• ベストアンサー
  • 困ってます

翻訳 as, so that, ;

翻訳をお願い致します。 それぞれの文節同士の関係性(何が原因で何が結果か)が分かりません。 綺麗な日本語でなくても構わないので、文法的に簡潔に説明していただけたら助かります。 I told him, that it[music] affects me to such a degree, as often to agitate my nerves painfully, producing in my mind alternate sensations of pathetic dejection, so that I was ready to shed tears; and of daring resolution, so that I was inclined to rush into the thickest part of the battle. "Sir,(said he)I should never hear it, if it made me such a fool." as often so that daring resolution inclined to rush into the thickest part of the battle などが分かりません。 私は彼に以下のような話をした。 音楽は私に強烈に作用する。 それは私の神経を痛ましいほどに揺り動かし、 精神内に、それまでのものに取って代わるみじめで憂鬱な情動を喚起する。 だから?(したがって) 私は涙を流す準備をしたのだ。 and of daring resolution,? そして、向こう見ずな態度で、最も激を極める勝負に乗り込む傾向があったのだ。? あなたが私を馬鹿にするなら、あなたの話なんて聞くのではなかったよ。 無理矢理訳してみましたが、いまいち状況がつかめません。 この一部分だけが引用されていたのです。 おそらく小説からの抜粋で、音楽を重くみすぎる語り手に対して、聞き手がつめたい反応を返すっていうシーンだと想像しているのですが。。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15293/33009)

   私は彼に言った、(音楽は)私の神経を痛いまでに刺激し、時には否定されたような悲しい思いで、涙が出てくるほど(~ほど=so that)打ちひしがれた感じにし、時には戦いの中心にでも飛び込めるような(=inclined to rush into the thickest part of the battle)勇気を奮い起こさせる(= daring resdolution)、(こんな両極端の情緒を)交互に私の心におこすほど、聴くたびに(=as often)私の心を揺り動かすのです。   「あの、そういう愚か者に私をするなら、音楽は私は聞いてはならないと思います」(と彼は言った)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。。。出来上がった回答を見ると、自らの英語力のなさがお恥ずかしいです。できる人がやればこんなに簡潔に説明できる部分だったのかと。。 よろしければ、教えて下さい。 私は文中に挿入される構文の類いを見つけるのが苦手です。特に、挿入が増えてくると見落としてしまいがちです。(構文自体は、大学受験程度で使用するものがベーシックな形で使われていればつっかかることなく読み進めることができ、指導を受ける際にチェックをつけられることもあまりありません。) 何か精読のコツなどありましたら教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15293/33009)

#2です。補足です。 >>重ねての回答、本当にありがとうございました。また、何かよい勉強方法があれば是非教えて下さい。     お礼をいただいて、却って恐縮です。     勉強方法を人にお教えする柄ではないですが、凝っていない英語(絵で言えば、ピカソではなく、まあ鼻が顔の中央付近にあって、右手の肘から出ていないもの)を、字引や参考書なしで、飛ばし飛ばし読む、のも一案かと思います。     内容は、子どもの時読んだ話を英語で、と言った多少予想が効く物だと、気が楽だと思います。また新聞の斜め読みや、拾い読み、などもいいかと思います。     要は、学校の授業で受けた堅苦しい判じ読みの洗脳から解放されて、のんびりと好きな物を好きなだけ、しかも分からないところを飛ばすのを恐れないでページをめくる、と言ったことでいいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重ねてのお返事ありがとうございました。 私は趣味を仕事にしようとしている者で、しかもその趣味が半分文学の半分科学みたいな分野なので、英語勉強中の人間としては積み本のチョイスが非常によくないなのだと思います。つい読んでしまわなくてはならない本ばかりを積んでしまって。。。(鼻から手が伸びてるような文章ともしばしば出会う。) 昔はおもしろがって読んでいたものも、必要に迫られて読むようになると頭がきゅーっとなってしまいますね。 本当に、ひさしぶりにぼけーっと本を読みたいと思いました。 何度もすみませんでした。少し気持ちを切り替えて、楽しんで本を読むことを優先させる方法を考えていきたいと思いました。ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15293/33009)

