-PR-
解決済み

優れた介護福祉士とは?

  • 困ってます
  • 質問No.7341314
  • 閲覧数1809
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 100% (24/24)

あまりタイトル通りの質問ではないかも知れませんが、よろしくお願いします。

親の面倒を見ていく事もあって、これから介護福祉士の取得を目指しながら、職場でも働いて行こうと考えている者です。

介護士の資格取得においてはその為の勉強をして行くしかないとして、それよりも現場でも周囲の職員に負けないように(もちろん協調もしていきます)、現場で必要なスキルを自分なりにも積んで行きたいと思っています。

ところで、介護現場で働いておられる方で、『 あの人は介護福祉士だけど、こんな事にも精通しているんだなぁ 』 とか、『 介護士としてここまで実力があるんだなぁ 』 と、一般的な介護士の技量の域を超えていると思える介護士の方の一面があればぜひ教えて頂けませんか?

つまり介護現場で ” この程度は介護士なら教えられなくても知っているだろうけど、ここまで知っているのか! ” という面を見たことがあれば、どんな人なのかを知りたいのです。

これは、勤務する職場でカッコよく見られたいとか、尊敬されたいとか、そういう事は考えていません。介護福祉士、または資格の有無に関係なく、介護現場で 『 ここまで知っている 』 介護士の存在価値を知りたいのと、今からそこを目標にしたいという思いがあります。将来、数年の早い段階でリーダーにも挑戦したいです。

実は、介護の仕事は畑違いなので、その部分がピンと来ません。ぜひ現場をよく知るご経験者の方のアドバイスをお願いできれば嬉しいです。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 39% (711/1787)

こんばんは。
介護職で、介護福祉士を持っている物です。

私見になりますが、回答させていただきます。

介護福祉士は、介護技術はあっても、制度に疎い方が多くいらっしゃるように感じます。今回の報酬改訂にもピンと来ておられない方もいますので。

介護の技術においては、自分ではうまく対応できても、それを周りに伝えることができない方も多いので、個人の能力が上がっていても、チームの能力は低いままです。

施設で働くとして、チームの力が低いと、リーダーは苦労しますし、働いていても満足感は得られないかもしれません。
そのためにも、チームリーダーとして自分の介護技術を周りに伝えることができる介護職を目指していただきたいです。

将来のお母様の介護に置き換えて。
一人で、または家族で介護をすると、知識が役に立ちます。特に認知症の知識の有無は、精神的に違ってくると思います。
その時に、制度も含めて知識があれば、介護保険のサービスと家族介護をうまく活用できると思います。
担当されるケアマネージャーが制度に精通されているとは限りませんので。

介護の技術を身に付け、知識があって、制度に精通しており、それを家族に伝えたり、お母様に合うサービスを調整する事ができれば、公私とも充実するのではないでしょうか。
お礼コメント
komatta1201

お礼率 100% (24/24)

アドバイスありがとうございます。

>介護の技術を身に付け、知識があって、制度に精通しており、
>それを家族に伝えたり、お母様に合うサービスを調整する事ができれば
>公私とも充実するのではないでしょうか。
 
いっとき、タレントの清水由貴子さんが自殺をした報道に、自分でも危機感を覚えました。けして今がそのような環境ではないですが、似た環境の場合、積極的に社会レベルでの介護業界に携わることは悪くないと思いますし、介護士になる理由に、プロセスも関係は無い気がします。

自分も含め、制度があってもそれを知らない一般の人は多いですし、介護職でもその分野に疎いとなれば、逆にそこに力を注ぐことは必要なのでしょうね。この点、とても参考になりました。

余談が長くなりましたが‥。
自分の介護技術を上げてもそれを周囲に広められる力が無ければ、大局的な介護力を上げていけない‥という形で捉えさせて頂きました。
確かにそうだなぁと思いますし、利用者への心のケア、チームでの意思疎通、よく言われる他職種(多職種)連携‥。人間同士の営みの中にある介護ですから、心理面の理解を含めた周囲へのコミュニケーション力がとても大切だと感じられました。
また積極的に周囲を巻き込むバイタリティの必要性も感じられました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-04 21:13:24
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 12% (1343/10616)

