税定率法において、加算要素と現実支払価格の2つに関わる問題の場合、どうすれば良いのでしょうか? 例 「買手は、売手から写真を輸入し、その写真を本邦において印刷し出版することになりました。その対価として売手にライセンス料$300を支払います。この場合のライセンス料は輸入貨物の課税価格に算入されますか」 という問題で、この場合は「輸入貨物を本邦において複製する権利」に対しての対価であるため$300については算入されないのはわかります。 しかし、この場合加算要素として$300は算入されないのはわかるのですが、売手に支払う現実支払価格として$300は課税価格に算入はするのでしょうか? この問題が載ってる参考書には特にそういう記述がありませんでした。 よろしくお願いします!

  • 課税価格決定について(買手が売手に支払う手数料)

    通関士の勉強をしているのですが、課税価格決定について疑問がありました。 「買手が売手に支払う仕入書価格の中に、輸入貨物に関わる輸入取引に関し売手が販売代理人に支払う販売に関する手数料が含まれているときであっても、当該手数料の額が明らかになっているときは、当該手数料の額は課税価格に含まれない」 過去問にこのような問題があり ○か×かということで、この答えは×でした。 買付手数料を除く販売手数料や仲介手数料などの費用は”買手”が支払う場合には課税価格に含むと思い込んでいたため、混乱してしまいました。 この問題では”売手”が支払っているのに何故販売手数料を課税価格に算入することになるのでしょうか?

  • CIF条件での課税価格への算入について

    CIF条件での課税価格への算入について (1)輸入申告書に記載する価格はCIF価格、つまり関税定率法第4条~4条の8までに規定する方法により算出された課税価格であり、それは買手が実際に売手に対して支払った金額とされています。 (2)貿易において、CIF条件では輸出者が輸出国内の運賃、輸入港までの海上運賃・保険料を支払うことになっています。 この2つの文は矛盾していると思うのですがどうでしょうか? 買手が輸出国内の運賃、輸入港までの海上運賃・保険料を支払わなくても(売手が先のものを支払っても)課税価格に輸出国内の運賃、輸入港までの海上運賃・保険料を算入するのでしょうか? よろしくお願いします!

  • 関税が無税なのに課税価格を計算する意味は?

    課税価格=関税算出のために必要とするものですよね? なのに関税が無税または免税の貨物の課税価格を出す意味はなんでしょうか? どなたかわかりやすく教えてくださいませ。

  • 貿易取引条件での買手の支払について

    通関士の勉強をやっていて疑問がありました。 (1)買手は売手から機械をFOB条件で輸入しましたが、当該輸入貨物の仕入書価格は、売手工場引渡し価格となっており、輸出国内の運賃及び運送関連費用が含まれていません。このため、売手は買手に対し別途$1000を請求しました。 (2)買手は、靴を輸入するため、売手との間でDDP条件で売買契約を締結した。 仕入書価格には ・売手の工場から買手の輸入港までの運賃・保険料 ・輸入港から買手の指摘する引き渡し地までの運送料 ・関税、消費税 が含まれています。 ここで疑問なのですが (1)について、なぜFOB条件で契約したのに仕入書ではEXW価格になっているのでしょうか? 条件通りに料金を提示しないのでしょうか?また、FOB条件では売手が輸出国内の運賃を支払うのに何故売手に請求しているのでしょうか? (2)についても同様に、なぜ買手は運賃や関税などを支払うことになっているのでしょうか?DDP条件は売手がすべて支払うと思っていました。そもそも、輸入取引において買手が支払うものは輸入貨物以外に決められているのでしょうか? 貿易実務経験がないので全く想像がつきません汗 よろしくお願いします。

  • 個人輸入の関税

    海外に長期滞在中です。 先日、海外から日本の実家宛に荷物(自身の古着や不要品)を送ろうと海外宅配業者に問い合わせたところ、自身が帰国して別送品申告をしないのであれば、例え自分の荷物であっても個人輸入扱いとなって、関税等が課税されると言われました。 ネットで調べたところ、個人輸入の場合、課税価格が一万円以上の場合には関税が課税されと有りましたが、今まで郵便局から何度か荷物を送っていますが、課税されたことは有りませんでした。 さらに郵便局のEMS(国際スピード郵便)を使うと課税される確率が低いとも書いてありました。 何故、民間業者と郵便局では海外宅配物の取扱いが異なるのでしょうか?どなたかご教示ください。