    #2です。無知の告白です。 >> よろしければ、教えて下さい。私は文中に挿入される構文の類いを見つけるのが苦手です。特に、挿入が増えてくると見落としてしまいがちです。(構文自体は、大学受験程度で使用するものがベーシックな形で使われていればつっかかることなく読み進めることができ、指導を受ける際にチェックをつけられることもあまりありません。)何か精読のコツなどありましたら教えて下さい。    僕は頭から読んで、日本語に訳さない癖がついていて、3年ほど前ここへ顔を出すまでは辞書を使いませんでした。使ってもひと月に1回ぐらいでした。     ですから、挿入があっても、別に順序を変えるでも無く、そのまま読んでいきました。書いた物は重複が多いので、面倒なのは飛ばして先へ行くと、たいてい同じことが角度を変えて蒸し返されています。     いきおい「先に答えがある」と言う考えで、長い文もそう苦になりません。精読より粗読の方で、問題集のように前後の無い場合にはあまり効き目が無い方法です。    文の構造よりは、「著者は何が言いたいのか」という方に気を取られています。僕のようなやり方はあまりお役に立てないのではないかと思います。申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

先に回答して下さった内容が、私がいつも頭のなかでやっている読み方に似ていたので、どういった方法をとっておられるのかなと思っていました。 >僕のようなやり方はあまりお役に立てないのではないかと思います。申し訳ありません。 いえ、とても参考になりました。というか、心強くなれるような回答でした。 それにしても、辞書を使わないでってすごいですね。 私が英語を学習しているのは、とにかく読んでみたい、にも関わらず翻訳されてない本がかなりたくさんあるからです。日本語の新聞を読む程度のスピードで英語が読めるようにならないとお話にならない程度には、そんな本があるのです。(質問させていただいた文章も、とある本からの抜粋でした。) なので、英語学習は「短時間でできる限り多くの本を8割方正確に読める能力を身につける」ということを目的としています。(日本語訳うまくなるとか、TOEICで点数をとるとか、話せるようになるとかは今のところ二次的なものなのです。)にもかかわらず 、やっぱり途中で身構えて鉛筆を握りしめてしまうところがあって、簡単な本でもなかなか進まないというのが現状です。 重ねての回答、本当にありがとうございました。また、何かよい勉強方法があれば是非教えて下さい。

  • 回答No.1

私は彼に以下のような話をした。 (英語としては him と that の間のコンマは普通おきません) 音楽は私に影響を与える。 どの程度かを表すのが to such a degree as to 原形「~するほどの程度まで」 so 形容詞・副詞 as to 原形で enough to 的な意味になりますが, これの such バージョンです。a degree という名詞だから so の代わりに such です。 この such … as to の不定詞に often が挿入。 「しばしば私の神経を痛ましいほどかき乱すほど」 次の , producing ~は分詞構文で「~を生みだしつつ」と agitate あるいは affects という動詞と同時進行を表します。内容的,流れ的には agitate の方でしょうか。 その生みだすものが alternate sensations of ~「かわるがわる起こる感情」 このかわるがわる起こるのが of pathetic dejection「痛ましいほどの落胆」と of daring resolution「思い切った決断」です。 そのそれぞれについて,so that ~「その結果~する」が続きます。 be inclined to 原形で「~したい気がする」 the thickest part of the battle は「戦いの最も激しい部分」 それくらいの思い切った決断を比ゆ的に表しているのでしょう。 私は彼に以下のような話をした。 音楽は私に,しばしば痛ましいほど心をかき乱す程度まで影響を与える。 (どんなふうにかき乱すかというと)心の中に,かわるがわるの感情を生みだすのである。 そのかわるがわるというのは,痛ましいほどの落胆(その結果,今にも涙を流さんばかりの) と思い切った決断(その結果,戦いの最も激しい場所へと突き進んでいきたくなるような)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に丁寧にありがとうございました。おかげできちんと分かりました。こうして文法的に解剖していただければ、どこにつっかかってたんだろうと疑問に思う位なのですが。。。 もしよろしければ、教えて下さい。 私は文中に挿入される構文の類いを見つけるのが苦手です。特に、挿入が増えてくると見落としてしまいがちです。(構文自体は、大学受験程度で使用するものがベーシックな形で使われていればつっかかることなく読み進めることができ、指導を受ける際にチェックをつけられることもあまりありません。) 何か精読のコツなどありましたら教えて下さい。

関連するQ&A

  • 書き換え問題 so that構文から

    お願いします。 書き換え問題です。 My illness was so serious that I had to resign my post. I was in ( such ) bad health ( that ) ( I ) ( was ) compelled to resign my post. これでいいでしょうか? よろしくお願いします。

  • so~that  such~thatの構文について

    It was such good milk that~の文は It was so good milk that~だと誤りだと問題集の回答にあるのですがどうしてかわかりません。教えてください。

  • 翻訳お願いします

    You were very careless to make such a mistake. The water is so warm that you can swim in ti today The soup was so salty that I couldn't eat it It seems that he knew the woman It was strange that the spoon began to bend by itself

  • soとsuch a+名詞の使い方について

    soとsuch aの使い方についてですが、I couldn't believe that news. It was such a shock.という文章で、such+名詞でこうなるのはわかるのですが、shockを辞書で調べると衝撃的なという形容詞の意味もありました。とするとIt was so shock.としても問題ないのでしょうか?