今、あなたが何の仕事をしているかわかりませんが。
親の面倒を見るためだけに、資格はいらないのでは。
ようは介護は心であり、ライトスタッフである、シシツガタイセツナノデス。
高齢者のお尻を布でフイテ、ソレヲセンタクシテ、また使う仕事ですから。
後は、注意力、あなたが目にした、もののなのに、間違いやミスがないか。
また、やり過ぎないことも大切。
人間としての、バランス感覚、妥当性が問われる仕事でもあります。
優しさも、強さも必要でしょう。
もし、仕事として選ぶとしたら、今は給料は安いですよ、
労力をカンザンシタラネ。まあ、よくお考えください。
介護の中には、ボケっとした人以外と多い。注意力なく同じ怪我をさせる人。
食事介助で、チソックシさせちゃうスタッフモイルクライデスカラネ。
自分で、きちんと物事を考えて、判断できる人は、先に進めるでしょう。
資格がドウノコウノヨリ、知恵と根性と人間性をミガイテクダサイ。
お礼コメント
komatta1201

お礼率 100% (24/24)

アドバイスありがとうございます。
今回の質問は、当方にとって介護士の資格が必要か否かを求めるものではありませんので、何卒ご理解ください。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-04 14:02:54
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 43% (177/407)

 ご質問の内容を見て、介護福祉士には向いていないんじゃないか?と一瞬考えてしまいました。
 社会福祉士や看護師でもいいんじゃないかとも思いました。介護福祉士にも医師以上のスキルを持っている人はたくさんいます。要はどれだけの情報を収集し、それを自分の仕事にどういう風に反映させるかです。これは介護福祉士に限りませんよね。どんな職場でも共通です。福祉や介護の仕事は利用者の命を預かっているという点では医療以上の繊細さが求められることがあります。
 意気込みすぎると体壊しますよ。そして資格があるから生活できるという仕事でもありません。現状では必恵まれた待遇を受けられることは稀でしょう。頭でっかちな物知りは役に立ちません。経験値を自分の仕事に確実に反映できる介護福祉士こそ優秀だと常々思っています。
お礼コメント
komatta1201

お礼率 100% (24/24)

アドバイス、ありがとうございます。
♯1の方へも記しましたが、当方の介護職への適性や意気込みに対するアドバイスは特に求めるものではありません。何卒ご理解ください。

当方への印象をお聞きしたいのではなく、介護現場において卓越した介護力を発揮しておられる方のケース(事例)を求めています。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-04 14:29:36
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 66% (2682/4029)

介護職に限らず、どんな仕事でも同様でしょうが、「知識」と「予測」と「実行」でしょう。

介護というとさも特別職、特別知識、資格のように捉えられがちですが、少なくとも接する要介護者は普通のお年寄りであり、その方々が送っているのは、送りたいのはごく普通の毎日です。

そのごく普通の、あたり前の生活が何らかの障害等で送れない部分を補い、代行し、さらには克服回復に協力するのが介護職と思っています。

であれば、まずは介護職自身が普通の生活を送る能力、普通の生活との違いに気づける能力が最優先です。
「職業として」ではなく、生活のプロでなくてはなりません。
・足元に落ちる紙くずをまたいで通り過ぎるのではなく気づき拾える。汚れた衣類や身なりに気付かず見過ごすのではなく、気付けばすぐに交換する。
・ベッド脇の引き出しに忍ばせてあるあめ玉ひとつを当たり前に取り、頬張ることが出来ないということに目を向け気づける。
・大便をもよおそうともトイレに駆け込めず、その場でおむつ内に出てしまい、またそれを交換してくれるまでおしりに貼り付け我慢することの不快さを知る。
・味や熱さを試すまでもなく、希望する量でもない食事をスプーンで口に運ばれ頬張らされる、その意思表示が出来ないつらさを知る。
・動けず天気がよいからと思いつきで表に出ることもままならず、じっとベッド上、車いす上で待つ、しのぐ辛さを知る。
・寝たまま刺激も交流もなく日々を過ごすと人はどう変化するのか、どういった機能、精神が低下するのかを知り、明日を、来月を予測イメージできる。そうならないさせないためには何が有効かを知っている。
・我慢し続けるということは、日々諦めるということだと知る。そうはさせないためには何が大事かを知っており、実践する。

普段の生活、人との関わりがずぼらだったり閉鎖的だったりした人は、介護の相手に対しても目に映らなかったり気づかなかったり思いやれなかったり、適正を欠くと思っています。


今の何が普通の生活ではないのかに気付き、
それを当たり前に普通にするには何が必要かを知り、
そうしないとどうなるのか、何が起きるのかを予想できている
逆にどう働きかけると維持し、補完し、克服できるかも予想し知っている。
そしてそれらの実践力、行動力、決断力。

病気や制度、医学や法律、機械操作や介護技術は以上を自身が知り求めれば、自ずと必要とわかり身につけたくなるものです。

何が役立つかの前に、何に、誰に役立てるのかさえしっかり見えていれば。
お礼コメント
komatta1201

お礼率 100% (24/24)

