解決済み

CO2とCOの安定性

  • 困ってます
  • 質問No.7315527
  • 閲覧数649
  • ありがとう数2
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 29% (39/133)

常温ではCO2の方がCOより安定していますが、高温になると逆にCOのほうが安定すると聞きました。

理由を教えてください、
ぜひともお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (2270/4951)

>高温になると逆にCOのほうが安定すると聞きました
高温と言っても1000℃や2000℃では足りないと思います。

理由はエントロピーです。
エントロピーとは「乱雑さ」のことです。
低温では熱力学的なエネルギーがほとんど反応の方向を決めます。
従って、吸熱反応よりも発熱反応の方が圧倒的に多いのです。

温度が高くなるとエントロピーが寄与する割合が増えます。(絶対温度に比例)
ですから、温度が高くなると分子数が増える方向に反応が進みます。
2CO2 → 2CO + O2
で、右辺の方が3分子であるので乱雑さが大きいと言えます。
もっと、高温にすると以下のようなプラズマ状態となります。
CO2 → C(気) + 2(O)
お礼コメント
nktos

お礼率 29% (39/133)

エントロピーの概念は初めて知りました。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2012-02-21 18:15:53
感謝経済

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 42% (1835/4283)

COは酸素が有れば燃焼によってCO2になります。この時には熱が同時に発生します。熱化学方程式では次のようにあらわされます。
CO + 1/2O2 = CO2 + 283 k Joule
発熱反応ですから温度を高温にすれば逆方向の反応が進むことになってCOがより安定化することになります。
お礼コメント
nktos

お礼率 29% (39/133)

分かりやすい回答をありがとうございます。
投稿日時 - 2012-02-21 18:16:53
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