  • 特殊関税の決定について

    貿易実務の本によると、「アンチダンピング課税(不当廉売課税)や相殺課税は、専ら税関長が税額を確定する賦課課税方式により関税額が確定する」らしいですが、二つ疑問があります。 ・税関長は全国各地の税関にそれぞれ一人づついると思います。その税関長が税額を決定するということは、同一貨物であっても、例えば横浜税関で通関した場合と東京税関で通関した場合では、税額が異なることがありうるのでしょうか。 ・税関長は、「輸入品が不当廉売されているから○○円課税しなくてはならない」ことをどうやって知るのでしょうか。 不当廉売によって被害を被った人が、不当廉売貨物はどの税関で通関されたかを調べ、税関長に訴えて、税関長が輸入者に追加課税するのでしょうか。 それとも、税関長は貨物一つ一つについて、通関のたびに、市場の類似商品とその価格を自力で調査し、同時に輸入者に幾らで販売するつもりなのかヒアリングし、その価格は不当廉売であると判断したら不当廉売課税するのでしょうか。この場合、輸入者が嘘をついていないとどうやって確認するのでしょうか。

  • 通関実務に関する質問

    通関実務に関する質問です。 今年の春(先週)から、通関士の資格取得に向けて独学で勉強を始めました。現在は、通関書類の作成及び通関業務に関して勉強中です。輸入申告と輸出申告は、比較的簡単にクリアできたのですが、課税価格の計算方法のところで行き詰っています。基本的には、現実支払価格+加算価格=課税価格なのだそうですが、問題を解いていると、何を足したり引いているのか、いまいちわかりません。また、CIF価格と課税価格は等しいのでしょうか? どなたか、通関業務に詳しい方、おしえていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

  • 台湾へバイクの輸出に伴う関税、税金に関してです。

    台湾へバイクの輸出に伴う税に関してです。 当方、個人です。頼まれて1台だけバイクを輸出したいのですが、通関にかかる費用(税金)の計算方法を教えてください。 当方の調べた所ですと以下のようになります。 商品価格+現地までの運賃が課税対象価格で、関税がかかり また、バイクですと物品税がかかり、さらに17パーセント課税される。 つきまして、関税+物品税=この2点が現地に入るまでにかかる税でしょうか? また、台湾にバイクを送る際、どのような方法が一番安いですか? 運賃はどの程度かかりますか? 素人なもので、お恥ずかしいのですが、ご教授お願いいたします。

  • 関税・SHOPBOPでの買い物について

    アメリカのSHOPBOPにて買い物を検討しています。 配送方法の選択で   (1) Shopbop Globalによる速達便(100ドル以上の買い物は送料無料)通関・関税は合計額に加算   (2) 速達便(100ドル以上の買い物は送料無料)通関・関税は貨物会社に購入者が支払い というのがあります。  商品の金額は13667円(皮靴)で(1)を選んだ場合税関・関税預託金として5337円プラスされます。 (税関・関税預託金が実際の手数料より少なかったら払い戻しされるようです。) 私の計算では送料無料なので課税価格は13667円×0.6=8200円(小数点以下切り捨てで計算) 皮靴の関税率30%なので8200円×0.3=2460円。この金額と消費税だと思ったのですが、 買う側は送料無料でも、送る側は送料は払ってる訳ですからShopbopが出した計算には送料を含んだ金額で計算していると言う事になりますか? 実際の手数料より税関・関税預託金が多かったら払い戻しされるようなので、問題ないと言えば問題ないですが、今後も海外のショッピングサイトを利用しようと思っているので「送料無料」と言うのは関税の計算をする時に意外と盲点になるのかな?と思い質問しました。 それともう一つ。関税と言うのは全部が全部にかけているのではなく、無作為に選んでかけているものですか? お分かりの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。