解決済み

炭酸ナトリウム(Na2CO3)の製法

  • 困ってます
  • 質問No.4171173
  • 閲覧数1367
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (177/191)

こんにちは。
 ナトリウムの性質の単元で、NaClからNaOH(隔膜法)とNa2CO3アンモニアソーダ法;工業的製法)が作られる反応を習いました。

 ところで、NaOHにCO2を反応させるとNa2CO3ができるという反応も習いましたが、この反応についての説明がなく、これを使わずに、アンモニアソーダ法を使う説明のみありました。
 アンモニアソーダ法を使う利点は何なのでしょうか?逆に、NaOHにCO2を反応させるとNa2CO3ができるという反応の欠点は何でしょうか?
 よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 73% (1287/1744)

複数の製法がある場合、「工業的製法」として選択する際に重要になるのは、
「生産コスト」と「需給関係」です。

つまり、
 ・その製法で「原料→製品」とするまでに必要なエネルギーが小さいこと
 ・通常、製法によって副生物が異なるので、その副生物にも需要があること
  (→商品になるなら収入源、産業廃棄物にしかならないなら処理費を支出)
ということです。

これを今回ご質問の炭酸ナトリウムに当てはめると、「NaOH+CO2」で製造する
には電気分解が必要な「NaOH」を使用することになります。
ところで、物質を直接加熱するのに比べ、発電には「熱や光などの電気以外の
エネルギー→電気エネルギー」という変換や、発電所からの送電設備などが
必要になるため、コストとしては割高になります。
そのため、電気分解を必要とせず、直接加熱などで製造できるアンモニアソーダ法
(=ソルベー法)の方が、生産コストとして低く抑えることができるため、主な製法に
なっている、ということだと思います。


・・・ただ、Wikipediaを確認したところ、NaCl溶液の電気分解で生成する塩素ガス
の需要がかなりあるため、これをを満たすとNaOHが余剰になるので(→つまり
この場合はNaOHの方が副生物)、このNaOH由来の炭酸ナトリウムも、それなり
の割合(→数値は不明ですが)で市場に出回っているようです。

ソルベー法(wiki):
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E6%B3%95
(最下方に、「塩化ビニルなどの原料として多量の塩素が必要とされる現代では、
 食塩の電解により生じる水酸化ナトリウムが余剰になり、二酸化炭素による
 中和により製造される炭酸ナトリウムの量も無視できない。」とあります)


【参考・発電の変換効率】火力で平均39%程度とのこと:
(東京電力の施設で49%との数値の紹介もあり)
http://www.jp.horiba.com/sensorium/eu/eu09/eu9_1.htm
(ページを表示後、キーボードのCtrl+Fキーなどで「火力発電所」を検索した最初の
 該当箇所を参照)
お礼コメント
kyoto1867

お礼率 92% (177/191)

回答ありがとうございます。

すごくよくわかりました。回答に感謝します。
投稿日時 - 2008-07-13 09:23:29
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