• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

CO(二酸化炭素)を還元剤にして...

「...放出したNO2をHC(炭化水素)、CO(二酸化炭素)を還元剤にして窒素に還元する。」を英訳したいのですが、 上記の「CO(二酸化炭素)」は明らかに間違いなのですが、CO2に修正すべきなのか一酸化炭素に修正すべきなのかが分かりません。還元剤としてはどちらが正しいのでしょうか。化学は専門ではありませんので、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数1362
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

まず、結論から言えば、還元剤は一酸化炭素(CO)です。 一応、説明を。 化学は専門でないということですので、まずは基本的な用語説明から。ご存じでしたら失礼します。 還元剤とは、反応により相手分子を還元する物質(つまり、自身は酸化する物質)を指します。 酸化還元反応とは、反応する分子の中のある原子の酸化数が変化するはんのうで 反応後、酸化数が減少すれば、その反応物は還元された(または酸化剤として働いた)といわれます 反応後、酸化数が増加すれば、その反応物は酸化された(または還元剤として働いた)といわれます。 これらの反応は必ずセットで起こります。 さて、一酸化炭素、二酸化炭素のなかでの炭素の酸化数について考えてみると、 一酸化炭素での炭素の酸化数はII(2ですが、酸化数は通常ローマ数字で表します。)二酸化炭素での炭素の酸化数はIVです。 NO2の窒素の酸化数はIVで窒素分子の窒素の酸化数は0です。 質問の反応では、 2NO2 + 4CO -> N2 + 4CO2 となりこのとき反応前後で 炭素の酸化数はII->IVで酸化されてますのですので、反応物に酸化された炭素を含んでいる一酸化炭素が還元剤と呼ばれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご説明いただき、ありがとうございます。ご説明もさることながら、門外漢としては結論を教えて下さったのがひたすらうれしく、まずはその線で英訳をかたづけることができました。要するに還元って酸化と同じことなのですか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

どこの日本語論文でもそうでしょうけれど、 句読点ではなく、コンマ・ピリオドを用いることが一般的です。 深い意味など全くありません。フツーの使い方をしているだけです。 なお、#1さんの解釈であっていると思いますが、 原文を書いた方にどちらに直すべきかを確認取るわけには行かないのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#62864
noname#62864

たぶん一酸化炭素が正しいのでしょう。その理由はNo.1の回答の通りです。 ただ、炭化水素というのはそれとどういう関係になるのでしょうか? 炭化水素とCOの関係がandであるなら、二酸化炭素である可能性も否定できないと思います。またorであれば二酸化炭素である可能性はありません。 また、別の観点で述べるならば炭化水素をHCと書いているということはHCをhydrocarbonの略として使っていることになり、だとすればCOは化学式ではなく、carbon oxideの略かもしれません。carbon oxideという用語が正しいとは思いませんが、一酸化炭素であると断定はできないと思います。 そもそも、andなのかorなのかが不明ですので、いずれにせよそのままでは翻訳できないように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

うーん そういうフカーイ読み方があったとはもとより考えつく力もなく、ひたすら結論がほしかったのですが... 原文を正確に申しますと、私は句点、(、)で書いたのですが、実際はHC(炭化水素),CO(二酸化炭素)を還元剤にして...とあります。学術文書で、句点ではなくカンマを使うのには特別の意味があるのでしょうか。andの意味だとばかり思っておりましたが。

関連するQ&A

  • 窒素酸化物(NO、NO2)と一酸化炭素(CO)の白金(Pt)への吸着

    窒素酸化物(NOでもNO2でも良いです)と一酸化炭素(CO)を比べた時、白金(Pt)に強く吸着するのはどちらでしょう?

  • 高校化学からの質問です。

    高校化学からの質問です。 過酸化水素H2O2は、酸性酸化物でしょうか? 酸性酸化物について、「SO2、CO2など非金属元素の酸化物多くは、酸性酸化物」 と習いますが、H2O2は、酸性酸化物に分類されますか? 一酸化窒素NOや一酸化炭素COは、ふつうは酸性酸化物に入れないと同様に、 H2O2も非金属元素の酸化物ではあるが、酸性酸化物に分類しない物質と考え てよいでしょうか? 一応、還元剤のはたらきとしては水素イオンを放出することは理解しています。 しかし、これは酸のはたらきとして考えてよいのか悩んでいます。 詳しい方、教えてください。

