• 締切済み
  • 困ってます

翻訳家を目指しています20代後半

こんばんは、20代後半のものです。 翻訳家についてアドバイスが頂きたいと 思いました。 私は、何年か前から翻訳家に憧れていました。 最近になって、挑戦しないと後悔する気が したので、頑張りたいと思っています。 目指しているのは、出版翻訳家です。 ミステリーなどどのようなジャンルかはまだ 決めていません。 英語力は、ブランクがあり、 今独学で、中学高校レベルからやり直しています。 高校のころに準2級をとりました。 本当は、効率よく勉強したいなら、英会話教室に 通いたいのですが、健康面で、独学の方が 自分のペースでできるので合っていると感じています。 読書暦はほぼなく、これからといった感じです。 文章力は家族からですが、誉められるのと、 文章を書くことは好きです。 こんな感じなのですが、 独学でTOEICのスコアをあげることは可能でしょうか? 後、今は、ロマンスやノンフィクションからなら、 デビューしやすいと聞きますが、 産業翻訳で、ある程度実績を積んでから 出版に移行を目指す方が現実的でしょうか? 本も読んでますが、ただ読むだけで いいのでしょうか? 注意点やポイントなどはありますか? 自分がまだゆっくりのペースなので不安です。 何かアドバイスあれば頂きたいです。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数320
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3

英会話学校に通っても構いませんが、通ったから必ずしも英会話力が身につくとは限りません。翻訳力はなおさらです。しかし、本来英語学習というもはTOEICのスコアUP、英会話力、リスニング力、訳す力などが同時に身につくのが理想です。中学英語の基礎力がある人であれば、勉強のやり方次第で、短期間でかなりのレベルまで英語力を引き上げられるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 読んでいて、とても励まされました。 やる気次第であり、 行動できるかですよね! ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 翻訳家になるためには

    私は現在中3で翻訳家になりたいと思っています。 私の学校は中高一貫なので高校になるともうコース選択をして行きたい学校を絞って勉強と言う風になります。そしてこの夏、なりたい職業になるためのレポートを書かなければいけません。 他の質問・回答などを見ていると、翻訳家になるにあたって英語力、日本語力も必要だけれどやはり専門分野があるといい。などと言う事が分かりました。しかし私はもともと本を読むのも書くのも大好きなので英語の本を訳すような仕事(出版翻訳というのですか?)につきたいと思っています。 私は経済学や商業も学んでみたいと思っています。まったく翻訳と関係ないと思うのですが、そっちの学部に進んでも英語力、日本語力を磨けば翻訳家になれるのでしょうか? まだ私は学部の種類も少ししか分かりません。 翻訳家になるため、経済学・商業を学ぶため、どこの学部がいいのかアドバイス等あったら御願いします。 なんだか優柔不断のようで怒られそうですが、御願いします。

  • 学校の先生をしている(いた)翻訳家を教えてください

    小・中・高校に勤めながら翻訳の仕事をしている(していた)翻訳家について調べています。 ミステリ翻訳家の田口俊樹さんが、以前、都立高校の英語の先生をしながら翻訳の仕事をされていたことは知っているのですが、ほかにどのような人がいるか教えてください。 気長に待ちますので、よろしくお願いします。