  • so~so~that~,too~too~to~

    あなたと一緒に遊ぶには金が無さ過ぎたし、忙しすぎた。を訳したいです。I had so little money and were so busy that I wasn't able to play with you .でいいんでしょうか?また、too~to~でいうときはMoney I had was too little and I was too busy to play with you.でいいんでしょうか?so2つに対しthat1つ、too2つに対しto1つ、というのは見たこと無いので違和感がします。それに、上の例文2つとも、andで分かれて、お金がなさすぎたし、あなたと遊べないほど忙しかった。になりそうです。上手い表現はありますか?

  • 「とても~なので」「~するために」のso that

    一般的に「とても~なので…」の「so 形・副 that S V」と「~するために」の「so that S V」 は別物みたいに扱われていますが、果たして全くの別物なのでしょうか? 例えば次の文ですが、 I studied so hard that I was a doctor. I studied hard so that I was a doctor. 上は「私はとても熱心に勉強したので医者になった(現在は医者になっている)。」 下は「私は医者になるために熱心に勉強した(現在、医者になっているかなってないかは断定できない)。」 と一般的に訳されていますが(括弧の部分は僕個人の捉え方ですが)、 ネイティブの人はそこを意識して使っているのでしょうか? というのは『E-gate』という辞書で次の例文を見たからなんです。 He studied hard so that he won a scholarship. 「彼は一生懸命勉強して、その結果、奨学金をもらった。」 つまり一般的にso thatは「目的」で訳されていますが、「結果」もありうる。 もっと言えばネイティブの人にとって両者はそれほど違うものではなくて、 so hard thatならhardの前にsoを持ってくることによって that以下の内容とhardを密接に関連付けているだけなのかな、 と思ってしまうのですが、みなさんはどう思われるでしょうか?

  • 「so that 構文」と「接続詞so」の関係

    以下はso that構文ですが、それぞれ「結果」と「目的」を表現できると思います。 It was cold, so that I closed the window.(結果) I will call him so that he can wake up.(目的) 一方で、接続詞「so」を使っても、同じように「結果」と「目的」を表せると思います。 It was cold, so I closed the window.(結果) I will call him so he can wake up.(目的) これに関して質問です。 (1)so that 構文において「so」と「that」の品詞は何でしょうか? (2)so that構文と接続詞「so」にどのような関係があるのでしょうか?もしくは関係ないのでしょうか? so that構文ではthatを省略することがあるようなので、so that構文におけるsoは接続詞?とも考えたのですが、接続詞の後にthatが続くのはおかしいような気もしました。 「so that」という接続詞だと考えるという意見もありましたが、thatを省略するケースを考慮すると「残ったsoは何なのか?」という疑問が出てきて、腹落ちしていません。

  • that以下で理由を説明している用法

    the series of trials produced such various results that it was impossible to draw any conclusions as to the drug's effectiveness. 「一連の試験であまりにも差の激しい結果が出たので、その薬の効能としては何の結論も導くことができなかった。」 この that は so that と似たような使い方がされているように思うのですが、 so が省略されているんですか? that 単体で理由を導く用法があるんですか? 分かる方教えてください。よろしくお願いします。

  • 次の英文の翻訳をおねがいします。

    I have always taken for granted that pockets are places to put things into, and have stuffed my pockets with anything that would go into them―books, newspapers, letters, pipes, pouches, cigarettes, match-boxes, and so forth. Yet even as a boy I was discouraged from making this, as it seems to me, natural use of my pockets. I was told that, if you put things into your pockets, you spoilt the shape of your suit. This seems to me as ridiculous as it would be to say that, if you put potatoes into a sack, you spoil the shape of the sack.

  • so~that について

    so~that について この文は書き換えなら、どちらが正しいでしょうか? 問: I arrived early enough to get a good seat. (1)=I arrived so early that I got a good seat. (2)=I arrived so early that I could get a good seat.