  • 一酸化炭素COが完全燃焼して

    一酸化炭素COが完全燃焼して 二酸化炭素CO2ができるとき 一酸化炭素1molあたり283KJの熱が発生する 化学反応式を教えて下さい ↓ 一酸化炭素1molあたりの熱量なので 一酸化炭素の係数を1にするために 両辺に二分の1をかける (式の形でおかずに計算すること) 全然分かりません(;_;) 教えて下さいっ(´\ω\`)

  • 酸化剤と還元剤についてです

    酸化剤である「次亜塩素酸イオン」と「さらし粉」と「ヨウ素」と「クロム酸カリウム」を化学式を載せて教えてください。 また,還元剤である「一酸化炭素」を化学式を載せて教えてください。

  • 炭素を用いた還元について

    こんばんわ。 分からないことがあります。 ご存知の方は是非ともよろしくお願いいたします!! 昔から炭素が還元剤として用いられてるようですが、 窒素雰囲気中でも還元作用って起こりますか? それとも酸素がないと起こりませんか? ある論文には、窒素雰囲気中で活性炭素を用いて還元しており、不完全燃焼による一酸化炭素の発生により還元しているようです。700度以上で一酸化炭素が大量に出るとかかれてます。 僕が、考えているのは活性炭素を扱う温度は高温(800℃以上)です。

  • 二酸化炭素が出来ますか?

    炭素原子が全然ない化学物質を 溶融点以下の(溶ける温度は炭化より低い) 温度で酸素ガスを入れながら加熱すれば二酸化炭素が発生出来ますか? 私の考えはCと呼ばれる炭素原子がないので CO2は絶対出来ないと思いますが、 もし溶融点温度より高めて炭化させるような温度でも炭素原子がなければCO2は出来ないと思っていますが、どうですか? 教えてほしいです、

  • 炭素(二酸化炭素)について

    炭素の化合物である二酸化炭素はCO2+H2O⇔H^+ + HCO⇔2H^+ + CO3^2- という、化学反応式になりますが、なぜCO2+H2O⇔2H^+ + CO3^2- とできないのでしょうか? また、工業的にはCaCO3→CaO+CO2 でCO2を発生させるそうですが、どうしてCO2+H2O⇔H^+ + HCO⇔2H^+ + CO3^2- は利用しないのでしょうか?

  • 【生物化学】また水素水の話なんですけど体内の酸化と

    【生物化学】また水素水の話なんですけど体内の酸化と還元の話なら、別に水素に拘る必要もなく、鉄、一酸化炭素、ナトリウムでも体内還元は出来るわけですよね? 水素水を飲まずに鉄分を摂取したりナトリウムを摂取すれば水素水より効率的に還元は可能なのではないでしょうか? 一酸化炭素って吸ったらどうなるんでしょう。還元されて死んじゃうんでしたっけ。 還元されるのに一酸化炭素中毒で死ぬ。 なぜ一酸化炭素中毒で死ぬのに還元されるのだろう。 還元されること=健康に良いと決して言えないってことではないでしょうか。 酸化と還元。酸化は悪で還元は善という思想が悪いのでは? 本当に還元は善なのでしょうか。

  • 二酸化炭素について(メタンガスと亜酸化窒素ガスについても)

    (1)例えば、火力発電所で出てくる二酸化炭素をアルカリ液に吸わせるということが できるみたいなんですが、そこからまた二酸化炭素を取り出すことってできるんですか? (2)二酸化炭素を宇宙に放出したら、どうなりますか? (3)メタンガスと亜酸化窒素ガスって化学的に回収できますか? つまり、どの物質と結びつきますか? (4)ついでに、メタンガスと亜酸化窒素ガスも宇宙に放出したらどうなりますか? 一つだけでもいいので、教えて下さい!!

  • 高濃度の二酸化炭素が毒性を示すメカニスム

    例えば一酸化炭素ならば、血液中の酸素を奪って人体に酸素欠乏を起し、有害性に繋がるのだと理解できますが、二酸化炭素も7%以上になるとCO2ナルコーシスと呼ばれる一種の麻酔状態に陥るなどの毒性が指摘されています。 しかし、窒素やアルゴンでは高濃度でも毒性はありません。 高濃度のCO2の場合、体内ではどのような化学変化が起きて毒性に発展するのでしょうか?