  • 翻訳家を目指す場合

     どうも、こんにちは。今年受験の高校3年生です。  私は将来、出版翻訳か字幕翻訳かはまだはっきりと決めていないのですが、翻訳家になりたいと考えています。  そこで翻訳家の方に、翻訳家を目指す場合、大学はどういう選択をすべきかと尋ねたところ「大学時代がりがり英語をやり続けてもどうしようもない。翻訳家の勉強は卒業後に専門学校とかでもできる。学生のうちは、留学にしろ友達作りにしろ、やりたいことをすべきだし、興味のある学部を選ぶべき。そこで必ず将来役に立つものを得られるはず」という答えが返ってきました。しかし私は、大学でもやっぱり異国の歴史や外国語(特に英語以外の)が勉強したいので、外国語学を選択しようと思っていたのです。  ところが、ここで一つ疑問が浮かびました。大学に行って一番勉強したいのは、英語以外の外国語です。でも、英語はまだ高校卒業レベルしかできません。その上、翻訳家という職業は、外国語で書かれた文学作品を、日本語に訳す仕事ですから、当然日本語は人並み以上にできていなければなりません。となると、大学で第二外国語を必死に勉強して習得できても、3つとも翻訳に使えるほどのレベルに達しないような気がするんです。  翻訳家さんは上のように仰いましたが、大学を出て専門学校に入れるほど金銭面での余裕がない為、大学である程度学びたいと思っているんです。大学で英語を専門的に学んで将来に生かすか、第二外国語を学んで2つともあちらの小学生並には使えるようにするか、文学部で日本語の表現力をつけつつ外国語で2つのどちらかを勉強するか。と、いろいろ悩んでいます。  なんかイマイチわかりにくい説明で申し訳ありません。よろしければ、皆さんの考えを聞かせて下さい。 ※大学のカテゴリに書き込むべきだったかもしれません。申し訳ありません。

  • 回答No.2

まず、最初に既に翻訳されている30ページくらい薄っぺらい翻訳書と原書を手にいれ、翻訳書は絶対に見ないで、原書より3日以内に翻訳されてみたら?そして、訳書と比べてあなたのほうが優れていると感じれば、読書マニアに読んで頂き、添削を。これで、翻訳に向いているかいないかの判断を。 それに、単純に外国語を日本語に置き換えるだけでなく、その国のその時代の風習、歴史、人間がいかに生活をしていたかも、本格的調査です。翻訳などそっちのけで、猛烈に本を読みまくる生活になりますが。どうしても理解できなことがあまりにも多く、現地に行く欲求も出てきます。原書に書いた人に(人格・知識)なりきって状態で、初めて日本語での読者にも感動させるような本訳ができます。 昔、ペンをナイフで削り、削り書いて、との本訳書を読み、どうしても意味が分からず原書も読みましたが、違約ではなく、そのもの。こんな箇所が何百もあり、つまらなく途中放棄。それから、三十年もあと、古い本を引っ張り出して読んでみると、感動の連続。印刷されていない手書きの古文書を読んでいるうちに、昔のペンは金属でなく、鳥の羽。それに斜めにきり、切り目を入れる。しかし、消耗が激しいのでペン先は1ページに数回削らなければインクが紙面に落ちてしまう。それで、ペンをナイフで削り、削り書くの本当の意味が分かりました。額に汗をたらしながら、時を忘れ無我夢中に字を書くって意味が。今は亡き本訳家さんは理解されていたと思いますが、ほんの少し追加本訳をして頂いておれば、青年時代の感動に残った名文学に間違いなしで人生が変わっていたかも。 英語もスペイン語もなに不自由なく使え、その圏内では生活していますが、シェイクスピアやドン・キホーテの当時の言語の原書ではほとんど理解できません。現在語訳であれば、かなり理解できるのですが。本訳家の未熟で歴史に残る名作を殺してしまう可能性もあるので、本訳の仕事はこわいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 大変厳しい世界なんだということを 感じることができました。 でも諦めずに、努力することや、 挑戦することを楽しみながら 頑張ります。 ありがとうございました!!