アドバイスありがとうございます。

アドバイスの中で、とても印象的に感じられたのが、『 予測する力 』 なのではないか?と感じました。これには、洞察力、準備力、大局的に見る視野や冷静さなど、広い意味で 『 客観視 』 できる力ではないか‥と。

介護は誰にでも出来る、または誰の生活にも訪れる当たり前のものだと理解して入ります。介護福祉士が業務独占でないのはその点にあると思いますし、医師や看護師よりも介護を要する人の身近な存在である理念に通じている気もします。それと、もし業務独占にしてしまえば、たちまち介護の手が回らなくなる気もします。

そんな中における介護福祉士という存在価値は、ご本人や家族でも解決すづらい課題を、精神的 ・ 身体的 ・社会的仕組みなどに精通している(実態は疑問ですが‥)立場として援助できる事にあるのだと思えます。

最初の方の方々とのやり取りでは、わざわざ介護福祉士になる必要があるのか?というテーマに対しては、ここの存在価値を自分の家族を通して感じるものがある為に、当方の資質ではなく、介護福祉士前提で質問をした事を含めました。

脱線してしまいましtが、介護福祉士は、色々な介助の場面で多面的に予測でき、準備と実行を行える事が優れた一面としてあるように思いました。
もちろんどの仕事に限らない事ではあると思いますが‥。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-09 09:42:13
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 39% (232/582)

こんにちは

私は介護職ではないのですが、仕事の関係で素晴らしい介護職の方に出会ったことがあります。

年齢は40歳代・家庭を持つ女性(お母様と同居されていました)・特養の介護職でリーダーをされていました。

介護福祉士としての知識は当たり前ですよね。
高齢者の方の心理にも精通されていて、かかわり方が上手でした。
また、高齢者の方の医学の知識も豊富でした。
介護保険制度の理解は当然ですが、医療制度や生活保護・国保など、経済的に困窮されている方もいらっしゃるので、福祉制度に精通しておくことは大切なのでしょうね。

社会資源の利用に関しては、生活相談員(社会福祉士)やケアマネが相談にのることになりますが、高齢者の方にとって一番身近な福祉職は介護職ですから、問題の発見は介護職の気づきが重要になると思います。(高齢者虐待の第一発見者は、介護職が多いです)。
高齢者の権利擁護の施策などにも詳しいと、迅速な対処が出来ると思います。


また、その方は、とても研究熱心でした。
常に、広いアンテナを張っていて、福祉用具で評価の高いものが出ると試作したり、画期的な介護をされている施設があると見学に行ったり、研修を依頼したりされていました。とにかくフットワークが軽かったです。


また、職場のリーダーとして若い介護職の方々の上に立っていらっしゃったので、利用者様と職員・職員同士の人間関係でいろいろ問題が出た時、双方の話を良く聞き、公平な態度で対処されていました。
器の大きな方だなって思いました。


私はその方が一人の人間として好きでした。


質問の回答になっているでしょうか?


失礼しました
お礼コメント
komatta1201

お礼率 100% (24/24)

アドバイスありがとうございます。

介護福祉士としての基礎知識や、高齢者の方の心理、医学、介護保険制度、医療制度、生活保護・国民健康保険、福祉制度‥etc。国家試験で勉強しておくべき科目にも重なる部分への精通というところでしょうか。

そんな介護士としての自分の『 引き出し 』から、それら必要な知識・技術を現場で自在に活用しておられるご様子を感じました。また特に、社会保障制度などの面に強くないと介護士としての本領を発揮できないのではないかとも思いましたし、それが出来ている人には利用者の方も心から安心できそうですね。当方が逆の立場でその方を見たら、介護を受けたいと思えます。

よく 『 介護は介護士でなくてもできる 』 と言われますし、それはそのその通りだと思います。しかし、上に挙列した内容は誰もが知っている事ではないと思いますし、様々な方への介護を展開する上では、やはりその道のプロが必要だと思います。(介護士全ての人がそれらに長けたプロとは思えませんが‥)

また、現場ならではの問題への気づき、権利擁護‥。なにより驚いたのは、福祉用具の試作をしたり、施設への見学、研修依頼と、本当に貪欲なほどの意欲ですね。

ご回答を読まさせて頂いているうちに、お知り合いの介護職の方のような方は本当に介護現場に必要な人だと思えますし、国家資格である介護福祉士を自然にクリアできる力を持った人だと思えるようになりました。
つまり、介護を受けなければならない人の為に知っておくべき介護職としての強みは、おのずと求められる介護福祉士像につながるように感じました。

まずは、一生懸命に介護福祉士の資格取得のための勉強をしながら、現場では高齢者や障害をもつ方々の心のケアを深められるように貪欲に経験を積んで懐を広くして行くことなのではないかと思いました。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-04 20:04:45
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