• ベストアンサー

蛍光光度法

硫酸キニーネの0.05mol/L硫酸溶液の濃度未知の試料について、励起波長350nm、蛍光波長460nmの対照液で0合わせを行い、10^-7mol/Lの硫酸キニーネの0.05mol/L硫酸溶液を標準溶液として蛍光光度計の読みを100に合わせて測定したところ、光度計の読みは38であった。未知試料のモル濃度はいくらか。 例題的なものがないので、困っています。詳しい方よろしくお願いいたしますm(__)m

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • tir70
  • ベストアンサー率62% (71/113)
回答No.1

蛍光強度が硫酸キニーネに比例すると考えて,計算してください.

navas07
質問者

補足

10^-7:100=x:38ということですか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • (蛍光分光光度計)励起波長の設定について

    (蛍光分光光度計)励起波長の設定について こんにちは、私は最近化学発光について研究をし始めた学生です。 先日、蛍光分光光度計を用いて化学発光のスペクトル測定をしていたのですが、その途中で疑問が1つ生じましたので投稿させていただきました。 励起波長を340nmと設定した場合、スペクトルは全く確認できず、ノイズのみのデータしか得られませんでした。 しかし、この励起波長を変化させているうちに、励起波長を750nmと設定した場合、明確なスペクトルが370nm辺りに確認できました。 なぜ750nmでスペクトルが確認できたのか、その理由が分かりません。 一応、750nmの励起波長を持つものはどこにも存在しない、と言う事だけは分かるんですが…。 ですので、ご存知の方に解説を頂けたらと思います。 蛍光分光光度計の測定条件は以下の通りです。 FP-6500 Xeランプ バンド幅:5nm 励起波長:750nm(340nm) 開始波長:360nm 終了波長:600nm 走査速度:200nm/min スペクトル測定に使用した試料は ルシフェリン-ルシフェラーゼ混合溶液(Mg入り) 蒸留水 ATP溶液 終濃度 5mM です。 よろしくお願いします。

  • 分光光度計と蛍光分光光度計

    「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか? 質問が、的を得ないですみません。 例えば、ある蛍光試薬の、蛍光波長が547nmだとして、励起 後の蛍光強度は、分光光度計で測定したODと同じはずなんでしょうか? 質問の内容が不明な部分は、補足いただくと助かります。 どうぞよろしくお願いします。

  • 分光蛍光光度計

    分光蛍光光度計はアミノ酸や有機化合物の蛍光を測定すると習いましたが、 分光蛍光光度計は分光光度計と同じで蛍光波長から物質の濃度を求めるだけの使い道しかないのでしょうか?

  • 蛍光分光光度計について

     研究室で蛍光分光光度計を使っているのですが、ExとEmってひとつは励起波長ってのは分かるんですがもうひとつは何なのですか?? セミナーで発表する時、何て言っていいか分からないと困るので、教えてください。お願いします。

  • 分光蛍光光度計の原理で聞きたい事があります。

    分光蛍光光度計の原理を調べている大学の工学部2年生です。 光源から励起光を放ち、励起光を励起側分光器を通して、試料に照射して、試料から放たれる蛍光を蛍光側分光器を通して検出器で蛍光を検出する原理です。 ここで聞きたい事があるのですが、励起側分光器と蛍光側分光器の役割とはなんなんですか?

  • クロロフィルaの蛍光スペクトル

    実験で色素をクロマトグラフィーで分離した後、分離したクロロフィルaの蛍光スペクトルを測定したのですが、660nm辺りのピークの吸光度が0.2(濃度低)になるものを分光蛍光光度計で測定したところ励起スペクトルのピーク付近では異常はなかったのですが、660nm辺りの吸光度が1.8(濃度高)になるものを測定したところ励起スペクトルのピーク付近で放物線がくぼんでしまう(0.2では662nmがピーク波長として検出されたものが1.8の方は662nmがバレー波長として検出され、その前後の655nm,671nmがピーク波長として検出されました)異変が生じました。この異変はなぜ起きるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 吸光度

    分子量536.9のβーカロテンは220nm(ε=20000)、 450nm(ε=12000)での吸収をもつ。分子量290.3のカテキンは220nm(ε=15000)での吸収はもつが450nmの光はまったく吸収しない。βーカロテンを1.0mg、カテキンを2.0mgはかりとり、エタノール100.0mlに溶解させた。次に、ここから2.00mlをホールピペットで測りとり、長さ1.00cmのキュベットにいれた。 1.βーカロテン及びカテキンの溶液中の濃度をそれぞれ求めよ。 という問題なのですが、解答がないのであっているか見ていただけますか? βーカロテン 1(mol):536.9(g)=x(mol):0.001(g) x=0.00000186254・・・mol 0.00000186254/0.1=0.0000186254≒1.86*10^-5 mol/l この数字が答えの場合、有効数字は小さいものに合わせるので3桁でいいのですよね? 2.この混合溶液の220nmおよび450nmでの吸光度はいくらになる   と考えられるか?  OD=ε*c(mol/l)*l(キュベットの厚さ、cm)  に代入して求めたいのですが、βーカロテンのεとカテキンのεを  足して考えてよいのですか?  つまり、OD=(20000+15000)*1.00*(βーカロテンの濃度+カテキンの 濃度)という式をたてていいのですか?

  • 蛍光スペクトルについて

    蛍光スペクトルを測定する際に、励起波長を固定して測定しますよね? そして測定データには縦軸に蛍光強度、横軸に波長が出てきます。 そこで質問なのですが、横軸の波長は何なのでしょうか? 例えば、300nmに励起波長を固定して測定したとします。 そして、蛍光スペクトルデータには290nm~350nmくらいの範囲に蛍光が出たとします。 その際、300nm以外の場所は何を表しているのでしょうか? 更に、当てる場所によっても蛍光強度は変化しますよね・・・? つまり、当てる波長と結果の波長の関係性がいまいち理解できません。 教えてください、お願いします。

  • 蛍光測定

    蛍光物質を測定するとき、励起波長でたたいて、蛍光波長の強度をみますよね。 系内にいずれも340nmの励起波長を持つ蛍光物質が2つ入っている場合、傾向強度の現われ方はどうなるのでしょうか? 1つのときと同じ蛍光強度を示すのでしょうか。 それとも、2つの物質とも単独のときより強度が落ちてしまうのでしょうか

  • クロロフィルaの蛍光スペクトル

    実験でクロロフィルaの蛍光スペクトルを測定したのですが、660nm辺りのピークの吸光度が0.2(濃度低)になるものを分光蛍光光度計で測定したところ励起スペクトルのピーク付近では異常はなかったのですが、660nm辺りの吸光度が1.8(濃度高)になるものを測定したところ励起スペクトルのピーク付近で放物線がくぼんでしまう異変が生じました。この異変はなぜ起きるのでしょうか?よろしくお願いします。

ドコモメールのアカウント方法
このQ&Aのポイント
  • OUTLOOK2021にドコモメール(スマホ)のアカウントを設定する方法をご教示いたします。
  • お使いの環境や接続方法に応じた設定方法を説明します。
  • ドコモメールの設定に関するトラブルやエラーについても解決策を提供します。
回答を見る