  • 回答No.1

出版翻訳は市場がそれほど大きくなく、少数の大御所に仕事の大半が集中し、 その他の人は仕事にも預かれないのが現実です。 まずはどこかの大御所出版翻訳者が開催しているスクールに通学し、 他の人たちといっしょに技を磨き、切磋琢磨し、長い時間をかけて そこでいい実績を上げて、大御所から仕事を紹介してもらうのが 正攻法になると思います。 出版不況で市場は縮小しているはずですので、斜陽産業に あなたのような20代後半のような世代の人が見を投じるほど 未来があるとは思いませんが。 出版業界は、お金の支払いの未払いがあったり、支払いが 遅い世界です。翻訳の途中で本の出版が中止になって、 支払いのトラブルになった話も聞きます。 いろいろ夢は持っていると思いますが、現実は厳しいですのでお忘れなく。 英語が好きな人たちが集まる「最終目的地」なので、 大学院卒などは当たり前で、海外の大学で博士の学位をとったなど、 こちらがびっくりするような高学歴の人たちが集まってきます。 TOEIC 800~900点台など、ごろごろいる世界です。 英検のことはよく知りませんが、英検準2級はTOEICの390点ぐらいに 相当するそうです。 その様子だと、まだ相当先は長いと思われますし、 文面だけをみると、あまり性格が翻訳者に合っていないように見えます。 翻訳というのは納期がある、基本的に忙しい仕事で、場合によっては 早朝から深夜までPCの前で作業することもあります。納期前は徹夜です。 とても、のんびりやれる仕事じゃありません(この辺、勘違いしてませんか?)。 趣味は趣味の範囲で留め、いらない世界に首をつっこまないように オススメします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 厳しい世界だということも、いまからのスタートは 甘いということも承知しています。 英語力なんて、あって当たり前なこともわかります。 学歴も負けると思います。 でも後悔だけはしたくないので、納得できるように 頑張ります。 やらないで諦めるより、やって諦める方が すっきりしますので! ご意見ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 学校の先生をしている(いた)翻訳家を教えてください

    以前、教育>文学 のカテで同じ質問をしたのですが、ほとんど回答がなかったので、カテを変えて質問させていただきます。 小・中・高校に勤めながら翻訳の仕事をしている(していた)翻訳家について調べています。 ミステリ翻訳家の田口俊樹さんが、都立高校の英語の先生をしながら翻訳の仕事をされていたことは知っています。また、前回の質問で、SF翻訳家の小隅黎さんのことを教えていただきましたが、ほかにどのような人がいるか教えてください。 気長に待ちますので、よろしくお願いします。

  • 翻訳家、中学レベル英語0、色々教えて下さい

    翻訳家を目指しています。でも、恥ずかしながら英語力0です。中学レベルさえ分かりません。 (1)どんなレベルだったら翻訳学校に行っても大丈夫ですか? (2)独学でそのレベルまでいきたいです。どんな参考書などがいいのか教えてください。 (3)本以外でしたら毎日どんな感じで勉強すればいいか教えてください。

  • フリーの翻訳家について

    日英のフリーの翻訳家をやっているものです。なんとか幸運な事に翻訳一本で生活をやっていけますが、中々翻訳の仕事を貰えないのがしばしば。いくつものエージェンシーに応募して、トライアルを受けて登録してもらっているのに、全く仕事が来ないエージェンシーもあります。トライアルに合格したけど、経験が少ないと貰えない物でしょうか? エージェンシーの中で仕事をくれる方がいらっしゃるのですが、私が翻訳経験一年未満ということで見下して対応している感じで仕事もいつもギリギリのものだけしか送って来ません。それでも「経験の為に」取り合えず全てを受け取っていつも納品を守っているのですが(質に大しても自信を持っておりクレームを貰った事がありません)、いつもギリギリの仕事だけしか回して来ません。フリーは初めの頃が大変だと聞いていますが、トライアルに楽々受かっても仕事が来ないなんて。。。。仕事がもっと来る為のアドバイスとかありますでしょうか?

  • 出版翻訳(ノンフィクション、フィクションなどの本)の日英翻訳を教えている海外の大学、大学院を教えて下さい。

    出版翻訳(ノンフィクション、フィクションなどの本)の日英翻訳を教えている海外の大学、大学院を教えて下さい。現在、ノンフィクションの英日の出版翻訳をやっていますが、将来(10年後)くらいには、日本語の本を英語に訳して海外に紹介できるようになりたく思っております。それまでに日本で学べる範囲のことは何でも努力するつもりですが、もし海外に、日英翻訳を専門に教えてくれる大学、大学院があれば、そこで学んでみたいです。どうぞよろしくお願いします。

  • 産業翻訳家 勉強の進め方

    これから産業翻訳家目指して頑張ろうと思っているものです。 TOEIC785点とっているのですが、どちらかというとリスニングが得意で、リーディングのほうはそんなに得意ではありません。翻訳家として活躍するにはTOEIC900点はないと難しいと聞きますし、ボキャブラリーも全然ダメです。 なので、語彙や文法を徹底的におさらいしつつ、とにかく英字新聞、TIMEやNEWSWEEKなどの雑誌、ペーパーバックなどを辞書なしでスラスラ読めるようになってから(訳すというわけではなく、読める・意味が解釈できるということ)、その上で、それをきちんと訳すことをやってみようと思っています。 それまでに自分の専門分野を決めて、その分野の通信講座を受けようかという感じです。 こういう流れで問題ないでしょうか。とにかく最初からなんでも訳すということに重点を置いたほうが良いでしょうか。 因みに地方在住なので、学校に通学するのは難しいです。通学のほうがいろんな意味で有利だなとは感じているのですが。。 翻訳の学校では、翻訳の基礎講座みたいなものも通信講座でありますが、ハウツー本みたいなものも出てますし、基礎講座程度の内容だったら独学で大丈夫かなと思っているのですが、やっぱり通信講座受けたほうが良いでしょうか?(添削してくれるというメリットはあると思うのですが・・) 今のところ、すぐに活躍できるという英語力もないのですが、お金もありませんのでどのように勉強していったらよいのか迷っています。 もし何かアドバイスあればよろしくお願いいたします!

  • 翻訳家について 相談・質問

    こんにちは。現在大学3年生の男です。 そろそろ就職活動の時期ということもあり、少し前から真剣に将来のことを考えるようになりました。「適当に何社か会社を受けて、それなりに就職するんだろうなぁ。」などと考えていた私でしたが、いざこの状況になると、「本当にそれでいいのだろうか、興味のある仕事に就きたい。」と考えるようになりました。 色々と悩み抜いた結果、以前から英語に興味があり、そこから「翻訳家」という職業に目を向けるようになりました。 とはいえ、大学自体はちょっと名の知れたところではありますが、特別英語が出来るわけでも何でもなく、受験の時に少し得意で、周りより少し出来たかな、程度のレベルです。高校時代に一度そっちの道も考えたのですが、自分が英語を自在に操っているというのが、非現実的に感じて、結局無難に経営学部を選択し、今を悶々と過ごしています。 その上、翻訳家という仕事について調べていると、なかなかネガティブなお話ばかりが目に付くような気がして...周りが就職し歩んでいく中で、21歳にもなってこんなことを言うのは「今更」なのかな、という思いがぬぐいきれません。。 もちろん、「やりたい!!」という気持ちは強くあり、勉強もし始めてはいるのですが、それでも頭の中が不安でいっぱいで、もうどうしたらいいのか。。 私の中でのビジョンとしては、卒業までに独学でひたすら学力を高め、卒業したら翻訳学校に通いスキルを身に付けたいなと考えています。 そこで、みなさんにいくつか質問をさせて頂きたいのですが、 (1)調べていると、ほとんどの方が普通に就職をして数年経験を積んでから、通学・通信での学習を経て、翻訳家としての道を歩んでいるような印象を受けたのですが、普通はそういうもので、大学を出ていきなり(就職もせずに)翻訳学校に通うというのはオススメできないことなのでしょうか。というか、あり得ないことなのでしょうか。 (2)私が調べた限りだと、翻訳学校に入るためには試験があるようなのですが(ないところもあるのかとは思いますが)、それはかなり高いレベルのものなのでしょうか。だいたいの目安でTOEICなどの点数で表すことはできますか? (3)卒業後から翻訳学校に通うとして、それまでにどういった勉強(勉強以外でも)をしておくのが有効的でしょうか。 特に(1)の質問のような、そこまでの道のりの選択に不安や疑問を感じています。 ちなみに、興味があるのは映像や文芸ですが、これはかなりの狭き門と聞いているので、ここはまだこれから検討していきたいなと思います。 まだまだ現実を見れていない若造ですが、ご回答いただけたらと思います。 長文・駄文失礼いたしました。よろしくお願いします。

  • 翻訳家の仕事について

    将来翻訳家として食べていこうと思うのですが、まだ何も情報がなくて(高校も工業化の所に行ってますし)とても悩んでいます。 ・収入はどのような感じか ・どれくらいの忙しさか(無理なく調整できるのか) ・大学に行かず仕事を成功させられるか(生まれつき2カ国語を聞いて育ったので完璧に話せます) ・外国に行くことはあるのか などなど、とにかくさっぱりです・・・。 あと翻訳するには外国語に限らず日本語もとても上手にならないといけないんですよね? どうぞアドバイスよろしくお願いします。

  • 日記を書くこと=文章力向上?

    タイトルに書いているように、 日記を書くと文章力の向上が計れますか? 実はまだ決定まではしていないのですが、 英語の翻訳家になりたいと想っています。 プロの翻訳家になるためには、如何に人を惹きつける文才を問われますよね。 自分で言うのもなんですが前よりは文章力が良くなったとは思うのですが、苦手意識もあります。 だから質問のお答えを知りたいと思っています。 経験のある方、教えて下さい。 お願い致します。

  • 翻訳家になりたいと考えている高三の女子です。

    翻訳家 進路 受験 都内に住む高校三年の文系女子です。 将来、文芸翻訳家になりたいと思っているのですが、そのことに関連していくつか質問します。答えられるものだけでも、わかる範囲で教えていただけるとありがたいです。 (1)いろいろな質問サイトなどを見て回り、文芸翻訳よりも産業翻訳の方が絶えず需要があるということを知りました。ですが、どうしても文芸翻訳をしたいです。やはり考えが甘いと思われますか? (2)翻訳を学ぶには、通信制・専門学校・四年制大学など様々あるようですが、いったん就職する可能性などを考えると四大が無難でしょうか? (3) (2)に加えて。家にお金がありません。 専門を渋っている理由にはこの事があります。高校も区の奨学金を借りて行っているため、大学では給付型の奨学金制度のある学校を考えています。 現在、第一志望は神奈川大学の外国語学部英語英文学科の給費生です。 私の調べ方が悪いのかもしれませんが、授業で翻訳を扱っている大学は少ないように思います。 神奈川大学のほかに、授業で翻訳を扱っていて、自宅から通学可能な範囲で(神奈川寄りの23区住まいです)奨学金制度(できれば給付型)の整った大学がありましたら、教えてください。 国・英・日しか勉強していませんし理系が壊滅的なため、国公立は視野に入れられない状況です…。 (4)翻訳をするには、英語と同等もしくはそれ以上に日本語力が必要と聞きました。とりあえずは漢検取得ともっとたくさん読書をしようと思っています。そこであまり古くない文体で、きちんとした日本語で書かれた本、表現力のある文で書かれた本などでオススメというものがあれば教えてください。また他に、日本語力を上げるにあたって具体的に何をすればよいでしょうか? (5)自分のイメージでは一応、大学進学→卒業→一般企業に就職、働いてまとまったお金が貯まってから仕事と並行して通信や専門学校で翻訳を学ぶ→翻訳会社に転職 などと考えているのですが、筋道として間違っていないでしょうか? また実際に翻訳家になるには他にどのような方法があるのでしょうか? もう時期的にかなり焦っています。 上記のこと以外でも、アドバイスなどがあれば教えていただけると嬉しいです。 ご回答よろしくお願いいたします。

  • 翻訳家を目指しています!TOEIC教材

    こんばんは。 20代後半の者です。 前回は、ご回答ありがとうございました。 t 後日また、返答させて頂きます。 私は、語学力も教養もこれからという感じなのですが、 将来出版翻訳家を目指しています。 翻訳学校に通いたいので、入学するために TOEICのスコアを合格点数に上げたくて、 勉強を開始しようと思っています。 私の英語力は、検定でいうと 学生のころに、準2級をとったレベルです。 中学生英語と高校英語をまずは復習しようと 思っています。 そこでちょっと疑問があるのですが、 洋書や、TOEICにでてくるような長文や、 英字新聞を読めるようになるには、 文法復習と、単語帳以外に、どのような勉強を したらよろしいでしょうか? 後、中学生英語と高校英語の文法を復習するのに 何かいい教材があれば、教えて頂きたいです。 よろしくお願いいたします。